English
法政大学 
人間環境学部 
人間環境学科 

教授 
高田 雅之 
タカダ マサユキ 
TAKADA Masayuki 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2015/05/29 

学歴
宇都宮大学  工学部  環境化学科  1981/03/31  卒業 
北海道大学  環境科学研究科  地圏環境科学  博士前期  2004/03/31  修了 
北海道大学  農学研究科  環境資源学  博士後期  2009/03/31  修了 

学位
地球環境学修士  北海道大学  2004/03/25 
農学博士  北海道大学  2009/03/25 

免許・資格
公害防止管理者(水質第一種)  1997/12 
技術士(環境部門)  1999/02 
博物館学芸員  2008/03 

研究分野
環境動態解析 
環境影響評価・環境政策 
地理学 
生態・環境 
農業環境工学 

研究キーワード
自然環境政策 
保全生態学 
景観生態 
環境地理 
生物多様性 
水環境保全 
GIS 
リモートセンシング 
湿原・湿地 
環境情報 
環境解析 

研究テーマ
地域規模の二酸化炭素排出・吸収量評価方法の開発  地域規模の二酸化炭素排出・吸収量評価方法の開発  統計情報の積み重ねによる二酸化炭素の排出・吸収予想と、実観測及びモデリングとを比較し、地域規模の二酸化炭素排出・吸収量評価方法を開発する。  2001-2003 
湿原生態系調査  湿原生態系調査  草原性鳥類の生息環境としての湿原環境の変化を解析  2002-2003 
鳥類を指標生物としたアジア生物多様性保護データベースの構築  鳥類を指標生物としたアジア生物多様性保護データベースの構築  アジアの鳥類分布データベースの統合構築とWebGISによる発信  2002-2004 
リモートセンシング及びGISを活用した資源・環境評価と産業応用に関する研究  リモートセンシング及びGISを活用した資源・環境評価と産業応用に関する研究  リモートセンシング及びGISを用いて一次産業、防災、環境への応用を研究  2002-2005 
サケ稚魚滞泳時期の沿岸域の環境評価に関する研究  サケ稚魚滞泳時期の沿岸域の環境評価に関する研究  GISとリモートセンシングを用いて沿岸環境におけるサケの生育環境を評価  2003-2005 
野生鳥獣の大量死の原因となり得る病原体に関するデータベースの構築  野生鳥獣の大量死の原因となり得る病原体に関するデータベースの構築  大型水鳥の環境選択解析と湖沼データベースの構築  2003-2006 
都市近郊に残された貴重な高層湿原の植生復元実験  都市近郊に残された貴重な高層湿原の植生復元実験  湿原の環境変化把握のための地下水位観測と解析評価を行うとともに、湿原復元に向けた様々な実験を行う。  2003-現在 
硝酸性窒素等による地下水汚染の防止・改善に関する研究  硝酸性窒素等による地下水汚染の防止・改善に関する研究  水理地質GISを用いて硝酸性窒素による地下水汚染の広域的なポテンシャルマップを作成  2004-2008 
リモートセンシング等を用いた野生動物の生息環境評価手法の開発  リモートセンシング等を用いた野生動物の生息環境評価手法の開発  GISとリモートセンシングを用いて野生動物の生息環境を評価  2005-2005 
台風18号による自然攪乱が北方森林の炭素交換量および蓄積量に与える影響の評価  台風18号による自然攪乱が北方森林の炭素交換量および蓄積量に与える影響の評価  衛星画像による台風風倒被害の抽出解析  2005-2007 
野生動物の広域的な空間利用に関する評価手法の開発  野生動物の広域的な空間利用に関する評価手法の開発  リモートセンシングとGISを用いて野生動物の広域的な環境利用を解析  2006-2006 
サロベツ湿原の保全再生にむけた泥炭地構造の解明と湿原変遷モデルの構築に関する研究  サロベツ湿原の保全再生にむけた泥炭地構造の解明と湿原変遷モデルの構築に関する研究  GIS、リモートセンシングを用いてサロベツ湿原における環境因子の空間構造を明らかにした  2006-2008 
GISを活用した河川情報基盤整備によるサケ・マス生息環境評価に関する研究  GISを活用した河川情報基盤整備によるサケ・マス生息環境評価に関する研究  GISを用いて、流域規模で資源有用魚の生息ポテンシャルを評価  2006-2008 
オホーツク海沿岸環境脆弱域における油汚染影響評価とバイオレメディエーション実用化に関する研究  オホーツク海沿岸環境脆弱域における油汚染影響評価とバイオレメディエーション実用化に関する研究  地理情報を用いてオホーツク沿岸の湿地と海浜食性の、油汚染に対する脆弱性を評価  2006-2008 
分布拡大地域における野生動物個体群のモニタリング手法の開発  分布拡大地域における野生動物個体群のモニタリング手法の開発  エゾシカの広域分布と変化要因の解析  2007-2007 
環境変動下における泥炭湿原の炭素動態  環境変動下における泥炭湿原の炭素動態  泥炭地の堆積構造と炭素蓄積量の推定  2008-2010 
北海道生物多様性保全モニタリングに関する研究  北海道生物多様性保全モニタリングに関する研究  石狩低地帯を対象として、広域的視点から種の多様性を評価するとともに、点在する湿原生態系のモニタリング手法を検討した。  2008-2010 
サロベツ湿原と稚咲内湖沼群をモデルにした湿原・湖沼生態系総合監視システムの構築  サロベツ湿原と稚咲内湖沼群をモデルにした湿原・湖沼生態系総合監視システムの構築  地理空間情報を用いた環境変動解析  2009-2011 
生態系管理のためのエゾシカによる自然植生への影響把握と評価手法の確立  生態系管理のためのエゾシカによる自然植生への影響把握と評価手法の確立  自然生態系へのエゾシカの影響評価とモニタリング方法の検討  2009-2011 
インドネシアの泥炭における火災と炭素管理  インドネシアの泥炭における火災と炭素管理  熱帯泥炭地の保全管理による二酸化炭素放出の抑制  2009-2013 
えん麦野生種を核とした長期輪作体系の構築とその粗飼料利用による耕畜循環システムの確立  えん麦野生種を核とした長期輪作体系の構築とその粗飼料利用による耕畜循環システムの確立  ダイズシスト線虫対策に向けた農作管理及び資源の耕畜循環システム構築を目的として、農地管理GIS構築と病虫害作物の分光解析を行った。  2010-2010 
ニホンジカの分布拡大過程と空間構造の解明  ニホンジカの分布拡大過程と空間構造の解明  エゾシカの分布特性と拡大構造について、地理情報を用いてその特性及び要因を解析する。  2010-2012 
景観要素と種の多様性の関係分析に基づく地域生態系保全計画手法  景観要素と種の多様性の関係分析に基づく地域生態系保全計画手法  景観要素(生態系)と種の多様性との関係を明らかにし、地理情報を用いて広域的な生物多様性評価とそれを踏まえた保全計画手法を検討する。  2010-2012 
野生鳥類由来感染症の伝播リスク評価及び対策手法の開発  野生鳥類由来感染症の伝播リスク評価及び対策手法の開発  2011-2013 
陸水生態系における生物多様性損失の定量的評価に関する研究  陸水生態系における生物多様性損失の定量的評価に関する研究  湿地を対象とした生物多様性の劣化損失の定量的な評価を行うとともに、地理情報を用いたホットスポット抽出と種の絶滅リスク評価を行う。  2011-2015 
低地泥炭湿原の群落の景観と種組成における地理的変異の把握とその生成機構の解明  湿原、景観生態、地理  2012-2014 
地理空間情報を用いた環境変動解析  地理空間情報を用いた環境変動解析 

著書
湿地の博物誌  辻井達一、岡田操  北海道大学出版会  2014/12/10  978-4-8329-8215-4 
サロベツ湿原と稚咲内砂丘林帯湖沼群  北海道大学出版会  2014/11/25  978-4-8329-8214-7 
地理空間情報の基本と活用  古今書院  2009  978-4-7722-5236-2 
自然環境解析のためのリモートセンシング・GISハンドブック  古今書院  2007  978-4-7722-4109-0 
北海道の湿原  北海道新聞社  2007  978-4-89453-413-1 
詳細表示...

論文
(MISC)総説・解説(その他)  単著  湿原保全の新たな仕組み~生物多様性オフセットを考える~  北海道の自然  53, 36-42  2015/03/10  0286-0627 
研究論文(学術雑誌)  共著  Population trends of grassland birds in Hokkaido, focussing on the drastic decline of the Yellow-breasted Bunting  Tamada, K., Tomizawa, M., Umeki, M.  Ornithol Science  13, 29-40  2014 
研究論文(その他学術会議資料等)  共著  Peat Formation  Sawahiko Shimada, Hidenori Takahashi  Carbon Management and Ecosystem Functions of Tropical Peatland  in press  2014 
(MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  単著  湿地の文化を考える―湿地をめぐる人々の営み―  人間環境論集  15/ 1, 143-162  2014/04 
(MISC)その他記事  単著  湿原あれこれ9-湿地を越える  モーリー(北海道新聞野生生物基金)  34, 38-41  2014/03 
詳細表示...

研究発表
ポスター発表  エゾシカ分布拡大過程への拡散モデル適用の試み  第21回地理情報システム学会  2012/10 
ポスター発表  Biodiversity mapping on a landscape-scale by using recorded species data  The 2nd Asia Regional Conference of the Society for Conservation Biology (Biodiversity Asia 2012  2012/08 
その他  泥炭中の炭素蓄積量の空間解析-Carbon Stockとしての湿原-  日本生態学会第58回大会  2011 
口頭発表(一般)  多バンド高分解能衛星画像World View-2の湿原環境評価への適用可能性  日本写真測量学会平成23年度秋季学術講演会  2011/10 
口頭発表(一般)  空中写真を用いた湿原におけるエゾシカの生息痕跡の抽出と評価  第20回地理情報システム学会  2011/10 
詳細表示...

芸術活動、建築作品等
その他  単独  石狩低地帯の生物多様性-評価と保全のためのモニタリングと技術-  2011-現在 
その他  単独  湿地の文化とインベントリー  2010-現在 
その他  単独  江別市越後沼湿原における環境調査および植生復元実験に関する報告書  2004-2008 
その他  単独  リモートセンシングによる森林風倒被害解析報告書  2004-2005 
その他  単独  湿原生態系保全対策推進費・広域モニタリング  2002-現在 
詳細表示...

所属学協会
環境アセスメント学会  2011/07-現在 
日本線虫学会  2011/07-現在 
日本国際地図学会  2010/04-2011/12 
日本湿地学会  2009/05-現在 
緑化工学会  2008/08-2009/12 
詳細表示...