English
法政大学 
経営学部 
市場経営学科 

教授 
新倉 貴士 
ニイクラ タカシ 
Niikura Takashi 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/10/25 

経歴
関西学院大学  商学部  専任講師  1995/04/01-1999/03/31 
フロリダ大学  客員研究員  1998/05-1998/08 
関西学院大学  商学部  助教授  1999/04/01-2006/03/31 
ペンシルバニア州立大学  客員研究員  1999/09-2001/08 
日本消費者行動研究学会  事務局担当理事  2005/04/01-2013/03/31 
関西学院大学  商学部  教務主任  2006/04/01-2008/03/31 
関西学院大学  商学部  教授  2006/04/01-2010/03/31 
法政大学  経営学部  教授  2010/04/01-現在 
日本消費者行動研究学会  理事  2013/04/01-2017/03/31 
日本消費者行動研究学会  副会長  2017/04/01-2018/03/31 
日本商業学会  関東部会理事  2017/04/01-2019/03/31 
日本消費者行動研究学会  会長  2018/04/01-2019/03/31 
法政大学  経営学研究科  研究科長  2019/04/01-2020/03/31 
法政大学  副学長補佐  2019/04/01-2020/03/31 
日本マーケティング学会  理事  2019/04/01-現在 
日本消費者行動研究学会  副会長  2019/04/01-現在 

学歴
明治大学  商学部  商学科  1989/03/31  卒業 
横浜国立大学  経営学研究科  博士前期  1991/03/31  修了 
慶應義塾大学  経営管理研究科  博士後期  1995/03/31  修了 

学位
博士(経営学)  慶應義塾大学  1998/03/03 

研究分野
商学 

研究キーワード
消費者行動 
消費者認知 
消費者態度 
ブランドロイヤルティ 
リテンションマーケティング 
モバイルマーケティング 

研究テーマ
消費者のブランド認知、業態認識、ブランドアイデンティティ、モバイルアプリ  認知、態度、行動、ブランド、マーケティング  2010-2019 

受託・共同・寄附研究実績
金融機関のSDGsとマーケティングに関する研究  2020-現在  企業からの受託研究 
消費者意識に関する研究  新倉貴士  2019-現在  受託研究  企業からの受託研究 
金融機関のブランド認知向上に関する研究  新倉貴士  2018-2019  受託研究  企業からの受託研究 
新聞購読のプロモーションに関する研究  新倉貴士  鈴木和宏、西原彰宏  2017-2019  受託研究  企業からの受託研究 
SNSのマーケティングに関する研究  新倉貴士  2016-2016  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
時間軸とThird Partyを組み込んだブランド・インキュベータ・コミュニケーション・モデルの構築と分析  研究助成  公益財団法人吉田秀雄記念事業財団  2017/04/01-2018/03/31 
モバイルアプリの可能性探求:オムニチャネルと消費者の購買意思決定プロセスへの影響  科学研究費  基盤研究(C)  2016/04/01-2020/03/31 
流通デコンストラクションに関する研究  科学研究費  基盤(B)一般  2013/04/01-2016/03/31 
業態としてのカテゴリー:消費者視点の業態研究  科学研究費  基盤研究(C)  2011/04/01-2014/03/31 
詳細表示...

著書
『ケースに学ぶマーケティング』  青木幸弘、新倉貴士、松下光司、土橋治子、徳山美津恵、柴田典子、斉藤嘉一、髙橋広行、太宰潮、榊原健郎、宮澤薫、乳井瑞代、藤村和宏、菅野佐織、井上淳子、山本晶  第1章 マーケティングを学ぶ:CASIO「G-SHOCK」のブランド・マーケティング  2-20  有斐閣  2016/02/25  978-4-641-18426-8  CASIO社の誇る世界ブランドであるG-SHOCKの開発から現在の世界展開について、マーケティングのエッセンスを理解するためのケースとして研究した。 
『小売マーケティング研究のニューフロンティア』  中西正雄・山本昭二・井上哲浩・新倉貴士・坂田博美・石淵順也・杉本宏幸・髙橋広行・西本章宏・西原彰宏  第3章 消費者の業態認識:業態を認識させる認知構造と認知分布  93-119  関西学院大学出版会  2015/03/31  978-4-86283-192-7  消費者の認識する業態に関して、先行研究を踏まえたうえで、独自の認識モデルを構築した。 
『リレーションシップのマネジメント』  竹内 淑恵、溝本 将洋、福永 恭子、長坂 朋代、堀田 治、永江 麻希子、渡邊 ヒロ子、竹田 淳子、清原 康毅、田路 則子、甲斐 敦也、小南 陽子、新倉 貴士  204-218  文眞堂  2014/03/26  リレーションシップマーケティングと消費者行動について、リレーションシップマーケティングにおける行為主体としての消費者側の心理的側面にたち、認知・態度・行動の各モードからなるレイヤーを想定した接点マネジメントの重要性を論じ、関係性対象の認知、ブランド価値の構築について主張した。 
消費者行動論:マーケティングとブランド構築への応用  青木幸弘・佐々木壮太郎・松下光司  138-208, 231-257  有斐閣  2012/05/10  978-4-461-12463-9  消費者行動研究を体系的に捉えるうえで、特に消費者情報処理理論をベースにした構成をしているのが特徴である。また、消費者の情報処理視点から導出されるマーケティングとブランド構築への応用側面を強調している。 
消費者行動論:購買心理からニューロマーケティングまで  守口剛・竹村和久・白井美由里・神山貴弥・丸岡吉人  79-93  八千代出版  2012/04/16  978-4-8429-1571-5  消費者行動論を体系的に捉えながらも、特に購買心理学と脳科学の研究成果を積極的に取り入れて、現在のマーケティング実務へのインプリケーションを念頭に置いたものである。 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  ブランドロイヤルティの構図と機能  新倉貴士  商学論究  関西学院大学商学研究会  66/ 3, 95-108  2019/03/01 
研究論文(学術雑誌)  単著  消費者行動を考慮したブランド価値構築戦略:第3回 ブランド価値構築のための指針  新倉貴士  Cosmetic Stage  技術情報協会  12/ 5, 70-77  2018/06/01 
研究論文(学術雑誌)  単著  消費者行動を考慮したブランド価値構築戦略:第2回 消費者心理とブランドの理解  新倉貴士  Cosmetic Stage  技術情報協会  12/ 4, 44-50  2018/04/01 
研究論文(学術雑誌)  単著  消費者行動を考慮したブランド価値構築戦略:第1回 消費者行動を規定する生活の理解  新倉貴士  Cosmetic Stage  技術情報協会  12/ 3, 68-74  2018/02/01 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  モバイルアプリと購買意思決定プロセス  慶應経営論集  慶應義塾大学経営管理学会  32/ 1, 35-50  2015  消費者の購買意思決定プロセスに焦点を当てたモバイルアプリの可能性について、様々な視点から検討した。 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  ブランドロイヤルティ構築のための指標把握に向けて  日本商業学会第69回全国研究大会  2019/05/25 
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  消費者行動論者は消費者をどう捉えているのか?  日本消費者行動研究学会第58回消費者行動研究コンファレンス  2019/05/11 
ポスター発表  The importance of the third-parties on the brand incubation process: Consideration from Kaneko Optical  Global Alliance of Marketing & Management Associations  2018/07/26 
口頭発表(一般)  ダイエットサプリ利用者のロイヤルティ探索:日本リテンション・マーケティング協会との共同研究報告  日本消費者行動研究学会  2018/05/19 
シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  小売環境下におけるモバイルアプリと消費者行動  日本消費者行動研究学会  2017/05/21 
詳細表示...

受賞
日本商業学会学会賞奨励賞  2006/06  『消費者の認知世界:ブランドマーケティング・パースペクティブ』 
詳細表示...

担当授業科目
消費者行動論Ⅰ 
消費者行動論Ⅱ 
演習1・2 
演習3・4 
演習5・6 
詳細表示...

社会貢献活動
一般財団法人樫尾俊雄記念財団評議員  2017/06/01-現在 
一般財団法人日本リテンション・マーケティング協会特別会員  2016/04/01-現在 
伊丹商工会議所ブランド戦略委員会委員長  2007/04/01-2008/03/31 
伊丹TMO中心市街地活性化戦略委員  2006/04/01-2007/03/31 
公益財団法人日本生産性本部  経営アカデミー マーケティング戦略コース グループ研究指導講師  2002/04/01-2005/03/31 
詳細表示...

所属学協会
日本マーケティング学会  2012/11/01-現在 
Associattion for Consumer Research  1996/04-現在 
日本マーケティングサイエンス学会  1995/04-現在 
日本商業学会  1995/04-現在 
日本認知科学会  1993/04-現在 
詳細表示...

委員歴
日本消費者行動研究学会  編集長  2020/04/01-現在 
日本マーケティング学会  理事  2019/04/01-現在 
日本消費者行動研究学会  副会長  2019/04/01-2020/03/31 
日本消費者行動研究学会  会長  2018/04/01-2019/03/31 
日本商業学会  関東部会理事  2017/04/01-2019/03/31 
詳細表示...