English
法政大学 
理工学部 
応用情報工学科 

顔写真 教授 
和田 幸一 
ワダ コウイチ 
WADA Koichi 


1956年生まれ  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2017/08/08 

名誉教授授与大学名
名古屋工業大学 

経歴
大阪大学基礎工学部・助手  1983/04/01-1984/03/31 
名古屋工業大学工学部情報工学科・講師  1984/04/01-1987/03/31 
名古屋工業大学工学部電気情報工学科・助教授  1987/04/01-1999/03/31 
在外研究(ミネソタ大学ダルース校,ウイスコンシン大学ミルウォーキー校客員助教授(10か月))  1987/09/04-1988/07/07 
名古屋工業大学工学部電気情報工学科・教授  1999/04/01-2003/03/31 
在外研究(ドイツアーヘン工科大学客員教授(3か月))  2000/06/01-2000/09/30 
名古屋工業大学大学院工学研究科・教授  2003/04/01-2012/03/31 
在外研究(スイス工科大学チューリッヒ校客員教授(1か月))  2006/02/14-2006/03/13 
法政大学・理工学部・応用情報工学科・教授  2012/04/01-現在 
在外研究(スイス工科大学チューリッヒ校客員教授(1か月))  2013/08/14-2013/09/13 

学歴
大阪大学  基礎工学部  情報工学科  1978/03/25  卒業 
大阪大学大学  基礎工学研究科  物理系専攻情報工学分野  博士後期  1983/03/25  修了 

学位
工学博士  大阪大学  1983/03/25 

研究分野
情報学基礎 
計算機システム・ネットワーク 
高性能計算 

研究キーワード
並列・分散アルゴリズム 
教育支援システム 

研究テーマ
自律分散ロボット群に対する計算能力に関する理論研究  自律分散ロボット,計算限界,分散アルゴリズム,ミニマリズム  2005/04/01-現在 
MapReduce計算の関する理論研究  マップリデュース,理論モデル,並列アルゴリズム  2012/04/01-現在 
GPGPUに対する効率的な並列アルゴリズム  GPGPU, Parallel Algorithms,   2012/04/01-現在 
教育支援システムに関する研究  Computer Assistant systems  2012/04/01-現在 

受託・共同・寄附研究実績
IoTから得られるデータの統一的表現に対する分散管理とプライバシー保護の研究  和田 幸一  2016-2017  受託研究  企業からの受託研究 
ヘテロ情報の自己統合化/自己セキュリティ保存化/自己安定化の研究  和田 幸一  2015-2016  受託研究  企業からの受託研究 
クラウド連携型ロボットにおける分散並列システム基盤の研究  和田 幸一  2014-2015  受託研究  企業からの受託研究 
ビッグデータ処理モデルの研究  和田 幸一  2013-2014  受託研究  企業からの受託研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
CPSに基づいた自律分散ロボット群に対する理論的モデル化とその計算限界の解明  科学研究費  2017/04/01-2020/03/31 
分散環境における超並列計算に対する計算限界の解明とその計算パラダイムの創出  科学研究費  2014/04/01-2017/03/31 
詳細表示...

著書
情報工学レクチャーシリーズ 離散数学 第2版  陳慰  114-147  森北出版  2017/10/01  情報系の大学,高専の学生を対象に情報数学において必要となる離散数学の基礎とその本質を理解することを目的としている. 
情報工学レクチャーシリーズ 離散数学  陳慰  114-147  森北出版  2014/11/07  978-4-627-81081-5  情報系の大学,高専の学生を対象に情報数学において必要となる離散数学の基礎とその本質を理解することを目的としている. 
世界標準 MIT教科書アルゴリズムイントロダクション第3版 [第2巻] 高度な設計と解析手法・グラフアルゴリズム  浅野,岩野,梅尾,山下  近代科学社  2012/12 
世界標準 MIT教科書アルゴリズムイントロダクション第3版 [第1巻] 基礎・ソート・データ構造・数学  浅野,岩野,梅尾,山下  近代科学社  2012/08 
アルゴリズムイントロダクション改訂2版第1巻(数学的基礎とデータ構造)  近代科学社  2007/02/28 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  How to prove impossibility under global fairness: On space complexity of self-stabilizing leader election on a population protocol model  S. Cai, T. Izumi, K. Wada  Theory of Computer Systems  50/ 3, 433-445  2012/04 
研究論文(学術雑誌)  共著  On the approximability and hardness of minimum topic connected overlay and its special instances  J. Hosoda, J. Hromkovic, T. Izumi,, H. Ono, M. Steinova, K. Wada  Theoretical Computer Science  429/ 20, 144-154  2012/04 
研究論文(学術雑誌)  共著  分割画像のグラフカットに基づく高速かつ省メモリな画像前景抽出  柴,泉,和田  電子情報通信学会和文論文誌D  J95-D/ 3, 628-637  2012/03 
研究論文(学術雑誌)  共著  The gathering problem for two robots with unreliable compasses  T.Izumi, S.Souissi, Y.Katayama, N.Inuzuka, X.Defago, K.Wada, M.Yamashita  SIAM Journal on Computing  41/ 1, 26-46  2012/01 
研究論文(学術雑誌)  共著  Adaptive and doubly-expedited one-step consensus in Byzantine asynchronous systems  N. Banu, T. Izumi, K. Wada  Parallel Processing Letters  21/ 4, 461-477  2011/12 
詳細表示...

知的財産権
特許  移動端末装置、制御方法および移動通信システム  特願2007-124464  2007/05/09  特開2008-283360(P2008-283360A)  2008/11/20 
特許  移動端末による通信網の自己安定的構造化手法  特願2007-052821  2007/03/02  特開2008-219362(P2008-219362A)  2008/09/18 
特許  移動端末による通信網の効率的自己組織化手法  特願2006-130473  2006/05/09  特開2007-306135(P2007-306135A)  2007/11/22 
特許  移動端末装置、制御方法及び移動通信システム  特願2006-053620  2006/02/28  特開2007-235444(P2007-235444A)  2007/09/13 
特許  移動端末による通信網の構造化手法  特願2006-039284  2006/02/16  特開2007-221428(P2007-221428A)  2007/08/30 
詳細表示...

担当授業科目
計算機アーキテクチャ 
計算機アーキテクチャ演習 
計算機ハードウエア 
詳細表示...