English
法政大学 
生命科学部 
生命機能学科 

教授 
川岸 郁朗 
カワギシ イクロウ 
KAWAGISHI Ikuro 


個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/11/09 

経歴
米国エール大学  分子生物物理・生化学部  修士研究員  1988/05/16-1990/04/30 
米国エール大学  分子生物物理・生化学部  博士研究員  1990/05/01-1991/03/31 
名古屋大学  理学部分子生物学科  助手  1991/04/01-1996/03/31 
名古屋大学  大学院理学研究科生命理学専攻  助手  1996/04/01-1997/11/30 
名古屋大学  大学院理学研究科生命理学専攻  助教授  1997/12/01-2007/03/31 
法政大学  工学部生命機能学科  教授  2007/04/01-2009/03/31 
法政大学  マイクロナノテクノロジー研究センター  兼担研究員(教授)  2007/04/01-現在 
法政大学  生命科学部生命機能学科  教授  2009/04/01-現在 
法政大学  生命科学部  学部長  2014/04/01-2016/03/31 
法政大学  副学長補佐  2017/07/01-現在 

学歴
東京大学  理学部  生物学科  1983/03/31  卒業 
東京大学  理学系研究科  植物学専攻  博士前期  1985/03/31  修了 
東京大学  理学系研究科  植物学専攻  博士後期  1990/05/31  修了 

学位
理学博士  東京大学  1990/05/31 

研究分野
分子生物学 
生物物理学 
細菌学(含真菌学) 

研究キーワード
細菌 
大腸菌 
ビブリオ属細菌 
環境応答 
シグナル伝達 
二成分制御系 
走化性 
受容体 
キナーゼ 
タンパク質リン酸化 
タンパク質メチル化 
べん毛 
べん毛モーター 
生体膜 
膜タンパク質 
細胞内局在 
超分子複合体 
タンパク質間相互作用 
分子認識 
エネルギー変換 
遺伝子発現 
イメージング 

研究テーマ
細菌走化性シグナル伝達の分子機構  受容体,キナーゼ,べん毛 
細菌環境応答の分子機構  二成分制御系,ヒスチジンキナーゼ,レスポンスレギュレーター 
細菌異物排出系の発現・構築機構  多剤耐性,トランスポーター,分子イメージング,二成分制御系 
細菌走化性受容体の構造-機能連関  リガンド認識,シグナル伝達,X線結晶解析 
細菌べん毛モーターの回転制御機構  べん毛モーター,走化性,二成分制御系,プロトン駆動力 

競争的資金等の研究課題
細菌膜蛋白質複合体の分子配列メカニズムに関する光学・電子顕微鏡複合解析  科学研究費  挑戦的萌芽研究  2012/04/01-2015/03/31 
分子イメージングによる異物排出ポンプ細胞内動態の解析  科学研究費  新学術領域研究(研究領域提案型)  2012/04/01-2014/03/31 
ビブリオ属細菌の環境応答能調節とその生理的意義  科学研究費  基盤研究(B)一般  2010/04/01-2014/03/31 
原核生物シグナル伝達蛋白質複合体の構造と機能  科学研究費  特定領域研究(公募)  2008/04/01-2010/03/31 
細菌膜貫通型受容体の局在と細胞膜の機能的・構造的分化  科学研究費  基盤研究(B)一般  2007/04/01-2010/03/31 
詳細表示...

著書
自己組織化ハンドブック  国武豊喜 監修;下村政嗣,山口智彦 編集  365-374  エヌ・ティー・エス  2009/11  入枝泰樹,太田徳子,川岸郁朗:基礎編 4章「システムと情報」 1節「システムバイオロジー」 1項「細胞内シグナル伝達における自己組織化」 
医科細菌学 改訂第4版  笹川千尋,林哲也 編  87-96  南江堂  2008/07  川岸郁朗: 第3章8 べん毛と走化性. 
リポソーム応用の新展開 〜人工細胞の開発に向けて〜  秋吉一成,辻井薫 監修  257-266  エヌ・ティー・エス  2005/06  坂野聡美,川岸郁朗 (2005) 膜を介したシグナル伝達. 
シリーズ・ニューバイオフィジックス 第7巻 生物のスーパーセンサー  日本製物物理学会 編集  133-146  共立出版  1997/07  川岸郁朗 : バクテリアの温度センサー 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  Structural basis of the binding affinity of Mlp24p and Mlp37p for various amino acids  Y. Takahashi, S. Nishiyama, I. Kawagishi, K. Imada  Biochemical and Biophysical Research Communications  Elsevier  523, 233-238  2020/02/26  10.1016/j.bbrc.2019.12.055 
研究論文(学術雑誌)  共著  High pressure inhibits signaling protein binding to the flagellar motor and bacterial chemotaxis through enhanced hydration.  Hata, H., Nishihara, Y., Nishiyama, M., Sowa, Y., Kawagishi, I., & Kitao, A.  Scientific Reports  Springer Nature Limited  10, 2351  2020/02/11  10.1038/s41598-020-59172-3 
研究論文(学術雑誌)  共著  Calcium ions modulate amino acid sensing of the chemoreceptor Mlp24 of Vibrio cholerae.  Takahashi, Y., Nishiyama, S., Sumita, K., Kawagishi, I., & Imada, K.  Journal of Bacteriology  The American Society for Microbiology  201, e00779-18  2019/04/09  10.1128/JB.00779-18 
研究論文(学術雑誌)  共著  The dimerization site-2 of the bacterial DNA-binding protein H-NS is required for gene silencing and stiffened nucleoprotein filament formation.  Yamanaka, Y., Winardhi, R. S., Yamauchi, E., Nishiyama, S. I., Sowa, Y., Yan, J., Kawagishi, I., Ishihama, A. & Yamamoto, K.  Journal of Biological Chemistry  The American Society for Biochemistry and Molecular Biology  293, 9496-9505  2018/04/25  10.1074/jbc.RA117.001425 
研究論文(学術雑誌)  共著  Chemotactic behaviors of Vibrio cholerae cells.  Kawagishi, I. & Nishiyama, S.  Minamino, T. & Namba, K. (eds.) The Bacterial Flagellum: Methods and Protocols, Methods in Molecular Biology  Springer Science+Business Media  1593, 259-271  2017/05/07  1940-6029  10.1007/978-1-4939-6927-2_21  Vibrio cholerae, the causative agent of cholera, swims in aqueous environments with a single polar flagellum. In a spatial gradient of a chemical, the bacterium can migrate in “favorable” directions, a property that is termed chemotaxis. The chemotaxis of V. cholerae is not only critical for survival in various environments and but also is implicated in pathogenicity. In this chapter, we describe how to characterize the chemotactic behaviors of V. cholerae: these methods include swarm assay, temporal stimulation assay, capillary assay, and receptor methylation assay. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Structure and function of bacterial signal transducing sensor complexes  第86回日本細菌学会総会 国際シンポジウム2 "Bacterial nanomachines: substrate targeting and translocation"  2013/03/18  In the chemotaxis of Escherichia coli, all of the relevant protein components have been identified and characterized extensively in terms of biochemistry and three-dimensional structures. Thus we can ask the nature of the system at the molecular level. It should be noted that these proteins are not randomly distributed in a cell: the chemoreceptors (MCPs), the histidine kinase CheA and the adaptor CheW form a huge cluster that localizes to a cell pole. Other signaling components co-localize with the MCP-CheW-CheA cluster, resulting in a large sensor/singlaing complex or a signalosome. Clustering of the signaling proteins has been implicated in signal amplification and adaptation. Genome sequencing revealed that some bacterial species, including Vibrio cholerae, are equipped with multiple sets of chemotaxis-like signaling systems. Clustering of the signaling proteins therefore may support coherent signaling by avoiding crosstalk. In this talk, we will discuss on the molecular architecture, biogenesis and physiological significance of the sensor complexes in E. coli and V. cholerae. 
口頭発表(一般)  増殖停滞期における細菌の環境応答  第85回日本細菌学会総会  2012/03/28 
口頭発表(一般)  大腸菌走化性のミッシングリンク:忌避応答のメカニズムを探る  2011年度遺伝研研究会「単細胞生物における細胞構築と増殖制御の研究」  2012/03/21 
口頭発表(一般)  生物のインテリジェントセンシング機能~細菌がもつ多機能環境応答センサーのしくみを探る~  ナノ・バイオ ICTシンポジウム ~バイオに学ぶ未来ICT型センシングテクノロジー~  2012/02/15  生物にとって「センシング」は普遍的かつ重要な機能である.どの細胞も環境変化を的確にモニターし,適切に応答しなければ生きていけない.それは体長わずか数µmの小さな細菌たちでも同様で,一見単純に見えるが,地球上のさまざまな環境中で生きていくために,巧妙なセンシングシステムを備えている.例えば,大腸菌は,細胞内外の環境変化を感知する.ほとんどの場合,細胞外からの刺激を認識するセンサーは,細胞膜に存在するタンパク質(受容体)であり,その後の情報プロセシングも,おもにタンパク質が担う.多くの場合,最終的な出力は遺伝子の発現制御であり,比較的時間のかかる応答である.それに対し,遺伝子発現制御を伴わない瞬時の応答も必要である.その代表例が走化性である.走化性とは,"好ましい"環境を感知してその場所に集まる能力であり,いわば原始的な「感覚系」である.その情報の入力から出力までの全ての因子が同定されており,精力的に研究されている.この系では,微細な入力を増幅できること,一定の刺激が持続すると応答が減衰すること(適応)など,感覚系一般に見られる特徴を備えている.走化性受容体は,複数の化学物質のほか,温度やpHも認識する多機能センサーとして注目される.また,この受容体は,他のシグナル伝達タンパク質とともに,細胞の極で巨大クラスターを形成して機能する.本講演では,走化性受容体の構造・機能・局在を中心に,生物のもつ巧妙なセンシング機能とそれを実現するしくみについての現在の知見を紹介したい. 
ポスター発表  Mechanisms of amino acid ligand recognition by bacterial chemoreceptors  Gordon Research Conference on Sensory Transduction in Microorganisms  2012/01 
詳細表示...

知的財産権
特許  微生物分析装置及び微生物分析方法  特願2015-096824  2015/05/11 
詳細表示...

受賞
平成18年度 日本細菌学会小林六造記念賞  2007/03/27  細菌の運動と感覚応答機構に関する研究 
詳細表示...

担当授業科目
細胞生物学I 
細胞構造機能学II(細胞機能学) 
細胞情報学 
生命機能学基礎実験I 
生命機能学基礎演習I 
詳細表示...

社会貢献活動
日本細菌学会 評議員  2015/01/01-2017/12/31 
日本細菌学会関東支部会 評議員  2012/01-2013/12 
日本生物物理学会 平成21・22年度委員  2009/04-2011/03 
日本細菌学会 評議員  2009/01-2011/12 
生物遺伝資源に関する大腸菌小委員会及びNBRP原核生物遺伝資源運営委員会  2007/04-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本メンデル協会  2013/01-現在 
American Society for Microbiology  2009/01-現在 
日本細菌学会  1995/04-現在 
日本生化学会  1991/04-現在 
日本生物物理学会  1991/04-現在 
詳細表示...