English
法政大学 
理工学部 
経営システム工学科 

教授 
五島 洋行 
ゴトウ ヒロユキ 
GOTO Hiroyuki 


1971年生まれ  
個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/10/16 

経歴
法政大学  准教授・教授  2011/09-現在 
カリフォルニア大学サンタバーバラ校  客員研究員  2017/04-2018/03 
長岡技術科学大学  助教授・准教授  2005-2011 
(株)日本総合研究所  2001-2005 
(株)三菱総合研究所  1997-1999 

学歴
東京大学  理学部  1995/03  卒業 
東京大学  理学系研究科  博士前期  1997/03  修了 

学位
修士(理学)  東京大学  1997/03 
博士(工学)  東京都立科学技術大学  2004/03 

研究分野
社会システム工学・安全システム 

研究キーワード
オペレーションズリサーチ 
経営数理工学 
計算幾何学 

研究テーマ
離散事象システムの最適制御とそのスケジューリング問題への応用  離散事象システム,スケジューリング  2002-現在 
地理情報データを用いた特徴点・量・領域の効率的な抽出方法  数値標高データ  2012-現在 

受託・共同・寄附研究実績
オンラインスケジューリングのための繰り返し型最長路問題の高速計算  2010-2011  その他 
納期短縮と遅延防止を目的とするプロジェクトマネジメント方法の定量的アプローチ  2009-2010  その他 
繰り返し型離散事象システムに対するスケジューリング方法  2008-2009  その他 
離散事象システムに対するロバストスケジューリング方法とその交通工学分野への応用  2007-2010  その他 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
都市を持続的に成長させるための道路ネットワークの構造の解明と輸送計画の立案  科学研究費  基盤研究C(一般)  2018/04-2022/03 
自然の地形が持つ幾何的特性を生かした地形モデルの表現と標本化  科学研究費  基盤研究C(一般)  2018/04-2022/03 
限られたリソースを有効に活用するスケジューリング方法  科学研究費  基盤研究(C)一般  2014/04-2017/03 
多モード切り換え型ハイブリッドシステムのオンラインスケジューリング方法  科学研究費  基盤研究(C)一般  2011/04-2014/03 
後続工程と後続ジョブの資源非競合性を考慮したハイブリッドシステム制御手法の開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2008/04-2011/03 
詳細表示...

著書
Discrete Event Simulations  With 15 co-authors  35-62  Sciyo  2010/09  978-953-307-115-2 
挑戦こそが成功の鍵  全31名  58-65  近代科学社  2010/03  978-4-7649-5021-4 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Exact and flexible solution approach to a critical chain project management problem  Hiroyuki Goto, Alan T. Murray  Constraints  Springer Nature  2020  1383-7133  10.1007/s10601-020-09314-1 
研究論文(学術雑誌)  共著  Polyad inconsistency measure for pairwise comparisons matrices: max-plus algebraic approach  Hiroyuki Goto, Shaohua Wang  Operational Research  Springer Nature  20, 1-22  2020/01  1109-2858  10.1007/s12351-020-00547-9 
研究論文(学術雑誌)  共著  Acoustical properties in emergency warning siren coverage planning  Hiroyuki Goto, Alan T. Murray  Computers, Environment and Urban Systems  Elsevier  81, 101477/1-11  2020/05  0198-9715  10.1016/j.compenvurbsys.2020.101477 
研究論文(学術雑誌)  共著  Small-m method for detecting all longest paths  Hiroyuki Goto, Alan T. Murray  OPSEARCH  Springer Nature  56/ 3, 824-839  2019/09  0030-3887  10.1007/s12597-019-00385-0 
研究論文(学術雑誌)  共著  Lightweight computation of overlaid traffic flows by shortest origin-destination trips  Hiroyuki Goto, Yohei Kakimoto, Yoichi Shimakawa  IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Science  E102-A/ 1, 320-323  2019/01  0916-8508  10.1587/transfun.E102.A.320 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  クリティカルチェーン法における厳密最適解 〜Max-plus線形表現を⽤いたアプローチ〜  日本応用数理学会年会 2020年 年会  2020/09/10 
口頭発表(一般)  Reduction in time complexity for computing overlaid traffic flows  30th European Conference On Operational Research (EURO 2019)  2019/06/26 
口頭発表(招待・特別)  数理計画問題におけるmax-plus代数の活用~制御工学から組合せ最適化まで~  日本応用数理学会年会  2018/09/04 
口頭発表(一般)  Coverage planning to account for acoustical properties associated with emergency warning sirens  29th European Conference On Operational Research (EURO 2018)  2018/07/09 
口頭発表(一般)  Exact optimal solution of a critical chain project management problem  Industrial Engineering and Engineering Management (IEOM 2017)  2017/10/25 
詳細表示...

知的財産権
特許  スケジュール作成方法,スケジュール作成装置及びコンピュータプログラム  2010-198339  2010/09 
特許  スケジュール作成方法,スケジュール作成装置及びコンピュータプログラム  2009-15597  2009/07 
特許  スケジュール作成方法,スケジュール作成装置,及びコンピュータプログラム  2007-334855  2007/12 
特許  データ分類方法,需要予測方法,発注量決定方法,データ分類装置,需要予測装置,発注量決定装置,およびコンピュータプログラム  2006-119932  2006/05 
特許  物品発注量決定方法,物品発注量決定装置,及びコンピュータプログラム  2006-018777  2006/01 
詳細表示...

受賞
Distinguished Educator Award  2016/03/09  IEOM Distinguished Educator Award for 2016 IEOM Kuala Lumpur Conference 
Best Track Paper Award in Modeling and Simulation Track  2014/01/08  Best Track Paper Award in Modeling and Simulation Track for 2014 IEOM Conference 
Best Paper for the 8th WSEAS International Conference on MANAGEMENT, MARKETING and FINANCES  2010/03 
Best Paper for the 9th WSEAS International Conference on APPLICATIONS of COMPUTER ENGINEERING  2010/03 
インテリジェント・コスモス奨励賞  2008/05 
詳細表示...

所属学協会
IEOM  2018/01-現在 
IEEE  2012/12-現在 
計測自動制御学会  2011/04-現在 
日本オペレーションズリサーチ学会  2007/05-現在 
電子情報通信学会  2003/09-現在 
詳細表示...