English
法政大学 
専門職大学院 
イノベーション・マネジメント研究科 

教授 
高田 朝子 
タカダ アサコ 
TAKADA Asako 


Tel.03-3264-4509  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2016/05/24 

経歴
モルガン・スタンレー 証券会社  1987/09/15-1990/07/31 
高千穂大学経営学部専任講師  2003/04/01-2004/03/31 
高千穂大学経営学部准教授  2003/04/01-2007/03/31 

学歴
立教大学  経済学部  1987/03  卒業 
Thunderbird School of International Management  Business School  博士前期  1992/12  修了  アメリカ合衆国 
慶應義塾大学  経営管理研究科  博士前期  1996/03  修了 
慶應義塾大学  経営管理研究科  博士後期  2002/02  修了 

学位
国際経営学修士  Thunderbird School of International Management  1992/12 
経営学修士  慶應義塾大学  1996/03 
博士(経営学)  慶應義塾大学  2002/02 

教育・研究活動状況
企業が非定常状態になったとき、どのようにして組織をまとめマネジメントしていくのか、危機に強い組織とは何かを中心に研究をしてきました。いわゆる危機管理の分野です。
その後女性管理職の人的ネットワークの分野から、女性が活躍しやすい組織とはどのようにして作られるのか、彼女たちをのばすマネジメントについての研究をしています。

1)企業の危機対応
2)女性管理職を活かすためのリーダーシップと組織対応
3)ミドルの活性化とマネジメント

4)M&A時における組織再構築 

研究分野
経営学 

研究キーワード
組織行動 
リーダーシップ 
ミドルのマネジメント 
女性活用 
ネットワーク 
女性管理職研究 

受託・共同研究希望テーマ
日本企業の昇進構造  階層型組織からダイナミックに変化しつつある組織において、従来の昇進構造はどのように替わるのか。実態調査を行うとともに、新たな日本企業の人の流れのメカニズムを明らかにしたい  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究,共同研究,その他  階層型組織からダイナミックに変化しつつある組織において、従来の昇進構造はどのように替わるのか。実態調査を行うとともに、新たな日本企業の人の流れのメカニズムを明らかにしたい 
詳細表示...

受託・共同・寄附研究実績
女性医師のキャリアパス形成  2006-2007  その他 
危機対応時に情報の中心的発信者(ハブ)になる人物の発見と育成に関する研究-情報伝達と循環の観点から-  2003-2003  受託研究 
出来るミドルの育成と処遇-女性ミドルを中心としたマネジメント能力を醸成するための組織作りについての研究―  2006-2006  その他 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
女性中間管理職のキャリアアップを支援するための組織マネジメントシステムの研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2009/04/01-2012/03/31 
日本企業のイノベーションを誘発するマネジメントコントロールシステムの研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2010/04/01-2012/03/31 
女性上級管理職を活かす組織マネジメントシステムの研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2006/04/01-2009/03/31 
電子カルテ普及後の新たな医療組織マネジメントシステム構築についての研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2003/04/01-2006/03/31 
女性中堅社員の幹部への育成を支援する組織マネジメントシステムについての研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2013/04/01-2015/03/31 
詳細表示...

著書
女性マネージャー育成講座  高田朝子  生産性出版  2016/04/22  978-4-8201-2053-7 
人脈のできる人―人は何のために一肌脱ぐのか  慶應義塾大学出版会  2010/08/19 
高齢者の生活とリタイアメント・コミュニティ  鹿住倫世 恩蔵三穂 長谷川万希子  創成社  2006/12/01 
ビジネススクール・テキスト 組織マネジメント戦略  慶應ビジネス・スクール編 高木晴夫監修  有斐閣  2005/05/01 
ケースメソッド入門  石田英夫 星野裕志 編  慶應義塾大学出版会  2005/05/01 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  女性管理職育成についての定性的調査からの一考察 昇進の背中をおした事象とは何か  経営行動科学  26/ 3, 233-248  2013/12/01 
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  日本企業における予算管理の実態調査―予算編成に関する分析  横田絵理・妹尾剛好・高田朝子・金子晋也  企業会計  165/ 2, 78-83  2013/02/01 
女性中間管理職の育成と人的ネットワーク  高田 朝子, 横田 絵理  経営情報学会 全国研究発表大会要旨集  一般社団法人 経営情報学会  2012/ 0, 72-75  2012  URL  昇進を希望しない女性が多い中で、現在中間管理職にある女性達は何がきっかけとなって、昇進にむかって自らの態度を変容させたのだろうか。本研究では地方銀行4行に対して定性的調査を行った。その結果、女性が昇進を望み一歩踏み出すためには、女性の効力感を醸成しそれを育てていてくことが鍵であり、効力感が発生しやすい環境作りをすることが必要という示唆を得ることができた。そのために女性に幅広い社内ネットワークを構築させる機会を与えること、そして、性別を問わず優れた人物と一緒に働く経験が重要であることを指摘した。 
研究論文(学術雑誌)  単著  「情報のハブを利用した危機対応についての一考察―D社の事例をもとにー」  日本情報経営学会誌  132/ 2, 39-48  2012/04/01 
女性上級管理職の行動特性についての一考察  横田 絵理, 高田 朝子  経営情報学会 全国研究発表大会要旨集  一般社団法人 経営情報学会  2010/ 0, 69-69  2010  URL  女性上級管理職を育てて彼女達が活躍出来る組織とはどのような組織マネジメントの仕組み(例えば業績評価、人事システム、教育システムなど)をもっているのだろうか。女性上級管理職にとって必要なマネジメント能力とは何でそれはどのようにして育成されるのか。本研究では東証一部二部並びにJASDQ上場企業の女性役員に対して行ったアンケート調査について発表する。 
詳細表示...

担当授業科目
経営組織論 
リーダーシップ論 
詳細表示...

社会貢献活動
SGSジャパン株式会社 経営諮問委員  2004/04/01-現在 
詳細表示...

所属学協会
経営行動科学学会  2002/04/01-現在 
経営情報学会  1995/04/01-現在 
組織学会  1995/04/01-現在 
詳細表示...