論文
公開件数:109件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
LAK(Learning Analytics and Knowledge conference)19 報告とLAの最新動向
児玉靖司
人材育成の基盤としての次世代LAの可能性
学習分析学会,教育システム情報学会LA部会共催

2019/03/21




2 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Current Situation and Perspective of JMOOC
Yoshimi Fukuhara, Yasushi Kodama
The ASEM MOOC Stakeholders' Forum 2018


2018/11/17




3 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
教育オープンデータによる機械学習アルゴリズムの性能評価
卯木輝彦、加藤利康、児玉靖司
2018年度第1回 学習分析学会研究会
学習分析学会

2018/05/12




4 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
学習分析学会研究活動報告
児玉靖司、卯木輝彦、加藤利康、堤宇一
2018年度第1回 学習分析学会研究会
学習分析学会

2018/05/12




5 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
LAK(Learning Analysis and Knowledge conference)19 報告とLAの最新動向
児玉靖司
人材育成の基盤としての次世代LAの可能性
学習分析学会、教育システム情報学会LA部会

2018/03/21




6 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Estimating Grades from Students' Behaviors in Programming Exercises using Machine Learning
Toshiyasu Kato, Yasushi Kambayashi, Yuki Terawaki and Yasushi Kodama
Learning Analytics & Knowledge Conference (LAK18)
Society for Learning Analytics Research (SoLAR)

2018/03/07




7 研究論文(国際会議プロシーディングス)

Estimating Grades from Students' Behaviors in Programming Exercises using Deep Learning
Toshiyasu Kato, Yasushi Kambayashi, Yuki Terawaki, Yasushi Kodama
Proc. of 4th Annual Conference on Computational Science and Computational Intelligence (CSCI 2017)
Amerian Coucil on Science and Education, IEEE

2017/12/15




8 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
プログラミング教育の概要とIT指導者に期待される役割
児玉靖司
IT指導者セミナー(日本商工会議所)
日本商工会議所

2017/12/08




9 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
MOOCs と学習分析(Learning Analytics)~シリコンバレーを中心として~
児玉靖司
学習分析学会第1回LA Meetup
学習分析学会

2017/11/11




10 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Using Deep Learning to Predict Students' Programming Performance from Behavioral Features
Teruhiko Unoki, Toshiyasu Kato, Yasushi Kodama
Proc. of LASI-Asia 2017, JASLA, 2017.
JASLA

2017/08/26




11 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
International Internship: Business Education for Leadership and Trust
Haruo H. Horaguchi, Seiki Yukimoto, Yasushi Kodama
Proc. of the 2017 Academy of Management Meeting (Atlanta, Georgia)
Academy of Management (AOM)

2017/08/04




12 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Analysis of Students' Behaviors in Programming Exercises using Deep Learning
Toshiyasu Kato, Yasushi Kambayashi, Yuki Terawaki, Yasushi Kodama
Proc. of Smart Digital Futures 2017, Algarve, Portugal in Smart Education and e-Learning 2017.
SpringerーVerlag
SIST, 72, 38-47
2017/06/21




13 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
プログラミング行動の履歴に対する Deep Learning 分析
加藤利康、久保田純、卯木輝彦、梅澤健二、児玉靖司
2017年度 第1回学習分析学会(JASLA)研究会
学習分析学会

2017/05/13




14 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
ディープラーニングを用いたLAワークショップ開催報告
児玉靖司、加藤利康、久保田純、ジェイソン・ゲディーズ
2017年度 第1回学習分析学会(JASLA)研究会
学習分析学会

2017/05/13




15 研究論文(学術雑誌)
共著
Using a Programming Exercise Support System as a Smart Educational Technology
Toshiyasu Kato, Yasushi Kambayashi and Yasushi Kodama
Smart Universities: Concepts, Systems and Technologies (Smart Innovation, Systems and Technologies) by Vladmir L. Uskov and Jeffrey P. Bakken
Springer
295-326
2017/05/01
2190-3018



16 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
An Experimental analysis of collective knowledge management: Examining the relationship between leadership and trust
Haruo H. Horaguchi, Yasushi Kodama, Seiki Yukimoto
Proc. of 5th International Conference on Management, Leadership and Governance, Johannesburg, South Africa
Academic Conferences and Publishing International Limited

2017/03/16




17 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
MOOCの海外事情とJMOOCの内外での展開
児玉靖司
MOOCの海外事情とJMOOCの内外での展開
JMOOC

2017/03/09




18 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Rapporteur for Platform / Portal Level session
Yasushi Kodama
Proc. of the 1st Asia-Pacific MOOCs Stakeholders Summit (Thailand)
Thai-MOOC

2017/03/02




19 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
ディープラーニングによる学習分析について
児玉靖司
ディープラーニングを用いた学習分析ワークショップ
学習分析学会

2017/02/25




20 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
Practice for Self-Regulatory Learning using Google Forms: Report and Perspectives
Yasushi Kodama
Proc. of Collective Knowledge Management and the Growth Strategy of the Firms
Hosei University

2017/02/03




21 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
Data Mining of Students' Behaviors in Programming Exercises
Yasushi Kodama
Proc. of Workshop on Global Collective Knowledge Management: A Study on Growth Strategy of Japanese Firms
Hosei University

2017/01/24




22 研究論文(学術雑誌)

Practice for Self-Regulatory Learning using Google Forms: Report and Perspectives
Toshiyasu Kato, Yasushi Kambayashi, Yasushi Kodama
Information Engineering Express
International Institute of Applied Informatics
2/ 4, 11-20
2016/12/01
2185-9884



23 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
TAのためのプログラミング演習時系列データの分析(産業技術大学院大学)
加藤利康、神林靖、児玉靖司
第19回(2016年度)学術講演会プログラム概要
eラーニング学会

2016/11/19




24 研究論文(国際会議プロシーディングス)

A Report on the Practice Toward the Self-Regulatory Learning using Google Forms
Toshiyasu Kato, Yasushi Kambayashi, Yasushi Kodama
Proc. of 5th International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2016)
IIAI

2016/07/11




25 研究論文(国際会議プロシーディングス)

Data Mining of Students' Behaviors in Programming Exercises
Toshiyasu Kato, Yasushi Kambayashi and Yasushi Kodama
Proc. of 3rd International KES Conference on Smart Education and E-learning (KES-SEL-16) in Smart Education and e-Learning 2016.
SpringerーVerlag
SIST, 59, 121-133
2016/06/16




26 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

自己調整学習を促すGoogleフォームの活用事例
加藤利康、神林靖、児玉靖司
2015年度第3回研究会(上智大学)
学習分析学会

2016/03/05




27 研究論文(国際会議プロシーディングス)

JMOOC: MOOC from Japan, Our Challenges and Perspectives
Yasushi Kodama
Proc. of Regional Expert Meeting on MOOCs
UNESCO Bankoc, Chengdu, China

2015/07/31




28 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
International Internship for Business Education: An Experiment to Observe Creation of Trust
Haruo H.Horaguchi, Yasushi Kodama, Seiki Yukimoto
Proc. of AIB Annual Meeting 2015


2015/06/28




29 研究論文(学術雑誌)
共著
国際インターンシップと英語プレゼンテーション能力の育成
洞口治夫, 児玉靖司, 行本勢基
イノベーションマネージメント研究
イノベーションマネージメント研究センター、法政大学

2015/05/01




30 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

LMS と併用する学習用モバイル・アプリケーションのあり方に関する検討
鎌田敏之、児玉靖司、寺脇由紀
情報処理学会コンピュータと教育研究会研究報告
情報処理学会
2015-CE-128/ 2, 1-7
2015/02/14




31 研究論文(学術雑誌)
単著
米国の高等学校における情報教育
児玉靖司
情報処理
情報処理学会
55/ 4, 335-339
2014/04/01




32 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

SPOC を取り入れた反転授業の取り組み事例
飯塚康至、江島夏実、寺脇由紀、入戸野健、坂上学、児玉靖司
国際シンポジウム第2回「映像を利用した教育情報システムの最新事情」
法政大学

2014/03/07




33

オンライン講座MOOCsから「ポストMOOCs」へ — 米国を中心とした教育改革
児玉靖司, 寺脇由紀
理科大科学フォーラム
東京理科大学
31/ 5, 38-42
2014/03/01




34 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
米国におけるMOOCsとポストMOOCsの最新動向
児玉靖司
法政大学国際シンポジウム「MOOCs, Post MOOCsに向けた最新動向」


2014/03/01




35 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
MOOCsを取り入れた反転授業の取り組み事例
飯塚康至, 江島夏実, 寺脇由紀, 入戸野健, 坂上学, 児玉靖司
法政大学国際シンポジウム「MOOCs, Post MOOCsに向けた最新動向」


2014/03/01




36

学生の能動的な学習を引き出すためのeポートフォリオの設計
寺脇由紀,上村耕平,下吹越武人,渡辺真理,児玉靖司
法政大学教育研究

第5
2014/03/01




37 研究論文(学術雑誌)
共著
Design and Development of e-Portfolio using
Gamification to Increase Engagement
Yuki Terawaki, Taketo Shimohigoshi, Makoto Watanabe, Toshiyuki Kamada,
Yasushi Kodama and Kazuo Yana
Proc. of 19th International Conference
on Distance Education Technology DET2013

95-99
2013/08/08




38 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
eポートフォリオシステムIAEの継続的な開発
寺脇由紀、下吹越武人、渡辺真理、児玉靖司、鎌田敏之
法政大学教育研究

第4, 125-131
2013/07/31




39 (MISC)総説・解説(その他)
共著
eポートフォリオ独自開発事例
児玉靖司、宮崎誠、寺脇由紀、鎌田敏之
国際シンポジウム「映像配信を利用した教育情報システム最新事情」


2013/03/08




40 (MISC)総説・解説(その他)
共著
About I18n of Matterhorn and Introduction to Japanese University and Community
児玉靖司、重田勝介、寺脇由紀、鎌田敏之
Opencast Matterhorn Unconference 2013


2013/01/30




41 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
スマートフォンを用いた授業内での学習者フィードバック収集の試み
鎌田敏之、児玉靖司、寺脇由紀
平成24年度教育改革ICT戦略大会、私情協

160-161
2012/09/06




42 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
A Case Study of Introducing Collective Intelligence System to Educational Environment and Field Works
Yasushi KODAMA
Proceedings of Kyoto University and Hosei University Joint International Workshop, The Boundary of the Firm and Collective Knowledge Management: Reprogramming Business Institutions for Open Innovation

113-123
2012/01/07




43 研究論文(学術雑誌)
共著
The Development of Educational Environment Suited to the Japan-Specific Educational Service Using Requirements Engineering Techniques: Case Study of Running Sakai with PostgreSQL
Yuki Terawaki, Yuichi Takahashi, Yasushi Kodama and Kazuo Yana
International Journal of Distance Education Technologies

9/ 4, 14-24
2011/10
1539-3100


This paper describes an integration of different Relational Database Management System (RDBMS) of two Course Management Systems (CMS) called Sakai and the Common Factory for Inspiration and Value in Education (CFIVE).
44 (MISC)会議報告等
共著
第12回 Sakai Conference 参加報告
常盤裕司、宮崎誠、児玉靖司、梶田将司
情報処理学会研究報告


2011/10/14




45 研究論文(学術雑誌)
共著
実習型授業における学びを支援するための学生フィードバック分析手法とその検証
鎌田敏之、児玉靖司
平成23年度教育改革ICT戦略大会


2011/09/08




46 (MISC)会議報告等
共著
Introducing ePortfolio to Architectural Course: The Integrated Archiving Environment
Yuki Terawaki, Teketo Shimohigoshi, Makoto Watanabe, Yasushi Kodama, Kazuo Yana
Proceedings of the 17th International Conference on Distributed Multimedia Systems

250-253
2011/08/19




47 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
A Study on Utilizing Data Mining Performance of the Course in Online Learning Environment
Yasushi KODAMA, Toshiyuki KAMADA, Ken Nittono
Sakai Conference 2011


2011/06/15




48 (MISC)会議報告等
単著
Developping a Collective Intelligence System for University Education: A Case of SAKAI
Yasushi KODAMA
International Workshop of `Innovation Processes Observed: Creation of Technological Leadership through Collective Knowledge Management, WHU - Otto Beisheim School of Management


2011/03/04




49 (MISC)会議報告等
共著
Towards Integration of Data Base Management System for Open-source Course Management Systems
Yuki Terawaki, Yuichi Takahashi, Yuji Tokiwa, Yasushi Kodama, Kazuo Yana
Proceedings of the 16th International Conference on Distributed Multimedia Systems

239-242
2010/10/16




50 (MISC)会議報告等
共著
3D Virtual Space for a quality e-Learning Environment in Collaborative Study
Yoshiyuki HINO, Kazuo YANA, Hisato KOBAYASHI, Kimiyoshi HAYASHI, Yasushi KODAMA, Billy PHAM
Proceedings of the 16th International Conference on Distributed Multimedia Systems

234-248
2010/10/16
1-891706-28-4



51 研究論文(学術雑誌)
共著
国際遠隔講義におけるSakai CLEの機能向上
児玉靖司、日野好幸
東京理科大学月刊科学フォーラム

315, 22-27
2010/09
1346-1206



52 (MISC)会議報告等
共著
第11回 Sakai Conference 参加報告
梶田将司、常盤祐司、児玉靖司、松葉龍一
第3回情報処理学会CLE研究会


2010/09/03




53 (MISC)会議報告等
共著
A 3-D Real-time Interactive Web-cast Environment for E-Collaboration in Academia and Education
Billy PHAM, Ivan HO, Yoshiyuki HINO, Yasushi KODAMA, Hisato KOBAYASHI and Kazuo YANA
Proceedings of the 15th International Conference on Distributed Multimedia Systems

275-278
2009/09




54 (MISC)会議報告等
共著
An Implementation of the Tools in the Open-source Sakai Collaboration and Learning Environment
Yasushi KODAMA, Tadashi KOMORI, Yoshikuni HARADA, Yasushi KAMBAYASHI, Yuji TOKIWA, Kazuo YANA
Proceedings of the 15th International Conference on Distributed Multimedia Systems

271-274
2009/09




55 (MISC)会議報告等
共著
非同期型eラーニング学習時における進捗フィードバックと学習支援
日野好幸、児玉靖司、八名和夫、小林尚登、林公美、倉林昭浩
第34回教育システム情報学会全国大会

206-207
2009/08




56 (MISC)会議報告等
共著
オープンソースCMSの開発と活用(Sakai 編)
上田真由美、常盤祐司、児玉靖司、松葉龍一、梶田将司
第34回教育システム情報学会全国大会

18
2009/08




57 (MISC)総説・解説(その他)
単著
Collecting Statistical data of viewing video
児玉靖司
2009 Sakai Conference


2009/07




58 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
e-Learning における協調学習環境の構築を目指した取組
日野好幸、児玉靖司、八名和夫、小林尚登、Billy Pham
平成21年度私立大学情報教育協会大学教育・情報戦略大会

24, 74-79
2009/05




59 (MISC)会議報告等
単著
出席管理システムの開発状況
児玉靖司
法政大学IT研究センター、ラウンド・テーブル・セッション「Sakai 3.0」


2009/03




60 (MISC)会議報告等
共著
オープンソース教育システムSakaiにおけるTool実装の試み
児玉靖司、古森貞、常盤祐司、八名和夫
日本e-Learning学会(JeLA)、2008年秋季学術講演会(京都情報大学院大学)


2008/11




61 (MISC)会議報告等
共著
Second Life as a Cyber Learning Environment for Higher Education and Research Collaboration
Billy Pham, Yasushi Kodama, Yoshiyuki Hino, Hisato Kobayashi, Kazuo Yana, Yuji Tokiwa
Association of Pacific Rim Universities 9th Distance Learning and the Internet Conference 2008 (Waseda Univ.)

89-93
2008/11




62 (MISC)会議報告等
共著
3D仮想空間を活用した新たなe-Learning教育に関する研究
日野好幸、児玉靖司、八名和夫、小林尚登、Billy PHAM
第33回全国大会講演論文集、教育情報システム学会(熊本大学)

6-7
2008/09




63 (MISC)その他記事
共著
CARS (The class attendance recording system)
Yasushi KODAMA, Yuji TOKIWA and Kazuo YANA
Technology demonstration, the 9th Sakai Conference


2008/07




64 (MISC)会議報告等
共著
Internationalization of the Sakai System (Traditional Chinese and Vietnumese)
Ivan HO, Billy PHAM, Yuji TOKIWA, Yasushi KODAMA and Kazuo YANA
Thechnology Demonstration, the 9th Sakai Conference, Paris


2008/07




65 研究論文(学術雑誌)
共著
オープンソース教育システムSakaiの動向とその国際化およびスケーラブルな実装の試み
常盤祐司、児玉靖司、八名和夫
JeLA(日本Eラーニング学会)学会誌

8, 23-32
2008/05




66 (MISC)会議報告等
単著
Sakaiを基盤とした出席管理システム開発事例紹介

法政大学IT研究センター・日本E-Learning学会春季学術講演会


2008/03




67 (MISC)会議報告等
共著
オープンソース教育システムの現状と法政大学の取り組み
常盤祐司、児玉靖司、八名和夫
日本Eラーニング学会学術講演会(琉球大学), セッションV

18
2007/11




68 (MISC)会議報告等
共著
コースマネジメントシステム開発と国際ハイブリッド型授業での実践活用
児玉靖司、小林尚登、八名和夫、林公美、日野好幸
平成19年度私立大学情報教育協会大学教育・情報戦略大会


2007/09




69 (MISC)会議報告等
共著
An Aspect-oriented Development in Sakai
Yaushi KODAMA and Tadashi KOMORI
Proceedings of the International Symposium on Recent Trends in Global E-Learning and Collaboration

Vol.II, pp.15-16
2007/03




70 (MISC)会議報告等
共著
Japanese Localization of Sakai: Implementation and Practice
Ivan HO, Billy PHAM, Yuji TOKIWA, Yasushi KODAMA, Hisato KOBAYASHI and Kazuo YANA
Proceedings of the International Symposium on Recent Trends in Global E-Learning and Collaboration

vol. II, pp.13-14
2007/03




71 (MISC)会議報告等
共著
Controlling Biped Walking Robots Using Genetic Algorithms in Mobile Agent Environment
Yasushi KAMBAYASHI, Munehiro TAKIMOTO, Yasushi KODAMA
IEEE 3rd Internation Conference on Computation Cybernetics

29-34
2005/04



The design and implementation of a control program for biped walking robots using the genetic algorithms (GA) are presented. The most different problem with biped walking robots is that they have too many possible gaits. Generally it is impossible to find the optimal gait for a given rout. In order to control biped walking robots, we have employed GA to determine the gaits of the robots. It is known that keeping the zero moment point (ZMP) in certain area is necessary for stable movement of a biped walking robot.
72 研究論文(学術雑誌)
共著
高階移動エージェント向けJavaパッケージの開発
神林靖、滝本宗宏、児玉靖司
「ソフトウエアサイエンス技術報告」電子情報通信学会

SS2004-11
2004/11



関数型言語による高階移動エージェントを開発しようとしている。前回の発表では、Java言語による実装を報告した。Java言語による実装は確かめられたので、開発中の関数型言語は、Javaのソースコードに変換するという実装方法を採用することとした。これによりコンパイル時にすべての束縛を解決するという利点(あるいは数学的透明性)を保持しつつ、実用性のあるプログラムを記述できると期待できる。エージェントはクローニングによって移動させるようにしているが、その際には、関数の遠隔適用を実現する機構が必要なので、その機構をJavaのパッケージとして実装した。この点を中心に報告する。
73 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
型条件を緩和した型推論アルゴリズムを適用するトランスレータの試作
児玉靖司
「アカデミア」数理情報学編

4, 23-27
2004/03



コンパイラの最適化処理におけるコード移動の一手法である巻上げを用い、型条件を緩和した型推論アルゴリズムを適用するトランスレータを試作した。命令型言語のための型推論アルゴリズムはTofteにより提案されStandard MLの型推論システムとして実現されている。しかし、このアルゴリズムは、入力した原始プログラムが実行時エラーとならなくても、型エラーとなる場合が存在し型条件が厳しい。本稿で用いる手法は、値グラフを用い変数の参照点で単一化される型を推論した後、定義点の型を推論し、結果として、値グラフのφ節まわりに注目して巻上げを行い上記の型条件を緩和する手法である。本稿では、Standard MLプログラムへのトランスレータを試作し、考察を行う。
74 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
並列オブジェクト指向言語による並列計算機上での効率的並列計算
児玉靖司
「アカデミア」数理情報学編

3, 19-23
2003



並列計算機上での計算を記述する場合、並列オブジェクト指向言語で記述することにより、様々なプラットフォームに対応した、再利用性の高い構成となる。しかし、効率よく計算することはできない。本稿では、我々が開発しているSPLに、新たな演算子および、構文を追加し、並列オブジェクトをスレッドおよび、重量プロセスに対応させることができる切り替え機能を追加し、効率よく計算できるように工夫した。特に、PCクラスタ上で効率よく計算することを確かめることができた。
75 (MISC)会議報告等
単著
巻上げを用いた型推論アルゴリズムの型条件緩和
児玉靖司
日本ソフトウエア科学会第20回大会(於:愛知県立大学)


2003/09



コンパイラのコード移動の一手法である巻上げを用いて、命令型言語のための型推論アルゴリズムの型条件を緩和した。参照型を含んだ変数に対して、参照点での使われ方を推定し、定義点で型推論する手法である。
76 研究論文(学術雑誌)
共著
デバイスドライバ構成のためのソフトウエアアーキテクチャ
児玉靖司、野呂昌満
「ソフトウエアシステムシンポジウム2002」

207-215
2002



汎用性、再利用性に優れたオペレーティングシステムのデバイスドライバを構成するための枠組みを与える。デバイスドライバの構成を機能特性、非機能特性に分離し、非機能特性をアスペクトとして定義する。よって、従来、各デバイスドライバに応じて追加/削除が難しかった非機能特性を追加/削除することができ、様々なデバイスに適用することができるソフトウェアとなる。結果として、Active Object Patternにアスペクト思考を導入したソフトウェアアーキテクチャは、各デバイスドライバの構成に適していることを示す。
77 研究論文(学術雑誌)
共著
アスペクト指向を用いた並列言語実行時環境構成のためのフレームワーク
児玉靖司、野呂昌満
「ソフトウエア工学の基礎IX」日本ソフトウエア科学会FOSE2002

163-166
2002/11/30



並列言語では、並行オブジェクトの同じ記述で、様々なプラットフォームに対応することが必要である。その違いは、並列言語環境で吸収することが適当である。我々は、並列言語の実行時環境に適用することが適当なActive Objectパターンに注目し、パターン自身が含んでいる非機能特性を洗い出し、アスペクトとする。結果としてAspect Oriented Active Objectパターンを提案し、事例として我々が開発している並列言語SPLの実行時環境を、提案するパターンを用いて再設計し、フレームワークとして実現した結果について議論を行う。
78 (MISC)会議報告等
単著
値グラフを用いた命令言語のための型推論アルゴリズムの提案
児玉靖司
日本ソフトウエア科学会第19回大会論文集(於:産業技術総合研究所)


2002/09



命令言語のための多相型推論アルゴリズムは、Tofteにより提案され、現在ではStandard MLとして実用化されている。しかし、Tofteが提案した型推論アルゴリズムは、多相型に対しての制約が厳しい。その理由は、プログラムを最初から推論するアルゴリズムの限界であると考えられる。我々は、コンパイラの最適化処理に用いられる値グラフを用いることにより、この制約を緩和する多相型推論アルゴリズムを提案する。
79 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
動的コンパイル可能な並列言語の設計と実現
児玉靖司
「アカデミア」数理情報学編

2, 43-54
2002/03



フォールトトレラントシステムを記述するためのプログラミング言語として、並列言語SPLを設計し、実現した。SPLは、大規模分散環境から、オペレーティングシステムを統一的に記述することができる。さらに、動的コンパイルを可能とし、柔軟性の高いプログラミングをすることができる。処理系は、トランスレータ方式とし、ソースコードレベルでさまざまな並列計算システムへ可搬性の高いものとなっている。
80 研究論文(学術雑誌)
単著
PCクラスタ上での効率的並列計算に関する一考察
児玉靖司
日本ソフトウエア科学会第18回大会論文集(於:公立はこだて未来大学)


2001/09



PCクラスタ上で並列計算をする場合、全体をあたかも一つの計算機とするための抽象化が必要である。我々は、抽象化レベルを記述言語にまで下げ、並列計算の単位を並列オブジェクトとし、記述言語として、並列オブジェクト指向言語SPLを設計、開発した。本稿では、PCクラスタ上でのPVMを利用した実現に絞り、並列オブジェクトを、同一計算機上では、軽量プロセスとして生成する方法を提案した。結果として、ユーザーが記述言語レベルで、PCクラスタの静的要因を考慮し、プログラムとして指定することによって静的負荷分散を実現することができた。
81 研究論文(学術雑誌)
単著
動的コンパイル可能な並列言語の設計と実現
児玉靖司
情報処理学会プログラミング言語研究会(於:情報処理学会会議室)


2001/06/22



フォールトトレラントシステムを記述するためのプログラミング言語として、並列言語SPLを設計し、実現した。SPLha,
大規模分散環境から、オペレーティングシステムのマイクロカーネルまで、さまざまな並列計算システムを統一的に記述することができる。さらに、動的コンパイルを可能とし、柔軟性のあるプログラミングをすることができる。処理系は、トランスレータ方式とし、ソースコードレベルでさまざまな並列計算システムへの可搬性の高いものとなっている。
82 研究論文(学術雑誌)
単著
SSA形式を用いた手続き言語のための型推論アルゴリズムの設計と実現
児玉靖司
「ソフトウエアサイエンス技術報告」

SS-99-64, 33-40
2000/01/19



プログラムの最適化のための中間形式であるSSA(単一代入形式)を型推論システムに適用することが有効であることを示す。手続き言語で書かれたプログラムは、SSA形式に変換することができる。提案するアルゴリズムにより、これまでに提案されたTofteらの手続き言語のための型推論アルゴリズムより、幅広い記述ができることを確かめた。
83 研究論文(学術雑誌)
単著
属性文法による型推論システム生成系の設計とその有効性について
児玉靖司
「ソフトウエアサイエンス技術報告」電子情報通信学会

SS-99-30
1999/09/03



型推論システムをさまざまな言語に応用しようとする試みが盛んである中で、我々は、それらの実現をサポートするために、属性文法により型推論システムを定義し、自動生成するシステムを提案した。本稿では、代表的な型推論アルゴリズムで、ボトムアップに型推論するWと、トップダウンに処理するMへの切り替えが、属性文法の切り替えで行うことができることを確かめた。属性文法としては、L属性文法を用いた。
84 研究論文(学術雑誌)
共著
リフレクションを導入した並行オブジェクト指向言語ABCL/c+によるOSの記述
阿隅太志、児玉靖司、武田正之
「ソフトウエアサイエンス技術報告」

SS-98-56
1999/03



我々が設計、開発しているOSやゑにおける自己拡張性を実現する試みのために、記述言語である並行オブジェクト指向言語ABCL/c+に、リフレクションを導入することでモデルの拡張を行った。やゑの部品であるオブジェクト管理を新たに実現しなおし、その評価を行った。
85 研究論文(学術雑誌)
共著
やゑ: Yet Another Window Environemnt
Yasushi KODAMA, Taishi ASUMI, Norihisa DOI
「コンピュータシステムシンポジウム」情報処理学会

1-8
1998/11



我々が現在開発している並列オブジェクト指向言語を用いてウィンドウシステムを設計し、実現した。並列オブジェクト指向概念を用いて、並列処理の単位を並列オブジェクトとし、モジュール化することにより、見通しがよく再利用性の高いソフトウェアとなることを確かめた。
86 (MISC)会議報告等
共著
Reflective Concurrent Component Architecture
Yaushi KODAMA, Takuro KASAI
International Symposium on Future Software Technology 98

211-214
1998/10



代表的オブジェクト指向言語Javaの自己反映計算を用いたソフトウェアコンポーネントアーキテクチャを提案し、実現した。自己反映計算を用い、並行処理に関係するメッセージ処理部分などを動的に切り替えることができ、柔軟性の高いソフトウェア部品とすることができる。
87 (MISC)会議報告等
共著
CafeOBJ による型推論システムの記述と自動検証の試み
齋藤孝道、児玉靖司
日本ソフトウエア科学会第15回大会論文集(於:電気通信大学)


1998/09



代数もでるに基づいた定理証明系である CafeOBJ により、関数プログラミング言語のための型推論システムの検証を試みた。検証を行うために、多ソート代数でシステムを記述し、自動的に検証を行うことができた。
88 研究論文(学術雑誌)
共著
やゑ: Yet Another Window Environment
Yasushi KODAMA, Taishi Asumi
「ソフトウエアサイエンス技術報告」

SS-98-19, 25-32
1998/07



我が開発している並行オブジェクト指向言語ABCL/c+を用いてウィンドウシステムを設計し、開発した。並行オブジェクト指向言語を用いてウィンドウシステムを設計することにより、並列処理の単位を並行オブジェクトに1対1対応することができ、見通しのよい記述となった。各並行オブジェクトはウィンドウシステムを構成するソフトウェア部品となり、状況に応じてソフトウェア部品を切り替えることができ、再利用性の高いものとなっている。
89 研究論文(学術雑誌)
共著
リフレクティブアーキテクチャによる仮想空間の実現
児玉靖司、葛西毅郎
「システムソフトウエアとオペレーティングシステム研究報告」

98-OS-78, 1-8
1998/06



自己反映計算を用いたコンポーネントアーキテクチャを提案した。代表的オブジェクト指向言語Javaの自己反映計算を用い、並列計算を見通しよく記述するソフトウェアアーキテクチャを考察し、ソフトウェアコンポーネントとした。この方法によりソフトウェア部品を構築することができる。
90 (MISC)会議報告等
共著
A Higher-Order Distributed Objective Language
Yasushi KAMBAYASHI, Yasushi KODAMA, Munehiro Takimoto
International Symposium on Future Software Technology 97(ISFST'97)

241-246
1997/11



関数プログラミング言語Objective Camlを分散環境上で動作するように拡張した。この言語は、その処理系としてプログラムを中間言語に変換し実行する方式をとっている。我々は、中間言語を解釈し実行する仮想機械に手を加え、自由にオブジェクトをネットワーク上に移動(マイグレーション)されることができるように拡張した。一方、型推論に対しても言及している。
91 (MISC)会議報告等
単著
Virtual Community: A Real Time Virtual World
児玉靖司
International Symposium on Future Software Technology 97(ISFST'97)

313-318
1997/11



インターネットの上に情報を共有するための場を構築した。この処理系の上では、ユーザの化身として「アバタ」を登録することができ、ユーザー間で自由に情報を交換することができる。遠隔地から3次元図形の部品を組み合わせて、自由に「仮想世界」を拡張することも可能である。すべてJavaにより記述し、各部品は「クラス」として分類され、システムとして「見通しの良い」ものとなっている。
92 (MISC)会議報告等
単著
高階分散オブジェクト指向言語の設計と処理系の実現
金百中、滝本宗弘、神林靖、児玉靖司、原田賢一
日本ソフトウエア科学会第14回大会論文集(於:石川ハイテク交流センター)

277-280
1997/09



代表的なMLであるObjective ML を分散環境上で実行できるように拡張した。オブジェクトを遠隔ホストで実行できるよう移動(マイグレーション)することができる。Objective MLの仮想機械を拡張することにより実現することができた。
93 (MISC)会議報告等
単著
An Extensible ML
児玉靖司
日本ソフトウエア科学会第14回大会論文集(於:石川ハイテク交流センター)

141-144
1997/09



独自にMLを拡張したSUTMLを開発する際に必要となった、型推論拡張のためのツールを提案した。型推論は通常その背後にある論理により静的に行われる。型推論規則をその入力として、プログラミング言語を生成する。
94 (MISC)会議報告等
単著
システム記述言語としての並列オブジェクト指向言語
児玉靖司
日本ソフトウエア科学会第12回大会論文集(於:明治大学理工学部)

333-336
1995/09



並列オブジェクト指向言語の静的な型付けを試みた。プログラミング言語TOOPL を提案し、型付けを行う際の問題点および、型推論について考察した。静的に型付けを行うため、大規模ソフトウエアを記述するシステム記述言語に向いていると考えることができる。
95 研究論文(学術雑誌)
共著
並列オブジェクト指向言語「えーとし」
芦原栄登士、児玉靖司
日本ソフトウエア科学会第12回大会論文集(於:明治大学理工学部)

325-328
1995/09/14



並列オブジェクト指向言語「えーとし」を設計、開発した。並列オブジェクト同士のやりとりとしてメッセージの受渡しを使い、その同期処理を行うことができる。一方、この言語は静的に型付けされた言語であり、型チェックを行い誤りを発見することができる。
96 研究論文(学術雑誌)
単著
演算子の集合としての型の導入とオブジェクト指向への応用
児玉靖司
日本ソフトウエア科学会第11回大会論文集(於:大阪大学基礎工学部)

97-100
1994/10



演算子の集合を型として、オブジェクト指向言語の型付けを行った。オブジェクト指向言語の代表的な機能である継承などについても考慮し、静的な型チェックを行うことができた。後半では、型推論についても言及した。
97 研究論文(学術雑誌)
共著
演算子の集合に基づいた型階層の導入とその意味
下間良樹、児玉靖司、土居範久
日本ソフトウエア科学会第11回大会論文集(於:大阪大学基礎工学部)

93-96
1994/10



演算子の集合を型として、プログラミング言語の型付けを行った。プログラミング言語は、陽に演算子により演算を行いながら処理を進める。演算子の集合を型とすることにより、型により演算子を分類することができる。
98 研究論文(学術雑誌)
共著
並列オブジェクト指向言語への動的な型階層の導入
児玉靖司、奥野智弘、土居範久
日本ソフトウエア科学会第9回大会論文集(於:慶應義塾大学)

457-460
1992/09



並列オブジェクト指向言語に動的な型およびそのチェック機構を与えた。一般にチェックはすべて動的に行われるが、並列オブジェクト指向言語ではその限界がある。本研究では、静的および動的の切り分けを行い、並列オブジェクト指向言語に適した動的な型を導入した。
99 研究論文(学術雑誌)
共著
やゑ: Yet Another Window Environment
児玉靖司、土居範久
日本ソフトウエア科学会第9回大会(於:慶應義塾大学)

333-336
1992/09



並列オブジェクト指向言語ABCL/c+ のC言語へのトランスレータを開発し、PCのためのオペレーティングシステムと簡単なウィンドウシステムを実現した。オペレーティングシステムとウインドウシステムを統合した環境でも、各機能を並列オブジェクトで記述し、メッセージの受渡しにより「見通し」のよい記述となっている。
100 (MISC)会議報告等
共著
並列オブジェクト指向言語ABCL/c+に基づく分散プログラミングシステムの実現
安村義孝、鎌田敏之、児玉靖司、土居範久
日本ソフトウエア科学会第8回大会論文集(於:北海道大学)

205-208
1991/09



1990年に発表した論文を改良し、スレッドを用いて並列オブジェクトを実現した。また、操作性の改良を行い、分散環境への対応も行う。
101 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
並列オブジェクト指向概念の代数モデルによる意味定義と型導入に関する研究
児玉靖司
筑波大学経営政策科学研究科修士論文


1991/03



一般に、オブジェクト指向は、信頼性が高くしかも再利用性が高いプログラムをつくることができるパラダイムであるといわれている。その特長を活かし、並列動作を記述するための枠組みを与えるものとして、並列オブジェクト指向概念が提案されている。そこでは、並列動作をする単位であるオブジェクトと、その間での数種類のメッセージの受け渡しによって処理が進む。その際、広域的にその処理を管理する機構を持たず局所的にメッセージの受け渡しが行われ、並列度の高いシステムを定義することができる。本研究では、定義される大量のオブジェクトを分類する一つの方法として、オブジェクトの属性を与える型概念を導入し、かつ型自身をオブジェクトとして定義し、委譲機能(Delegation)を用いた型継承を提案する。これにより、実行時に自動的に型変換が行われる。また、型自身もオブジェクトとしてメッセージの受け渡しや、変数への代入を行うことができ、スタックやリストなどのデータ構造を少ない手続きで記述することができる。
102 研究論文(学術雑誌)
共著
A Garbage Collecting Method for Object Oriented Concurrent Language
Tomohiro TAKEDA, Toshiyuki KAMADA, Yaushi KODAMA, Norihisa DOI
OOPSLA/ECOOP'90 Workshop on Garbage Collection in Object Oriented Systems


1990



システム記述言語として独自に開発した並行オブジェクト指向言語ABCL/c+の処理系に対して、オブジェクトの「ガベージコレクション」を与える試みを行った。通常のガベージコレクションと違い、並列オブジェクト指向言語の場合は、全てのオブジェクトの処理を同時に止めて処理することができないため、メッセージに順序をつけ、「不要となった」オブジェクトを見つけることができる。
103 研究論文(学術雑誌)
共著
並列オブジェクト指向言語ABCL/c+の分散環境における実現
児玉靖司、土居範久
日本ソフトウエア科学会第7回大会(於:東京大学)

1-4
1990/10



独自に開発した並列オブジェクト指向言語ABCL/c+をUNIX上での分散環境で実現した。複数のホストマシン間でメッセージの受け渡しをすることができる。
104 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
並行オブジェクト指向言語におけるガベージコレクションの一方式
武田智裕、鎌田敏之、児玉靖司、土居範久
WOOC'90(日本ソフトウエア科学会オブジェクトオリエンテッドコンピューティングに関するワークショップ)論文集


1990/02



独自に開発した並行オブジェクト指向言語ABCL/c+に、ガベージコレクションの方式を与える。ここで提案するアルゴリズムは、他の並行オブジェクト指向言語にも適用できるよう汎用的なものである。
105 研究論文(学術雑誌)
共著
並行オブジェクト指向言語ABCL/c+によるオペレーティングシステム核の記述
土居範久、児玉靖司
「コンピュータソフトウエア」(日本ソフトウエア科学会)

1988/ 10, 12-26
1988/10



オペレーティングシステムなどの基本ソフトウエアが年々大規模化し、複雑化する中で、並行オブジェクト指向概念を用いて、オペレーティングシステム核を「見通しよく」記述する方法を提案した。大規模ソフトウエアの機能を階層的に記述するために、並行オブジェクト指向言語ABCL/c+ を独自に改良し、メッセージの受け渡しの方法を工夫した。
106 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
An Implementation of an Operating System Kernel using Concurrent Object Oriented Language ABCL/c+
土居範久、児玉靖司、広瀬健
ECOOP'88(European Conference on Object-Oriented Programming), Lecture Notes in Computer Science

322, 250-266
1988/08



並行オブジェクト指向概念を用いて、基本ソフトウェアを「見通しよく」記述する方法を提案した。並行オブジェクト指向概念を採用したシステム記述言語ABCL/c+を独自に開発し、その言語でオペレーティングシステム核を実際に記述した。実現した核は、オペレーティングシステムの機能毎に、並列オブジェクトに分割され、その間をメッセージの受け渡しで記述した。
107 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
並列オブジェクト指向言語ABCL/c+によるオペレーティングシステム核の記述の試み
土居範久、児玉靖司
WOOC'87(日本ソフトウエア科学会オブジェクトオリエンテッドメソッドコンピューティングに関するワークショップ'87)


1987



大規模化するオペレーティングシステムを実現するために、並列オブジェクト指向言語により、オペレーティングシステムの機能を並列オブジェクトに分割しかつ、階層化することにより「見通し」のよい記述をした。独自に並列オブジェクト指向言語ABCL/c+を開発し、新たにオペレーティングシステム核を記述した。
108 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
並行オブジェクト指向プログラミング言語ABCL/c+
土居範久、児玉靖司
慶應義塾大学情報科学研究所第175回
「情報科学研究会」


1987/07



並行オブジェクト指向概念を用いたプログラミング言語を設計し、実現した。このプログラミング言語は、我々が開発しているオペレーティングシステム核の記述言語である。本稿ではABCL/c+の設計方針について詳しく報告する。
109 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ABCL/c+ によるXINUの実現
土居範久、児玉靖司
「オペレーティングシステム研究報告」、慶應義塾大学情報科学研究所

35/ 04, 1-8
1987/07



東京大学、米澤らのABCL/1を手続きおよび関数をオブジェクトと統一するルーチンオブジェクトを導入することにより拡張しプロセスの世界を作り出すことを可能としたC言語版オブジェクト指向言語ABCL/c+を設計し、オペレーティングシステム核を記述することを試みた。オペレーティングシステムの素材としてはXINUを用い、ABCL/c+で全面的に書き換えた。その結果、並行オブジェクト指向言語を用いると極めて見通しの良いオペレーティングシステム核が作れることがわかった。