English
法政大学 
経営学部 
市場経営学科 

教授 
田路 則子 
タジ ノリコ 
TAJI Noriko 


1964年生まれ  
個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/11/10 

その他の所属・職名
イノベーション・マネジメント研究センター  専任所員 

経歴
法政大学   経営学部  教授  2008/04/01-現在 
チャルマース工科大学  大学院起業家養成コース  客員研究員  2018/04/01-2020/03/31 
筑波大学大学院ビジネス科学研究科  筑波大学  非常勤l講師  2018/01/01-現在 
法政大学  経営学部  准教授  2006/04/01-2008/03/31 

学歴
神戸大学  経営学部  1988/03/31  卒業 
一橋大学  商学研究科  博士前期  1998/03/31  修了 
神戸大学  経営学研究科  経営学  博士後期  2003/03/31  修了 

学位
経営学博士  神戸大学  2003/03/31 

免許・資格
中小企業診断士  1994/04/01  公的経営診断 
商業施設士  1995/04/01 

教育・研究活動状況
■研究テーマ
電子半導体産業や化学産業等のハイテク産業におけるイノベーション・マネジメント(日本・欧米)
ハイテク・スタートアップの成長プロセスとアントレプレヌールシップ(米国・英国・スウェーデン・台湾・日本)
■教育活動
ビジネスモデル作成と起業実践(学部ゼミナール)
日本企業におけるイノベーション・マネジメントとハイテク・マーケティングの研究指導(ビジネススクール) 

研究分野
経営学 

研究キーワード
イノベーションマネジメント 
ハイテクスタートアップ 
アントレプレヌールシップ 

研究テーマ
科学技術産業におけるイノベーションとグローバル経営  イノベーション ハイテク  2008-現在 
ハイテクスタートアップの成長プロセスと起業家像  スタートアップ 起業家  2009-現在 
グローバルアントレプレヌールシップ  ハイテクスタートアップ、オープンイノベーション  2011-現在 
起業家教育  起業意思、起業態度、自己効力感  2012/04/01-現在 

受託・共同・寄附研究実績
WEBビジネスの興隆を担う起業家活動の国際比較  2013-2014  その他 
インターネット関連ビジネスにおけるスタートアップ企業の成長要因  2010-2012  その他 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
アカデミック・スピンオフを輩出する起業家教育-発展する北欧と試行する日本  科学研究費  基盤研究B  JST  科学研究費補助金  2019/04/01-2021/03/31 
グローバル・アントレプレナーシップにおける機会認識と展開  科学研究費  基盤研究B  科学研究費  2018/04/01-2021/03/31 
ノービス起業家の起業意思と事業化プロセス  科学研究費  基盤研究(c) 一般  2016/04/01-2019/03/31 
ハイテク先進地域におけるグローバル・アントレプレナーシップの実証研究  科学研究費  基盤研究B(海外学術)  文科省  2015/04/01-2018/03/31 
若手起業家の特性と戦略構築力が成長性に与える影響  科学研究費  基盤研究(C)一般  2013/04/01-2016/03/31 
詳細表示...

著書
「ハイテク産業における研究開発者のキャリア」『日本のキャリア論—専門職編』  金井壽宏・鈴木竜太編著  133-159  白桃書房  2013/05/30 
『ハイテク・スタートアップの経営戦略 オープンイノベーションの源泉』  田路則子・露木恵美子  1-256  東洋経済新報社  2010/03/31 
『キャリア・デザイン』  田路則子・月岡亮  1-108  ファーストプレス  2008/11/01 
『アーキテクチュラル・イノベーション ハイテク企業のジレンマ克服』  田路則子  1-187  白桃書房  2005/12/01 
「高知県梼原町」『中山間地域の産業振興戦略』  関満博編著  新評論  2003/02/25 
詳細表示...

論文
(MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  共著  ヨーテボリ市における起業家教育から生まれるアカデミック・スピンオフ ―北欧の地方都市におけるビジネス・エコシステム―  田路 則子, 五十嵐 伸吾  赤門マネジメントレビュー  東京大学  17/ 3, 143-154  2018/06/21  1347-4448  10.14955/amr.0180611a  スウェーデンのヨーテボリ市の大学院における起業家教育は開学から20 年を迎え、100 以上のスピンオフを送り出してきた。 株式公開や売却を迎えたハイパフォーマーは10 社以上、常時100 社が大学のインキュベーションプログラムの中で支援を受けて いる。拡大人口90 万人の地方で、技術シーズの提供、投資、経営支援がうまく廻る、北欧一の成功例として知られるようになった。筆 者らは2011 年より行ってきたフィールドワークの途中経過を公表したい。起業家活動の肝は、機会認識とチーム形成である。それをどのように、正規の教育の中で学習させ、卒業後の実践へと繋げているのかを紹介したい。 
研究論文(学術雑誌)  共著  WEBビジネスにおけるスタートアップの成長要因 : 首都圏における定量調査と事例分析  田路則子・新谷優  ベンチャーズレビュー  日本ベンチャー学会  31, 63-67  2018/03/31  1883-4949  首都圏に本社をおくWEBやモバイル関連のサービスを提供するスタートアップの成長要因が探った。ビジネスアイデアを一貫して追求し、革新性の高い製品サービスを事業化することが成長の前提になるが、場合によっては戦略を柔軟に変更する。創業チームの充実が成長と非成長を分け、シード資金を調達することができなくても、自己資金と知人からの投資で持ちこたえて、シリーズAを引き込み、成長軌道に乗せている 
研究論文(学術雑誌)  共著  大学生の起業意識調査レポート-GUESSS 2016調査結果における日本のサンプル分析-  田路則子・鹿住倫世・新谷優・本條晴一郎  イノベーション・マネジメント  法政大学  15, 109-129  2018/03/31  1349-2233  URL  GUESSS 2016は、参加国全体50カ国、1,082の大学が参加して行われた、大学生の起業意識調査である。全体で122,509件の有効回答を集めている。日本では24大学・大学院が参加し、1490件の有効回答を得た。学生の起業意思を高める要因について共分散構造分析を行ったところ、「大学の環境」が直接的に起業意思を高め、「大学の講義」が「起業に対する態度」と「スキルや能力に関する自信」を介して起業意思を高めていることが確認できた。 
(MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等  共著  Student Entrepreneurial Spirit Survey Report Analysis of the Japan Sample in the GUESSS 2016 Survey Results  Noriko Taji,Tomoyo Kazumi,Yu Niiya,Seichiro Honjo  GUESSS Homepage  2018/03/13  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  アーキテクチャ進化における製品開発マネジメント・半導体露光機産業の事例から  榎波龍雄・田路則子  一橋ビジネスレビュー  東洋経済新報社  65/ 3, 172-184  2017/12/01  1345-9953  露光機は自動車に代表されるような究極の擦り合わせ型製品であり、日本企業であるニコンが1980年代から1990年代半ばまで、圧倒的な技術革新能力を示し市場をリードしていた。しかし、2000年前後に、後から参入してきたオランダのASMLがニコンを逆転し、2000年後半には市場の70%以上を獲得するに至った。本稿では、インテグラル・アーキテキチャを採用していたニコンが、開発チーム内に埋め込まれた従来のアーキテクチュラル知識へのこだわりにより情報フィルターが作動し、インテグリティの罠に落ちたこと、及び、モジュラー・アーキテクチャを採用していたASMLが、コンソーシアムや有力な顧客、サプライヤーとの連携を強化し、かつ、アーキテキチャの変更に際して、担当者を連続させない組織体制によって、モジュラリティの罠を回避し、新しいモジュラー・アーキテキチャが確立できたことを明らかにした。 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Teaching Case in Entrepreneurship : The Elements of Effectuation: LinkedIn Case  2019 Effectuation Conference  2019/11/24 
口頭発表(一般)  A systemic innovation in science-based industry: how to manage suppliers by a manufacturer outsourcing all components components  R&D Management Conference 2019  2019/06/17 
口頭発表(一般)  The Effectiveness of Three-Day Entrepreneurship Programs in Japan  3E ECSB Entrepreneurship Education Conference 2019  2019/05/08 
口頭発表(一般)  Entrepreneurial Orientation and Flexibility in WEB Businesses  RENT 2018 - RESEARCH IN ENTREPRENEURSHIP AND SMALL BUSINESS  2018/11/15 
口頭発表(招待・特別)  エコシステムの地殻変動とアジア・欧米のエコシステム  2019年度組織学会年次大会  2018/09/22 
詳細表示...

担当授業科目
Japanese Innovation Management 
Entrepreneurship 
製品開発論 
大学院修士論文指導 
博士論文指導 
詳細表示...

教育実績
スタートアップと新規事業のマネジメント』経済産業省起業家教育モデル講座  2010/04/01-2010/07/31 
『ハイテク・ベンチャーの経営戦略』経済産業省起業家教育モデル講座  2009/04/01-2010/03/31 
詳細表示...

教科書・教材
キャリアデザイン  2009/12/31 
詳細表示...

社会貢献活動
STARTUP WEEKEND オーガナイザー  2013/09/01-現在 
詳細表示...

所属学協会
CiNet (Continuous Innovation Network)  2018/09/01-現在 
ICSB (International Council for Small Business)  2016/06/01-現在 
研究技術計画学会  2005/04/01-現在 
ベンチャー学会  2004/03/03-現在 
組織学会  2003/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
東京都  東京の中小企業振興を考える有識者会議  2018/02/01-2019/03/01 
新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO   研究開発型ベンチャー企業等事業化促進カタライザー  2014/04/01-現在 
大阪市イノベーション促進評議会   評議員  2013/04/01-2016/03/31 
内閣府 総合科学技術会議 評価専門調査会   専門委員  2009/04/01-2010/03/31 
詳細表示...