著書
公開件数:22件
No. タイトル 著者 担当範囲 担当ページ 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 水理公式集(2018年版)
道奥康治
7.1 噴流
141-145
土木学会
2019/03
978-4-8106-0835-9

水工学委員会では平成11 年度「水理公式集」を改訂し、この度「水理公式集2018
年版」を発刊した。水工学の基礎事項とともに、目覚しい進歩をとげたここ十数年
間の水工学の知見を取り入れ、それらを公式として体系的に整理し解説したものである。(1) 計画・設計などにおいて「公式」を利用する実務者、(2) 基準、マニュアル・ガイドライン作成の拠り所を期待する行政、(3) 基礎研究の実用化の基準や自分の専門領域から少し外れたところの情報に期待する研究者、(4) 学生においては卒業論文・修士論文の作成や実学に触れる場面で、「水理公式集2018 年版」の活用が期待される。
2 Open Channel Hydraulics, River Hydraulics Structures and Fluvial Geomorphology
Kohji Michioku, (Chapter 4), edited by Artur Radecki-Pawlik, Stefano Pagliara, Jan Hradecky
CHAPTER 4, Hydrodynamics of River Structures Constructed with Natural Materials
56-81
CRC Press, Taylor & Francis Group
2017/08/31
9781498730822
URL
This book presents practical hydraulic and river engineering research along with fluvial geomorphological concepts, and links the theoretical and practical knowledge of people working every day with rivers, streams, and hydraulic structures to fluvial geomorphology. Besides providing a guide for professionals, this book also provides material for students to acquire the knowledge and skills to rehabilitate rivers, streams, and waterways.
3 日本土木史 平成3年~平成22年 -1991~2010-
公益社団法人 土木学会
第14章 人材育成 14.2 大学・大学院
1675-1686
丸善出版
2017/03/31
978-4-8106-0797-0
URL

4 Micro- and Nanobubbles: Fundamentals and Application, Edited by Tsuge,H., "4.2 Purification of water quality"
Hideki Tsuge, et al.

109-123
Pan Stanford Publishing Pte. Ltd., Singapore
2014/08
978-981-4463-10-2

Significant pollutant loads have been yielded from catchments due to extensive human activities. This produces large amounts of nutrient and oxygen demanding substances such as organic matter and brings various negative impacts to the natural environment of rivers and oceans. In this section, two examples of micro-bubble aeration technology have being reported as a countermeasure against water quality troubles in a river catchment. The first topic is micro-bubble aeration to prevent deoxidation in reservoirs. The second is a micro-bubble technology for treatment of leachate from garbage-dumped landfill.
5 全世界の河川事典
編集委員長 高橋裕


丸善
2013/07
978-4-621-08578-3

日本(3,000件)と世界(1,000件)の河川・湖沼、放水路・運河・疏水・用水を個別に取り上げて解説する、これまでありそうでなかった河川の一大リファレンス.それぞれの河川の基礎データ(長さ、流域面積、流路など)はもちろん、洪水・水害、河川史、流域の特徴、歴史、行事までを収録。充実した河川地図を巻末に掲載するなど資料的価値の高い事典です.
6 ダムの科学
角哲也,他


サイエンス・アイ
2012/09/01



7 マイクロバブル・ナノバブルの最新技術II,マイクロバブル曝気を用いた陸水域の水質浄化技術



シーエムシー出版
2010/05/01



8 川の百科事典
編集委員長 高橋裕


丸善
2009/11
978-4-621-08041-

本書には一般の事典で採用されている五十音順の川に関する大・中・小項目を五十音順に並べた「各論編」とは別に、「総論」と「付録」が用意されている。「総論編」は各論の項目では触れられない大項目の記事で、川関係のキーワードを読み物風に解説しており、本事典の特色といえる。これを読むと、その項目についての背景と核心が理解できよう。「付録」には河川地図、日本および世界のおもな河川年表のほか、河川・湖沼・ダムおよび人名の一覧表を掲載した。
9 乱流工学ハンドブック,21.10.2 湖沼
笠木伸英(総編集)


朝倉書店
2009/01
978-4-254-23122-9

乱流現象は産業界や自然界における様々な場面に現れ,人間の生活と深い関係を有している。乱流の基礎から応用技術分野における知識を体系的にまとめた我が国初のハンドブック。工学的な応用を重視。人体から機械・建築・土木・地球まで。〔内容〕I基礎:分類,記述法・解析法,数値計算法,計測法,可視化,安定性と乱流遷移,他/II予測:相関式・経験式,モデル化/III応用・制御:流体力・伝熱・混合・分離・化学反応・燃焼・音,体積力,混相乱流,工学分野での応用/他
10 マイクロバブル・ナノバブルの最新技術
監修:柘植秀樹

116-125
シーエムシー出版
2007/09
978-4-88231-951-1

マイクロバブル・ナノバブルについて、その生成挙動・特性の解明を目指す基礎研究について解説
11 水環境ハンドブック
委員長:大垣眞一郎,副委員長:花木啓祐,古米弘明,伏脇裕一,小野芳朗,迫田章義

39-44
朝倉書店
2006/10
978-4-254-26149-3

水環境を「場」「技」「物」「知」の観点から幅広くとらえ,水環境の保全・創造に役立つ情報を一冊にまとめた。〔内容〕「場」河川/湖沼/湿地/沿岸海域・海洋/地下水・土壌/水辺・親水空間。「技」浄水処理/下水・し尿処理/排出源対策・排水処理(工業系・埋立浸出水)/排出源対策・排水処理(農業系)/用水処理/直接浄化。「物」有害化学物質/水界生物/健康関連微生物。「知」化学分析/バイオアッセイ/分子生物学的手法/教育/アセスメント/計画管理・政策。
12 沿岸域事典
日本沿岸域学会


共立出版
2004/07
978-4320074149

日本の国土は多くの島々と広大な海域から成り立ち、国土の利用や保全を図る際には陸と海を含めてひとつのシステムとして扱う沿岸域思考を必要とする機会が多くなってきている。沿岸域に関連する代表的な用語を解説した事典。
13 ながれの事典
神部勉編 


丸善
2004/03
978-4-621-07381-0

「ながれ」現象(流体現象)というのは、我々の身の回りのあらゆるところで観察することができ、かつ、日常生活において重要な役目をになっている。本書は、この「ながれ」に関するさまざまな、基本的で重要な用語を集め、それらを日常や自然界で見られるものと関連づけて、定義し、図示し、また学問的内容を説明する事典。
14 地球環境調査計測事典
竹内均編


フジテクノシステム
2003/03
9784938555900


15 新領域土木工学ハンドブック
池田駿介他編


朝倉書店
2003/03
978-4254261431

「安全で住み易い社会・環境づくり」をキーワードに、魅力的活力を生むために、土木工学が果たすべき内容を解説。
16 水理公式集
土木学会水工学委員会


土木学会
1999/11
4-8106-0201-X


17 水圏の環境
有田正光編著


東京電機大学出版局
1998/10
450161630X

拡散・分散・密度流などに限定された「環境水理」の分野が、近年は科学・生物学的分野から景観設計に至るまで取扱い範囲が急激に広くなっている。こうした急激な変化に対応したテキスト
18 川のなんでも小事典
村本嘉雄,中川一,栗田秀明,瀬口雄一,細田尚,道奥康治


講談社
1998/02
4-06-257204-4

川をめぐる自然・生活・技術
19 土木用語大辞典
土木学会


技報堂出版
1993/02
978-4765510042


20 学術用語集−土木工学編− 
文部省


文部省
1993/01



21 停滞成層水域内の鉛直混合機構と水温構造の解析に関する研究



大阪大学学位論文
1986/09



22 河川工学
室田明編著


技報堂出版
1986/09
4-7655-1471-4