English
法政大学 
文学部 
日本文学科 

教授 
小林 ふみ子 
コバヤシ フミコ 
FUMIKO Kobayashi 


1973年生まれ  
 

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2017/11/20 

経歴
日本学術振興会特別研究員(DC2)  2001/04/01-2003/03/31 
国文学研究資料館リサーチアシスタント  2001/04/01-2003/03/31 
ロンドン大学アジアアフリカ研究学院(SOAS)客員研究員  2002/09/01-2002/12/31 
日本学術振興会特別研究員(PD)  2003/04/01-2004/03/31 
清泉女子大学文学部非常勤講師  2003/04/01-2004/03/31 
聖心女子大学文学部非常勤講師  2004/04/01-2005/03/31 
法政大学キャリアデザイン学部専任講師  2004/04/01-2007/03/31 
法政大学文学部兼担講師  2005/04/01-2006/03/31 
法政大学キャリアデザイン学部准教授  2007/04/01-2011/03/31 
成蹊大学文学部非常勤講師  2008/04/01-2009/03/31 
法政大学国際日本学研究所兼担所員  2008/04-現在 
東京大学教養学部非常勤講師  2010/10-2011/01 
法政大学文学部准教授  2011/04/01-2014/03/31 
成蹊大学文学部非常勤講師  2011/04-2015/03 
法政大学文学部教授  2014/04/01-現在 
ライデン大学  地域研究所(Institute for Area Studies)  客員研究員  2016/08-2017/03 

学歴
東京大学  文学部  日本語日本文学専修課程(国文学)  1996/03  卒業 
東京大学大学院  人文社会系研究科  日本文化研究専攻日本語日本文学専門分野  博士前期  1999/03  修了 
東京大学大学院  人文社会系研究科  日本文化研究専攻日本語日本文学専門分野  博士後期  2003/03  単位取得満期退学 

学位
修士(文学)  東京大学  1999/03 
博士(文学)  東京大学  2004/09 

研究分野
日本近世文学 

研究キーワード
天明狂歌 
戯作 
大田南畝 
北斎 
江戸人の「日本」意識 

競争的資金等の研究課題
狂歌書目総覧の作成  科学研究費  若手研究(B)  2011/04/28-2015/03/31 
天明狂歌師の伝記研究  科学研究費  若手研究(B)  2008/04/01-2011/03/31 
摺物の調査・研究による江戸狂歌史の再検討  科学研究費  若手研究(B)  2005-2008/03 
天明・寛政期の江戸文学ー狂歌を中心に  科学研究費  その他  2003-2004/03 
天明狂歌研究  科学研究費  その他  2001-2003/03 
詳細表示...

著書
日本人は日本をどうみてきたか 江戸から見る自意識の変遷  田中優子編 大木康・横山泰子・米家志乃布・小林ふみ子・JANA URBANOVÁ・内原英聡・小口雅史・竹内晶子・石上阿希・韓京子・大屋多詠子・金時徳・林久美子・福田安典・長島弘明・津田眞弓・川添裕  49-58,104-116,160-163  笠間書院  2015/02/27  「支えにされた琉球」「やわらかな好色の国・日本、という自己像」「武者の国日本の視覚化」を執筆 
化物で楽しむ江戸狂歌~『狂歌百鬼夜狂』をよむ~  江戸狂歌研究会(粕谷宏紀、石川了、稲葉有祐、小林ふみ子、高橋啓之、長澤和彦、伴野英一、牧野悟資、山名順子、吉丸雄哉)  3-5,17-22,37-55,106-115,196-205,  笠間書院  2014/10/12  天明5(1785)年刊行の『狂歌百鬼夜狂』の注釈・解説書。 
大田南畝 江戸に狂歌の花咲かす  全1ー230  全230  岩波書店  2014/04/23  天明狂歌流行の中心人物であった大田南畝が、いかにして江戸中に狂歌ブームを巻き起こしたのか、その要因を多角的に分析した。 
別冊太陽 北斎決定版  浅野秀剛 高杉志緒  48-51,68-73,84-87,110-123,136-142  平凡社  2010/11/25  「描き尽くした富士『富岳百景』」「読本の世界」「美人画の変遷 錦絵・摺物」「江戸情緒を移した風俗画 狂歌絵本 狂歌摺物」「知られざる狂歌本三種」「細密芸術の極み静物画」を担当。 
天明狂歌研究  小林ふみ子  全1ー416  汲古書院  2009/02  2004年に東京大学に提出した同題の博士論文に、その後発表した論文を加え、大幅に加筆修正したもの。天明狂歌について、その濫觴から天明、寛政、享和期頃までを対照として、多角的・多元的に研究した。付録として明和~享和期の天明狂歌壇催事年表を掲載した。 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  「支えにされた琉球」補遺  小林ふみ子  国際日本学  法政大学国際日本学研究所  14, 59-63  2017/02  法政大学国際日本学研究所を拠点とする研究プロジェクトの成果集、田中優子編『日本人は日本をどのようにみてきたか―江戸から見る自意識の変遷』(笠間書院 2014)に掲載した拙稿の補遺篇。伝大田南畝編の『琉球年代記』所載の逸話の出典をめぐって論じた。 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  江戸の愛嬌・十選  小林ふみ子  日本経済新聞  2016/12  近世日本の戯作類から、辰斎画摺物「ヘリフンダリ」、歌麿画「酩酊七変人」、栄松斎長喜画「吉原の善玉悪玉」、山東京伝『松魚智恵袋』、万象亭編『纂怪経』、鍬形蕙斎『蕙斎略画苑』、恋川春町作画『化物大江山』、国芳画「道化提灯蔵」、抱一画「大文字屋市兵衛」、鳥文斎栄之画「三福神吉原通い図」を紹介した。 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  南畝、狂歌を流行らせる  小林ふみ子  歴史街道  PHP出版  2017-01, 120-124  2016/12 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  歌麿が描いた江戸、描かなかった江戸  小林ふみ子  別冊太陽 歌麿決定版  平凡社  148-153  2016/11  歌麿が町芸者や岡場所を描いていないことと寛政期の隠し売女禁令との関係の可能性を指摘し、歌麿時代の町娘ブームについての新出資料を掲載した。 
研究論文(学術雑誌)  単著  鈴木芙蓉の唐土憧憬  小林ふみ子  太平詩文  太平書屋  70, 179-199  2016/11  谷文晁の兄弟子にあたり、早くより真景図を志した鈴木芙蓉の画業を、版本を中心に追いながら、平沢旭山に兄事しつつ文人としての理想を追究したその文事に、擬古主義から現実主義へという図式に単純化できない様相をかいまみた。 
詳細表示...

研究発表
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  Eyes to Provincial Landscapes in Early 19th-century Japan: Literature and Book Illustrations  JRC seminar  2017/03/15  URL 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  Localism in Early 19th-century Japan: Literature, Book Illustrations and Prints  LIAS Lecture Series  2016/11/11  URL 
口頭発表(招待・特別)  異界?世俗?ー山水画のリアリティ(UCLAシンポジウム)  前近代日本における《世界》の想像  2016/03/19  近世日本人が「世界」を想像するにあたって南画派による中国風の山水画の画譜の普及、その技法の日本の風景への適用がもたらしたものについて考察した。 
公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  Representations of ambivalent feelings to China in comic culture of the early modern Japan  Research Seminar,Faculty of East Asia,University of Cambridge  2012/10/22 
口頭発表(一般)  四方赤良の狂歌判詞  日本近世文学会平成22年度秋季大会  2010/11  新出であり、かつ天明狂歌にとって最も重要な天明3年における大田南畝による狂歌合の判詞の紹介と検討。 
詳細表示...

受賞
第29回日本古典文学会賞  2003/06  「大田南畝『七観』をめぐって-詩文と戯作」をはじめとする2002年中の業績に対して 
詳細表示...

担当授業科目
日本文芸研究特講近世 
国際日本学演習 
日本文芸研究ゼミナール 
日本近世文芸原典研究 
文章論 
詳細表示...

社会貢献活動
「江戸の面影」展 協力  2014/01/25-2014/03/02 
渓斎英泉展 協力  2012/05/29-2012/07/08 
「蜀山人大田南畝と江戸のまち」展 協力  2011/10/15-2011/12/04 
SURIMONO 展 協力  2008/12/07-2009/04/13 
「蜀山人大田南畝」展 監修協力  2008/05-2008/06 
詳細表示...

所属学協会
和漢比較文学会  2004-現在 
日本文学協会  2001-現在 
日本近世文学会  1996-現在 
国際浮世絵学会  1993-現在 
詳細表示...

委員歴
国際浮世絵学会  国際委員  2017/04/01-現在 
日本近世文学会  常任委員  2014/06-2016/06 
国際浮世絵学会  常任理事  2014/04-現在 
日本近世文学会  企画広報委員  2013/06-2015/06 
日本近世文学会  委員  2012/06-2014/06 
詳細表示...