English
法政大学 
理工学部 
経営システム工学科 

准教授 
田村 信幸 
タムラ ノブユキ 
TAMURA Nobuyuki 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/05/20 

経歴
中央大学理工学部経営システム工学科 助手  2002/04/01-2004/09/30 
防衛大学校電気情報学群電気電子工学科 助手  2004/10/01-2007/03/31 
防衛大学校電気情報学群電気電子工学科 助教(名称変更)  2007/04/01-2011/08/31 

学歴
中央大学  理工学部  管理工学科  1996/03/31  卒業 
東京工業大学  社会理工学研究科  経営工学専攻  博士前期  1998/03/31  修了 
中央大学  理工学研究科  経営システム工学専攻  博士後期  2001/03/31  修了 

学位
博士(工学)  中央大学  2001/03/31 

研究分野
社会システム工学・安全システム 

研究キーワード
オペレーションズ・リサーチ 
応用確率論 
信頼性 
保全 

著書
新版 信頼性ハンドブック  鈴木和幸他  423-426  日科技連出版社  2014/06  978-4-8171-9519-7 
詳細表示...

論文
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  Several Properties of an Optimal Maintenance Policy for a Semi-Markovian Deteriorating System with Major and Minor Failures  N. Tamura  Proceedings of 25th ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design  180-184  2019/08 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  Analysis of a Markovian Deteriorating System with the Decision of Optimal Repair under Incomplete Observation  N. Tamura  11th International Conference on Mathematical Methods in Reliability  8pages  2019/06 
研究論文(学術雑誌)  単著  Optimal Control of Production with Improvement  N. Tamura  Proceedings of the Institute of Mechanical Engineers, Part O: Journal of Risk and Reliability  232/ 6, 777-786  2018/12  1748-006X 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  単著  An Optimal Maintenance Policy for a Semi-Markovian Deteriorating System with Major and Minor Failures  N. Tamura  Euro-Mediterranean Conference on Mathematical Reliability  8pages  2018/07 
単著  A note on an optimal maintenance policy for a Markovian deteriorating system subject to random shocks  N. Tamura  Proceedings of 23rd ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design,  219-223  2017/08 
詳細表示...

受賞
高木賞  2010/06 
第35回信頼性・保全性シンポジウム奨励報文賞  2006/06 
高木賞  2006/06 
IEEE Reliability Society Japan Chapter, Outstanding Young Scientist Award  2006/02 
詳細表示...

担当授業科目
経営工学計算演習A 
数理技法 
オペレーションズ・リサーチ特論1(大学院・隔年開講) 
確率システム解析特論(大学院・隔年開講) 
経営工学ゼミナール1 
詳細表示...

所属学協会
IEEE  2009/01-現在 
日本品質管理学会  2001/05-現在 
日本信頼性学会  2000/08-現在 
日本経営工学会  1999/12-現在 
電子情報通信学会  1999/10-現在 
詳細表示...