English
法政大学 
文学部 
地理学科 

准教授 
小原 丈明 
コハラ タケアキ 
Kohara Takeaki 


 

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2016/04/05 

経歴
京都大学研修員  2006/04/01-2007/03/31 
京都大学大学院人間・環境学研究科助教  2007/04/01-2010/03/31 
法政大学文学部専任講師  2010/04/01-現在 
法政大学文学部准教授  2016/04/01-現在 

学歴
京都大学  総合人間学部  1998/03/31  卒業 
京都大学  大学院人間・環境学研究科  博士前期  2000/03/31  修了 
京都大学  大学院人間・環境学研究科  博士後期  2006/03/31  修了 

学位
博士(人間・環境学)  京都大学  2006/03/24 

研究分野
人文地理学 

研究キーワード
都市開発(主として都市再開発)に関する空間的・社会的変化に関する研究 
土地所有からみた都市形成 
変容に関する研究 

研究テーマ
都市再開発の意義に関する研究  都市再開発 意思決定 権利者 

著書
『ジオ・パルNEO―地理学・地域調査便利帖―』  野間晴雄・香川貴志・土平博・河角龍典  25-36, 119-148, 188-189, 233-244  海青社  2012/03/31 
『人文地理学事典』(担当項目:「都市再開発」)  354-355  丸善出版  2013/09/30 
『人文地理学概論(1)・(2)』(担当箇所:第10章「商業・流通の地理学」,第11章「都市の地理学」)  中俣均・近藤章夫・片岡義晴・伊藤達也・米家志乃布  245-293, 297-352  法政大学通信教育用テキスト  2014/04/01 
『都市空間と産業集積の経済地理学分析』(担当箇所:第6章「東京における外資系企業の集積と立地変動」)  99-121  日本評論社  2015/03/31 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  都市再開発事業の実施過程に関する一考察―大阪府下市街地再開発事業の事例から―  日本都市学会年報  34, 122-133  2001/04/30 
研究論文(学術雑誌)  単著  JR大阪駅周辺地域における空間的変化  日本都市学会年報  36, 205-213  2003/04/30 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  大津市中心市街地およびその周辺地域における人口の推移と共同住宅の立地  地域と環境  5, 101-114  2004/12/28 
研究論文(学術雑誌)  単著  大阪市上六地区における都市再開発の社会的意義  地理科学  60/ 2, 1-25  2005/04/28 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  日本における戦後の都市再開発の展開とその背景―既往研究の動向からの一考察―  地域と環境  6, 51-67  2006/03/31 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  都市再開発事業の実施過程に関する一考察―大阪府下市街地再開発事業の事例から―  日本都市学会第47回大会  2000/10/27 
口頭発表(一般)  大阪市上六地区における都市再開発の意義  人文地理学会2000年度大会  2000/11/12 
口頭発表(一般)  大都市ターミナル周辺の空間的変化―JR大阪駅周辺地区を事例として―  日本地理学会2002年度春季大会  2002/03/28 
口頭発表(一般)  JR大阪駅周辺地域における空間的変化―茶屋町地区を中心に―  日本都市学会第49回大会  2002/10/26 
ポスター発表  JR大阪駅周辺地域における空間的変化  第8回人間・環境学フォーラム  2002/12/06 
詳細表示...