著書
公開件数:22件
No. タイトル 著者 担当範囲 担当ページ 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 生物学者、地球を行く:まだ知らない生きものを調べに、深海から宇宙まで
日本生態学会 北海道地区会(編)


文一総合出版
2018


島野智之, 2018. 前人未踏の地にササラダニを求めて.「生物学者、地球を行く:まだ知らない生きものを調べに、深海から宇宙まで」(日本生態学会 北海道地区会 編).pp. 64-72. 文一総合出版,東京.
2 土壌生態学
金子信博(編)


朝倉書店
2018


島野智之, 2018. 第2章 原生生物.
3 動物学の百科事典
日本動物学会 監修


丸善出版
2018


島野智之, 2018. 節足動物(多足類・鉄角類).
4 アメーバのはなし-人間との関わり-.
永宗喜三郎・島野智之・矢吹彬憲


朝倉書店
2018



5 たけしの面白科学者図鑑.ヘンな生き物がいっぱい!
ビートたけし


新潮社
2017


島野智之, 2017. File07 ダニ. ダニって意外にかわいいね.
6 衛生動物学の進歩 第2集
松岡裕之(編)


三重大学出版会
2016


島野智之,2016. ダニ類の近年の高次分類体系と衛生ダニ類の分類学的位置.「衛生動物学の進歩 第2集」(松岡裕之 編)pp. 217-223. 三重大学出版会,津.
7 Global Soil Biodiversity Atlas
Orgiazzi, A. et al. (eds.)


European Commission (EU),Brussels
2016


Shimano, S. et al. (他に93名の著者)*: Protist. In: Global soil biodiversity atlas. Orgiazzi, A. et al. (Eds.) European Commission (EU),Brussels. 2016. *全著者が均等に関与した. [査読なし] Global Soil Biodiversity Atlas https://globalsoilbiodiversity.org/node/271
8 ダニのはなし-人間との関わり-.
島野智之・高久元


朝倉書店
2016



9 土壌動物検索図説(第二版)
青木淳一(編)


東海大学出版部
2015


島野智之*・青木淳一,2015.ダニ目. 「土壌動物検索図説(第二版)」(青木淳一 編),pp. 148-150.東海大学出版会,東京.*著者順は正誤表で訂正. /大久保憲秀・島野智之・青木淳一, 2015. ササラダニ亜目.「土壌動物検索図説(第二版)」(青木淳一 編) pp. 346-717.東海大学出版会,東京.
10 ダニ・マニア《増補改定版》
島野智之


八坂書房
2015



11 原生生物フロンティア: その生物学と工学
洲崎敏伸(編)

103-114
化学同人,京都
2014/08/30


島野智之: 生物指標の手法と原生生物への応用.In: 『原生生物フロンティア: その生物学と工学』 洲崎敏伸(編),化学同人,京都.(2014) [査読なし] p103-114
12 進化学事典
日本進化学会 (編)


共立出版
2012


島野智之,2012. アメーボゾア.「進化学事典」(日本進化学会 編), pp. 80-82. 共立出版, 東京./堀口健雄・島野智之,2012. アルベオラータ.「進化学事典」(日本進化学会 編), pp. 86-87. 共立出版, 東京.
13 ダニ・マニア
島野智之


八坂書房
2012/12



14 生物学辞典
石川統・黒岩常祥・塩見正衞・松本忠夫・守隆夫・八杉貞雄・山本正幸


東京化学同人
2010


島野智之,2010. 編集協力者として生物分類表の作成;「土壌動物」の項及び「原生動物」に関する20項目ほか. 「生物学辞典」(石川統・黒岩常祥・塩見正衞・松本忠夫・守隆夫・八杉貞雄・山本正幸 編), 東京化学同人, 東京.
15 土壌の原生生物・線虫群集―その土壌生態系での役割―
日本土壌肥料学会 (編)


博友社
2009


島野智之,2009. 畑土壌における原島野智之・村瀬潤・岡田浩明,2009. 土壌生息性の原生生物と線虫.「土壌の原生生物・線虫群集―その土壌生態系での役割―」(日本土壌肥料学会 編),pp. 17–43. 博友社, 東京.172 pp. 生生物および繊毛虫群集の新たな解析法―顕微鏡的手法と分子生物学的手法―.「土壌の原生生物・線虫群集―その土壌生態系での役割―」(日本土壌肥料学会 編), pp. 69-89. 博友社, 東京.172 pp. /
16 The Origin and Evolution of Natural Diversity
Okada, H., Mawatari, S.F., Suzuki, N. and Gautam, P. (eds. )


Hokkaido University
2008


Shimano, S. and Horiguch, T., (2008) Soil protists and soil animals on Daikokujima. pp. 151–152, In: Origin and evolution of natural diversity, Proceedings of international symposium “The origin and evolution of natural diversity” 1–5 October 2007, (eds. Okada, H., Mawatari, S.F., Suzuki, N. and Gautam, P.), Hokkaido University, Sapporo, 255 pp. ISBN 978-4-9903990-0-9.
17 土壌動物学への招待―採集からデータ解析まで―
金子信博・鶴崎展巨・布村昇・長谷川元洋・渡辺弘之 (編)


東海大学出版会
2007


島野智之,2007. 土壌動物採集・固定法; 分類学研究法; 標本撮影法 ; 口絵. 「土壌動物学への招待―採集からデータ解析まで―」(金子信博・鶴崎展巨・布村昇・長谷川元洋・渡辺弘之 編), pp. iv-ix; 35-40; 43-59; 73-79. 東海大学出版会, 東京, 284 pp. ISBN 978-4486017554.
18 最新農業技術辞典, NAROPEDIA
独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構(編)


(社)農山漁村文化協会
2006


島野智之,2006. 原生動物; 土壌動物. 「最新農業技術辞典, NAROPEDIA」(独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構 編), pp.460-461; 1092-1093.(社)農山漁村文化協会, 東京. 2003 pp., ISBN 978-4540051630.
19 東北の農業と土壌肥料
日本土壌肥料学会東北支部(編)


河北印刷株式会社
2006


島野智之, 2006. 土壌原生生物の利活用のための基盤的研究. 「東北の農業と土壌肥料」(日本土壌肥料学会東北支部 編), pp. 247-249. 河北印刷株式会社, 岩手. 298 pp.
20 草地科学実験・調査法
日本草地学会(編)


(株)全国農村教育協会
2004


島野智之,2004. 湿式抽出法; 土壌微生物.「草地科学実験・調査法」(日本草地学会 編), pp. 402-404; 404-410. (株)全国農村教育協会, 東京. 587 pp. ISBN 4-88137-108-8.
21 Acarology. Proceedings of the 10th International Congress
Halliday, R.B., Walter, D.E., Proctor, H.C., Norton, R.A. and Colloff, M.J. (eds.)


CSIRO Publishing
2001


Shimano, S., Sakata, T., Mizutani, Y., Kuwahara, Y. and Aoki, J., 2001. An alarm pheromone function of the secretion from the nymphal stage of oribatid mite Nothrus palustris (C.L. Koch) (Acari: Nothridae). pp. 250-252. In: Acarology. Proceedings of the 10th International Congress, (eds. Halliday, R.B., Walter, D.E., Proctor, H.C., Norton, R.A. and Colloff, M.J.), CSIRO Publishing, Melbourne. 657 pp., ISBN 0-643-06658-6.
22 ダニの生物学
青木淳一 (編)


東京大学出版会
2001


島野智之,2001. ササラダニ類の分泌物. 「ダニの生物学」(青木淳一 編), pp.130-153. 東京大学出版会, 東京, 431 pp. ISBN 4-13-060210-1.