English
法政大学 
生命科学部 
環境応用化学科 

教授 
杉山 賢次 
スギヤマ ケンジ 
Sugiyama Kenji 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2021/08/11 

経歴
東京工業大学 大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助手  1996/04-2007/03 
ボルドー大学(フランス) 博士研究員  1998/10-1999/09 
東京工業大学附属科学技術高等学校 専攻科 非常勤講師  2003/10-2006/03 
東京工業大学 大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助教  2007/04-2010/03 
法政大学 生命科学部 環境応用化学科 准教授  2010/04/01-2012/03/31 
法政大学 生命科学部 環境応用化学科 教授  2012/04/01-現在 

学歴
東京工業大学  工学部  高分子工学科  1991/03  卒業 
東京工業大学  理工学研究科  高分子工学専攻  博士前期  1993/03  修了 
東京工業大学  理工学研究科  高分子工学専攻  博士後期  1996/03  修了 

学位
博士(工)  東京工業大学  1996/03 

研究分野
高分子化学 

研究キーワード
高分子合成化学 

著書
【水】と機能性ポリマーに関する材料設計,最新応用  杉山賢次  パーフルオロアルキル基含有ポリメタクリル酸エステル共重合体の表面構造解析  pp. 61-68  技術情報協会  2021/07/31  978-4-86104-853-1 
重合開始剤,硬化剤,架橋剤の選び方、使い方とその事例  杉山賢次  リビングアニオン重合における開始剤の選択  pp. 124-132  技術情報協会  2021/05/31  978-4-86104-840-1 
生分解,バイオマスプラスチックの開発と応用  杉山賢次  ポリカプロラクトンセグメントを含むブロック共重合体の合成と生分解性評価  pp. 140-152  技術情報協会  2020/03/31  978-4-86104-782-4 
Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials  Sugiyama K  Block Copolymer Synthesis  Springer-Verlag Berlin Heidelberg  2014/11/26 
化学便覧 応用化学編 第7版  5.3.3付加重合,5.3.7 グラフト重合・ブロック重合  丸善出版  2014/01 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Precise Synthesis and Surface Characterization of End-Functionalized Polystyrene with Per uoroalkyl Group via Ionic Bond Formation of Diethylamino End-Group with Per uoroalkylcarboxylic Acid  Kenji Sugiyama, Takeshi Yamada  Macromol. Chem. Phys.  WILEY-VCH  218/ 12, n/a  2017/06/19  10.1002/macp.201600444 
研究論文(学術雑誌)  共著  Semifluorinated Polymers as Ion-selective Electrode Membrane Matrixes  Jesse L. Carey, III, Akira Hirao, Kenji Sugiyama, Philippe Bühlmann  Electroanalysis  Wiley-VCH  28, 1-10  2016/10/18  10.1002/elan.201600586 
研究論文(学術雑誌)  共著  Nanoporous fabrication of block copolymers via carbon dioxide swelling: Difference between CO2-swollen and nanoporous block copolymers  Shinkai, Tomoaki; Sugiyama, Kenji; Ito, Kohzo; Yokoyama, Hideaki  Polymer  100, 19-27  2016/08/04  10.1016/j.polymer.2016.08.011 
研究論文(学術雑誌)  共著  Phase Behavior of Block Copolymers in Selective Supercritical Solvent  Masateru M. M. Ito, Kohzo Ito, Mitsuhiro Shibayama, Kenji Sugiyama, Hideaki Yokoyama  Macromolecules  48, 3590-3597  2015/05/21  10.1021/acs.macromol.5b00162 
研究論文(学術雑誌)  共著  High Performance Nonvolatile Transistor Memories of Pentacene Using the Electrets of Star-branched P-type Polymers and Their Donor/Acceptor Blends  Yu-Cheng Chiu, Tzu-Ying Chen, Chu-Chen Chueh, Hung-Yu Chang, Kenji Sugiyama, Yu-Jane Sheng, Akira Hirao, Wen-Chang Chen  J. Mater. Chem. C  2, 1436-1446  2014/02/28  10.1039/C3TC31840K 
詳細表示...

研究発表
ポスター発表  パーフルオロヘプチル基を有する環状PCLの合成と表面構造解析  第70回高分子学会年次大会  2021/05/28 
口頭発表(一般)  ポリメタクリル酸メチル-b-ポリ[メタクリル酸 2-(パーフルオロ ブチル)エチル]フィルムの表面特性  第69回高分子学会年次大会  2020/05/29 
口頭発表(一般)  パーフルオロヘキシル基含有ポリフルオレンの蛍光特性  第69回高分子学会年次大会  2020/05/29 
口頭発表(一般)  4 本鎖星型ポリカプロラクトンの生分解および熱挙動に与え る末端基の効果  第69回高分子学会年次大会  2020/05/27 
口頭発表(一般)  PCL と PLA から構成される非対称星型ポリマーの合成  第69回高分子学会年次大会  2020/05/27 
詳細表示...

知的財産権
特許  新規なデンドリマーおよびそれらを有するイオン伝導性ポリマー電解質  特開2004-124051  2004/04/22 
特許  高分岐グラフト共重合体およびそれらからなるイオン伝導性ポリマー電解質  特開2004-002500  2004/01/08 
特許  高分岐グラフト共重合体  特開2002-338643  2002/11/27 
特許  部分ポリフルオロ炭化水素基含有ポリマー  特開2002-338622  2002/11/27 
特許  アニオン重合体の製造方法  特開2002-206003  2002/07/26 
詳細表示...

担当授業科目
有機化学Ⅰ 
有機化学Ⅱ 
詳細表示...

所属学協会
高分子学会  1991-現在 
詳細表示...