English
法政大学 
理工学部 
機械工学科 

顔写真 教授 
平野 元久 
ヒラノ モトヒサ 
Hirano Motohisa 


1957年生まれ  
 
個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/07/02 

経歴
日本電信電話公社・日本電信電話株式会社  1982/04/01-2003/03/31 
岐阜大学・教授  2003/04/01-2014/03/31 
法政大学・教授  2014/04/01-現在 

学歴
名古屋大学  工学部  機械学科  1980/03/31  卒業 
名古屋大学  工学研究科  機械工学専攻  博士前期  1982/03/31  修了 

学位
工学博士  名古屋大学  1989/01/13 
博士(理学)  東京大学  1998/05/25 

教育・研究活動状況
トライボロジー周辺 

研究分野
トライボロジー 

研究キーワード
ナノトライボロジー 

研究テーマ
超潤滑  超潤滑  1982-現在 

受託・共同研究希望テーマ
潤滑材料開発 
詳細表示...

著書
Superlubricity, 2nd Edition  M. Hirano  Chapter 1 Atomistics of superlubricity  Elsevier B. V.  2020/09  The atomistic studies on superlubricity have tackled to clarify the the nature of its mechanisms to reveal the conditions for the appearance of friction and superlubricity as well as the stability and the controllability of superlubricity, lead to discover new superlubric systems and its new applications. 
Friction at the Atomic Level: Atomistic Approaches in Tribology  Motohisa HIRANO  単著  Wiley‐VCH Verlag GmbH & Co. KGaA  2017/12/08  978-3-527-41169-6  URL  This monograph represents a stand-alone, concise guide to friction at the atomic level to bring together hitherto widely-scattered informations in one single source, and is the first to explain the nature of friction in terms of atomistic mechanisms. 
構造物モニタリング技術の開発と応用  平野元久  第3章 5. 逆問題のセンサ情報処理  p.166-178  シーエムシー出版  2013/10/18  4781308163 
新版 固体潤滑ハンドブック  平野元久  第5章 最先端の固体潤滑  p.206-209  養賢堂  2010  4842504595 
ナノテクのための物理入門(ナノテクノロジー入門シリーズ III)  平野元久  Chapter 4 ナノ領域での接触・摩擦の物理 摩擦力顕微鏡の応用展開  pp.59-86  共立出版  2007  4320071727 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Atomistic locking and friction  M. Hirano and K. Shinjo  Physical Review B  American Physical Society  41/ 17, 11837-11851  1990/06/15  10.1103/PhysRevB.41.11837  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Anisotropy of frictional forces in muscovite mica  M. Hirano , K. Shinjo, R. Kaneko, and Y. Murata  Physical Review Letters  American Physical Society  67/ 19, 2642-2645  1991/11/04  10.1103/PhysRevLett.67.2642  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  Observation of superlubricity by scanning tunneling microscopy  M. Hirano, K. Shinjo, R. Kaneko, and Y. Murata  Physical Review Letters  American Physical Society  78/ 8, 1448-1451  1997/02/24  10.1103/PhysRevLett.78.1448  URL 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  単著  Atomistics of Friction  M. Hirano  Surface Science Reports  Elsevier B.V.  60/ 8, 159-201  2006/03  10.1016/j.surfrep.2005.10.003  URL 
(MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)  共著  PBL授業の取り組みと授業改善  内野 泰伸, 亀谷 恭子, 六人部 隆夫, 近藤 雄基, 吉田 一朗, 相原 建人, 平野 元久  法政大学理系学部研究集報  55, 79-85  2019/04  10.15002/00022712  自由記述式感想文の計量テキスト分析から教育効果の定量測定やPBL授業改善項目の抽出を試みた. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  原子摩擦モデルの摩擦エネルギー散逸における非線形動力学効果  日本機械学会第10回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, アクトシティ浜松  2019/11/21  一次元原子鎖摩擦モデルの超潤滑-摩擦遷移現象の発生機構を非線形動力学と相転移の視点から議論する.超潤滑の調和振動的描像は非線形性が増すと周期倍分岐を経てカオス摩擦に至るエネルギー散逸機構を提案する. 
口頭発表(一般)  多モード共振法によるマグネシウム合金の弾性定数の異方性解析  日本機械学会第10回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, アクトシティ浜松  2019/11/20  押出し・圧延成形されたマグネシウム・チタン合金の弾性異方性の解明を目的として, 弾性異方性材料の共振振動数測定と共振振動数計算に基づく逆解析によって決定した弾性係数マトリックスについて議論する. 
口頭発表(基調)  Non-linear dynamical effects in frictional energy dissipation for atomistic friction model  2019 STLE Tribology Frontiers Conference, October 20-23, 2019 Chicago, Illinois (USA). (Spotlight Presentationに選出).  2019/10/21 
口頭発表(招待・特別)  Non-linear dynamical effects in frictional energy dissipation in an atomistic friction model  International Workshop on Contact Mechanics and Friction, Berlin, 14-17 October 2019.  2019/10/15 
口頭発表(一般)  摩擦エネルギー散逸における非線形動力学効果  日本機械学会 2019年度年次大会オーガナイズドセッション マイクロナノ理工学: nmからmmまでの表面制御とその応用, 2019年9月8日(日)~11日(水) 秋田大学  2019/09/09 
詳細表示...

知的財産権
特許  花粉情報提供方法およびシステム  特願2000-354553  2000  公開特許公報 特開 2002-157711  2002 
特許  花粉計測装置  特願2000-275274  2000  公開特許公報 特開2002-82038  2002 
特許  圧力制御器  特願平2000-25313  2000  公開特許公報 特開2002-216031  2002 
特許  Method and Systems for Providing Environmental Information on Network  US Patent Application No. 09/815, 420  2001  United States Patent Application Publication, Pub. No.: US 2001/  2001 
特許  環境情報提供方法およびシステム  特願平 2000-128638  2000  特許公報 特開2001-273376  2001 
詳細表示...

担当授業科目
力学基礎 
力学演習 
固体力学 
計算力学 
プログラミング言語Fortran 
詳細表示...

所属学協会
日本機械学会  1980/04/01-現在 
日本物理学会  1990/04/01-現在 
日本計算工学会  2009/04/01-現在 
日本トライボロジー学会  1982/04/01-現在 
詳細表示...