English
法政大学 
経済学部 
経済学科 

顔写真 教授 
山﨑 友紀 
ヤマサキ ユキ 
YAMASAKI Yuki 
山崎友紀 

Tel.042-783-2642  
Fax.042-783-2635  
 
個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/02/21 

経歴
大阪府立工業高等専門学校 工業化学科 講師  1998/04/01-2005/03/31 
大阪大学 先端科学技術共同研究センター 客員研究員  2004/04/01-2007/03/31 
Delaware University (Delaware, USA), Research Fellow  2005/04/05-2005/05/31 
SRI International (California, USA), International Fellow  2005/06/01-2005/08/24 
大阪府立工業高等専門学校 総合工学システム学科 助教授  2006/04/01-2007/03/31 
SRI International (California, USA), International Fellow  2015/03/17-2016/08/31 

学歴
京都大学  工学部   工業化学科  1993/03/31  卒業 
京都大学  工学研究科  物質エネルギー化学専攻  博士前期  1995/03/31  修了 
東北大学大学院  工学研究科   資源工学専攻博士課程  博士後期  1998/03/31  修了 

学位
東北大学工学研究科資源工学専攻 博士(工学)  東北大学  1998/03/24 

教育・研究活動状況
水熱化学を中心とした、環境浄化、環境機能性材料の合成などを研究テーマとして扱っている。
また、学内では文系の学生への自然科学教育の重要性を考えた教育活動を行うとともに、ゼミ活動では日本の科学教育についての研究活動も行っている。ゼミの研究活動として福生市の湧水調査や、全国日本酒仕込み水の水質調査を行っている。
科学の啓蒙活動として、子どもの「理科実験教室」の講師活動を続ける傍ら、市ヶ谷キャンパスでは、「大人のための化学実験教室」を主催している。
2011-2012年度の2年間は、大学入試センター試験の作題委員として携わった。 

研究分野
環境技術・環境材料 
環境技術・環境負荷低減 
科学教育 

研究キーワード
水熱化学 
反応機構解析 
機能性材料合成 
環境浄化 
科学教育 

研究テーマ
水熱条件下における加水分解メカニズム  加水分解、反応機構、水熱反応  高温・高圧条件下では水のイオン的性質の変化により、加水分解反応が促進する。そのメカニズムを考察する。  1998-現在 
水熱反応を利用した機能性材料の合成  機能性材料、水熱反応、水熱ホットプレス  水熱ホットプレス法や、水熱反応場を利用して機能性材料を合成する。  2005-現在 
子どもの理科教材の開発  理科教材、理科教育  子どもの心理に働きかけるような、新しい理科教材を開発している。  2007-現在 
湧水や環境水の水質評価  水質、飲料水、日本酒  2013-現在 

受託・共同研究希望テーマ
子ども向けの教材開発  文部科学省の示す新しい指導要領に適合するとともに、子どもの科学への意欲を高めるような教材を開発する。  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究  これまで多くの教材開発を行ってきたが、今後はさらに子どもの科学への意欲を高めるとともに、国民の科学リテラシー向上を目指した教材を、民間との協力のもと開発したい。 
水熱法を利用した材料合成  高温・高圧の水を反応場として材料合成を行う。これまで炭酸カルシウム系の材料、ITO系材料、ゼオライト材料に関する研究を行っている。  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談,受託研究,共同研究 
福生市の湧水の水質調査  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  技術相談 
詳細表示...

著書
はじめての基礎化学実験  山﨑 友紀、平山 美樹、德永 眞由美、田中 義靖  オーム社  2018/10/24  978-4-274-22275-7  本書は、大学教養および専門学校などで行われている基礎化学実験をイラストなどで視覚的に分かりやすく丁寧にまとめた実験書です。大学や専門学校では、高校までの実験器具よりもさらに多くの器具を扱うことになるため、安全に楽しく実験が行えるように配慮した内容としています。また、「この実験の目的は何か」を明確に示し、ただ実験をするだけではなく、その結果からどのような考察ができるのかを解説してありますので、大学初学年向けの教科書や参考書として活用できます。 
地球環境学入門 第2版  山﨑友紀  講談社  2015/12/08  978-4-06-155240-1 
教採問題から読みとく理科(粒子・エネルギー編) 教採受験者から現職教員まで  山下芳樹、池田幸夫  1章、2章、5章  オーム社  2014/02/26  978-4-2742-1496-7  本書は、教員志望の学生が採用試験合格を目指すための参考書です。過去に出題された問題の「解説」を具体的な事例を交えながら、合格に必要な学力が養成できるようにまとめています。1単元で「実力チェック」→「活用例題」→「ポイントの解説」→「実践例題」→「演習問題」と繰り返し行うことで、苦手単元の「理科の学び直し」ができます。さらに「ポイントの解説」は、実際の授業を想定した丁寧な解説となっていますので、教職現場でも役立ちます。 
きっと好きになる 化学のクイズ37  講談社  2011/08/20  978-4-06-154298-3  ●子どもと楽しむ わくわく実験 ●あっ!とおどろく化学の手品――静電気で野菜が動く!? 100mL+100mL=190mL!? ●お手軽カンタン自由研究――入浴剤を作ろう・紫キャベツでpH紙を作ろう・スライムを作ろう 親子でチャレンジ 
水の応用工学  白藤 立、藤間卓也、和田洋六、脇田慎一、、葛谷昌之、香田 忍、黒田孝二、早川享志、近藤伸一、齋藤永宏、石﨑貴裕、井須紀文、西本右子  157-163  日刊工業新聞社  2011/04/26  978-4-526-06670-2  環境問題の中で、今も昔も重要性を認識されている「水資源」。本書はその水の工学的な特徴の分析、利用、活用を、学術界と産業界の専門研究者が説き起こしたもの。 
詳細表示...

研究発表
ポスター発表  Formation of sp3 C-C Bonding by Soft Hydrothermal Treatment  International Conference on Diamond and Carbon Materials  2014/09/08  We demonstrate a possibility of sp3 C-C bonding formation during two types of hydrothermal treatment below 573 K using seeds diamond of which surface was previously hydrogenated or chlorinated. One was by the Hydrothermal-Hot Pressing (HHP) method for hydrogenated diamond with chlorinated organic compounds as a carbon supplier at 573 K under 50 MPa. The other was by gas phase treatment of chlorinated diamond with adamantane (C10H16) as carbon supplier at 473 K under saturated vapor pressure of sodium hydroxide solution for 15 hours in Teflon lined batch type autoclave. Samples after both of the hydrothermal treatment were at first leached in aqua regia, then treated in liquid mixture of concentrated nitric acid and sulfuric acid at 473 K for 8 hours in a Teflon lined autoclave to dissolve organic compounds or graphite like compounds around the diamond seeds. The reaction products were characterized using scanning electron microscope (SEM), transmission electron scope (TEM), X-ray diffraction (XRD), Raman spectroscopy, X-ray photoelectron spectroscopy (XPS). TEM studies show existence of diamond like pattern with reflection at 0.24-0.27 nm around both of the seeds diamond. Disordered carbon formation is observed at the most of the edge of the particles. It is considered that the sp3 C-C bonding formation may be limited at around several nanometers in these hydrothermal conditions. Raman spectroscopy and XPS results are in agreement with XRD and TEM data and show the new C-C bonding formation during hydrothermal treatments. In the Raman spectrum of the hydrothermally treated samples, strong or broad bands appear at around 1333 cm-. From these results sp3 C-C bonding can be produced by using diamond seeds with carbon supplier under mild hydrothermal conditions. 
口頭発表(一般)  Fabrication of Environmental Friendly Dense Materials by Soft Hydrothermal Processes  4th International Symposium on Aqua Science and Water Resource  2014/08/15  Compact and functionalized materials which can be used as color tile, interior or exterior materials, or roadbed materials have been fabricated by soft hydrothermal processes such as hydrothermal steam curing(HSC) and hydrothermal hot pressing(HHP) below 250 oC. To obtain functionalized materials by recycling of wastes as steel slugs, molten slag of fry ash, or waste scallop shell, we attempted to control not only the reaction conditions of hydrothermal reactions, but also chemical composition of additional materials as acid or alkali, zeolite, pigments, binding compounds and so on. The products were evaluated mechanical strength, chemical stability as degree of preventing the elution of heavy metals, and adsorbing performance on ammonia and formaldehyde. Rod or tile like materials hydrothermally produced from steel slag indicate high compressive strength compared to general concrete. Tile like materials obtained from HHP of molten slag powder with bamboo charcoal show high adsorbing performance on ammonia and good humidity control effect as interior material. Products from scallop shell with phthalocyanine as a specific pigment show beautiful and stable blue color and indicate good adsorbing performance based on high porosity of shell and property from pigment. 
詳細表示...

担当授業科目
化学A/化学B 
地球環境論A/地球環境論B 
入門ゼミA/入門ゼミB 
演習 
詳細表示...

社会貢献活動
一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA)による高校生向けサマーサイエンススクールへの協力指導  2012/08-現在  本セミナーでは「分析機器」に関する実習により、分析化学の役割や分析機器が社会においてどのように役立っているのかを、実際に装置を操作しながら学んでもらうことを目的としている。 
日本化学会「化学と工業」編集委員会  2012/03/01-現在  日本化学会 会員向け会誌「化学と工業」の編集 
大学入試センター試験 作題委員  2011/04/01-2013/03/31  理科総合A 
大人のための化学実験教室  2011/03/12-現在  毎奇数月に一度、市ヶ谷キャンパス自然科学センターのサイエンスルームにて、一般の大人向けの実験教室を開催している。 
日本学術振興会 第183委員会  2009/12/13-2020/03/31  学術の社会的連携・協力の推進 
詳細表示...

所属学協会
無機マテリアル学会  2009/04/01-現在 
日本科学教育学会  2008/04/01-現在 
廃棄物資源循環学会  2004/04/01-現在 
日本土壌肥料学会  2004/04/01-2013/03/31 
化学工学会  1995/04/01-現在 
詳細表示...