English
法政大学 
文学部 
日本文学科 

顔写真 教授 
尾谷 昌則 
オダニ マサノリ 
Odani Masanori 


 
個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2015/04/25 

経歴
京都大学総合人間学部研修員  2001/04/01-2002/03/31 
学校法人家政学園京都文教高等学校 非常勤講師 (~2003. 03)  2001/04/01-2003/03/31 
京都産業大学 語学教育研究センター 非常勤講師  2002/04/01-2004/03/31 
大阪外国語大学 留学生日本語教育センター 非常勤講師  2003/04/01-2004/03/31 
京都外国語短期大学 非常勤講師  2003/04/01-2004/03/31 
京都ノートルダム女子大学 非常勤講師  2003/04/01-2004/03/31 
東北学院大学 教養学部 言語文化学科 専任講師  2004/04/01-2007/03/31 
東北学院大学 教養学部 言語文化学科 准教授  2007/04/01-2010/03/31 
法政大学 文学部 日本文学科 准教授  2010/04/01-2014/03/31 
法政大学 文学部 日本文学科 教授  2014/04/01-現在 

学歴
富山大学  人文科学研究科  博士前期  1998/03/25  修了 
京都大学  人間・環境学研究科  言語機能論専攻  博士後期  2001/03/25  単位取得満期退学 
慶應義塾大学  文学部  英米文学科  1996/03/25  卒業 

学位
人文科学(修士)  富山大学  1998/03/25 
人間・環境学博士  京都大学  2005 

教育・研究活動状況
専門分野は日本語学、認知言語学。特に、意味と形式のインターフェイス、ねじれ構文、構文のネットワーク、構文の拡張・意味変化・文法化などに興味がある。中でも若者言葉(もしくは、最近よく「日本語の乱れ」として騒がれている現象など)は、今まさに進行中の言語変化・拡張現象であるため最も注目している。そういった変化・拡張のメカニズムについて、構文文法(Construction Grammar)、ポライトネス理論やコミュニケーション論、推論、含意といった観点から研究している。 

研究分野
言語学 
日本語学 
日本語教育 

研究キーワード
認知言語学 
意味論 
語用論 
意味と形式のインターフェイス 
ねじれ構文 
構文のネットワーク 
構文の拡張 
意味変化 
言語変化 
文法化 
若者言葉 
言葉の乱れ 
構文文法 
動的文法理論 
ポライトネス理論 
関連性理論 
推論 
含意 

研究テーマ
ことばの拡張に関する認知言語学的研究  構文、拡張、文法化、ネットワーク・モデル、スキーマ、プロトタイプ  1997-現在 
若者言葉や新語の発生プロセスに関する認知言語学的研究  若者言葉、新語、文法化、混淆、類推、構文ネットワークモデル、プロトタイプ、スキーマ  1998-現在 
構文ネットワークに関する認知言語学的研究  構文ネットワークモデル、拡張、スキーマ、プロトタイプ、文法化、多義  1998-現在 

著書
言語の創発と身体性  児玉一宏・小山哲春ほか  235-248  ひつじ書房  2013/03/29  978-4-89476-631-0 
『認知言語学論考10』  105-141  ひつじ書房  2012/05  978-4-89476-583-2 
構文ネットワークと文法 ―― 認知文法論のアプローチ  二枝美津子  1-111, 193-294  研究社  2011/03/30  978-4-327-23702-8  講座「認知言語学のフロンティア」シリーズの第2巻 
言葉と認知のメカニズム ─山梨正明教授還暦記念論文集─  児玉一宏・小山哲春(編)  103-115  ひつじ書房  2008/09  978-4-89476-415-6 
詳細表示...

論文
(MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  単著  「書かないです」と「書きません」  日本文學誌要  86, 32-44  2012/07/14  0287-7872 
(MISC)その他記事  単著  ─書評─ 西光義弘、プラシャント・パルデシ編著『自動詞・他動詞の対照』  英文學研究  LXXXVIII, 235-240  2011/12/01  0039-3649 
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  「構文の確立と語用論的強化:「全然~ない」の例を中心に」  日本語用論学会 第9回大会発表論文集  17-24  2007/12 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  構文文法の歴史的背景と今後の展望  人間情報学研究  11, 25-43  2006/03 
研究論文(学術雑誌)  単著  接続詞ケドの手続き的意味  語用論研究  7, 17-30  2005/12 
詳細表示...

研究発表
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  ますます丁寧化する日本語 -デス・マスを中心に-  法政大学国文学会  2012/07/14 
口頭発表(一般)  構文文法と認知言語学のパラドクス: 日本語の主要部内在型関係節を中心に  FLC Conference 2005  2008/07/03 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  日本語教育における練習(問題)の意義について~英語教材との比較から~  第5回 盛岡大学言語教育ワークショップ  2007/12/22 
口頭発表(一般)  装定用法における並置形容詞に関する一考察  東北英文学会 第62回大会 SYMPOSIA『形容詞による名詞修飾の諸相』  2007/11/18 
口頭発表(一般)  接尾辞ポイのモダリティ化  日本語用論学会 第8回大会  2005/12/10 
詳細表示...

担当授業科目
日本文法論A 
日本文芸研究特講8(言語)A 
ゼミナール15A 
ゼミナール16A 
大学での国語力 
詳細表示...

社会貢献活動
NHK文化センター 教養・文芸講座  2008/10-2008/12 
青葉区中央市民センター『敬語講座』  2007/12/02-2007/12/02 
詳細表示...

所属学協会
法政大学国文学会  2010/04-現在 
日本認知言語学会  2001/09-現在 
日本語用論学会  1998/12-現在 
日本英語学会  1996/04-現在 
日本言語学会  1995/11-現在 
詳細表示...