English
法政大学 
経営学部 
経営戦略学科 

顔写真 教授 
平田 英明 
ヒラタ ヒデアキ 
HIRATA Hideaki 


 
個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/10/20 

経歴
日本銀行  1996/04/01-2005/03/31 
日本経済研究センター  2005/07/01-現在 

学歴
慶應義塾大学  経済学部  1996/03  卒業 
ブランダイス大学国際経済大学院  経済学研究科  博士後期  2003/05  修了  アメリカ 

学位
学士号  慶應義塾大学  1996/03 
修士号  ブランダイス大学国際経済大学院  2001/05 
博士号  ブランダイス大学国際経済大学院  2003/05 

研究分野
景気循環 
経済統計学 
経済政策 
財政学・金融論 
応用経済学 
国際金融 

研究キーワード
景気循環分析 
動学一般均衡分析 

研究テーマ
国際的な経済連携が景気変動に与える影響  国際景気変動、グローバル化、ショック  2008-2010 
市場における期待の異質性とフォワードルッキングなマクロ経済政策  期待 資産価格 金融政策  2012-2014 
産業別技術進歩と国際景気連動  技術進歩、連動性、景気変動  2015/04/01-現在 

受託・共同・寄附研究実績
急増するアジア域内の金融取引が実態および金融経済変数の連動性に与える影響について  2014-現在  寄附研究 
国際的な地域統合が景気の連動性に与える影響に関する実証研究  2013-2014  寄附研究 
金融市場の予想形成に実体経済と金融政策が与える影響  2009-2010  寄附研究 
金融市場の国際リンケージとわが国の金融  2009-2010  寄附研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
市場における期待の異質性とフォワードルッキングなマクロ経済政策  科学研究費  若手研究(B)  2012/04/01-現在 
国際的な経済連携が景気変動に与える影響  科学研究費  2008/04/01-2010/03/31 
詳細表示...

著書
「為替レート関数の理論と実証」蓑谷他編『応用計量経済学ハンドブック』  南里光一郎・深尾光洋・平田英明  朝倉書店  2010/05 
「開放マクロ動学一般均衡モデル」蓑谷他編『応用計量経済学ハンドブック』  平田英明  朝倉書店  2009 
「モンテカルロ法、ブートストラップ法、カリブレーション法」、蓑谷・縄田・和合編『計量経済学ハンドブック』  平田英明  朝倉書店  2006 
パソコンによる数量分析  蓑谷千凰彦、大津泰介、斎藤崇  多賀出版  1997  Excelを用いる数量分析入門、Excelによる記述統計と回帰分析、TSPによる数量分析を解説。Excelから入るパソコンの入門書、情報処理の自習書等のテキスト。 
産業の空洞化  蓑谷千凰彦他  多賀出版  1996/05  産業の空洞化と呼ばれる諸問題に対して,豊富なデータの収集とその計量分析を通じて解明を試みる。日米の最新データ収録。 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Tax reform in Japan: Is it welfare-enhancing?  Yoonseok Choi; Hideaki Hirata; Sunghyun Henry Kim  Japan and the World Economy  Elsevier  42, 64-7*  2017/07  https://doi.org/10.1016/j.japwor.2017.07.002  The ongoing tax reform in Japan, particularly a corporate income tax cut financed by an increase in consumption tax, is expected to bring positive effects on investment and output. However, the overall effects on government fiscal balance and welfare can be ambiguous, depending on the dynamic responses of macroeconomic variables to changes in tax rates. This paper aims to provide quantitative forecasts of Japanese tax reform on welfare and fiscal balance using a small open two-sector dynamic general equilibrium model calibrated to the Japanese economy. The simulation results show that under conditions of unrestricted international borrowing and no consumption habit, a corporate income tax cut of 5% financed by an increase in consumption tax improves welfare by 0.53%. However, the positive effects of corporate income tax cuts decrease when international borrowing becomes limited or consumers show habit formation. In addition, we show that a corporate income tax cut in the tradable sector generates better welfare and fiscal consequences than a tax cut in the nontradable sector. 
研究論文(学術雑誌)  共著  Accounting for the economic relationship between Japan and the Asian Tigers  Hideaki Hirata Keisuke Otsu  Journal of the Japanese and International Economies  Elsevier  41, 57-68  2016/09  https://doi.org/10.1016/j.jjie.2016.06.001  This paper applies the business cycle accounting method of Chari, Kehoe and McGrattan (2007) to a two-country, two-good model based on Backus, Kehoe and Kydland (1994) to investigate the economic relationship between Japan and the Asian Tigers from 1980Q1 to 2008Q2. We find that the main driver of long-run shifts and short-run fluctuations in output in each economy is domestic production efficiency. Furthermore, the recent increase in the cross-country business cycle correlation between the two can be attributed to an increase in the cross-country correlation of production efficiencies. 
(MISC)総説・解説(商業誌)  複線的な収益基盤の構築を : 連携進め効率的な展開図れ (特集 「脱・金利競争」モデル)  平田 英明  月刊金融ジャーナル  金融ジャーナル社  56/ 6, 8-11  2015/06  0453-9176  URL 
研究論文(学術雑誌)  単著  アジア地域における景気波及経路の拡大の影響  平田 英明  経営志林  法政大学経営学会  51/ 4, 51-64  2015/01  0287-0975  URL 
研究論文(学術雑誌)  単著  Preference shocks, international frictions, and international business cycles  Journal of Asian Economics  34, 92-104  2014/07/28  10.1016/j.asieco.2014.07.002 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Yield Expectations and the Effects of Macroeconomy and Monetary Policy  APFA7  2009/03 
詳細表示...

担当授業科目
日本経済論 
日本経済論(院) 
ミクロ経済学入門 
演習 
詳細表示...

所属学協会
日本経済学会  2004-現在 
日本金融学会  2003-現在 
アメリカ経済学会  1999-現在 
詳細表示...