English
法政大学 
生命科学部 
環境応用化学科 

教授 
河内 敦 
カワチ アツシ 
KAWACHI ATSUSHI 


1966年生まれ  
Tel.042-387-6127  
 

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2015/05/29 

経歴
日本学術振興会特別研究員  1993/04/01-1993/10/31 
京都大学化学研究所助手  1993/11/01-2002/01/31 
広島大学大学院理学研究科化学専攻・助教授  2002/02/01-2007/03/31 
広島大学先進機能物質研究センター研究員  2006/04/01-2008/03/31 
広島大学大学院理学研究科化学専攻・准教授  2007/04/01-2012/03/31 

学歴
京都大学  工学部  合成化学科  1990/03/24  卒業 
京都大学  工学研究科  合成化学専攻  博士前期  1992/03/23  修了 
京都大学  工学研究科  合成化学専攻  博士後期  1993/10/31  中退 

学位
博士(工学)  京都大学  1996/03/23 

免許・資格
甲種危険物取扱者資格  1998/07 
第一種衛生管理者  2004/03 
普通救命講習Ⅰ修了  2006/11 

教育・研究活動状況
現在の主要テーマの一つに,「ホウ素原子によるケイ素ー水素結合の分子内活性化」がある。一連の研究を通して,ケイ素およびホウ素原子の反応性に関する興味深い知見を,実験および計算化学の両面から得ることができた。すなわち(i)ケイ素ー水素結合の求電子的活性化とその反応機構,(ii)アリール基ー水素交換反応とその反応機構,(iii)B-H/C-H脱水素環化反応とその反応機構,である。 

研究分野
有機化学 
機能物質化学 
合成化学 

研究キーワード
有機典型元素化学 
有機金属化学 
有機ケイ素化学 
有機合成化学 
高配位ケイ素化合物 
低配位ケイ素化合物 
シリカート 
シリルアニオン 
ヒドロボラン 
アリールボラン 
環状ホウ素化合物 
元素科学 
分子活性化 
感応性化学種 

研究テーマ
官能性シリルアニオンの化学  シリルアニオン 
o-ジメタラベンゼンの化学  o-フェニレン,o-ジシリルベンゼン,o-(ボリル)(シリル)ベンゼン 
新規高配位ケイ素化合物の化学  超原子価,シリカート 
ケイ素ー水素結合の求電子的活性化  ケイ素ー水素結合,結合活性化 
アリールヒドロボランの合成と反応  アリールボラン,ヒドロボラン,脱水素,環化反応 
感応性シリルボランの合成と反応  シリルボラン 

競争的資金等の研究課題
高感応性シリルボランの合成と反応  科学研究費  新学術領域研究(研究領域提案型)  2015/04/01-2017/03/31 
ジベンゾシラボリンを基盤とする新規典型元素パイ電子系の構築  科学研究費  基盤研究(C)一般  2013/04/01-2016/03/31 
ジアリールヒドロボランの分子内芳香族C-Hボリル化による含ホウ素環状化合物の合成  科学研究費  新学術領域研究(研究領域提案型)  2013/04/01-2015/03/31 
詳細表示...

著書
有機ケイ素化学  吉良満夫,玉尾皓平編  第7章および第15章  化学同人  2013/06  第7章「シリルアニオン」 第15章「求核置換反応」 
使える!有機合成反応241 実践ガイド  丸岡啓二,野崎京子,石井康敬,大寺純蔵,富岡清編  414-415  化学同人  2010/04  多官能性o-ジシリルベンゼンの合成反応 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Counter-Cation Effect on Reactivity of o-(Fluorodimethylsilyl)phenyl Anion  Takuya Teranishi, Takuma Deguchi, Yohsuke Yamamoto  Heteroatom Chem.  24/ 1, 53-57  2013 
研究論文(学術雑誌)  共著  Synthesis of Silicon-Functionalized Dibenzosilaborins by Intramolecular B-H/C-H Dehydrogenative Cyclization and Their Tunable Photophysical and Chemical Properties by Silyl Groups  Hiroshi Morisaki, Tatsuya Hirofuji, Yohsuke Yamamoto  Chem. Eur. J.  19, 13294-13298  2013 
研究論文(学術雑誌)  共著  Mechanism of Dehydrogenative Condensation of (o-Borylphenyl)hydrosilanes with Methanol  László Könczöl, Atsushi Kawachi, Dénes Szieberth  Organometallics  31/ 1, 120-126  2012 
研究論文(学術雑誌)  共著  Intramolecular H–Ar Ligand Exchange between Silicon and Boron: Functionality Transfer of Si-H to B-H  Hiroshi Morisaki, Norimasa Nishioka, Yohsuke Yamamoto  Chem. Asian J..  7, 546-553  2012 
研究論文(学術雑誌)  共著  Reaction of o-(HSiR2)(BMes2)C6H4 with a Fluoride Ion: Fluoride Attack at Silicon and Hydride Transfer from Silicon to Boron to Form F–Si•••H–B Interaction  Hiroshi Morisaki, Atsushi Tani, Masatoshi Zaima, Yohsuke Yamamoto  Heteroatom Chem  22/ 3, 471-475  2011 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Development of Monolithio- and Dilithioarenes Bearing Functionalized Silyl Groups Directed toward Synthesis of Silicon-containing Ladder Polymers  The 10th International Symposium on Carbanion Chemistry  2013/09/23 
ポスター発表  Formation, Structures and Reactions of Silicon-Functionalized Dibenzosilaborins  4th Asian Silicon Symposium  2012/10/21 
口頭発表(一般)  Formation, Structures, and Reactions of Dibenzosilaborins  The 10th International Conference on Heteroatom Chemistry  2012/05/20 
ポスター発表  Ortho Magnesiation of Boron-substituted Benzenes Using (TMP)2Mg  1st International Symposium on Molecular Activation  2011/09/09 
口頭発表(一般)  H–Ar Ligand Exchange between Silicon and Boron in o-(Hydrosilyl)(diarylboryl)benzenes and Subsequent Intramolecular Cyclization: Formation of Dibenzosilaborins  16th International Symposium on Silicon Chemistry  2011/08/14 
詳細表示...

受賞
平成12年度日本化学会進歩賞  2001/03  窒素,酸素,硫黄官能基を有するケイ素アニオン種の化学の開拓 
第5回ケイ素化学協会奨励賞  2000/11  シリルアニオンの化学における新領域の開拓 
詳細表示...

担当授業科目
応用化学基礎 
基礎有機化学Ⅰ 
有機化学演習Ⅰ 
応用化学実験IA 
応用化学実験ⅠB 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  1990/04-現在 
アメリカ化学会  2001/09-現在 
ケイ素化学協会  1993/11-現在 
合成化学協会  2002/04-現在 
近畿化学協会  2002/04-現在 
詳細表示...