English
法政大学 
キャリアデザイン学部 
キャリアデザイン学科 

教授 
遠藤 野ゆり 
エンドウ ノユリ 
ENDO Noyuri 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2021/04/15 

プロフィール
2000年~被虐待経験をかかえる思春期児童の自立と葛藤について
2007年~小中学校における生徒指導や学級運営、授業づくりと教材研究
2008年~子どもむけ電話相談事業による子育て事業に関する研究
2012年~不登校や発達障害等生きづらさを抱える子どもにとっての学び・諸経験の意味の研究 

経歴
山口大学  教育学部  専任講師  2009/04/01-2012/03/31 
法政大学  キャリアデザイン学部  専任講師  2012/04/01-2013/03/31 
法政大学  キャリアデザイン学部  准教授  2013/04/01-2020/03/31 
法政大学  キャリアデザイン学部  教授  2020/04/01-現在 

学歴
東京大学  教育学部  2001/03/31  卒業 
東京大学大学院  教育学研究科  総合教育科学  博士後期  2007/03/31  修了 

学位
教育学(博士)  東京大学  2007/02 

教育・研究活動状況
児童虐待、発達障害、不登校等、様々な生きづらさを生む状況に現象学的教育理臨床学で迫ります。 

研究分野
教育学 

研究キーワード
現象学的教育学 特別な教育ニーズ 生きづらさ 思春期 

研究テーマ
生きづらさを抱える人びとの自己受容と自立  生きづらさ 自己受容 自立  2012/04/01-現在 
特別な教育ニーズのある若者の自立支援  特別な教育ニーズ 発達障がい  2014/04/01-現在 

受託・共同研究希望テーマ
インクルーシブ教育 特別な教育ニーズ 多様性とキャリアデザイン  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究,共同研究,その他 
詳細表示...

受託・共同・寄附研究実績
特別な配慮を要する子どもに対する周囲の児童生徒の受容度の実態調査と受容度を高める教育プログラムの開発  遠藤野ゆり  2018-2019  寄附研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
日英比較から探る学習困難な子どものニーズに定位した学校プラットフォーム化の可能性  科学研究費  国際共同研究(B)  2019/10/01-2024/03/31  本研究の目的は、貧困や障がい等によって学習困難(Learning Difficulties)に陥っている 「特別な教育ニーズ(SEN)」を有するあらゆる子どもが、当事者(本人や家族、支援者)のニーズに沿った支援につながることを可能にする学校のプラットフォーム化に向けて、プログラムを策定することである。 
子どもの逆境と支援をめぐる多様な語りと子ども支援から見た社会の構想の研究  科学研究費  基盤(B)  2018/07/18-2021/03/31 
「生活経験に基づいた実践的道徳教育」を導く教育環境モデルの開発と検証  科学研究費  基盤(C)  2015/04/01-2019/03/31 
公的支援からこぼれ落ちる要支援者の実態調査とキャリア発達への中間的支援モデル作成  科学研究費  基盤(C)  2015/04/01-2019/03/31 
複合的困難を抱える子どもの共同体意識形成のための支援モデルに向けたフィールド調査  科学研究費  基盤(C)  2014/04/01-2017/03/31 
詳細表示...

著書
『教育方法49公教育としての学校を問い直す』  日本教育方法学会編 遠藤 野ゆり  第4章「なぜ理由もなく学校に行けないのかー教室に身を置くことの意味から考えるー」  14  図書文化社  2020/10/30  978-4810007480 
さらに当たり前を疑え! 臨床教育学2  遠藤野ゆり・大塚類  序章・第一章・第二章・第六章・第八章・第九章・第十章・あとがき  109  新曜社  2020/01/27  978-4788516656 
ワークで学ぶ学校カウンセリング  あるがままに受容されるってどういうこと?  ナカニシヤ出版  2019/07/01  978-4779513916 
現代の家庭教育  田中理絵他  「児童虐待はいかに語られるか―虐待発生のメカニズム」「虐待された子どもたちのその後―他者と共に生きる『自立』に向けて」  pp.175-194  放送大学教育振興会  2018/03/01  978-4595318481 
ベストをつくす教育実習―強みを活かし実力を伸ばす  筒井美紀、遠藤野ゆり、寺崎里水、佐藤仁  「教師の資質とは何か-教育実習に行くまでのトレーニング」「学習指導案とリハーサル・模擬授業の往復―良い試行錯誤とは」「アクティブ・ラーニングの基本と実践 ―生き生きした思考の活動に向けて」  pp.21‐41,117‐149  有斐閣  2017/09/27  978-4641174320 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  リズムに関する現象学的考察の試み -リズム論に基づく教育学的人間理解に向けて-  遠藤 野ゆり  法政大学キャリアデザイン学部紀要  18, 147-170  2021/03/01 
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  進路多様校における生徒の個人特性が学力向上とキャリア教育成果に与える影響-教員による生徒の特性判断と学生の自己認識データ分析-  酒井 理・遠藤 野ゆり  生涯学習とキャリアデザイン  18/ 1  2020/11  10.15002/00023639 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  発達障害のある同級生との関係に巻き込まれることの葛藤と受容―共同的な学びの形成を目指して―  遠藤 野ゆり  生涯学習とキャリアデザイン  18/ 1  2020/11  10.15002/00023638 
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  『学び合い』による他者関係の広がり―コミュニケーションが苦手な児童に着目して―  田嶋柚里・遠藤野ゆり  法政大学キャリアデザイン学部紀要  17, 5-29  2020/03 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  特別な教育的ニーズのある子どもを周囲の子どもたちはどう受容するか : 多様性理解に向けた教育プログラムの効果検証  遠藤野ゆり  生涯学習とキャリアデザイン  17/ 2, 67-81  2020/03 
詳細表示...

研究発表
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  発達障害児支援に必要なこと――周囲のおとなの語りから探る  日本人間性心理学会大会39回  2020/09/04 
口頭発表(一般)  自閉スペクトラム症の少年が未来イメージを抱けるようになるための支援方法―文章作成課題に関する事例検討  人間性心理学会第38回大会  2019/09/22 
口頭発表(一般)  社会の中の人のあり方と他者視点の獲得を検討する ― A Multidisciplinary Approach to Facing Issues-  日本乳幼児教育学会第28回大会  2018/12/09 
口頭発表(一般)  定時制高校における生徒間の「異質な他者」受容プロセスについて――インクルーシブ教育の実現に向けた事例検討  日本人間性心理学会第37回大会  2018/09/15 
口頭発表(一般)  abuse,handicap,disorder  第4回東アジア教育研究所国際会議  2017/10/22 
詳細表示...

受賞
日本人間性心理学会学会賞  2014/10/13 
詳細表示...

担当授業科目
学校論Ⅰ 
発達・教育入門A 
学校論Ⅱ 
教育実習事前指導(社会科) 
詳細表示...

所属学協会
日本社会福祉学会  2008-現在 
日本人間性心理学会  2007-現在 
日本教育方法学会  2007-現在 
詳細表示...

委員歴
日本人間性心理学会  『日本人間性心理学研究』編集委員  2016/04/01-2019/03/31 
詳細表示...