日本語
Hosei University 
Hosei University Center for International Japan-Studies 

顔写真 Professor 
WANG Min 


Birth:1954  

Only items to be output You can display.
Update:2019/08/14 

Career
Lecturer of Department of Japanese at Sichuan International Studies University, specialized in Japan-Studies,Modern Japanese Literature and Japanese Language  1979/10-1991 
Director of Researching Institute for Overseas Studies of Sinology at Sichuan International Studies University  1983/09-1990 
Adjunct lecturer in Comparative Studies on Sino-Japanese Culture at Department of Social Sciences of Hosei University  1989/04-1991/03 
Adjunct lecturer in History of Chinese Culture, Theory of Culture and Theory of Literature under the subject of International Cultures at Department of Letters of Teikyo University  1991/04-1996/03 
Visiting professor at Nanyang Institute of Technology in China  1991/08-1996 
Visiting professor at Songhua River University  1991/08-1996 
Adjunct lecturer in Studies in China Society at Department of Business Administration of Hosei University  1993/04-1996/03 
Adjunct lecturer in Sino-Japanese Comparative Literature and Chinese Literature at Department of International Relations of Nihon University  1993/04-1996/03 
Adjunct lecturer at Tokyo Seitoku University  1994/04-1995/09 
Associate professor of Studies in Chinese Culture, Cultural Development and Chinese Language at Tokyo Seitoku University  1994/04-1999/12 
Visiting research fellow of Institute for Oriental Ethics of Beijing Youths Politics College  1994/11-Present 
文部省・国際学術研究「日本の赤と中国の赤 その国際比較」に参加  1995/02-1997 
国際交流基金人事交流懇談会委員  1998/09-2000/09 
Collaborative researcher at the National Institute of Japanese Literature  2000/02-2001/02 
(文部科学省平成13年度科学技術調整費)『文化の多様性を包容する情報ネットワーク』推進委員会委員  2000/04-2002/03 
Adjunct lecturer in On Asian Culture and Comparison of Japan and China at Gakushuin Women's College  2000/04-2003/03 
東京成徳大学教授(日中比較研究・アジア文化論)  2000/12-2003/03 
Professor of international languages, Asian languages and Culture Major at Tokyo Seitoku University  2001/04-2003/03 
Collaborative researcher of the Crossingh-Ocean Chinese Project of National Museum of Japanese History  2001/04-2003/03 
Visiting professor of Japan’s Foreign Policy on Culture and International Communication at National Graduate Institute for Policy Studies  2001/04-2004/03 
世界東京フォーラム実行委員(東京財団主催)  2001/09-2002/04 
Member to displaying project of National Museum of Japanese History  2003/04-2004/03 
Professor of International Japan-Studies at Hosei University Center for International Japan-Studies  2003/04-Present 
Adjunct lecturer in On Asian Culture and Sino-Japanese Comparative Culture under the subject of Languages and Cultures at Graduate School of Takushoku University  2003/04-Present 
Lecturer of special lectures Miyazawa Kenji and Tang Poetry and Miyazawa Kenji and Journey to the West at The Open University of Japan  2003/04-Present 
Visiting research fellow of Institute of Japanese Studies, CASS  2003/10-Present 
Visiting research fellow of Asian Network on Asahi News  2004/04-2005/03 
Participant of Committee of Promoting Cultural Diplomacy,the Prime Minister Junichiro Koizumi’s consulting committee  2004/12-2005/07 
Executive member of Northeastern Asia Institute at J.F.Oberlin University  2005/04-Present 
djunct lecturer in Sino-Japanese Comparative Culture at Graduate School of Nishogakusha University  2005/04-Present 
Visiting professor of Japan-Studies at Tongji University  2005/05-Present 
Participant of Propulsion Conference of Japan Foundation  2005/11-2006/03 
Adjunct lecturer at Yamaguchi Prefectural University  2006/04-2006/09 
Member of Japanese-Language Education Institute, organized by Japan Foundation  2006/04-2007/03 
Visiting research fellow of Asian Institute of Waseda University  2006/12-2007/12 
公益財団法人かめのり財団  理事  2006-Present 
Member of Committee on Cultural Tourism of Japan’s Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism  2007/04-2008/04 
Manager of Asian Fellow on Asahi News  2007/04-Present 
Honorary Deputy Director of Japan-Studies Center at Henan University  2007/06-Present 
Honorary director of Japan-Studies Institute of Sichuan International University  2008/10-Present 
Participant of Committee on the Future of Japan and East Asia for the 1300th Anniversary of Nara Heijo-Kyo Capital  2008/12-Present 
Visiting professor of 21 Century Global at Kansai University  2009/01-2009/03 
Member of Japanese-language Teachers Training Program of Japan’s Agency for Cultural Affairs  2009/07-Present 
Technology and Manners of Communications in Modernized Society: The Perspectives of Standard Languages and Mother Tongues in Chinese-Character Cultural Sphere towards the Globalized Communication  2010/07/15-Present 
Adjunct lecturer of Cross-Cultural Communication at Aoyama Gakuin University  2010/08-Present 
Visiting professor at Dalian Nationalities University  2010/09/01-Present 
Adjunct researcher of Hosei Institute of International Strategy  2011/04-2012/02 
Adjunct researcher of Institute for Sustainability Research and Education  2011/09-Present 
韓国・韓中日比較文化研究所客員研究員  2011/10-Present 
日本と東アジアの未来を考える委員会 【アイデンティティー・文化】副幹事  2012/01-Present 
国立新美術館評議員  2012/04/01-Present 
青山学院大学 国際アジア研究センター 客員研究員  2012/05-Present 
中国南開大学日本研究院客員教授  2013/03-2013/04 
文化芸術立国懇話会委員  2013/05/18-2013/05/25 
中国.浙江工商大学日本语言文化学院客座教授  2013/06-2016/06 
中国社会科学院  歴史文化交流研究センター  客員研究員  2015/08-Present 
浙江海洋大学  人文学院  客員教授  2016/04/22-Present 
浙江海洋大学  東海発展研究院  客員研究員  2016/04/22-Present 
中国・天津大学  北東アジア研究センター  兼任教授  2016/05-2018/05 
中国・暨南大学  海外華文文学と華語研究センター  客員研究員  2016/06/14-2019/06/14 
中国・南陽師範大学  客員教授  2017/04/24-Present 
澳門大学  日本研究領域  澳門大學專業學科權威刊物学外評審專家(審査評議委員)  2018/05-Present 
践行和平論壇  代表  2018/05-Present 
一般社団法人・日中平和発展推進協会  会長  2018/10/09-Present 

Academic background
大連外国語大学  日本語学部  Graduated  china 
四川外国語学院大学院  Completed  china 

Academic degrees
人文科学博士  Ochanomizu University 

Research Areas
日中比較研究 

Achievements of funded, joint or endowed research
International Conference Why «Be not Defeated by the Rain » is sought for : In context of post the Japan Earthquake 2011  王敏  1.杉井 ギサブロー(Sugii Gisaburo)氏 アニメ映画監督者、日本映画監督協会理事、京都精華大学教授 2.張怡香(Zhang Yixiang/ヂャン イー シィァン)氏 アメリカ米中連合大学学長、ハワイ大学医学院院長、教授 3.雷剛(Lei Gang/レィ ガン) 氏   重慶出版社編集部 4.賈蕙萱(Jia Huixuan/ジィァ フィ シュェン) 氏 北京大学国際関係学院教授、日本研究センター副主任兼副秘書長 5.金容煥(Yong-Hwan Kim/キム ヨン ファン)氏 韓国倫理学会会長、忠北大学倫理教育科教授 6.岡村民夫(Okamura Tamio) 氏 法政大学国際文化学部教授  2011-2012  Funded research  Commisioned research by the investment  シンポジウムで各報告者が発表した論文を内外の出版社から出版の予定であり、研究成果が一般読者に広く認知されるよう、各報告者が所属する国や地域(日本、中国、アメリカ、韓国、台湾など)において、新聞や雑誌、インターネットでの広報を積極的に働きかけることになっている。 
Bilateral Cooperative Program :Joint Research Projects and Seminers<Technology and Manners of Communications in Modernized Society-The Perspective of Standard Languages and Mother Tongues in Chinese-Character Cultural Sphere towards the Globalized Communication.  2010-Present  Joint research 
Translation Grant Chinese translated edition of Tamotsu Aoki〈The Transformation of Studies in Japanese Culture, Tokyo: Chūō Kōronsha〉, China Youth Publishing Group, 2009  王敏  四川外国語学院教授楊偉さんほか  2008-2009  Joint research  International joint research  表題の図書は中国青年出版社より2009年に発刊、市販されている。 
Exhibition Project of National Museum of Japanese History  2003-2004  Joint research 
External Cultural Policy and International Exchange of Japan (As a Visiting Professor of National Graduate Institute for Policy Studies)  2001-2004  Joint research 
View details...

Bibliography
わたしの宮沢賢治ーー賢治言葉の源泉  王敏  全書  1-227  ソレイユ出版  2019/06  978-4-9910641-1-1  研究成果に問われるたびに、時代も国境も超越した賢治作品から学んだものが、いつも基本的「底力」だと認識させてくれます。「賢治ことばの源泉」が始終私の「日本語力」を育んでくれた原点だと、悟らせてくれます。 ともすると普遍的だと思われてきた常識までもが揺らいでいる「今」という激変の時代。しかも、世界中で未曾有の(みぞう)の自然災害が多発し、ウソや驕(おご)り、憎しみや貧困が渦巻いています。そんななか、「わたしの宮沢賢治」シリーズは、多くの人に生きる勇気と希望を持っていただける、松明(たいまつ)や羅針盤(らしんばん)としての役割を果たすものとなることを念願します。だからこそ、まさにその「原点」を見つめていた宮沢賢治の作品から、あるべき日中両国の関係を模索するには最善の時期だとも考えているのです。 
ASIAN VALUES ORIENTAL WAISDOM--Proceedings of Exchanges and Mutual Learning among Asian Civilizations:Bejing International Symposium  滕文生、福田康夫、戴秉国、濱下武志、王敏、等。  文明交流互鑑研究(上)「アジア文明対話の接点ーー日本の禹・蚕祭・漢字文化を事例に」  331--349  中国・人民出版社  2019/06  2016年に開催された同題の国際会議の論文集。世界各国の参加者による論文。 
Night On The Galactic Railroad  宮沢賢治 監修 翻訳 王敏  全書  1-301  江蘇省鳳凰文芸出版社  2019/06  987-7-5594-3404-3  厳選された宮沢賢治の童話31篇の翻訳。 
嵐山的周恩来(中国語版)  王敏  全作  1-250  三和書籍  2019/04/25  978-4-86251-375-5  1919年5月4日、雨の中の嵐山を二回も逍遥した背景を探り、その理由を突き止める論考。 
自分がされたくないことは人にもしない  福田康夫 王敏等  企画・編集・序論・対談・終論  1-23,3-43,391-405  三和書籍  2019/04/05  978-4-86251-327-4  グローバル化がもたらした困難、地域に頻繁に勃発する紛争、いま世界倫理が求められている:「人間の責任」を語るときがきた。そのための平和の実践を記述した。 
View details...

Papers
(MISC) Book review and document introduction, etc.  Single  『わたしの宮沢賢治』  王敏  日中友好新聞  日中友好新聞社  2486  2019/07/25 
(MISC) Book review and document introduction, etc.  Single  「雨中嵐山」創詩100周年  嵐山も雨しとしと  王敏  日中友好新聞  日中友好新聞社  2483  2019/06/25 
(MISC) Book review and document introduction, etc.  Single  日本の治水神「禹王」  王敏  日中友好新聞  日本中国友好協会  2481, 7-7  2019/05/25  日本における禹王研究の現状及び第6回禹王研究会の開催状況 
(MISC) Research paper  Single  平成天皇陛下と平成皇后陛下と語ったこと  王敏  (米国)『全球華人政治家論壇 HAI WAI KAN SHI JIE』  『全球華人家政治論壇』  https://mp.weixin.qq.com/s/Ut0  2019/05/19  平成天皇陛下と平成皇后陛下の平和思想について 
(MISC) Introduction and explanation (others)  Single  友好平和を熱望された両陛下  王敏  人民中国 2019年5月号  人民中国雑誌社  791, 54-57  2019/05/05  0449-0312  両陛下と交流の機会に恵まれた忘れがたい記録 
View details...

Research presentations
Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others  「混成文化」の点と線  未来の指導者のための国際遊学 日本素養の旅  2019/08/11  日中文化の「混成」という特徴の古今事例を介して、文化の移動に伴われる選択によって重層的文化の交差と異同が生じ、文化の再生産と再構築がされていく史実を語る。 
Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others  日中文化の異同を楽しむーー留学生周恩来の日本体験を通して  国際文化講義  2019/07/16  留学時代の周恩来の日本体験を基に、彼の日本認識を考察して、対日外交政策の決断の材料の検証をしようとする。 
Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others  嵐山と周恩来  王敏先生講演会  2019/07/11  「嵐山と周恩来」をテーマに、周恩来の嵐山散策の路線と縁故を考察し、さらに日中文化の交差点嵐山から見えてくる周恩来と禹王の接点、そして日本の禹王信仰という角度から紐解いて行く。嵐山に惹かれた周恩来の思いは、新元号令和の時代を迎えた我々に改めて日中関係の大切さを教えてくれる。 
Symposium workshop panel(nominated)  中日合作のために  第八回世界平和フォーラム(第六分科会)  2019/07/08 
Oral presentation(invited, special)  漢字文化圏の視座から皇室の現代的意義を考える  令和新時代と天皇制の歴史  2019/06/10  漢字文化の角度から、漢字文化圏における皇室の価値と意義を考察する。 
View details...

Artistic Activity, Architectural Works, etc.
The Others  Joint  企画展 賢治研究の先駆者たち⑥ 黄灜展  2016/04/15-2016/10/15 
Artistic Activity  Joint  MEET IN BEIJING The15 th MEET IN BEIJING arts Festival SYMPHONY INATOV IN BEJING  2015/05/20-2015/05/21  宮沢賢治作品の音楽化 
The Others  Only  外国人が憧れる「森の都」  2013/02-Present 
The Others  Only  中日の文化の架け橋として歩んできた半生  2012/08/25-Present 
The Others  Only  宮沢賢治「雨ニモマケズ」の中国語翻訳  2012/03-Present 
View details...

Prizes
国際文化最高貢献賞  2015/01/30 
Honored by Commissioner for Agency for Cultural Affairs  2009/07/10  日本政府、文化発信部門では外国人で初受彰・日本、フランス、オランダ、オーストリア、中国各国に一人ずつ。 
放送局長賞受賞  2001/09/26  NHK BS23「宮沢賢治 平和への祈り」に出演(11月同番組が同賞受賞) 
Special Jury Prize of the 6th Asian Television Festival  1997/09  宮沢賢治生誕100年記念中国西域取材番組・IBC岩手放送制作「宮沢賢治 シルクロードの夢」出演(全国放映。11月、同賞受賞。翌年98年正月、ニューヨークCATVが新春放映) 
岩手日報文学賞 宮沢賢治賞  1997/07 
View details...

Textbooks and teaching materials
2018年度 1学期 高3 小論文(河合塾)  2018  王敏『日本と中国 相互誤解の構造』(中央公論新書・2008年)より、『2017年度神戸市外国語大学 外国語学部 推薦 (中国学科・神戸市内枠・全国枠)入試問題』を取り上げられたが、それを再度河合塾に選ばれ、入試問題として使用されている。 
王敏編著『日本留学と東アジア的「知」の大循環』(三和書籍 2014年)から「日本古代・中世の教育と仏教」(大戸安弘) 『大妻女子大学比較文化学部比較文化学科平成29年度 編入学試験問題』  2017/03  王敏編著『日本留学と東アジア的「知」の大循環』(三和書籍 2014年)から「日本古代・中世の教育と仏教」(大戸安弘) 『大妻女子大学比較文化学部比較文化学科平成29年度 編入学試験問題 【内部学力選考】』 
王敏『日本と中国 相互誤解の構造』(中央公論新書・2008年)『2017年度神戸市外国語大学推薦入学試験問題集【小論文】中国学科』  2017/02  王敏『日本と中国 相互誤解の構造』(中央公論新書・2008年、p119-121) 『2017年度神戸市外国語大学推薦入学試験問題集【小論文】中国学科』 
View details...

Social Contribution
CS朝日「ニュースの深層」 「シリーズ“中国を知る”第2弾~『本当は日本に憧れる中国人』  2012/11/01-2012/11/02 
NHK国際放送《波短情长》に出演・「日中国交正常化40周年 日本人生30年」  2012/07/15-2012/07/22 
Appearance in the Asahi News Star’s Talk Show ‘The Future of Japan and Asia’ on Special Edition Asahi Shimbun  2012/02/17-2012/02/23 
Appearance in NHK Radio Midnight Service ‘Words for Tomorrow’, the ‘Bridge built by Miyazaki Kenji to Japan’ No.2  2011/10/21-Present 
Appearance in NHK Radio Midnight Service ‘Words for Tomorrow’, the ‘Bridge built by Miyazaki Kenji to Japan’ No.1  2011/10/20-Present 
View details...

Memberships of academic societies
日本治水神・禹王研究会  2013/10-Present 
東アジア文化交渉学会  2013/05-Present 
Director of Pen Club for Chinese Literature in Japan  2012/01-Present 
亞洲政治與歷史協會  2011/10-Present 
世界華文旅遊文学協会理事  2011/05-Present 
View details...