English
法政大学 
人間環境学部 
人間環境学科 

教授 
北川 徹哉 
キタガワ テツヤ 
KITAGAWA Tetsuya 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/11/21 

経歴
日本大学理工学部 助手  1996/04/01-2001/02/28 
名古屋大学工学研究科 助手  2001/03/01-2003/03/31 
名古屋大学理工科学総合研究センター 助教授  2003/04/01-2004/03/31 
名古屋大学エコトピア科学研究機構 助教授  2004/04/01-2006/03/31 
名古屋大学エコトピア科学研究所 助教授  2006/04/01-2007/03/31 
名古屋大学エコトピア科学研究所 准教授  2007/04/01-2009/03/31 
法政大学 准教授  2009/04/01-2013/03/31 
法政大学 教授  2013/04/01-現在 

学歴
東京大学大学院  工学系研究科  博士前期  1995/03  修了 
東京大学大学院  工学系研究科  博士後期  1996/03  中退 

学位
博士(工学)  東京大学  1998/11 

免許・資格
クレーン運転士  2004/01/06 
玉掛技能講習  2004/03/07 
第2種情報処理技術者  1992 

研究分野
環境技術・環境材料 
流体工学 
構造工学・地震工学・維持管理工学 

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  日最大風速のBox-Cox変換パラメータ値の地形の特徴に基づく整理  北川徹哉  土木学会論文集A1(構造・地震工学)  土木学会  76/ 3, 481-495  2020/11/20  2185-4653  10.2208/jscejseee.76.3_481  多くの産業・事業が様々な気象リスクに曝されており,その特定と評価・予測の結果は取るべき対策を講じるための基本情報となる.対処するべき気象リスクが非正規過程のとき,正規過程に置き換えると取り扱い易くなり,これにはBox-Cox変換がしばしば用いられる.Box-Cox変換においてはそのパラメータに代入する数値が必要であり,利便性と汎用性の観点からは,この数値をデータ集として整備することが望ましい.本研究においては,強風による気象リスクの推定に貢献することを念頭に,わが国の各地域における日最大風速を対象にBox-Cox変換のパラメータの数値セットを求める.さらに,検討対象地域の地形の特徴と同パラメータの数値との対応関係を整理・分類し,同パラメータにどの程度の数値を適用すればよいかを地形に応じて類推できるようにする. 
研究論文(学術雑誌)  単著  屋外イベント入場者数を対象とする気象と日程に関する複合要因分析  北川徹哉  第25回風工学シンポジウム論文集  一般社団法人日本風工学会  121-126  2018/12  2434-5059  Company or human activities are exposed to various risks, and specifically the success of outdoor event projects is dependent on composite effects of weather and day of the week. In this study, the fluctuation of the daily visitor number of outdoor events is analyzed with the multivariate analysis using the fuzzy measure and Choquet integral, and the effect of the composite factors on the visitor number is investigated. Additionally, the accuracy and the advantage of this method are discussed, comparing the result with those of the multiple regression analysis. 
研究論文(学術雑誌)  単著  平均回帰Ornstein-Uhlenbeck過程による日最大風速の模擬データの作成  北川徹哉  土木学会論文集A1(構造・地震工学)  土木学会  73/ 3, 579-592  2017/11/20  エネルギーや建設,農業,製造,観光,ロジスティクスなどの多くの事業では,気温や雨雪,風などの各種の気象要素が成否に影響を及ぼし,さらには収支を左右することから,気象リスクのマネジメントが重要となる.本研究においては,強風による気象リスクの評価・予測やその回避・移転方法の設計に貢献するために,日最大風速の模擬時系列データを作成する簡易な手法を示す.そのアルゴリズムにはBox-Cox変換と平均回帰Ornstein-Uhlenbeck過程が応用される.また,淡路島・洲本における日最大風速を対象として観測データの性質を調べるとともに,その模擬データを本手法を用いて多数試作する.そして,この模擬データ群の時系列的・統計的な性質について調べ,模擬データの特性は概ね観測データのそれに整合することを示す. 
研究論文(学術雑誌)  単著  気象要素と日程要素を用いた屋外イベントの来場者数の表現と収益の推算  北川徹哉  第24回風工学シンポジウム論文集  49-54  2016/12/07  0918-8231  Many of company or human activities are exposed to weather risks, and specifically the success of outdoor event projects is dependent on weather condition. For hedging the risks, it needs to estimate the effect of weather on the revenue. In this study, the fluctuation of the daily visitor number of outdoor events is analyzed, and the relationship between a few weather elements and the visitor number is investigated. A simple formula for predicting the daily visitor number is derived from the result of the investigation. The formula is applied to simulate the daily revenue and the earning at risk of the outdoor events is estimated. 
研究論文(学術雑誌)  単著  淡路花博2000に導入された天候デリバティブについての一考察  北川徹哉  第23回風工学シンポジウム論文集  19-24  2014  0918-8231  A weather derivative was utilized out of concern for unscheduled expenditures and losses in the international gardening and landscaping exhibition Japan flora 2000, in which the index was the number of days meeting with strong wind. In this study, the effect of strong wind on the decrease in the exhibition visitor number is investigated through the analysis for the correlation between the daily visitor numbers and the daily maximum wind speeds. The price of the weather derivative is estimated with the payout simulation using a theoretical formula substituted the wind speed data recorded in the past. The simulation result is compared with the contract condition of the weather derivative, and the validity of the contract deposit is discussed. 
詳細表示...

知的財産権
特許  物体振動予測システム  2005-69986  2005 
詳細表示...

受賞
土木学会論文奨励賞  1999/05 
日本風工学会研究奨励賞  2002/05 
IAWE Junior Award  2007/07 
構造工学シンポジウム論文賞  2008/06 
詳細表示...

所属学協会
土木学会 
日本機械学会 
日本風工学会 
日本気象学会 
日本鋼構造協会 
詳細表示...