論文
公開件数:130件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Robustness Analysis of Imputation Method for Software Development Project Data: Missing Value Treatment for Software Quality Prediction
T. Morita and M. Kimura
International Journal of Software Engineering and Its Applications

9/ 2, 211-218
2015

10.14257/ijseia.2015.9.2.18


2 (MISC)会議報告等
共著
A Dependent-Multivariate Data Analysis Method by Skewed-RBF Network Based on FGM Copula
S. Ota and M. Kimura
Proceedings of the 21st ISSAT International Conference on Reliability & Quality in Design (RQD2015)

256-260
2015/08/06




3 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
コピュラによるネットワークシステムの従属故障に関する考察
影山孝夫,太田修平,木村光宏
電子情報通信学会技術研究報告

R2015/ 7, 7-11
2015/07




4 (MISC)会議報告等
共著
Hidden Markov Analysis for Software Testing Performance Evaluation Based on Two-stage Testing by Two Teams
M. Kimura, N. Hata, and T. Fujwiara
Proceedings of the 9th International Conference on Mathematical Methods in Reliability 2015 (MMR2015)

761-767
2015/06/01




5 研究論文(学術雑誌)
共著
ファイルバージョニング機能を備えた分散データレプリケーションプロトコルの提案
池田貴彦,大原衛,福本聡,新井雅之,岩崎一彦
電子情報通信学会論文誌

J98-D/ 4, 684-699
2015/04




6 (MISC)研究論文
共著
A Fundamental Study on Missing Data Treatment for Software Quality Prediction
T. Morita and M. Kimura
Advanced Science and Technology Letters

67, 70-73
2014/12




7 (MISC)会議報告等
共著
3-Dimensional Software Testing-Progress Assessment Model Based on a Non-Stationary Gaussian Copula
M. Kimura and K. Ueda
Proc. of 6th Asia-Pacific International Symposium on Advanced Reliability and Maintenance Modeling (APARM2014)


2014/07/23




8 (MISC)会議報告等
共著
On a Reliability Assessment by Copula Functions for a 2-Unit Parallel System with Cascading Failures
Shuhei Ohta, Takao Kageyama
Proc. for 8th IMA International Conference on Modelling in Industrial Maintenance and Reliability (MIMAR)

229-233
2014/07/11




9 (MISC)会議報告等
共著
ガウシアンコピュラに基づく3変量ソフトウェアテスト進捗度評価モデル
木村光宏,上田浩太郎
電子情報通信学会技術研究報告(信学技報)信頼性

R2014/ 9, 1-5
2014/06/13
0913-5685



10 研究論文(学術雑誌)
共著
A New Analysis Concept in Applying Software Reliability Growth Models and Tool Implementation: The SafeMan
T. Fujiwara
Journal of Software Engineering and Applications

7/ 5, 396-405
2014/05/01

10.4236/jsea.2014.75036


11 (MISC)会議報告等
共著
2素子並列システムのカスケード故障に関するコピュラ解析
太田修平,影山孝夫
電子情報通信学会総合大会報文集

A-9-4
2014/03/18




12 (MISC)会議報告等
共著
コピュラによる2素子並列システムの従属故障モデルに関する一考察
影山孝夫,太田修平
電子情報通信学会技術研究報告(信学技報)信頼性

113/ 348, 1-5
2013/12/13
0913-5685



13 (MISC)会議報告等
共著
A Note on Modeling of Quality Evaluation Based on Large Data Sets in Software Development Projects
T. Morita, K. Esaki
Proc. of 14th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference(APIEMS2013)


2013/12/05




14 (MISC)会議報告等
共著
A Study on Estimating the Critical Stress Level of Explosives by Cumulative Shock Models
K. Kimpara
Proc. of 17th International Conference on Industrial Engineering: Theory, Applications and Practice(IJIE2013)


2013/10/07




15 (MISC)会議報告等
共著
A Bivariate Discrete Software Reliability Model by Farlie-Gumbel-Morgenstern Copula
T. Sakaue, T. Fujiwara
Proc. of 8th International Conference on Mathematical Methods in Reliability (MMR2013)


2013/07/01




16 (MISC)会議報告等
共著
2チームによる2段階ソフトウェアテストに基づくテストスキルレベルと信頼性の評価法に関する考察
秦直道,藤原隆次,井上智貴
電子情報通信学会技術研究報告(信学技報)信頼性

113/ 44, 1-5
2013/05/17
0913-5685



17 (MISC)その他記事
共著
Special Issue on Software Dependability
Prof. Yashwant K. Malaiya (Editor-in-Chief)
Journal of Software Engineering and Applications

6/ 4A
2013/04/01
1945-3124



18 (MISC)会議報告等
共著
離散FGMコピュラを用いたソフトウェアテスト管理図
坂上俊樹,藤原隆次
電子情報通信学会2013年総合大会論文集

A-9-1
2013/03/22




19 (MISC)会議報告等
共著
ソフトウェア開発プロジェクトデータによる信頼性予測-コネクショニストアプローチ
嶋田遼平
電子情報通信学会2013年総合大会論文集

A-9-2
2013/03/22




20 (MISC)会議報告等
共著
A Note on Static Software Reliability Models by GMDH: Comparison with a Multiple Regression Model
Ryohei Shimada
Proceedings of 18th IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC 2012)


2012/11/18




21 (MISC)会議報告等
共著
ソフトウェア開発属性データを用いたニューラルネットワークによる潜在フォールト数の予測
嶋田遼平
電子情報通信学会技術研究報告(信学技報)信頼性

112/ 284, 1-6
2012/11/15




22 (MISC)会議報告等
共著
A Static Software Reliability Model Considering Different Debugging Abilities for Two-Stage Testing By Two Teams
Takaji Fujiwara, Nayuko Yasunobu
Proceedings of 5th Asia-Pacific International Symposium (APARM 2012)

247-254
2012/11/01




23 (MISC)会議報告等
共著
2段階テストに基づくソフトウェア信頼性評価法について-静的モデルと動的モデルの併用-
藤原隆次
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集

94-95
2012/09/12




24 (MISC)会議報告等
共著
開発属性データを用いたGMDHによるソフトウェアの信頼性予測に関する一考察
嶋田遼平
電子情報通信学会技術研究報告(信学技報)信頼性

112/ 59, 5-10
2012/05




25 (MISC)会議報告等
共著
A method of calculating safety integrity level for IEC 61508 conformity software
Takaji Fujiwara, Yoshinobu Satoh, Shigeru Yamada
Proceedings of 2011 17th IEEE Pacific Rim International Symposium on Dependable Computing (PRDC2011)

296-301
2011/12




26 (MISC)会議報告等
共著
A note on two-stage software testing by two teams
Takaji Fujiwara
Proceedings of 2011 International Conference on Advanced Software Engineering & Its Applications (ASEA2011)


2011/12




27 (MISC)会議報告等
共著
Yet another development risk of quality software utilizing OSS: From the view point of in-house lawyer
Naoko Hirai
22nd International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2011), Supplemental Proceedings


2011/11




28 (MISC)会議報告等
共著
A note on structure equation modeling for software reliability assessment based on review-related data
Takaji Fujiwara, Shigeru Yamada
Proceedings of 17th ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design

389-393
2011/08




29 (MISC)会議報告等
共著
Optimal replication node assignment in file versioning protocol to assure low access costs for read clients
Satoshi Fukumoto, Mamoru Ohara
Proceedings of 7th International Conference on Mathematical Methods in Reliability: Theory, Methods and Applications (MMR2011)

344-250
2011/06




30 (MISC)会議報告等
共著
Statistical estimation of critical stress level of explosive materials based on percolation theory
Satoshi Fukumoto
Proceedings of 7th International Conference on Mathematical Methods in Reliability: Theory, Methods and Applications (MMR2011)

514-520
2011/06




31 (MISC)会議報告等
共著
爆薬に対する落槌感度試験における臨界ストレス値の浸透理論に基づく推定モデル
福本聡
電子情報通信学会技術研究報告(信学技報)信頼性

111/ 165, 19-24
2011/05




32 研究論文(学術雑誌)
共著
A note on software reliability monitoring by moving-average method based on a bootstrap scheme
Takaji Fujiwara
International Journal of Systems Assurance Engineering and Management

1/ 4, 293-298
2011/04/13

10.1007/s13198-011-0033-1


33 (MISC)会議報告等
共著
ソフトウェアに対する安全度水準計算の一手法
藤原隆次,木村光宏,佐藤吉信,山田茂
第40回信頼性・保全性シンポジウム講演論文集


2010/09




34 (MISC)会議報告等
単著
On the Application and Its Problems of Recent Development Processes for Highly and Safe Software
Takaji Fujiwara, Shigeru Yamada
Proceedings of the 16th ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design

45-49
2010/08




35 研究論文(学術雑誌)
共著
Practical Optimal Software Release Decision Making by Bootstrap Moving-Average Quality Control Chart
Takaji Fujiwara
International Journal of Software Engineering and Its Applications

4/ 1, 29-41
2010/01




36 (MISC)会議報告等
共著
A new criterion for the optimal software release problems: Moving average quality control chart with bootstrap sampling
Takaji Fujiwara
Advances in Software Engineering (Communications in Computer and Information Science), Proceedings of the International Conference on Advanced Software Engineering and Its Applications

280-287
2009/12
1865-0929



37
共著
オープンソースソフトウェアに対する最適バージョンアップ時期推定のためのソフトウェアツール
田村慶信,肌付康司,山田茂,木村光宏
Japan Linux Conference 2007 抄録集

5, 10-19
2007/09




38 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
A note on a calibration method of control parameters in simulation models for software reliability assessment
M. Kimura
Proceedings of MIMAR2007 -6th IMA International Conference on Modelling in Industrial Maintenance and Reliability

40-44
2007/09




39 (MISC)会議報告等
共著
ソフトウェアデバッグシミュレーションモデルにおける未知パラメータのキャリブレーション法に関する一考察
中嶋浩人,木村光宏
信学技報

107/ 106, 19-24
2007/06/15




40 研究論文(学術雑誌)
共著
Software reliability modeling in distributed development environment
Y. Tamura, S. Yamada, and M. Kimura
Journal of Quality in Maintenance Engineering

12/ 4, 425-432
2006




41 研究論文(学術雑誌)
共著
A reliability assessment tool for distributed software development environment based on Java and J/Link
Y. Tamura, S. Yamada, and M. Kimura
European Journal of Operational Research

175, 435-445
2006




42 研究論文(学術雑誌)
単著
Software vulnerability: Definition, modelling, and practical evaluation for e-mail transfer software
M. Kimura
International Journal of Pressure Vessels & Piping

83/ 4, 256-261
2006




43 (MISC)会議報告等
共著
ソフトウェア信頼性データ解析のための線形化成長曲線モデルに関する考察
前田剛利,木村光宏
信学技報

106/ 430, 21-26
2006/12/08




44 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
A study on bootstrap confidence intervals of software reliability measurement based on an inconplete gamma function model
M. Kimura
Proceedings of the 2nd Asian International Workshop on Advanced Reliability Modeling (AIWARM2006)

419-426
2006/08




45 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
A study on two-parameter numerical differentiation method by gamma function model for software reliability data analysis
M. Kimura
Proceedings of the 12th ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design

225-229
2006/08




46
共著
オープンソースソフトウェアに対するユーザ指向の信頼性評価ツールの開発
田村慶信,肌付康司,山田茂,木村光宏
Linux Conference 2006 抄録集,日本リヌックス協会

4/ CP-07
2006/05




47 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
A software reliability tool with economical analysis for distributed development environment
Y. Tamura, S. Yamada, and M. Kimura
Recent Developments in Quality, Reliability and Information Technology, P.K. Kapur and A.K. Verma (Eds.), Narosa Publishing House, New Delhi

34-41
2005




48 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
Software vulnerability assessment modeling and its practical application to the Sendmail system
M. Kimura
Recent Developments in Quality, Reliability and Information Technology, P.K. Kapur and A.K. Verma (Eds.), Narosa Publishing House, New Delhi

51-59
2005




49 研究論文(学術雑誌)
共著
Software reliability modeling in distributed development environment
Y. Tamura, S. Yamada, and M. Kimura
Journal of Quality in Maintenance Engineering


2005




50 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Comparison of software reliability assessment methods for open source system development
Y. Tamura, M. Kimura, and S. Yamada
Proceedings of the International Conference on Quality ’05-Tokyo (ICQ’05-Tokyo), Tokyo, Japan

13-15
2005/09




51 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Performance analysis of an intelligent 3-version programming system with a time constraint
M. Kimura and T. Tanabe
Proceedings of International Workshop on Recent Advances in Stochastic Operations Research (2005RASOR), Canmore, Canada

104-109
2005/08




52 研究論文(学術雑誌)
共著
オープンシステム共同開発環境に対するソフトウェア信頼性評価法に関する考察
田村慶信, 山田茂, 木村光宏
電子情報通信学会論文誌

J88-A/ 7, 840-847
2005/07




53 (MISC)その他記事
共著
Preface: Special issue on advanced reliability modelong
M. Kimura, T. Dohi, and W. Y. Yun
International Journal of Reliability, Quality and Safety Engineering

12/ 3
2005/06




54 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A method of software reliability assessment for Xfce open source project
Y. Tamura, M. Kimura, and S. Yamada
Supplement Volume of the Proceedings of the 2005 IEEE International Conference on Dependable Systems and Networks (DSN2005), Yokohama, Japan

34-35
2005/06




55 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A hidden-Markovial software reliability model considering imperfect debugging and simultaneous removal of multiple faults
A. Nishigaki, S. Yamada, and M. Kimura
Proceedings of 7th China-Japan International Conference on Industrial Management (ICIM2004), Okayama

649-655
2004/11




56
共著
デスクトップ環境に対するソフトウェア信頼性評価に関する一考察
田村慶信,山田茂,木村光宏
電気・情報関連学会中国支部第55回連合大会講演論文集,山口大学

429
2004/10




57
共著
オープンソース共同開発環境におけるソフトウェア信頼性評価法
田村慶信,山田茂,木村光宏
ソフトウェアジャパン2004テクニカルセッション(一般論文),明治大学

1-8
2004/10




58
共著
バリアントを選択する機能をもつ3バージョンプログラミングシステムの信頼性評価に関する考察
田邊朋哉,木村光宏
日本オペレーションズ・リサーチ学会平成16年度秋季研究発表会アブストラクト集,東北大学

194-195
2004/09




59
共著
AHPを用いたXfceデスクトップ環境の信頼性評価に関する一考察
田村慶信,山田茂,木村光宏
日本オペレーションズ・リサーチ学会平成16年度秋季研究発表会アブストラクト集,東北大学

190-191
2004/09




60 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Software reliability modeling for integration testing in distributed development environment
Y. Tamura, S. Yamada, and M. Kimura
Proceedings of the 2004 Asian International Workshop on Advanced Reliability Modeling (AIWARM2004), Hiroshima

531-538
2004/08




61 (MISC)会議報告等
共著
分散ソフトウェア開発環境下における最適リリース問題とその応用
田村慶信,山田茂,木村光宏
京都大学数理解析研究所講究録「不確実性と意志決定数理の諸問題」研究集会報告集

1373, 110-118
2004/05




62 (MISC)会議報告等
共著
ソフトウェア信頼性評価のための確率微分方程式モデルと最適リリース問題への応用
井上真二,西垣陽夫,山田茂,木村光宏
京都大学数理解析研究所講究録「不確実性と意志決定数理の諸問題」研究集会報告集

1373, 80-88
2004/05




63 研究論文(学術雑誌)
共著
分散ソフトウェア開発環境に対する確率微分方程式モデルに基づく最適リリース問題
田村慶信,木村光宏,山田茂
電子情報通信学会論文誌

J87-A/ 4, 525-533
2004/04




64
共著
分散ソフトウェア開発環境における一般化確率微分方程式モデルに基づく最適リリース問題
田村慶信,山田茂,木村光宏
統計数理研究所共同研究レポート「最適化:モデリングとアルゴリズム17」

57-65
2004/02




65 研究論文(学術雑誌)
共著
A hidden-Markov estimation method for mean-shift detection of fraction defective in production process control
M. Kimura and S. Yamada
Mathematical and Computer Modelling

38/ 11-13, 1293-1301
2003




66 研究論文(学術雑誌)
共著
A stochastic differential equation model for software reliability assessment ant its goodness-of-fit
S. Yamada, A. Nishigaki, M. Kimura
International Journal of Reliability and Applications

4/ No. 1, 1-11
2003




67 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
A software reliability assessment tool based on optimal software release problems for distributed development environment
Y. Tamura, S. Yamada and M. Kimura
2nd International Conference on Quality, Reliability and Information Technology (Trends and Future Directions), New Delhi, India

56
2003/12




68 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Comparison of software reliability assessment methods based on neural network for distributed development environment
Y. Tamura, S. Yamada, and M. Kimura
Proceedings of the 9th International Conference on Reliability and Quality in Design, Hawaii

1-5
2003/08




69 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Reliability analysis of 3-version programming system with an intelligent voter

Proceedings of the 9th ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design, Hawaii, U.S.A

127-131
2003/08




70
共著
バリアントの信頼度推定機能をもつ3バージョンプログラミングシステムの信頼性解析
木村光宏,山田茂
信学技報

R2003-15, 1-5
2003/05




71 研究論文(学術雑誌)
単著
ソフトウェアの定量的な脆弱性評価モデルの構築と電子メール配送ソフトウェアに対する適用の試み
木村光宏
日本信頼性学会誌(信頼性)

25/ 3, 279-283
2003/05




72 研究論文(学術雑誌)
共著
分散開発環境におけるニューラルネットワークに基づくソフトウェア信頼性評価法

電子情報通信学会論文誌

J85-A/ 11
2002/11



1236~1243頁 共著者:田村慶信、木村光宏、山田茂
73 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A software reliability assessment tool for distributed development environment based on JAVAand J/Link
Y.Tamura, S.Yamada and M.Kimura
Proc. 2nd Euro-Japanese Workshop on stochastic Risk Modelling for Finence, Insorance, Production and Reliability, Chamonix, France

478-487
2002/09




74 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
A software reliability growth model based on stochastic diffrential eqvations and its goodness-of-fit
A.Nishigaki, M.Kimura, and S.Yamada
Proc. 6th China-Japan International Conference on Industrial Management (ICIM2002), Xian, China


2002/09




75 (MISC)その他記事
共著
Stochastic differential eqvation model for distributed development environment with application to optimal software release problems

Proc Workshop on Recent Developments in Reliability Engineering and Its Applications, Ho Chi Minh, Vietnam.


2002/05



共著者:Y.Tamura, S.Yamada, and M.Kimura (平成14年5月28日~6月1日)
76 (MISC)その他記事
共著
Quality assessment methods for initial production control with stochastic differential eqvations

Proc. Workshop on Recent Developments in Reliability Engineering and Its Applications, Ho Chi Minh, Vietnam


2002/05



共著者:M.Kimura and S.Yamada (平成14年5月28日~6月1日)
77 (MISC)その他記事
共著
Hybrid estimation method for a software reliability growth model based on stochastic differential eqvations for distributed development environment

Proc. 33rd ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, Ashikaga


2001/10



41~46頁 共著者:Y.Tamura, M.Kimura, and S.Yamada
78 (MISC)その他記事
共著
分散開発環境に対するソフトウェア信頼度成長モデル:確率微分方程式アプローチとその推定

日本応用数理学会論文誌Vol.11, No.3


2001/09



121~132頁 共著者:田村慶信、木村光宏、山田茂
79 (MISC)その他記事
共著
確率微分方程式から導出された分散開発環境に対するソフトウェア信頼度成長モデル

電子情報通信学会技術研究報告(信頼性) Vol. R2001-9


2001/05



47~52頁 共著者:田村慶信、木村光宏、山田茂
80 (MISC)その他記事
共著
A software reliability growth model based on stochastic differential eqvations for distributed development environment

Proc. 32nd ISCIE International symposium on stochastic systems theory and Its applications, Tottori


2000/11



161~164頁 共著者:Y.Tamura, M.Kimura, and S.Yamada
81 (MISC)その他記事
共著
A Software reliability assessment method under distriboted development environment with application to optimal software release problems

Proc. 5th International Conference on probabilistic safety assessment and manage ment (PSAM5), Osaka


2000/11



2687~2692頁 共著者:Y.Tamura, M.Kimura, and S.Yamada (平成12年11月27日~12月1日)
82 (MISC)その他記事
共著
Hidden-Markov modeling for mean-shift detection of fraction defective in production process control

Proc. 5th China-Japan International Symposium on Industrial Management (ISIM2000), Beijing , China


2000/10



467~472頁 共著者:T.Esumi, M.Kimura and S.Yamada
83 (MISC)その他記事
共著
Software reliability assessment modeling based on nonlinear stochastic defferential equations of Ito type

Proc. 6th ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Desigin, Orlando, U.S.A.


2000/08



160~164頁 共著者:M.Kimura, S.Yamada and H.Tanaka
84 (MISC)その他記事
共著
隠れマルコフモデルによるソフトウェアのテスト工程における不完全バッグ率の推定法に関する考察(研究報告)

電子情報通信学会技術研究報告(信頼性)Vol.R2000-8


2000/05



43~48頁 共著者:木村光宏、松井亮一、山田茂
85 (MISC)その他記事
共著
Software reliability assessment tool based on object oriented analysis and its application

Annals of Software Engineering Vol.8


1999/12



本論文では、ソフトウェア開発におけるテスト工程において実際に利用されることを目指した、ソフトウェア信頼性評価および、テスト工程進捗管理のためのツールの開発について述べた。具体的には、ここまでの研究において提案・構築してきた5つのソフトウェア信頼性評価モデルを組み込み、それらから導入できる6種の評価尺度が算出できるシステムを、IBM‐PC/AT互換機上でJava言語により実装した。 223~238頁 共著者:S.Yamada, M.Kimura
86 (MISC)その他記事
共著
Economic analysis of software release problems with warranty cost and reliability requirement

Reliability Engineering and System Safery Vol.66


1999/10



本論文では、ソフトウェア開発と運用保守が長期間にわたる状況を考慮するために、開発・運用・保守に関するコストに現在価値を導入したソフトウェアの最適リリース問題に関して考察した。特に、出荷後の保証期間における保証の方式を2種類想定し、それぞれにおける最適出荷方策を導入した。また総期待コストと実現されるソフトウェアの信頼性を同時に考慮した場合の出荷方策についても考察した。 49~55頁 共著者:M.Kimura, T.Toyota and S.Yamada
87 (MISC)その他記事
共著
A statistical estimation method of mean-shift for population fraction defective based on hidden-Markov modelling

Proc. First Western Pacific and Third Australia-Japan Workshop on Stochastic Models in Engineering, Technology and Management, Christchurch, New Zealand


1999/09



285~294頁 共著者:M.Kimura and S.Yamada
88 (MISC)その他記事
共著
分散開発環境を考慮したソフトウェア信頼度成長モデルに関する考察

電子情報通信学会論文誌 Vol.J82-A, No.9


1999/09



近年増加してきているソフトウェアの分散開発環境において、ソフトウェア部品を組み立てることにより、新たなソフトウェアを生産する場合のソフトウェア信頼性を定量的に評価するソフトウェア信頼度成長モデルについて考察した。モデルの構築に際しては、このようなソフトウェアシステムの構成要素として、新規開発するソフトウェア部品と再利用する既存のソフトウェア部品が混在するものと仮定した。 1446~1453頁 共著者:山田茂、田村慶信、木村光宏
89 (MISC)その他記事
共著
Statistical estimation of imperfect debugging rate based on hidden-Markov software reliability modeling

Proc. 5th ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design, Las Vagas, U.S.A


1999/08



331~335頁 共著者:M.Kimura and S.Yamada
90 (MISC)その他記事
共著
Optimal initial production process control period based on a quality growth model

Quality and Reliability Engineering International Vol.15


1999/06



新製品あるいは新設工程の生産初期において不具合が大量に発生する初期流動期間において、品質を定量的に評価する問題は、工程が不安定であるが故に困難であることが知られている。本論文では、従来提案された品質成長モデルに基づいた管理手法を概観し、その応用として、実際の工程において現れる問題である。最適な初期流動管理期間を見積る問題について、その最適方策を考察した。 229~233頁 共著者:Y.Tatsumi, M.Kimura and S.Yamada
91 (MISC)その他記事
共著
分散開発環境に対するソフトウェア信頼度成長モデル

電子情報通信学会技術研究報告(信頼性)Vol.R99-2


1999/05



7~12頁 共著者:田村慶信、木村光宏、山田茂
92 (MISC)その他記事
共著
A nonhomogeneous death process model with state-dependent parameter and its application to software quality assessment

Proc. First Euro-Japanese Workshop on Stochastic Risk Modelling for Finance, Insurance, Production and Reliability, Brussels, Belgium


1998/10



共著者:M.Kimura and S.Yamada
93 (MISC)その他記事
共著
Software testing-management tool based on object-oriented analysis and its application

Proc. 4th China-Japan International Symposium on Industrial Management (ISIM'98), Dalian, China


1998/10



272~277頁 共著者:H.Fujiwara, M.Kimura and S.Yamada
94 (MISC)その他記事
共著
処理時間制約のあるフォールトトレラントソフトウェアシステムの性能評価

日本信頼性学会誌(信頼性)Vol.20, No.7


1998/09



本論文では、N-バージョンプログラミングシステムおよびリカバリブロックソフトウェアシステムの動作規則に対して、処理時間制約を付加することにより実時間制約性を導入したシステムの性能評価モデルについて議論した。具体的には各ソフトウェアモジュールの処理時間を確率変数として捉えることにより、処理時間制約の下での信頼度および平均処理時間を導出した。 422~432頁 共著者:木村光宏、山本美保、山田茂
95 (MISC)その他記事
共著
コードレビューにおける人的エラーと人的要因に関する考察

電子情報通信学会論文誌Vol.J81-A, No.9


1998/09



本論文では、ソフトウェア開発環境におけるコードレビュー実験によって得られたデータを基に、人的エラー(バグ)の発生原因となる人的要因を考察した。具体的には、直交表に基づく分散分析を行い、バグを見逃す原因となった人的要因や、それらの相互作用について明らかにした。また、開発環境の相違によって、見逃すバグがポアソン分布に従うものと仮定した要因分析モデルも構築した。 1238~1246頁 共著者:山田茂、影山高章、木村光宏、高橋宗雄
96 (MISC)その他記事
共著
状態依存率を考慮した死滅過程とソフトウェア信頼性評価への応用

電子情報通信学会技術研究報告(信頼性)Vol.R98-4


1998/05



17~24頁 共著者:木村光宏、山田茂
97 (MISC)その他記事
共著
コードレビューにおける人的エラーと人的要因に関する考察 

電子情報通信学会技術研究報告(ソフトウェアサイエンス)Vol.SS87-122


1997/10



19~24頁 共著者:景山高章、木村光宏、山田茂、高橋宗雄
98 (MISC)その他記事
共著
Stochastic modelling for software testing-progress evaluation based on a digestion process of test-cases

Proc. 2nd International conference on quality and reliability (ICQR'97) Hong Kong


1997/09



423~428頁 共著者:M.Kimura, and S.Yamada
99 (MISC)その他記事
共著
A software testing-progress evaluation model based on a digestion-process of test-cases

International Journal of Reliability, Quality and Safety Engineering Vol.4, No.3


1997/09



本論文では、ソフトウェア開発のテスト工程における定量的な進捗管理の一助となる、進捗度評価モデルについて提案・考察した。具体的には、テスト工程で計測可能なテスト項目の消化データの振舞いに着目し、死滅過程を用いた評価モデルを構築した。モデルに基づいていくつかの進捗度管理評価尺度を導入した後、実測データを適用して評価例を示した。 229~239頁 共著者:M.Kimura and S.Yamada
100 (MISC)その他記事
共著
保証期間を考慮したソフトウェアの最適リリース問題に関する考察

電子情報通信学会技術研究報告 (ソフトウェアサイエンス) Vol.SS97-15


1997/07



33~40頁 共著者:豊田寿行、木村光宏、山田茂
101 (MISC)その他記事
共著
Optimal software release problems with warranty period and reliability requirement

Proc. 3rd ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design, Anaheim, U.S.A


1997/06



106~110頁 共著者:T.Toyota, M.Kimura and S.Yamada
102 (MISC)その他記事
共著
処理時間制約のある冗長ソフトウェアシステムの確率モデルによる性能評価法に関する考察

ソフトウェアシンポジウム’97論文集


1997/06



196~204頁 共著者:山本美保、木村光宏、山田茂
103 (MISC)その他記事
共著
テスト項目の消化過程に基づくソフトウェアテストの進捗度評価モデルに関する考察

電子情報通信学会論文誌 Vol.J79-D-1, No.12


1996/12



本論文では、テスト工程において観測されるテスト項目数の減少過程に着目し、死滅過程(death process)を適用することにより定量的なテスト進捗度評価尺度を導出した。特に、従来提案されてきた既存のソフトウェア信頼度成長モデルとの併用によって新しい評価手法を提案した。また、実測データを適用した数値例を示し、本モデルの有用性について議論した。 1211~1217頁 共著者:木村光宏、山田茂
104 (MISC)その他記事
共著
現在価値を考慮した保守コストモデルに基づくソフトウェアの最適リリース問題に関する考察

統計数理研究所共同研究レポート92、「最適化:モデリングとアルゴリズム9」


1996/11



93~100頁 共著者:木村光宏、得能貢一、山田茂
105 (MISC)その他記事
共著
A method for determining the optimal initial production process control-period based on a reliability growth model

Proc. 3rd China-Japan International Symposium on Industrial Management (ISIM'96), Nanjing, China


1996/10



92~97頁 共著者:Y.Tatsumi, M.Kimura, and S.Yamada
106 (MISC)その他記事
共著
Performance evaluation models for real-time TMSR systems

Proc. 2nd Australia-Japan Workshop on Stochastic Models in Engineering, Technology and Management, Gold Coast, Australia


1996/07



327~337頁 共著者:M.Kimura and S.Yamada
107 (MISC)その他記事
共著
テスト項目の消化過程に着目したソフトウェアテスト進捗度評価モデル

第16回ソフトウェア信頼性シンポジウム論文集、京都


1996/02



66~71頁 共著者:木村光宏、山田茂
108 (MISC)その他記事
共著
Statistical software reliability prediction and its applicability based on mean time between failures

Mathematical and Computer Modelling Vol.22, No.10~12


1995/12



149~155頁 共著者:M.Kimura, S.Yamada and S.Osaki
109 (MISC)その他記事
共著
信頼度成長モデルに基づく最適初期流動期間の決定法に関する考察

電子情報通信学会技術研究報告(信頼性)Vol.R95-27


1995/11



49~54頁 共著者:辰巳康道、木村光宏、山田茂
110 (MISC)その他記事
共著
不完全デバッグ環境を考慮したソフトウェア信頼性評価法と最適リリース問題への応用

統計数理研究所共同研究レポート77「最適化:モデリングとアルゴリズム7」


1995/09



66~78頁 共著者:得能貢一、木村光宏、山田茂
111 (MISC)その他記事
共著
リアルタイム性をもつ冗長ソフトウェアシステムの性能評価に関する考察

電子情報通信学会論文誌 Vol.J78-D-1, No.8


1995/08



708~715頁 共著者:木村光宏、山田茂
112 (MISC)その他記事
共著
ソフトウェア保守コストモデルにおける最適リリース問題

日本オペレーションズ・リサーチ学会誌 (オペレーションズ・リサーチ) Vol.40 No.7


1995/07



353~358頁 共著者:山田茂、木村光宏
113 (MISC)その他記事
共著
制約のないテスト労力投入量を考慮したソフトウェア信頼度成長モデル

電子情報通信学会論文誌Vol.J78-D-Ⅰ, No.6


1995/06



532~538頁 共著者:山田茂、木村光宏
114 (MISC)その他記事
共著
Quality assessment models for initial production process control based on stochastic differential equations

Microelectronics and Reliability Vol.35, No.4


1995/04



657~668頁 共著者:M.Kimura, S.Yamada, H.Tanaka, T.Nagaike and S.Osaki
115 (MISC)その他記事
共著
Optimal software release policies with random life-cycle and delivery delay

Proc. 2nd ISSAT International Conference on Reliability and Quality in Design, Orlando, U.S.A


1995/03



215~219頁 共著者:M.Kimura and S.Yamada
116 (MISC)その他記事
共著
ソフトウェアのフォールトトレラントシステムに対する性能評価法について

電子情報通信学会論文誌Vol.J77-A, No.11


1994/12



13~20頁 共著者:木村光宏、山田茂
117 (MISC)その他記事
共著
自己回帰モデルによる初期流動管理のための品質評価法に関する考察

電子情報通信学会論文誌Vol.J77-A No.11


1994/11



1610~1614頁 共著者:山田茂、樋口俊介、木村光宏、尾崎俊治
118 (MISC)その他記事
単著
(博士論文) A Study on software reliability modeling for several testing environments and its application

広島大学


1994/03



従来のソフトウェア信頼度成長モデルを拡張した3つの新しい定量的なソフトウェア信頼性評価モデル(指数-S字形非同次ポアソン過程モデル、事前情報を考慮した2項過程モデル、および連続状態空間モデル)の構築と、実際のテスト工程および出荷後の保守段階などにおいて問題となる平均ソフトウェア故障時間間隔の予測問題と、運用段階への最適な出荷時期を見積る、いわゆるソフトウェアの最適リリース問題について研究した。
119 (MISC)その他記事
共著
Software reliability measurement and assessment with stochastic differential equations

IEICE Trans. Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences


1994/01



109~116頁 共著者:S.Yamada, M.Kimura, H.Tanaka and S.Osaki
120 (MISC)その他記事
共著
Software reliability measurement with prior-information on anitial fault content

Trans. Information Processing Society of Japan Vol.34, No.7


1993/07



1601~1609頁 共著者:M.Kimura, S.Yamada, H.Tanaka and S.Osaki
121 (MISC)その他記事
共著
ライフサイクルの確率分布とコストの時間的価値を考慮したソフトウェアの最適リリース問題

情報処理学会論文誌 Vol.34, No.5


1993/05



1188~1197頁 共著者:山田茂、木村光宏、寺上栄治、尾崎俊治
122 (MISC)その他記事
共著
国際会議:Software reliability growth modeling with stochastic differential equations

Proc. IASTED International Conference on Reliability, Quality Control and Risk Assessment, Washington D.C., U.S.A.


1992/11



24~27頁 共著者:M.Kimura, S.Yamada, H.Tanaka and S.Osaki
123 (MISC)その他記事
共著
2クラスの発見難易度をもつソフトウェアエラーを考慮した指数―S字形ソフトウェア信頼度成長モデルの考察

情報処理学会論文誌 Vol.33, No.11


1992/11



1446~1452頁 共著者:木村光宏、山田茂、尾崎俊治
124 (MISC)その他記事
共著
平均ソフトウェア故障発生時間間隔に基づく信頼性予測

情報処理学会ソフトウェア工学研究報告 Vol.86-9


1992/07



59~65頁 共著者:木村光宏、山田茂、尾崎俊治
125 (MISC)その他記事
共著
Software reliability assessment for an exponential-S-shaped reliability growth phenomenon

Computers & Mathematics with Applications Vol.24, No.1/2


1992/07



71~78頁 共著者:M.Kimura, S.Yamada and S.Osaki
126 (MISC)その他記事
共著
Software reliability measurement with prior-ingomation on intial fault content : A binomial model and its estimation

Proc. Joint Conference on Software Engineering (JCSE'92), Seoul, Korea


1992/03



209~215頁 共著者:M.Kimura, S.Yamada, H.Tanaka and S.Osaki
127 (MISC)その他記事
共著
ソフトウェアの運用信頼性を考慮した最適リソース問題に関する考察

電気情報通信学会論文誌 Vol. J75-D-1, No.1


1992/01



53~58頁 共著者:山田茂、木村光宏、谷尾嘉一、尾崎俊治
128 (MISC)その他記事
共著
指数‐S字形信頼度成長モデルによるソフトウェアの信頼性評価に関する考察

電気情報通信学会技術研究報告(信頼性) Vol.R91-1


1991/05



1~6頁 共著者:山田茂、木村光宏、尾崎俊治
129 (MISC)その他記事
共著
Software reliability measurement during operation phase based on a test-effort dependent reliability growth model

Proc. International Computer Symposium 1990(ICS'90), Hsinchu, Republic of China


1990/12



916~921頁 共著者:J.Hishitani, S.Yamada, M.Kimura and S.Osaki
130 (MISC)その他記事
共著
テスト労力の投入量を考慮した運用段階におけるソフトウェアの信頼性評価に関する一考察

電気情報通信学会論文誌 Vol. J72-D-1, No.12


1989/12



922~924頁 共著者:山田茂、木村光宏、尾崎俊治