English
法政大学 
情報科学部 
ディジタルメディア学科 

教授 
善甫 康成 
ゼンポ ヤスナリ 
ZEMPO Yasunari 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/10/19 

経歴
法政大学情報科学部ディジタルメディア学科教授(現在に至る)  2009/04-現在 
住友化学株式会社筑波研究所上席研究員  2008/04-2009/03 
住友化学工業株式会社筑波研究所主席研究員  1996/04-2008/03 
住友化学工業株式会社筑波研究所副主任研究員計算材料科学チームリーダー  1990/04-1996/03 
住友化学工業株式会社高槻研究所入社  1985/04-1990/03 
デンマーク工科大学ナノテク客員教授  2016/04/01-2017/03/31 
核融合科学研究所客員助教授  2000/04-2003/03 
イリノイ大学物理学科客員研究員  1991/08-1993/03 
法政大学情報科学部ディジタルメディア学科非常勤講師  2008/09-2009/03 
法政大学工学部物質化学科非常勤講師  1998/04-2001/03 

学歴
広島大学大学院  理学研究科  博士後期  1985/03  修了 
広島大学大学院  理学研究科  博士前期  1982/03  修了 
広島大学  理学部  物性学科  1980/03  卒業 

学位
理学士  広島大学  1980/03 
理学修士  広島大学  1982/03 
理学博士  広島大学  1985/03 

研究分野
大規模並列計算技術の開発と応用 
計算材料科学 

研究テーマ
計算機シミュレーションによる発光材料の光学特性解析  シミュレーション  2000-現在 
大規模並列計算技術の開発  HPC  1998-現在 

受託・共同・寄附研究実績
金属ナノ粒子を用いた新光学材料およびデバイスの開発  2012-2014  その他 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
粒子法による電子状態計算手法の開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2016/04/01-2019/03/31 
時間依存密度汎関数法による発光材料解析技術の開発とその応用  科学研究費  基盤研究(C)一般  2014/04/01-2016/03/31 
マイクロ波と分子磁性相互作用の理論・分子動力学研究  科学研究費  特定領域研究(公募)  2009/12/01-2010/03/31 
詳細表示...

著書
計算物理学II  小柳義夫、秋野喜彦、小野義正、狩野覚、小池崇文、善甫康成  朝倉書店  2018/04/20  978-4-254-12893-2  物理現象の解析・シミュレーション 
計算物理学I  小柳義夫、秋野喜彦、小野義正、狩野覚、小池崇文、善甫康成  朝倉書店  2018/04/20  978-4-254-12892-5  数値計算の基礎/HPC/フーリエ・ウエーブレット解析 
基礎コース物理学  狩野 覚、春日 隆、佐藤 修一、善甫康成、別役 清  東京化学同人  2012/11  978-4-8079-0801-1 
物質の電子状態上  寺倉清之、寺倉郁子、善甫康成  シュプリンガー・ジャパン  2010/10  978-4-431-10223-6  全378頁 
計算物理学(基礎編)  小柳義夫、狩野覚、春日隆、善甫康成  朝倉書店  2001/04  全394頁 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  粒子法とBohm形式による量子波束の電子状態計算  廣野 史明、岩沢 美佐子、狩野 覚、善甫 康成  Journal of Computer Chemistry, Japan  日本コンピュータ化学会  18/ 5, 248-250  2020/03/31  In order to describe the time evolution of the electronic state, we have developed a new method, using the particle method with the Bohmian, to solve the time-dependent Schrödinger equation. The method has been applied to the time-dependent coherent state for a harmonic potential, whose analytical solutions are well-known. To evaluate this method, the ground state is evolved to estimate the excited state, and we follow the dynamic dipole moment as the linear responses of the system under externally applied perturbations in real time. From the polarizability obtained as the Fourier transform of the dipole moment, we calculate the optical strength function. As a result, a single peak is observed, which was exactly expected from the analytical solution. We recognize that the method is quite valid for the time dependent electronic structure calculation. 
研究論文(学術雑誌)  共著  粒子法による量子波束の数値解析  廣野 史明、岩沢 美佐子、狩野 覚、善甫 康成  Journal of Computer Chemistry, Japan  日本コンピュータ化学会  18/ 3, 159-161  2019/12/06  In order to describe the time evolution of the electronic state, we have developed a new method, using the particle method with the Bohmian, to solve the time-dependent Schrödinger equation. The method has been applied to the time-dependent coherent state for a harmonic potential, whose analytical solutions are well-known. To evaluate this method, the ground state is evolved to estimate the excited state, and we follow the dynamic dipole moment as the linear responses of the system under externally applied perturbations in real time. From the polarizability obtained as the Fourier transform of the dipole moment, we calculate the optical strength function. As a result, a single peak is observed, which was exactly expected from the analytical solution. We recognize that the method is quite valid for the time dependent electronic structure calculation. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  Verification of DTmaxwell code by simulation of OLED with corrugated cathode  [2] Sergei BELOUSOV, Andrey ZAKIROV, Yasunari ZEMPO, Vadim LEVCHENKO, Anastasia PEREPELKINA  J. Phys.: Conf. Seri.  IOP  905, 012030  2017/11 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  Device Simulation using Symmetric Smoothed Particle Hydrodynamics  K. Kitayama, M. Toogoshi, and Y. Zempo  J. Phys.: Conf. Seri.  IOP  905, 912911  2017/11 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  Improved Maximum Entropy Method applied to Real-time Time-Dependent Density Functional Theory  M. Toogoshi, S. S. Kano and Y. Zempo  J. Phys.: Conf. Seri.  IOP  905, 012011  2017/11 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  粒子法による電子状態計算  日本コンピュータ化学会2019年秋季年会  2019/10/25 
口頭発表(一般)  粒子法による量子波束の数値解析  日本応用数理学会  2019/09/03 
口頭発表(一般)  Numerical Analysis of Quantum Wave Packet using SSPH  CCP2019  2019/07/28 
口頭発表(一般)  粒子法とBohm形式による波束の干渉の数値解析  日本コンピュータ化学会2019年春季年会  2019/06/06 
口頭発表(一般)  Computer modelling specifics of the geological structure with contrasting inhomogeneities under the permafrost conditions  GEO Eurasia-2019  2019/02  URL 
詳細表示...

知的財産権
特許  電子状態計算方法、電子状態計算プログラム及び電子状態計算装置  特開2009-026140  2007/07/20 
特許  Light guide plate body, light guide plate, backlight and liquid crystal display  KR20060041782, CN1769971A  2006 
特許  導光板及びバックライト  特開2007-305428  2006/05/11 
特許  Optical waveguide, back light and liquid crystal display  KR20050065416 , CN1667469 A  2005 
特許  Optical element using computer composit holograram, light guide plate, back light and liquid crystal display  KR20050029511, CN1680854A  2005 
詳細表示...

受賞
第44回日化協技術賞(技術特別賞)  2012/04  有機金属気相成長(MOCVD)法による超高速通信デバイス用化合物半導体エピタキシャル基板の工業化 
2001年最優秀プログラム賞  2001/06  CAMP-Atami 1.0 
詳細表示...

所属学協会
日本物理学会 
アメリカ物理学会 
日本応用数理学会 
Material Research Society 
日本コンコンピュータ化学会 
詳細表示...