English
法政大学 
生命科学部 
生命機能学科 

教授 
金子 智行 
カネコ トモユキ 
KANEKO Tomoyuki 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/06/29 

学歴
名古屋大学  大学院理学研究科  分子生物学専攻  1999/03/31  修了 
名古屋大学  理学部  分子生物学科  学士  1993/03/31  卒業 

学位
博士(理学)  名古屋大学  1999/03/25 
修士(理学)  名古屋大学  1995/03/31 
学士(理学)  名古屋大学  1993/03/31 

研究分野
医用生体工学・生体材料学 
生物物理学 
細胞生物学 

研究キーワード
心筋細胞 
細胞外電位計測 
多電極基板 
アガロースマイクロチャンバー 
心毒性検査 
一細胞計測 
神経細胞 
細胞ネットワーク 
マクロファージ 
生命の起源 
リポソーム 
暗視野顕微鏡 

研究テーマ
マイクロチャンバーを用いた単離心筋細胞の拍動同期ダイナミクスの解析  マイクロチャンバーを用いた単離心筋細胞の拍動同期ダイナミクスの解析  2003-現在 
近赤外超短パルスレーザー照射による細胞内応答反応の解析  近赤外超短パルスレーザー照射による細胞内応答反応の解析  2000-現在 
オンチップ多電極刺激計測系による細胞ネットワークの構成的理解  オンチップ多電極刺激計測系による細胞ネットワークの構成的理解  構成的に構築した心筋細胞集団・細胞ネットワークが環境との相互作用によって獲得、保持、変化、消失する拍動周期情報の機構の解明  2005-2008 

著書
Methods in Molecular Biology, Vol. 185: Embryonic Stem Cells: Methods and Protocols  M. Oyamada, Y. Oyamada, T. Kaneko, and T. Takamatsu  Regulation of Gap Junction Protein (Connexin) Genes and Function in Differentiating ES Cells  pp. 63-69  Humana Press Inc.  2001 
バイオイメージングの最先端  金子智行、田中秀央、小山田正人、高松哲郎  灌流心におけるin situカルシウムイメージング  pp. 188-192  先端医療技術研究所  1999/12/27  4-925089-05-6 
Frontiers in Life Sciences  Tomoyuki Kaneko, Kensuke Kojima, Kenji Yasuda  Study of community effects of the cardiomyocytes with an agarose microchamber system  pp. 27-38  Research Signpost  2006  81-308-0071-3 
Biological Imaging and Sensing  S. Kawata, O. Nakamura, T. Kaneko, M. Hashimoto, K. Goto, N. I. Smith, T. Sugiura, I. Fujimasa, and H. Matsumoto  Biological Imaging and Sensing from Basic Techniques to Clinical Application  pp. 1-67  Springer  2004  3-540-43898-X 
再生医療製品の許認可と組織工学の新しい試み  安田賢二、金子智行、野村典正、服部明弘  第3章 組織工学の新たな研究、5.オンチップ・セロミクス解析技術  pp. 135-145  シーエムシー出版  2012 
詳細表示...

論文
(MISC)総説・解説(商業誌)  共著  微小管と膜小胞の挙動  金子智行、田中陽子、宝谷紘一  蛋白質核酸酵素  42/ 7, 1215-1220  1997 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  共著  胞骨格とリポソームによる細胞モデル形成  金子智行、瀧口金吾、宝谷紘一  表面  35/ 4, 191-197  1997 
研究論文(学術雑誌)  共著  Morphological transformation of liposomes caused by assembly of encapsulated tubulin and determination of shape by microtubule associated proteins (MAPs)  T. Kaneko, T. J. Itoh and H. Hotani  Journal of Molecular Biology  284/ 5, 1671-1681  1998 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Real-time confocal two-photon fluorescence microscope using a rotating microlens array  K. Fujita, T. Kaneko, O. Nakamura, M. Oyamada, T. Takamatsu, and S. Kawata  Proc. SPIE  3740, 390-393  1999 
研究論文(学術雑誌)  共著  Real-time imaging of two-photon induced fluorescence with a microlens-array scanner and a regenerative amplifier  K. Fujita, O. Nakamura, T. Kaneko, M. Oyamada, T. Takamatsu, and S. Kawata  Journal of Microscopy  194/ 2/3, 528-531  1999 
詳細表示...

受賞
青蓮賞  2001 
詳細表示...

所属学協会
日本生物物理学会  1994/01/01-現在 
アメリカ細胞生物学会  2003/01/01-現在 
アメリカ生物物理学会  2013/01/01-現在 
日本細胞生物学会  1993/01/01-2010/12/31 
レーザー顕微鏡研究会  1997/01/01-2005/12/31 
詳細表示...