競争的資金等の研究課題
公開件数:5件
No. タイトル 資金の種類 研究種目 提供機関 制度名 研究期間 概要
1 巻線を複数に分割したブラシレスモータのベクトル型ΔΣ駆動方式の検討
科学研究費
基盤研究(C)
法政大学

2014/04/01-2017/03/01

2 基盤研究(C) 2011年度~2013年度「デジタル信号直接駆動型スピーカの大電力高精度・高効率化に関する研究」
科学研究費
基盤研究(C)一般


2011/04/01-2013/03/31

3 高精度・薄型デジタル直接駆動スピーカの開発
その他

JST
JST A-stepシーズ発掘試験
2009/09/01-2010/02/28
(a)Matlabを用いたシステムシミュレーションにより,基本原理を確認し,ばらつきの影響を低減できることを検証した.提案している原理に基づき,これを実現する回路をRTLで用いて記述し,回路レベルシミュレーションにより動作を確認した.さらにこれを,FPGAを用いて実現し,試作したドライバ回路およびサブスピーカと接続することにより,デジタル直接駆動スピーカを作成した.この試作システムを用いて,その基本特性を確認し,評価した.
(b)圧電素子のバラツキの影響,駆動回路のバラツキの影響を(1)で試作したシステムを用いて測定した.また,圧電素子の配置および振動板による特性への影響を今回構築した測定システムで測定を行った.圧電素子の積層化、振動板の形状の変更に関しても,試作を行いその特性を評価した.
4 積層分割構造電気-音響変換器を用いたデジタル直接駆動スピーカの高性能化
科学研究費
基盤研究(C)一般


2007/04/01-2008/03/31

5 デジタル信号直接駆動型スピーカの解析と高性能化
科学研究費
基盤研究(C)
法政大学

2004-2006
デジタル信号処理部をFPGAによる実装を行い,従来に比較して提案するデジタル信号直接駆動型スピーカは低歪み特性を実現出来ることを確認した●ノイズシェーピング・ダイナミックエレメント・マッチング法(NSDEM)の検討:デジタル直接駆動型スピーカに適したNSDEMの実現方法検討を行い,この特性をシミュレーションにより確認した.●提案の総合評価:FPGAを用いた駆動回路および高速圧電素子ドライバ回路に複数の圧電素子で構成した電気一音響変換器を接続した場合の総合特性の評価:サイン波を入力した場合の特性を評価した.その結果,平面板にサブスピーカを配置した場合,それぞれのサブスピーカは,そのユニットのばらつきおよび配置によりサブスピーカ自体の特性にばらつきが生じるが,NSDEMの効果によりその影響が低減され,歪み率2%以下の良好な特性が実現されていることを実験により確認した.