English
法政大学 
経済学部 
経済学科 

顔写真 教授 
菅 幹雄 
スガ ミキオ 
SUGA Mikio 


1968年生まれ  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/07/04 

その他の所属・職名
日本統計研究所  所長 

経歴
東海大学教養学部生活学科生活経済学課程助手  1996/04/01-1998/03/31 
東海大学教養学部生活学科生活経済学課程講師  1998/04/01-2001/03/31 
東京国際大学経済学部助教授  2001/04/01-2006/03/31 
東京国際大学経済学部教授  2006/04/01-2011/03/31 
法政大学経済学部教授  2011/04/01-現在 

学歴
慶應義塾大学  商学部  1991/03/31  卒業 
慶應義塾大学  商学研究科  博士前期  1993/03/31  修了 
慶應義塾大学  商学研究科  博士後期  1996/03/31  単位取得満期退学 

学位
博士(商学)  慶應義塾大学  2001/12/11 

研究分野
経済統計学 

研究キーワード
物価指数 
産業連関表 
経済センサス 
ビジネスレジスター 

研究テーマ
ビジネスレジスターによる企業動態統計の開発  行政記録情報、プロファイリング、企業構造の把握、経済センサス  ビジネスレジスターによる企業動態統計の開発  2012-2014 

著書
Income Distribution in Asian Regions Socioeconomic Analyses Based on Micro Data Since the Second Half of the 20th Century  Denzo Kamiya, Yoshiro Matsuda, Mikio Suga  日本統計協会  2014/05  978-4-8223-3736-0 
経済統計―産業活動と物価変動の統計的把握 (経済学教室 6)  清水雅彦  培風館  2013/05/10  978-4-5630-6256-9 
アメリカ経済センサス研究 (慶應義塾大学産業研究所選書)  宮川 幸三  慶應義塾大学出版会  2008/09/10  978-4-7664-1535-3 
物価指数の測定論: ミクロデータによる計量経済学的接近  日本評論社  2005/02 
環境分析用産業連関表 (KEOモノグラフ・シリーズ No.7)  池田 明由、篠崎 美貴、早見 均、藤原 浩一、吉岡 完治  慶應義塾大学産業研究所  1996/03 
詳細表示...

論文
(MISC)研究論文  2017年米国経済センサスについて(3)米国経済センサスにおける生産物別売上高の補  菅幹雄  経済統計研究  経済産業統計協会  48/ 1  2020 
(MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)  共著  家庭系食品ロスの経済的費用の推計  石村 雄一,小島 理沙,石川 雅紀,松岡 夏子,菅 幹雄,大橋 博一,竹内 憲司,山口 恵子  廃棄物資源循環学会研究発表会講演集  廃棄物資源循環学会  30, 35-35  2019 
(MISC)研究論文  共著  2017年米国経済センサスについて(2)米国経済センサスの調査方法  菅幹雄  経済統計研究  経済産業統計協会  47/ 4, 28-37  2019 
(MISC)研究論文  単著  2017年米国経済センサスについて(1)米国センサス局のビジネスレジスター  菅幹雄  経済統計研究  経済産業統計協会  47/ 2, 13-21  2019 
(MISC)研究論文  単著  英国の産業統計システム  経済統計研究  経済産業統計協会  47/ 1, 20-30  2019 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  企業消費の取り扱いについて  環太平洋産業連関分析学会全国大会  2019/11/02 
口頭発表(一般)  EU の生産物分類(CPA)について  環太平洋産業連関分析学会全国大会  2018/11/04 
口頭発表(一般)  EU の生産物分類(CPA)について  経済統計学会全国研究大会  2018/09/11 
口頭発表(一般)  ロジャーズ・ウィルキンス・モデルの東京都の人口への応用  環太平洋産業連関分析学会全国大会  2017/10/22 
口頭発表(一般)  東京都の生命表について  経済統計学会全国研究大会  2017/09/12 
詳細表示...

担当授業科目
統計学A 
DemographyA 
経済統計論A 
統計学基礎A(大学院) 
演習 
詳細表示...

教科書・教材
経済統計―産業活動と物価変動の統計的把握 (経済学教室)  2013/05/01  経済統計を担う人材を養成することを目的としている。経済統計がどのように作成されているのか,1本の川の流れのように説明する。すなわち,調査対象を見つけることから始まり、集団とレジスター、センサスと基本調査、加工統計と指数に至る一連の流れとして説明する。我が国の経済センサスの創設に中心的役割を果たしてきた著者らによって纏められた経済センサスの入門的解説書であり,統計調査にかかわる人にとって必携。 [主要目次] 1.本書のねらいと全体の構成 2.事業所・企業の行政記録情報 3.ビジネスレジスター 4.経済センサス-基礎調査 5.経済センサス-活動調査  6.工業統計調査 7.商業統計調査 8.産業関連表 9.個人・世帯の行政記録情報 10. 国勢調査 11.家計調査 12.消費者物価指数 
詳細表示...

社会貢献活動
統計委員会臨時委員  2019-現在 
東京都第三次産業活動指数理論指導  2018-現在 
東京都産業連関表理論指導  2017-現在 
統計委員会専門委員  2013-2019 
東京都人口予測理論指導  2002-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本統計学会  1996/04/01-現在 
環太平洋産業連関分析学会  1996/04/01-現在 
詳細表示...