English
法政大学 
法学部 
政治学科 

教授 
山本 卓 
ヤマモト タク 
Yamamoto Taku 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2015/05/13 

学歴
立教大学  法学研究科  政治学  2006 
Rikkyo University  Graduate School, Division of Law  2006 

学位
博士(政治学)  立教大学 

研究分野
政治学 

研究キーワード
イギリス福祉国家史 

研究テーマ
-  - 

著書
共著書『岩波講座 政治哲学 第3巻 近代の変容』(宇野重規編著)  第10章「社会民主主義―J.A.ホブスンにおける社会主義と民主主義」  岩波書店  2014/05 
共著書『社会と主権』(大野達司編著)  第8章「公民的保守主義におけるコミュニティ・市場・市民社会――ディビット・G・グリーンの市民社会論を中心にして――」 pp. 219-235  法政大学出版局  2014/03/20 
共著書『多元主義と多文化主義の間――現代イギリス政治思想史研究』(佐藤正志、ポール・ケリー編)  第5章「福祉――『ベヴァリッジ』の政治的諸文脈」  早稲田大学出版局  2013/03/31 
共著書『英国福祉ボランタリズムの起源』(岡村東洋光ほか編著)  第5章「福祉の分業の隘路―ロンドン慈善組織協会と『リスペクタブルな』失業者」  ミネルヴァ書房  2012/05 
共著書『市民社会と立憲主義』(中野勝郎編著)  第8章「D・G・グリーンの『市民社会の再創出』」  法政大学出版局  2012/03 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  Quality of Life: Policy Concept and Reality  Japanese Journal of Political Science  15/ 2, 163-182  2014/06  This study examines the process by which the concept of quality of life has been increasing in importance as the key to ASEAN's socio-cultural integration. This study also focuses on the current trend that emphasizes subjective quality of life and clarifies that ASEAN has been moving toward including this perspective. Then, it analyzes the subjective quality of life of people in ASEAN in terms of self-assessment and the multidimensional World Health Organization Quality of Life metric by using data from the ASEAN Barometer 2009. 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  公民的保守主義におけるコミュニティ・市場・市民社会――ディビット・G・グリーンの市民社会論を中心にして――  公共政策志林  2, 131-139  2014/03 
研究論文(学術雑誌)  単著  生活の質――政策理念と現状  『地域研究』(総特集「ASEAN諸国における健康と環境」)  13/ 1, 48-65  2013/03 
(MISC)その他記事  単著  1930-40年代の英国優生学協会とティトマス――福祉国家における統合と排除  山本卓  思想  1022, 71-114  2009 
(MISC)その他記事  単著  レオナード・ホブハウスの「自由主義的社会主義」――ナショナルミニマムの政治理論  山本卓  政治思想研究  9, 365-396  2009 
詳細表示...