English
法政大学 
国際日本学研究所 

顔写真 教授 
王 敏 
ワン ミン 
WANG Min 


1954年生まれ  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2018/11/20 

経歴
四川外国語学院大学日本語学科専任講師 (日本学、日本近代文学、日本語)  1979/10-1991 
四川外国語学院大学国外中国学研究所日本アジア研究室主任  1983/09-1990 
法政大学社会学部兼任講師(日中比較文化論)  1989/04-1991/03 
帝京大学文学部国際文化学科兼任講師(中国文化史・文化論・文学論)  1991/04-1996/03 
中国・南陽理工大学(国立)客員教授  1991/08-1996 
中国・松花江大学(私立)客員教授  1991/08-1996 
法政大学経営学部兼任講師(中国社会論)  1993/04-1996/03 
日本大学国際関係学部兼任講師(日中比較文学・中国文学)  1993/04-1996/03 
東京成徳大学・同短大兼任講師  1994/04-1995/09 
東京成徳大学助教授(中国文化研究・文化演習・中国語)  1994/04-1999/12 
北京青年政治学院大学東方道徳研究所客員研究員  1994/11-現在 
文部省・国際学術研究「日本の赤と中国の赤 その国際比較」に参加  1995/02-1997 
国際交流基金人事交流懇談会委員  1998/09-2000/09 
国立国文学研究資料館共同研究員(日中の「ブックロード」)  2000/02-2001/02 
(文部科学省平成13年度科学技術調整費)『文化の多様性を包容する情報ネットワーク』推進委員会委員  2000/04-2002/03 
学習院女子大学兼任講師(アジア文化論・日中比較)  2000/04-2003/03 
東京成徳大学教授(日中比較研究・アジア文化論)  2000/12-2003/03 
東京成徳大学国際言語・文化学科アジア言語・文化専攻主任教授  2001/04-2003/03 
国立歴史民俗博物館共同研究員(「海を渡った華々」研究プロジェクト)  2001/04-2003/03 
政策研究大学院大学客員教授(日本の対外文化政策と国際交流)  2001/04-2004/03 
世界東京フォーラム実行委員(東京財団主催)  2001/09-2002/04 
国立歴史民俗博物館展示プロジェクト委員  2003/04-2004/03 
法政大学国際日本学研究センター教授(国際日本学研究)  2003/04-現在 
拓殖大学大学院・言語文化専攻兼任講師(アジア文化論・日中比較文化)  2003/04-現在 
放送大学特別講座講師「宮沢賢治と唐詩選」「宮沢賢治と西遊記」  2003/04-現在 
中国社会科学院日本研究所客員研究員  2003/10-現在 
朝日新聞アジアネットワーク客員研究員  2004/04-2005/03 
総理懇談会・小泉純一総理私的諮問機関「文化外交の推進に関する懇談会」委員  2004/12-2005/07 
桜美林大学北東アジア研究所運営委員  2005/04-現在 
二松学舎大学大学院兼任講師(日中比較文化)  2005/04-現在 
上海・同済大学客員教授(日本研究)  2005/05-現在 
国際文化交流推進会議・有識者会合(内閣)委員  2005/11-2006/03 
山口県立大学非常勤講師  2006/04-2006/09 
国際交流基金・日本語教育懇談会委員  2006/04-2007/03 
早稲田大学アジア研究機構客員研究員  2006/12-2007/12 
公益財団法人かめのり財団  理事  2006-現在 
国土交通省・文化観光懇談委員会委員  2007/04-2008/04 
朝日新聞アジアフェロー世話人  2007/04-現在 
河南大学日本研究センター名誉副所長  2007/06-現在 
四川外国語学院日本学研究所名誉所長  2008/10-現在 
日本と東アジアの未来を考える委員会委員(奈良遷都1300年記念国家プロジェクト)  2008/12-現在 
関西大学21世紀グローバルCOE客員教授  2009/01-2009/03 
文化庁・日本語教員などの養成・研修に関する調査研究協力者会議委員  2009/07-現在 
二国間交流事業共同研究・セミナー「近代化社会とコミュニケーションの技法―グローバル化と漢字文化圏の言語」代表  2010/07/15-現在 
青山学院大学兼任講師(異文化コミュニケーション論)  2010/08-現在 
大連民族学院客員教授  2010/09/01-現在 
法政大学国際戦略機構兼任所員  2011/04-2012/02 
サステイナビリティ研究教育機構兼任所員  2011/09-現在 
韓国・韓中日比較文化研究所客員研究員  2011/10-現在 
日本と東アジアの未来を考える委員会 【アイデンティティー・文化】副幹事  2012/01-現在 
国立新美術館評議員  2012/04/01-現在 
青山学院大学 国際アジア研究センター 客員研究員  2012/05-現在 
中国南開大学日本研究院客員教授  2013/03-2013/04 
文化芸術立国懇話会委員  2013/05/18-2013/05/25 
中国.浙江工商大学日本语言文化学院客座教授  2013/06-2016/06 
中国社会科学院  歴史文化交流研究センター  客員研究員  2015/08-現在 
浙江海洋大学  人文学院  客員教授  2016/04/22-現在 
浙江海洋大学  東海発展研究院  客員研究員  2016/04/22-現在 
中国・天津大学  北東アジア研究センター  兼任教授  2016/05-2018/05 
中国・暨南大学  海外華文文学と華語研究センター  客員研究員  2016/06/14-2019/06/14 
中国・南陽師範大学  客員教授  2017/04/24-現在 
澳門大学  日本研究領域  澳門大學專業學科權威刊物学外評審專家(審査評議委員)  2018/05-現在 
践行和平論壇  代表  2018/05-現在 
一般社団法人・日中平和発展推進協会  会長  2018/10/09-現在 

学歴
大連外国語大学  日本語学部  卒業  中国 
四川外国語学院大学院  修了  中国 

学位
人文科学博士  お茶の水女子大学 

研究分野
日中比較研究 

研究キーワード
日中比較研究 
日本研究 
宮沢賢治研究 
国際文化関係 
日中文化交流 
東アジアの社会文化 

受託・共同・寄附研究実績
国際会議 「震災後のいま問いかける――なぜ、『雨ニモ負ケズ』が読まれるのか」  王敏  1.杉井 ギサブロー(Sugii Gisaburo)氏 アニメ映画監督者、日本映画監督協会理事、京都精華大学教授 2.張怡香(Zhang Yixiang/ヂャン イー シィァン)氏 アメリカ米中連合大学学長、ハワイ大学医学院院長、教授 3.雷剛(Lei Gang/レィ ガン) 氏   重慶出版社編集部 4.賈蕙萱(Jia Huixuan/ジィァ フィ シュェン) 氏 北京大学国際関係学院教授、日本研究センター副主任兼副秘書長 5.金容煥(Yong-Hwan Kim/キム ヨン ファン)氏 韓国倫理学会会長、忠北大学倫理教育科教授 6.岡村民夫(Okamura Tamio) 氏 法政大学国際文化学部教授  2011-2012  受託研究  出資金による受託研究  シンポジウムで各報告者が発表した論文を内外の出版社から出版の予定であり、研究成果が一般読者に広く認知されるよう、各報告者が所属する国や地域(日本、中国、アメリカ、韓国、台湾など)において、新聞や雑誌、インターネットでの広報を積極的に働きかけることになっている。 
二国間交流事業共同研究・セミナー「近代化社会とコミュニケーションの技法―グローバル化と漢字文化圏の言語」  2010-現在  共同研究 
翻訳出版助成 青木保著『日本文化論の変容』〈中央公論〉の中国語訳の発刊出版(中国青年出版社、2009年)  王敏  四川外国語学院教授楊偉さんほか  2008-2009  共同研究  国際共同研究  表題の図書は中国青年出版社より2009年に発刊、市販されている。 
国立歴史民俗博物館展示プロジェクト  2003-2004  共同研究 
日本の対外文化政策と国際交流 (政策研究大学院大学客員教授として)  2001-2004  共同研究 
詳細表示...

著書
人文化成:中国と周辺国家の人文交流  张骥 邢丽菊 王敏等  中国と日本の人文交流:「<大禹、東洋下り>の啓示」  104-113  世界知識出版社  2018/09  中国と周辺諸国の相関関係(特に文化関係)について論ずる。 
十国前政要論「全球公共倫理」(十国元要人の「グローバル倫理」説)  福田康夫 王敏(翻訳)  全文の翻訳・校正・監修と後書き・解説  1--312  中国・人民出版社 260千字(中国語)  2017/10  978-7-01-017970-4  20 世纪 80 年代的冷战时代,福田赳夫前首相与德国前总理赫尔穆特·施密特组建了由各国前政 要构成的国际行动理事会。OB 首脑峰会创立三十几年来,每年都定期在五大洲的重要城市召开会议。约三十余名各国前政要齐聚一堂,共同探讨政治与地缘政治学、经济与金融、环境与开发等具有全球性问题。 1987 年,在罗马白露理治奥举行了第一届政治领袖与各种宗教领袖们展开了历史上首次对话,将“己所不欲勿施于人“定为处理国际关系的黄金定律。尔后,OB首脑峰会相继召开了 10 届类似的宗教与政治之间的会议,立志于建构包容、多元的“公共伦理”。2014 年3月26—27 日,距离今天最近的 OB 首脑峰会在奥地利首都维也纳召开。综合以往峰会的决议和宣言内容,编辑了论文集:《十国前政要论“全球公共伦理”》,先后在八个国家和地区出版发行。本书为中文版,也是各国前政要论文集在中国的首次发行。 
儀礼の象徴性  青木保 (訳者 秦頴 喜君 高希敏)  序文  1-4  中国社会科学出版社  2017/08  儀礼の象徴性を透析したが、その深層に人間と社会、他者乃至国家との相関関係を希求する本能を諭したい。また、それを基軸に演出してきた儀礼作法及びその機能、効果を分析した語った。 
『国際儒学研究 24』王敏「アジア文明対話の接点ーー日本の禹王信仰、蚕祭祀、漢字文化について」  国際儒学聯会  伝播と交流篇  121-133  中国・華文出版社  2017/05 
東アジア共同体シリーズ 第二巻『アジアの地域協力』第七章「アジア文化交流の歴史と未来」  王敏、青木保  第七章  191-228  明石書店  2017/03/31  第七章では政治関係、経済関係諸関係以外に、文化関係の重要度を強調している。 諸関係に比べれれば、文化関係が柔らかく、成果も捕まえにくいとされる。だが、人間の思考、行動に参考を与えられることができるから、アジアの地域協力に共有できる「空気」役を果たすことができると考える。そのための参考可能の案例を提供して、アジア地域協力の実践を提唱することとする。 
詳細表示...

論文
(MISC)総説・解説(その他)  共著  「元内閣総理大臣福田康夫氏を囲むトークショー ~市民レベルの日中交流をどう進めるか~ 」  福田康夫 王敏  『月刊中国ニュース』  日中通信社  11, 59-61  2018/11 
(MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  単著  周恩来の嵐山考察から日韓における禹文化の受容へ  王敏  香港『大公報』ウエブサイト(国際儒学聯合会ウエブサイトより転載) Microsoft® Translator http://www.takungpao.com/culture/237147/2018/1114/205055.html  香港『大公報』  2018/11/14  日本留学時代の若き周恩来が嵐山を、雨の中を二回訪ねた。代表作「雨中嵐山」を書き残した。なぜ、嵐山へ?どうして「雨にも負けず」、嵐山を日本滞在の最後の時間にしたのか?本論文がそれを解明した。第五回周恩来国際研究会議に発表した論文の凝縮版。 
研究論文(学術雑誌)  単著  周恩来的岚山考察与日本的大禹信仰 ----浅析人民外交思想形成要素  王敏  第五回周恩来国際研究会議論文集(下)  南開大学周恩来研究センター  下巻  2018/10  日本留学時代の若き周恩来が嵐山を、雨の中を二回訪ねた。代表作「雨中嵐山」を書き残した。なぜ、嵐山へ?どうして「雨にも負けず」、嵐山を日本滞在の最後の時間にしたのか?本論文がそれを解明した。 
(MISC)その他記事  単著  日中友好の目標に向けただ前に進んでいく  王敏  潮  潮出版社  2018/10  日中平和友好条約締結40周年記念の企画趣旨にそって、到達の境がない日中平和友好が目的地である思索と信念を論述する。 
研究論文(学術雑誌)  単著  周恩来の嵐山考察と日本の禹王信仰―ー人民外交思想の形成要素について  王敏  第五回周恩来研究国際学術研究会  中国・南開大学  385-393  2018/10/20  周恩来结束留日生活、归国之前的诗作【雨中岚山】的地域文化背景进行了现场考察,此行与日本的大禹信仰多有关联。而这种关联在日本一直持续到今天。这一事实验证了:青年周恩来一百年前的关注焦点提示人们,中日人文关系的走向脉络依然持之以恒,承古往启未来。小文谨这种蕴含着自然与必然之哲理的考察为例,试图抛砖引玉,为探讨周恩来所主导提倡的人民外交思想的形成过程提供点滴参考。 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(基調)  日本語という通路の彼方  2018年度 アジアアフリカ視野における日本研究  2018/11/10  日本語を通して、広く深く学んだことの可能性について、語る。 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  煎茶道と隠元と周恩来  哲学家講座第十四講  2018/11/01  1919年4月5日、日本留学を終えて、中国への帰国途中、周恩来が雨中の嵐山を訪ねた。当時の周恩来の「観光コース」を検証して、黄檗宗の教祖・隠元とその弟子高泉および日本の禹王信仰とのつながりを解明した。 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  日中の人文交流に関する管見  日本研究会議  2018/10/30  安倍首相の訪日後に、日中関係の安定と発展を継続するために、三つの方面からアプローチした。1、克服する問題点およびその対応。2、研究成果の社会貢献およびその参考事例。3、日本研究の姿勢と方法論。 
口頭発表(招待・特別)  周恩来的岚山考察与日本的大禹信仰 ----浅析人民外交思想形成要素  第五届周恩来研究国際学術研究会  2018/10/27  周恩来结束留日生活、归国之前的诗作【雨中岚山】的地域文化背景进行了现场考察,此行与日本的大禹信仰多有关联。而这种关联在日本一直持续到今天。这一事实验证了:青年周恩来一百年前的关注焦点提示人们,中日人文关系的走向脉络依然持之以恒,承古往启未来。小文谨这种蕴含着自然与必然之哲理的考察为例,试图抛砖引玉,为探讨周恩来所主导提倡的人民外交思想的形成过程提供点滴参考。 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  川魚も海魚も魚である  奈良・東アジアサマースクール  2018/09/23 
詳細表示...

芸術活動、建築作品等
その他  共同  企画展 賢治研究の先駆者たち⑥ 黄灜展  2016/04/15-2016/10/15 
芸術活動  共同  第15回「相約北京」芸術祭 理想之郷IHATOV交響曲音楽会  2015/05/20-2015/05/21  宮沢賢治作品の音楽化 
その他  単独  外国人が憧れる「森の都」  2013/02-現在 
その他  単独  中日の文化の架け橋として歩んできた半生  2012/08/25-現在 
その他  単独  宮沢賢治「雨ニモマケズ」の中国語翻訳  2012/03-現在 
詳細表示...

受賞
国際文化最高貢献賞  2015/01/30 
文化庁長官表彰  2009/07/10  日本政府、文化発信部門では外国人で初受彰・日本、フランス、オランダ、オーストリア、中国各国に一人ずつ。 
放送局長賞受賞  2001/09/26  NHK BS23「宮沢賢治 平和への祈り」に出演(11月同番組が同賞受賞) 
第6回アジア映像祭・審査員特別賞  1997/09  宮沢賢治生誕100年記念中国西域取材番組・IBC岩手放送制作「宮沢賢治 シルクロードの夢」出演(全国放映。11月、同賞受賞。翌年98年正月、ニューヨークCATVが新春放映) 
岩手日報文学賞 宮沢賢治賞  1997/07 
詳細表示...

教科書・教材
2018年度 1学期 高3 小論文(河合塾)  2018  王敏『日本と中国 相互誤解の構造』(中央公論新書・2008年)より、『2017年度神戸市外国語大学 外国語学部 推薦 (中国学科・神戸市内枠・全国枠)入試問題』を取り上げられたが、それを再度河合塾に選ばれ、入試問題として使用されている。 
王敏編著『日本留学と東アジア的「知」の大循環』(三和書籍 2014年)から「日本古代・中世の教育と仏教」(大戸安弘) 『大妻女子大学比較文化学部比較文化学科平成29年度 編入学試験問題』  2017/03  王敏編著『日本留学と東アジア的「知」の大循環』(三和書籍 2014年)から「日本古代・中世の教育と仏教」(大戸安弘) 『大妻女子大学比較文化学部比較文化学科平成29年度 編入学試験問題 【内部学力選考】』 
王敏『日本と中国 相互誤解の構造』(中央公論新書・2008年)『2017年度神戸市外国語大学推薦入学試験問題集【小論文】中国学科』  2017/02  王敏『日本と中国 相互誤解の構造』(中央公論新書・2008年、p119-121) 『2017年度神戸市外国語大学推薦入学試験問題集【小論文】中国学科』 
詳細表示...

社会貢献活動
CS朝日「ニュースの深層」 「シリーズ“中国を知る”第2弾~『本当は日本に憧れる中国人』  2012/11/01-2012/11/02 
NHK国際放送《波短情长》に出演・「日中国交正常化40周年 日本人生30年」  2012/07/15-2012/07/22 
朝日ニュースター・「別刊朝日新聞」対談番組「日本とアジアの未来」 (放送日 2月17日。再放送は18日、19日、20日、22日、23日)  2012/02/17-2012/02/23 
NHK深夜便「明日へのことば」・日本へ!宮沢賢治のかけた橋 ②  2011/10/21-現在 
NHK深夜便「明日へのことば」・日本へ!宮沢賢治のかけた橋 ①  2011/10/20-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本治水神・禹王研究会  2013/10-現在 
東アジア文化交渉学会  2013/05-現在 
日本華文文学筆会  2012/01-現在 
亞洲政治與歷史協會  2011/10-現在 
世界華文旅遊文学協会理事  2011/05-現在 
詳細表示...