English
法政大学 
経済学部 
経済学科 

教授 
菅原 琢磨 
スガハラ タクマ 
SUGAHARA Takuma 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/07/24 

経歴
学習院大学  経済学部  助手(研究助手)  2000/04/01-2003/03/31 
国際医療福祉大学 医療福祉学部  専任講師  2003/05/01-2006/03/31 
国際医療福祉大学 医療福祉学部  准教授  2006/04/01-2007/02/28 
国立保健医療科学院  経営科学部  サービス評価室長  2007/03/01-2011/02/28 
国立保健医療科学院  人材育成部  介護予防保健事業推進評価室長  2011/03/01-2011/03/31 
国立保健医療科学院  医療・福祉サービス研究部  特命上席主任研究官(2011年4月の組織改編による)  2011/04/01-2012/03/31 
法政大学  経済学部  教授  2012/04-現在 
法政大学  比較経済研究所  教授  2018/04/01-2020/03/31 
(公財)医療科学研究所   理事  2016/06-現在 
医療経済学会  理事  2020/04/01-現在 
厚生労働省  社会保障審議会  医療保険部会委員  2015/08/28-現在 
厚生労働省  中央社会保険医療協議会 診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」  保険医療専門審査員  2016/08/01-現在 
厚生労働省 保険局・年金局  「働き方の多様化を踏まえた社会保険の対応に関する懇談会」  委員  2018/10-2019/09 
内閣府  総合特別区域の専門家評価委員会(ライフイノベーション分野)  専門家委員  2013/04/11-現在 
全国健康保険協会(協会けんぽ)  運営委員会委員  2018/10/01-現在 

学歴
学習院大学  経済学部  経済学科  1995/03/31  卒業 
学習院大学大学院  経済学研究科  経済学  博士前期  1997/03/31  修了 
学習院大学大学院  経済学研究科  経済学  博士後期  2000/09/26  修了 

学位
博士(経済学)  学習院大学  2000/09/26 

研究分野
社会政策 社会保障論 医療経済学  

研究キーワード
社会政策 
社会保障論 
医療経済学 
医療政策 
福祉経済 
福祉政策 
介護保険 
医薬品産業 
医療機器産業 
産業組織論 

受託・共同・寄附研究実績
「介護サービス事業者における経営品質のあり方に関する調査研究」(研究代表者:小山秀夫) 分担研究:「介護事業者における経営品質評価の意義と方向性」  2006-2007  その他 
「先進諸国における介護保険制度の国際比較研究-日本・ドイツ・ルクセンブルグの比較-」(研究代表者:和田勝) 分担研究:「3ヵ国の介護保険制度の比較」  2003-2005  その他 
「知識資本ストック推計に基づく製薬企業の利潤率分析」(研究代表者)  2002-2003  受託研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
勃興するアジア諸国、日本におけるこれからの経済成長と医療支出・薬剤支出の関係性  科学研究費  平成31年度(2019年度)第2回採用分 外国人招へい研究者(短期)  日本学術振興会  2020/02/14-2020/04/13 
「社会保障制度の制度改正の政策効果及び人口減少と世帯の多様性に対応した社会保障制度・地域のあり方に関する研究」(研究代表者)  科学研究費  2015/04/01-2018/03/31 
「わが国の医薬品市場におけるシェア決定要因に関する調査研究」(研究代表者)  科学研究費  基盤研究(C)一般  2014/04/01-2018/03/31 
「病院外来受診時の一定定額自己負担制度導入に関する調査研究」(研究代表者)  科学研究費  その他  2013/12/25-2014/03/31 
「開発途上国における住民の治療選択行動に関する実証分析-疫学経済学からのアプローチ」(研究代表者: 塚原 高広)  科学研究費  基盤研究(B)一般  2013/04/01-2015/03/31 
詳細表示...

著書
「高額薬剤の現状と今後の政策課題」小黒一正・菅原琢磨編著『薬価の経済学』第5章.  菅原琢磨・高山莉理子  P105‐127  日本経済新聞出版社  2018/07/18  978-4532134860 
「後発医薬品にかかる政策課題―普及促進策と後発医薬品利用率の決定要因」小黒一正・菅原琢磨 編著『薬価の経済学』第4章.  菅原琢磨  P75‐103  日本経済新聞出版社  2018/07/18  978-4532134860 
「3カ国に共通する今後の課題」和田勝編著『介護保険制度の政策過程-日本・ドイツ・ルクセンブルグ国際共同研究-』終章・ドイツ・ルクセンブルク訪問調査記録.  菅原琢磨・和田勝  341-375  東洋経済新報社  2007/09 
「3カ国の介護保険制度の主な相違点とその要因考察」和田勝編著『介護保険制度の政策過程-日本・ドイツ・ルクセンブルグ国際共同研究-』第3章.  和田勝・菅原琢磨  16-29  東洋経済新報社  2007/09 
「3カ国の介護保険の制度化の背景」和田勝編著『介護保険制度の政策過程-日本・ドイツ・ルクセンブルグ国際共同研究-』第2章.  和田勝・菅原琢磨  7-15  東洋経済新報社  2007/09 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Cost-effectiveness and resource allocation (CERA) 18 years of evolution: maturity of adulthood and promise beyond tomorrow  Mihajlo Jakovljevic, Klazien Matter-Walstra, Takuma Sugahara, Tarang Sharma, Vladimir Reshetnikov, Joav Merrick, Tetsuji Yamada, Sitaporn Youngkong & Joan Rovira  Cost Effectiveness and Resource Allocation  Springer Nature  18/ 15  2020/04/02  1478-7547  10.1186/s12962-020-00210-2 
研究論文(学術雑誌)  共著  Effect of pecuniary costs and time costs on choice of healthcare providers among caregivers of febrile children in rural Papua New Guinea  Takahiro Tsukahara,Takuma Sugahara,Seiritsu Ogura and Francis Wanak Hombhanje  Health Economics Review  Springer Berlin Heidelberg  9/ 1  2019/12/11  10.1186/s13561-019-0250-x 
研究論文(学術雑誌)  共著  Reimbursement pricing for new medical devices in Japan: Is the evaluation of innovation appropriate?  Makoto Tamura,Shohei Nakano and Takuma Sugahara  The International Journal of Health Planning and Management  WILEY  34, 583-593  2018/12/14  10.1002/hpm.2719 
研究論文(学術雑誌)  共著  Comparison of Health Service Utilization for Febrile Children Before and After Introduction of Malaria Rapid Diagnostic Tests and Artemisinin-Based Combination Therapy in Rural Papua New Guinea  Takahiro Tsukahara, Takuma Sugahara, Takuro Furusawa and Francis Wanak. Hombhanje  Frontiers in Public Health/Health Economics (https://doi.org/10.3389/fpubh.2018.00075)  Frontiers Media SA,Switzerland  2018/03/13  10.3389/fpubh.2018.00075  URL 
研究論文(学術雑誌)  単著  "Analysis of Regional Variation in the Scope of Eligibility Defined by Ages in Children’s Medical Expense Subsidy Program in Japan"  Takuma Sugahara  Frontiers in Pharmacology (https://doi.org/10.3389/fphar.2017.00525)  Frontiers Media SA,Switzerland  2017/08/22  10.3389/fphar.2017.00525 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  What are the Factors of Regional Disparities In Generic Drug Use?  The 48th APACPH(Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health) Conference  2016/09/18 
口頭発表(一般)  What Explains the Market Share Under Generic Competition?-The Effect of Good-will and a Policy Promoting Generics-  iHEA 11th World Congress in Health Economics  2015/07/14 
口頭発表(一般)  パプアニューギニア村落部における小児のマラリアに対する保護者の治療選択  第9回 医療経済学会  2014/09/06 
口頭発表(一般)  わが国における被用者医療保険に対する「リスク構造調整」導入の影響試算-年齢・所得調整による検討-  第51回 日本医療・病院管理学会学術総会  2013/09/28 
ポスター発表  Influences on results caused by differences in the survey methods used for the contingent valuation of health checkups for metabolic syndrome  1st Asia Pacific Clinical Epidemiology and Evidence-Based Medicine Conference in Malaysia  2012/07 
詳細表示...

芸術活動、建築作品等
その他  単独  日本経済新聞 経済教室『診療報酬改定の課題(上)費用考慮した政策評価カギ』  2019/11/29-現在 
その他  単独  巻頭言「社会保障制度の世代間問題の捉え方」『医療と社会』Vol.27,No.1,p1-2(2017).  2017/05/25-現在 
その他  共同  日本経済新聞 経済教室『医薬品への保険給付 重要性に応じて配分変えよ』  2016/11/10-現在 
その他  共同  厚生労働科学研究費補助金・政策科学総合研究事業『社会保障制度の政策効果及び人口減少と世帯の多様性に対応した社会保障制度・地域のあり方に関する研究』研究報告書  2015/04/01-2018/03/31 
その他  共同  厚生労働科学研究費補助金・特別研究事業『病院外来受診時の一定定額自己負担制度導入に関する調査研究』研究報告書  2013/12-2014/03 
詳細表示...

受賞
医療経済学会 2009年度 学会論文賞(最優秀論文)受賞  2010/07  「地価情報を用いた地域医療システムの価値評価-ヘドニック法による地域社会の「安心」の測定-」『医療経済研究』第21巻 第2号,p115-35. 医療経済学会/医療経済研究機構.の論文で受賞 
安倍能成記念教育基金大学院奨学金  1996/07 
詳細表示...

担当授業科目
経済学入門A 
経済学入門B 
社会政策論A 
社会政策論B 
演習(ゼミナール) 
詳細表示...

社会貢献活動
Associate Editor in Cost Effectiveness and Resource Allocation  2019/12-現在 
Associate Editor in Health Economics, Part of the Journal(s) Frontiers in Public Health.  2018/08/16-現在 
厚生労働省「働き方の多様化を踏まえた社会保険の対応に関する懇談会」委員  2018/10-2019/09 
厚生労働省 中央社会保険医療協議会 診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」 保険医療専門審査員  2016/08/01-現在 
厚生労働省 社会保障審議会・医療保険部会委員  2015/08/28-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本経済学会  1999/03-現在 
医療経済学会  2006/06-現在 
国際医療経済学会(iHEA)  2009/12-現在 
日本医療・病院管理学会  1998/01-現在 
日本公衆衛生学会  2019/07-現在 
詳細表示...