Papers
Number of the published data : 187
No. Publishing type Authorship Title Author Journal Publisher Volume/issue/page Publication date ISSN DOI URL Summary
1 (MISC) Introduction and explanation (scientific journal)
Single
開発援助のポリシー・ギャップ ―移転補償をどう行うか―
藤倉良
環境経済政策研究
環境経済政策学会
10/ 1, 29-32
2017/03/30
1882-3742



2 (MISC) Introduction and explanation (scientific journal)
Single
国際協力
藤倉良
環境研究
日立財団
182, 100-105
2017/03/03




3 Research paper (scientific journal)
Joint
Formulation Process of Diet Law and Cabinet Law in Japan – A Comparative Study of Basic Environmental Law and Basic Law on Biodiversity –
Ryo Fujikura, Mikiyasu Nakayama, Manami Fujikura
International Journal of Social Science Research

4/ 2, 78-97
2016/08/22

10.5296/ijssr.v4i2.9703

In Japan, both the cabinet and legislators can submit a bill to the diet. When a ministry develops a bill, it must obtain a report from a council that justifies the necessity of the new law. The ministry must then obtain approval from the ruling party and consent among the other ministries including the Cabinet Legislation Bureau. After a cabinet decision, the bill is submitted to the diet. At the end of 2015, there were 48 basic laws in effect, and while there is no firm definition of a basic law, such a law generally provides simple policy framework and direction. The cabinet submitted the bill of the Basic Environmental Law, and the law was established in 1993. A collaboration of environmental officers and big-name politicians initiated its formation, and the law legalized environmental impact assessments, economic instruments, and provided a global environmental policy, significantly improving Japanese environmental policy. A group of NGOs drafted the Basic Law on Biodiversity, which was subsequently submitted by diet members. It was established in 2008; however, it has not significantly influenced environmental policy.
4 Research paper (scientific journal)
Joint
The Influence of Limits to Growth and Global 2000 on U.S. Environmental Governance
Michael Lerner, Ryo Fujikura, Mikiyasu Nakayama & Manami Fujikura
International Journal of Social Science Studies

4/ 8, 52-63
2016/06/30

10.11114/ijsss.v4i8


5 Research paper (international conference proceedings)
Joint
Safeguard Implementation of by Regional Development Banks – On Involuntary Resettlement –
Masami Tsuji and Ryo Fujikura
Proceedings – Final Reviewed Papers, 36th Annual Conference of the International Association for Impact Assessment, 11-14 May 2016, Aichi-Nagoya, Japan


2016/05/14




6 (MISC) Introduction and explanation (others)
Single
適応をどうするか -政策研究の方向性-
藤倉良
OECC会報
海外環境協力センター
77, 7-8
2016/04/15




7 Research paper (bulletin of university, research institution)
Joint
中国における自動車リサイクル産業の収益構造:日本の経験との比較から
澤津直也、松本礼史、藤倉良


4, 95-115
2016/03/31




8 Research paper (bulletin of university, research institution)
Joint
アジア開発銀行の住民移転政策実施上の課題-異議申立プロジェクトの事例分析
辻昌実、藤倉良
公共政策志林

4, 117-134
2016/03/31




9 Research paper (bulletin of university, research institution)
Joint
アジア開発銀行の住民移転政策実施上の課題-異議申立プロジェクトの事例分析
辻昌実、藤倉良
公共政策志林

4, 117-134
2016/03/31




10 (MISC) Introduction and explanation (bulletin of university, research institution)
Single
環境学は総合格闘技?
藤倉良
人間環境論集
法政大学人間環境学部
16/ 1, 71-85
2015/11/30
13453785



11 Research paper (scientific journal)
Joint
Pollution Risks Accompanied with Economic Integration of ASEAN Countries and the Fragmentation of Production Processes
Tetsuo Kida
International Journal of Social Science Studies

3/ 5, 76-86
2015/07/22

10.11114/ijsss.v3i5.915


12 Research paper (scientific journal)
Joint
One village one product: evaluations and lessons learnt from OVOP aid projects
Kanako Mukai
Development in Practice

25/ 3, 389-400
2015/04/15

10.1080/09614524.2015.1020763


13 (MISC) Introduction and explanation (bulletin of university, research institution)
Single
増大するアジア地域の電力、水の需要と大型ダムプロジェクト
藤倉良
人間環境論集
法政大学人間環境学部
15/ 2, 157-170
2015/03/31
13453785



14 Research paper (scientific journal)
Joint
A chance in Myanmar induced by the minimum wage policy in Thailand: A case study of Myawaddy industrial area
Tetsuo Kida
International Journal of Social Science Studies

3/ 1, 38-46
2014/11/27
2324-8033
10.11114/ijsss.v3i1.542


15 Research paper (bulletin of university, research institution)
Joint
一村一品運動の継続を可能にする要因
向井加奈子
公共政策志林

2, 87-100
2014/03/24
2187-5790


日本の一村一品運動がJICA事業として定着する要因が発案者である平松元宮崎県知事が提唱した3原則にあることを、宮崎県内におけるプロジェクトの調査から明らかにした。
16 Research paper (scientific journal)
Joint
Atatürk Dam resettlement process: increased disparity resulting from insufficient financial compensation
Erhan Akca and Cigdem Sabbag
International Journal of Water Resources Development

29/ 1, 101-108
2013/03/01
0790-0627
10.1080/07900627.2012.738497

トルコ、アタチュルクダムの建設によって移転した住民の生活再建状況について調査研究を行った。金銭補償が行われたが、その後の土地投機で価格が急上昇し、移転民は移転前と同等の土地が確保できず、生活水準の低下を招く結果となった。
17 Research paper (scientific journal)
Joint
The long-term impacts of resettlement programmes resulting from dam construction projects in Indonesia, Japan, Laos, Sri Lanka and Turkey
Mikiyasu Nakayama
International Journal of Water Resources Development

29/ 1, 4-13
2013/03/01
0790-0627
10.1080/07900627.2012.741032

インドネシア、日本、ラオス、スリランカ、トルコのダム建設に伴う住民移転に関する研究成果に基いて、移転補償のあり方について検討した特集号のoverview論文。移転に伴う、補償のありかた、実施機関の体制、移転計画の長期的実施などについて課題を指摘し提案を行った。
18 (MISC) Introduction and explanation (others)
Single
「温暖化」論争の真贋を見極めよう

文藝春秋オピニオン 2013年の論点100

246-247
2012/11/13



エネルギー問題に関する議論ががひたすら原発の是非に向い地球温暖化問題に関する関心が薄れつつある状況の中、地球温暖化懐疑論が跋扈している。その科学的誤謬を指摘した一般向け解説記事。
19 Research paper (scientific journal)
Single
Environmental Policy in Japan: Progress and Challenges after the Era of Industrial Pollution

Environmental Policy and Governance

21/ 5, 303-308
2011/10
1756-932X
10.1002/eet.579

1970年の公害国会以降、近年の日本の環境問題を取り扱った特集号の総括論文。大気汚染、廃棄物、水質汚濁、気候変動対策の現状と課題についてレビューを行った。大気汚染では自動車排ガス規制基準の制定について、廃棄物は不法投棄対策の進捗状況について、水質汚濁では総合的水管理政策に向けた課題について、気候変動対策については地公共団体の対策についてレビューを行った。
20 Research paper (scientific journal)
Single
The Influence of Local Governments on National Policy-Setting Processes to Regulate Japan's Vehicle Emissions

Environmental Policy and Governance

21/ 5, 309-324
2011/10
1756-932X
10.1002/eet.58

日本の自動車排ガス規制における地方公共団体の役割を分析した。具体的には、マスキー法を採用して窒素酸化物規制を強化した1970年代の対策とディーゼル排ガス規制を強化した1990年代から2000年代にかけての自動車NOx・PM法の策定における国と地方公共団体の役割について分析を行った。
21 (MISC) Introduction and explanation (others)
Joint
社会・経済的基盤
豊田知世
第3章 大阪の水環境、アジアの都市と水環境

50-60
2011/03/31




22 (MISC) Introduction and explanation (scientific journal)
Single
開発途上国における気候変動適応策と国際協力

環境科学会誌

23/ 6, 542-548
2010/12



具体的なプロジェクトが何であるかがわかりにくい気候変動適応策の概要を解説し、開発途上国でそれを実施する上での課題を指摘したうえで、この分野における今後の国際協力のあり方を示した。ともすれば、専門分野に閉じこもりタコツボ化してしまいがちな日本の研究者に対して、広い視野を持つように呼びかけた。
23 (MISC) Meeting report etc.
Joint
インフラ円借款の温室効果ガス削減効果 -石炭火力発電所を事例とした一考察-
豊田知世、小松悟、金子慎治
第21回国際開発学会全国大会報告論文集

337-340
2010/12/05




24 (MISC) Meeting report etc.
Joint
インドネシア・ビリビリダムの移転住民の暮らしに関する一考察 -サステイナブル・ライブリフッズ・アプローチによる分析の試み-
吉田秀美
第21回国際開発学会全国大会報告論文集

17-20頁
2010/12/04




25 (MISC) Meeting report etc.
Joint
インドネシア・ビリビリダム移転住民の暮らしに関する一考察:サステイナブル・ライブリフッズ・アプローチによる分析の試み
吉田秀美,白井聡子,山崎若菜,須田真依子,土井菜穂子,下村恭民,藤倉良
人間環境論集

10/ 2, 75-91
2010/05



大学院の演習として円借款で建設されたインドネシア、ビリビリダムにより移転させられた住民の居住地を訪問しインタビュー調査を行った成果を取りまとめた論文。移転後数年で水没地近傍に帰還した住民がいる一方で、現地に踏みとどまり生活を大幅に改善した住民も存在することを明らかにした。
26 Research paper (scientific journal)
Joint
Financial allocation strategy for the regional pollution abatement cost of reducing sulfur dioxide emissions in the thermal power sector in China
Shinji Kaneko, Hidemichi Fujii, Naoya Sawazu, Ryo Fujikura
Energy Policy

38/ 5, 2131-2141
2010/01
0301-4215
10.1016/j.enpol.2009.06.005

中国の省別データを用い、省によって石炭の硫黄含有率や排煙脱硫装置の設置状況が異なる現状を示し、同国が石炭火力発電所からの硫黄酸化物を排出削減する場合の経済的戦略を示した。
27 (MISC) Meeting report etc.
Joint
意図的な人口抑制が江戸時代後半の人口停滞に及ぼした効果
新藤靖浩,藤倉良
人間環境論集

10/ 1, 43-51
2009




28 (MISC) Meeting report etc.
Joint
消費者の属性がレジ袋辞退率に及ぼす効果に関する研究
松井玉,藤倉良,藤倉まなみ,小松悟,金子慎治
人間環境論集

9/ 2, 39-46
2009



ファンシーショップの顧客にレジ袋辞退を促した場合、それに応じる割合を顧客の住所、年齢、収入、性別等で大変量解析を行った。その結果、若年層の辞退率が低く、ゴミ政策に熱心な自治体に住む顧客ほど高くなり、自治体の広報の効果が認められた。
29 Research paper (scientific journal)
Joint
Lessons from Resettlement Caused by Large Dam Projects: Case Studies in Japan, Indonesia and Sri Lanka
Ryo Fujikura, Mikiyasu Nakayama and Naruhiko Takesada
Water Resources Development

25/ 3, 407-418
2009

10.1080/07900620902958694

インドネシア、日本、スリランカのダム建設に伴う住民移転に関する研究成果に基いて、移転計画の長期的事後評価を行った特集号のoverview論文。過去の移転問題に関する先行研究のレビューも同時に行っている。
30 Research paper (scientific journal)
Joint
Estimating the Indirect Costs of Resettlement Due to Dam Construction - A Japanese Case Study
Atsushi Hattori and Ryo Fujikura
Water Resources Development

21/ 2, 441-457
2009

10.1080/07900620902958785

住民移転に係る真の費用を明らかにするため、神奈川県宮ケ瀬ダムの建設経緯に従って総経費を積算した。公表されている建設費では住民移転経費は7%程度であるが、付帯事業まで参入すると総コストの25%を超えることを明らかにした。
31 Research paper (scientific journal)
Joint
Effects of Construction of the Bili-Bili Dam (Indonesia) on Living Conditions of Former Residents and Their Patterns of Resettlement and Return
Rampisela Dorotea Agnes, Mochtar S. Solle, Adri Said and Ryo Fujikura
Water Resources Development

25/ 3, 467-477
2009

10.1080/07900620902965186

円借款で建設されたインドネシア、ビリビリダムにより移転させられた住民に対してアンケート調査及びヒアリング調査を行い、複数の移転先のそれぞれについて経緯を分析し、住民の満足度とその理由を明らかにした。
32 Research paper (scientific journal)
Joint
Lessons learned from the World Commission on Dams
Ryo Fujikura and Mikiyasu Nakayama
International Environmental Agreements: Politics, Law and Economics

9/ 2, 173-190
2009

10.1007/s10784-009-9093-y

ダムの建設に伴う社会環境問題を解決するために組織された世界ダム会議(WCD)が2000年に報告書を発表した。このプロセスに世界銀行は深く関与していたにも関わらず、世界銀行はこれを無視する結果となった。その原因はWCDの運営方法にあったことを指摘した。
33 Research paper (other science council materials etc.)
Joint
Urbanization and subsurface environmental issues: An attempt at DPSIR model application in Asian cities
Karen Ann Bianet Jago-on, Shinji Kaneko, Ryo Fujikura, Akimasa Fujiwara, Tsuyoshi Imai, Toru Matsumoto, Junyi Zhang, Hiroki Tanikawa, Katsuya Tanaka, Backjin Lee, Makoto Taniguchi
Science of the Total Environment

407/ 9, 3089-3104
2009

10.1016/j.scitotenv.2008.08.004


34 Research paper (scientific journal)
Joint
Taking Good Care of Project-Affected-Families because of Dams
Mikiyasu Nakayama, Naruhiko Takesada and Ryo Fujikura.
International Journal of Water Resource Development

25/ 4, 629-639
2009/11

10.1080/07900620903273499


35 Research paper (scientific journal)
Joint
A comparative study on history of sewage works construction between Bangkok and Tokyo, Eds. Taniguchi et.
T. Imai, C. Vitoonpanyakij, S. Kessomboon, P. Banjongproo, S.Kaneko, R. Fujikura, and T. Matsumoto
Headwaters to the Ocean – Hydrological Changes and Watershed Management

583-589
2008




36 Research paper (other science council materials etc.)
Single
大阪市における下水道による工場排水処理
藤倉良
アジアにおける分権化と環境政策,研究双書

566, 173-202
2008




37 (MISC) Other article
Single
環境科学というブラックボックス -『文系のための環境科学入門』を刊行して
藤倉良
書斎の窓,有斐閣

2008年12月号, 29-33
2008/12




38 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
顕在化する中国の環境問題
藤倉良
日中経協ジャーナル(2008年7月号),(財)日中経協協会,

8-11頁
2008/07




39 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
環境問題をどう考えるか
藤倉良
日本経団連事業サービス社内広報センター,2008年2月号から連載中

2008年2月号から連載中
2008/02




40 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
日本の公害経験の背景と技術移転
藤倉良
アジ研 ワールドトレンド

149, 30-33
2008/02




41 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
環境問題をどう考えるか
藤倉良
社内広報 情報源、日本経団連事業サービス社内広報センター


2008/02




42 (MISC) Meeting report etc.
Single
研究報告ということ
藤倉良
人間環境論集

第7巻/ 第2号, pp.95-102
2007




43 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
環境リスクとマスメディア -環境ホルモン報道を中心として -
藤倉良
浅野直人教授還暦記念論文集

43-65
2007




44 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
冷静に考える環境問題
藤倉良
WIRED VISION


2007/11




45 Research paper (other science council materials etc.)
Single
Administrative Guidance of Japanese Local Government for Air Pollution Control
Ryo Fujikura
Development of Environmental Policy in Japan and Asian Countries, Macmillan Publishers, Hampshire, U.K.

90-116
2007/01




46 (MISC) Meeting report etc.
Single
研究をするということ
藤倉良
人間環境論集

第6巻/ 第2号, pp.37-48
2006




47
Joint
技術協力プロジェクトの自立発展性評価について
野澤慎太郎,藤倉良
第17回国際開発学会全国大会論文集

319-322頁
2006/11




48
Joint
ダム建設による移転住民の合意形成と生活再建に係る総費用の推計-日本における最新事例の研究とODAへの含意
服部敦,藤倉良
第17回国際開発学会全国大会論文集

174-177頁
2006/11




49 Research paper (scientific journal)
Joint
中国における工業セクターの二酸化硫黄排出構造に関する地域間比較
金子慎治,澤津直也,白川博章,藤倉良
国際開発研究

15/ 2, 81-100
2006/11




50
Joint
江戸におけるし尿の需給構造の検証 -リサイクル社会は成立していたのか?-
藤倉良,澤津直也
第34回環境システム研究論文発表会講演集

157-162
2006/10




51 Research paper (scientific journal)
Joint
Coverage and Reliability of Chinese Statistics regarding Sulfur Dioxide Emissions during the Late-1990s
Ryo Fujikura, Shinji Kaneko, Hirofumi Nakayama, and Naoya Sawazu
Environmental Economics and Policy Studies

7/ 4, 415-434
2006/08




52 Research paper (scientific journal)
Joint
Improving Development Assisstance Projects for Disaster Prevention - Case Studies on Factors Developing Regional Capacity for Disaster Prevsntion
三牧純子,藤倉良
国際開発研究

15/ 1, 39-58
2006/07




53 (MISC) Meeting report etc.
Single
Japan's Experiences of Sulfur Oxide Reductions during the 1970s
R. Fujikura
Collection of the Papers of Shanghai Forum 2005 復旦大学出版社(中国上海市)

182-198
2006/05




54 Research paper (scientific journal)
Joint
Issues in WCD Report Development - Inconsistencies between Fact-Findings and Guidelines
Nakayama, M. and Fujikura, R.
Hydrological Processes

20/ 6, 1263-1272
2006/04




55 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
政府開発援助における環境配慮のありかたについて
藤倉良
平成17年度環境リスク研究会報告書,(社)環境情報科学センター

40-54
2006/03




56 (MISC) Meeting report etc.
Single
日本の工場排水対策における下水道の役割 -大阪市の経験をもとに-
藤倉良
寺尾忠能・大塚健司編,発展途上国の地方分権化と環境政策,アジア経済研究所

21-48
2006/03




57 (MISC) Other article
Single
論文を書くということ
藤倉良
人間環境論集

第6巻/ 第1号, pp.81-87
2005




58 Research paper (scientific journal)
Joint
Post-project Review on a Resettlement Programme of the Kotapanjang Dam Project in Indonesia
Syafruddin Karimi, Mikiyasu Nakayama, Ryo Fujikura, Taro Katsurai, Makako Iwata, Takeshi Mori and Koichi Mizutani
Water Resources Development

21/ 2, 371-384
2005/06




59 (MISC) Introduction and explanation (others)
Single
Possible Role of a Donor toward Appropriate Environmental Management of Dam Projects - A Case Study in Indonesia
Ryo Fujikura
Proceedings of AOGS 2005 (Asia Oceania Geosciences Society Conference), Singapore June 20-24

1347
2005/06




60
Joint
国際協力における防災プロジェクト促進のための課題と提言 ―地域防災力向上の決定要因に関する事例研究から -
三牧純子,藤倉良
国際開発学会第6回春季大会報告論文集

73-76
2005/06




61 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
国際化したダム開発の環境社会配慮問題 -世界ダム会議勧告が残したもの-
藤倉良
平成16年度環境リスク研究会報告書,(社)環境情報科学センター

61-76
2005/03




62 Research paper (other science council materials etc.)
Single
Successful Air Pollution Control in Japan: History and Implications
Ryo Fujikura
Ed. Wilfrido Cruz, Adriana N. Bianchi, Masahisa Nakamura, Local Approaches to Environmental Compliance: Japanese Case Studies and Lessons for Developing Countries, The World Bank, Washington, D.C.

19-51
2005/02




63 Research paper (other science council materials etc.)
Single
世界ダム委員会勧告に残された課題-国際環境政策過程における参加問題,
藤倉良
寺尾忠能・大塚健司編,アジアにおける環境政策と社会変動,研究双書No.541,アジア経済研究所

347-377
2005/01




64 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
生物多様性条約の成立過程をとおしてみた生物多様性保全の意義
藤倉良
農林水産政策研究所レビュー

14, 64-65
2004/12




65
Single
Technical Applicability of the Recommendation of the World Commission on Dams
R. Fujikura
水文・水資源学会2004年研究発表会要旨集

292-293
2004/09




66 Research paper (scientific journal)
Joint
Japan’s ODA and the WCD Recommendations: Applicability of Comprehensive Options Assessment in JICA Development Studies
Katsuhiko Mori, Ryo Fujikura, and Mikiyasu Nakayama
Water International

29/ 3, 352-361
2004/09




67 (MISC) Introduction and explanation (others)
Single
WCD recommendations and their viability for the real dam construction projects
R. Fujikura
Proceedings of the 2nd APHW (The Asia Pacific Association of Hydrology and Water Resources) Conference, Singapore July 5-8

2/ 963-969
2004/07




68 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
公害経験における社会的アクターの関係-工業都市の硫黄酸化物対策-,の形成と国際協力拠点
藤倉良
Discussion Paper Series Vol.2004-2,広島大学大学院国際協力研究科21世紀COEプログラム,社会的環境管理能力


2004/04




69 (MISC) Introduction and explanation (others)
Single
Acid rain in Japan and a role of Japanese ODA - Transboundary environmental impact on a donor from a recipient,
R. Fujikura
International Workshop Materials, "Forging partnership?" A comparative study of institutional responses to Nordic and Japanese Aid in Asia

86-88
2004/03




70
Joint
竹林管理に関する一考察 - 京都府内におけるケース・スタディ-
大西由加梨,藤倉良
第31回環境システム研究論文発表会講演集

13-18
2003/10




71 Research paper (scientific journal)
Joint
Applicability of the World Commission on Dams' recommendations for public financial institutions: a case for Japanese yen loan assistance
R. Fujikura, M. Nakayama, and K. Mori
Hydrological Processes

17, 2737-2751
2003/10




72 Research paper (other science council materials etc.)
Joint
Impact Assessment as Viable Instrument for Poverty Reduction: Post-Hoc Review on Societal Impacts of Two Power Generation Projects
M. Nakayama and R. Fujikura
Ed. I.H. Olcay Unver, Rajiv K. Gupta IAS, and A. Kibaroglu, Water Development and Poverty Reduction, Kluwer

53-71
2003/04




73 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
途上国ダム開発 日本がカギ
藤倉良
読売新聞(大阪本社)

31
2003/03




74 (MISC) Introduction and explanation (others)
Single
A Possible Role of Donors to Improve Environmental Monitoring of Dam Projects at the Operational Phase - A Case Study in Indonesia

Proceedings of the 1st International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific Region

1, 154-157
2003/03




75 (MISC) Introduction and explanation (others)
Joint
Japan's ODA and the WCD Recommendations: Applicability of Comprehensive Options Assessment in JICA feasibility Studies
K. Mori, R. Fujikura, M.Nakayama
Proceedings of the 1st International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific Region

1, 127-132
2003/03




76 Research paper (scientific journal)
Joint
Perception Gaps among Stakeholders Regarding the WCD Guidelines
R. Fujikura and M. Nakayama
International Environmental Agreements: Politics, Law and Economics

3, 43-57
2003/02



世界ダム会議が公表したダム開発に係る環境配慮事項を取りまとめた報告書は,ダム開発派と反対派で大きく異なった受け止められ方をした。本論文では,その理由を明らかにし,同報告書が広く受け入れられるために必要な事項について検討した。 共著者:
77 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
日本の高度経済成長期に実施された工業都市における大気汚染対策
藤倉良
別冊立命館経済学特別号1

143-152
2002




78
Single
日本の国際環境協力における環境センターの可能性
藤倉良
第13回国際開発学会全国大会報告論文集

340-345
2002/12




79 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
四〇年前の地方の時代
藤倉良
ダイヤモンド

39-40
2002/11




80 Research paper (other science council materials etc.)
Single
日本の地方公共団体の硫黄酸化物対策 -高度経済成長期に実施された公害防止協定と行政指導-
藤倉良
「開発と環境」の政策過程とダイナミズム-日本の経験・東アジアの課題-,研究双書No.527,アジア経済研究所

37-78
2002/11



1960年代から1970年代にかけて,日本の工業都市の大気が高度経済成長期に硫黄酸化物で汚染されていった原因及び横浜,大阪,北九州三市の対策が成功した社会的背景を分析した。続いて,行政指導や公害防止協定の意義について検討し,さらに,これらが現在の開発途上国における利用可能性について若干の検討を加える。
81 Research paper (other science council materials etc.)
Joint
Information Sharing for Public Participation in Water Resource Management
M.Nakayama, R.Fujikura
Water Resources Management, METU Press, Ankara

67-80
2002/10



開発プロジェクトの実施において,住民参加の重要性は指摘するまでもないが,プロジェクトに関する情報がいかに適切に伝達されているかが,合理的判断を下せるか否かを分けることが多い。本論文では,アフリカ,アジア,ヨーロッパの水資源開発を事例としてとりあげ,情報流通の重要性について検討した。
82
Joint
製造工程における環境負荷削減の障害に関する一考察
今村茂義,藤倉良
環境経済・政策学会2002年大会・報告要旨集

294-295
2002/09




83 Research paper (scientific journal)
Joint
Japanese Experiences to Enhance the WCD Guidelines
M.Nakayama, R.Fujikura, T.Yoshida
Hydrological Processes

16, .2091-2098
2002/08



世界ダム会議が「ダムと開発」で提案する26のガイドラインを過去に行われた日本の大型ダム開発に適用を試みると、移転住民対策について特に以下の観点から適用が困難であることが明らかになった。①交渉過程における住民の主体性確保。②代替しうる職業の提供。③プロジェクト実施後の資金提供メカニズム。④計画策定中の諸対策。⑤移転者の意思決定への関与。これらの日本の経験を考慮することでガイドラインの改善が図られると考えられる。
84 Research paper (scientific journal)
Joint
Study on Feasibility of the WCD Guidelines as an Operational Instrument
R.Fujikura, M.Nakayama
International Journal of Water Resources Development

18/ 2, 301-314
2002/07



2000年11月に世界ダム会議が公表した報告書「ダムと開発」には、ダム建設に係る26のガイドラインが提言されている。この各ガイドラインを検討してみると、①ガイドラインの位置付が不明、②ガイドラインごとに実施主体が異なる、③技術的に未確立の作業が必要、④判断基準がない、⑤ガイドライン間の関係が不明、⑥実施主体の能力の問題に帰着する、⑦実施主体の存在が疑わしいなどの問題点があり、ただちにダム開発に適用可能なガイドラインは最大でも6つに留まっている。
85 Research paper (scientific journal)
Joint
Post hoc review of involuntary resettlement issues in two power generation projects
R. Fujikura and M. Nakayama
Development in Practice

12/ 2, 208-212
2002/05



フィリピンのカラカ石炭火力発電所とインドネシアのサグリン水力発電所の建設に伴う移転住民への補償対策を比較研究した。
86 (MISC) Other article
Joint
日本における公害経験の開発途上国への移転可能性に関する研究
藤倉良、押谷一
平成11年度~平成13年度科学研究費補助金(基盤研究所(c)(2))研究成果報告書


2002/03



大阪市、横浜市、北九州市を対象として事例研究を行い、各都市の高度経済成長期における公害対策の背景にあるそれぞれの社会経済的状況を明らかにした。続いて、このような日本の公害経験を開発途上国にどう適用できるかを、さらに、フィリピン、タイ、マレーシアで現地調査を行った。最後に、日本の公害問題の発生、影響、対策をシステム・ダイナミクスを用いモデル化して、日本の経験の開発途上国への適用可能性について検討した。
87 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
地球温暖化防止を巡る国際交渉
藤倉良
地球温暖化シンポジウム報告書、京都地球の共生府民会議

9-13
2001




88 Research paper (scientific journal)
Single
A non-confrontational Approach to Socially Responsible Air Pollution Control: the electoral experience of Kitakyusyu
R. Fujikura
Local Environment

6/ 4, 469-482
2001/11



国内外を問わず日本の公害対策史の研究者は、活発な住民運動こそが地方公共団体が公害対策に向かわせる原動力であったと指摘している。北九州市の硫黄酸化物は大幅に減少したにもかかわらず、表立った住民運動は存在しなかった。企業城下町では市民が大企業に敵対することのコストは大気環境改善のベネフィットを上回っていたのである。北九州市の例は地方選挙が機能すれば公害対策も変化しうるという例を示すものである。 全14頁(469~482頁)
89 Research paper (scientific journal)
Joint
Political Bias and Methodological Failure in Assessing Environmental Impacts of Development Projects - Comparative Analysis of the High Aswan Dam and Calaca Thermal Power Plant Development Projects -
M.Nakayama, R.Fujikura
J.Comparative Policy Analysis

3/ 3
2001/11



エジプト・アスワンハイダムは著しい環境破壊を引き起こしたことが知られているが、状況を精査すると言われている環境影響の多くはプロジェクトと直接の因果関係がない。これはフィリピン・カラカ石炭火力発電の場合と同様であり、どちらにも、総合的視野の欠如、因果関係についての単純化されすぎた考察、政治的バイアスが作用した結果であることが指摘できる。
90 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
環境と開発協力

国際問題,2001年9月号

13-27
2001/09



開発途上国の環境保全に日本のODAが資するための課題を示した。環境配慮については、ドナーである日本どこまで援助案件の責任を有するべきかについて論じ、環境ODAについては実施上の問題点を提示した。
91 Research paper (scientific journal)
Joint
Factors Leading to Erroneous Impact Assessment
R.Fujikura, M.Nakayama
Environmental Impact Assessment Review

21, 181-200
2001/04



円借款で建設されたフィリピン・カラカ石炭火力発電所に反対したNGOが根拠とした環境予測の誤りを指摘した上で、なぜそのような誤りが発生したかについて考察した。セクター全体の環境影響に対する考慮の欠如、フィリピン国内法に関する誤解、先進国の環境規制の途上国への押し付け、因果関係に関する単純すぎた考察、以前に発生した問題は必ず再発生するという単純な予測、政治的先入観などが環境予測に作用した結果、合理的な判断が行えなかった。
92 (MISC) Other article
Single
硫黄酸化物削減に係る公害防止協定の比較研究

アジア経済研究所 『アジアの環境問題と社会経済制度』

1-24
2001/03



1970年の公害国会で国の環境に関する法制度が整備される前から、積極的な公害対策を実施して成果を上げてきた地方公共団体がある。ここでは横浜市と北九州市の硫黄酸化物対策を対象にして、両市の政策の比較研究を行った。両市とも市内の企業と公害防止協定を締結しているが、企業が締結した政治的、社会的背景が異なっていた。横浜市の場合は工場の新増設の場合に限られており既存工場は対象にならなかったが、北九州市の場合には既存工場との協定の一括締結である。
93
Single
フィリピン・カラカ石炭火力発電所の環境対策
藤倉良
日本評価学会第1回全国大会発表要旨集録

73-76
2001/02




94 (MISC) Other article
Single
「エラい」研究所
藤倉良
国立環境研究所ニュース

Vol.18/ No.6, p.2
2000




95 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
海にただようプラスチックゴミ
藤倉良
環境学習

39
2000




96
Single
世界銀行における環境案件・環境配慮に関する事例研究
藤倉良
第11回国際開発学会全国大会報告論文集

39-42
2000/12




97 (MISC) Other article
Single
(報告) フィリピン国カラカ石炭火力発電所の硫黄酸化物対策に関する考察

国際開発研究

9/ 2, 145-156
2000/11



円借款でフィリピンに建設されたカラカ石炭火力発電所は予定より4年も完成が遅れた。その主たる原因は現地と日本国内における公害反対運動である。ここでは、その経緯を報告し、さらに分析を行った。
98
Single
開発援助プロジェクト環境配慮の方向性に関する研究

環境経済・政策学会,2000年大会報告要旨集

204-205
2000/10




99 (MISC) Other article
Single
書評:地球白書2000-01
藤倉良 (2000) 書評:地球白書2000-01,農林水産図書資料月報,2000年8月号,7頁
農林水産図書資料月報,2000年8月号

7頁
2000/08




100 Research paper (other science council materials etc.)
Single
Public Participation In Urban Environment Management in Japan

Local Dynamics in an Era of Globalization, Oxford University Press

169-174
2000/08



本書は世界開発報告1999/2000を作成するために世界銀行が執筆を依頼した論文を取りまとめたものである。本論文では、高度経済成長期前後における北九州市及び最近の鎌倉市の住民参加など数例を事例として紹介しつつ、日本の都市環境管理における住民参加の歴史と最近の役割について論じ、あわせて住民参加のための法制度の整備状況や課題について議論した。
101 Research paper (scientific journal)
Joint
A study on experts' Judgment on the future Perspective of a Country: a case study of China
S.Kaneko, R.Fujikura, H.Imura
Baltzer Science Publisher, Integrated Assessment 1

1, 87-104
2000/04



西暦2050年までの中国の経済、社会、環境等の状況を60名の中国や環境問題の専門家にグラフ上に直感的に線を描いてもらい、これを統計的に解析した。これは、将来予測の方法論としての可能性を検証するための作業である。その結果、経済系の研究者より技術系の研究者の方が悲観的見通しをもっていることが明らかになった。
102 (MISC) Other article
Single
International Workshop on the Environmental Sensitivity Index Mapping for Oil Spills, Tokyo, 23 March 2000
Ryo Fujikura
Chiarperson's summary


2000/03




103
Joint
Devlopment of Environmental Policy in Kitakyushu City
T. Katsuhara, H. Nakayama, R. Fujikura
アジア経済研究合同学会報告書

198
2000/02




104
Single
国際協力実施に向けた公害経験情報の役割
藤倉良
アジア経済研究合同学会報告書

197
2000/02



日本の公害経験を移転するために、公害対策史を整理する必要性を指摘した。
105 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
企業の公害防止費用に関する試算
藤倉良
資源環境対策

53-60
1999/11




106 Research paper (other science council materials etc.)
Single
企業の公害防止費用に関する試算
藤倉良
資源環境対策 1999年11月号

53-60
1999/11



大気汚染対策及び水質汚濁対策のために日本の企業が行っている投資額と運転コストをマクロデータ及び個別データから業種別に推測した。
107 Research paper (scientific journal)
Single
公害対策経験の知識共有化と途上国支援
国際開発研究


8/ 2, 59-70
1999/11



急速な工業化に伴って公害が顕在化している開発途上国に対して日本の公害経験を移転することが有効であると言われている。しかし、現実には技術移転を前提とした日本の経験の蓄積・整理は殆ど行われていないのが現状である。このため、現場では専門家が個人的経験にたよって技術移転を試行錯誤で進めているのが現状である。本論文では技術移転を踏まえた日本の公害経験の体系的整理と分析の必要性及びその方針について論じた。
108
Single
日本企業が開発途上国で行う環境保全活動・環境ビジネスに関する研究
藤倉良,中本成美
土木学会第7回地球環境シンポジウム講演集

303-308
1999/07




109 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
北九州市の公害経験の背景と技術移転可能性
藤倉良
東アジアへの視点

180-192
1999/03




110 (MISC) Other article
Single
(文部省科学研究費報告書) 環境政策が国際競争力に及ぼす影響に関する研究
藤倉良
平成8年度~平成10年度科学技術研究費補助金(基盤研究(c)(2)研究成果報告書)


1999/03



日本企業が公害対策に投じている資金を分析し、これが国際競争力には大きくは影響しないことを示した。 全32頁
111 (MISC) Other article
Single
北九州市の公害経験の背景と技術移転可能性
藤倉良
国際東アジア研究センター 『東アジアへの視点』 1999年3月号

180-192
1999/03



開発途上国への技術移転を念頭におきつつ、高度経済成長期の北九州市における公害対策を分析した。
112
Single
開発途上国に対する日本の公害経験の移転可能性
藤倉良
第9回国際開発学会全国大会講演論文集

52-55
1998/10



高度経済成長期の日本の公害対策経験を現在の開発途上国に移転することを念頭において、当時の日本と現在の開発途上国の社会状況を比較した。
113 Research paper (scientific journal)
Joint
中国深せん市の経済発展と土地利用変化に関する研究
陳晋、藤倉良、井村秀文
土木学会 『環境システム研究』

26, 279-287
1998/10



経済発展に伴って急速に変化する中国深せん市の土地利用変化を、衛生データおよび経済データ等を用いて解析した。同市の都市計画の実効性は十分ではなく、結果として土地利用転換は強い規制をうけることなく、各種の経済状況や土地の自然条件などに従って改変されていくことが明らかになった。
114
Single
高度経済成長期における地方公共団体の大気汚染対策
藤倉良
環境経済・政策学会、1998年大会報告要旨集

139-140
1998/09



1960年代から70年代にかけての横浜市と北九州市の硫黄酸化物対策の違いを比較研究した。
115 Research paper (scientific journal)
Joint
中国農村人口の移出先の変遷とその要因に関する研究
藤倉良、陳晋、中山裕文、左健
国際開発研究

7/ 1, 19-31
1998/05



中国の人口センサスを用い、農村人口の解析を行った。省外への移出先としては、同じ農村部に向けた移動が増えている。農村人口の移出先は、北京市、上海市、広東省、新キョウウイグル自治区へ集中する傾向にある。農村人口が省外に移出する場合、どの省を選択するかというパターンには特定の省の間で類似した傾向が見られ、6グループに分類できた。移出先となる都市部の電力、上水、住宅の整備状況についても解析を行った。
116 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
アジア地域の環境保全に向けた我が国の経済協力の現状と課題
藤倉良
東アジアへの視点

122-133
1998/03




117
Joint
博多湾の環境的価値評価に関する研究
貞森一範、藤倉良、井村秀文
平成9年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(その2)

1032-1033
1998/03



博多湾に関する住民の意識、環境の利用に対する支払意志額等をアンケート調査し、不確定評価法、旅行費用法等を用いて、博多湾の環境価値の経済適評を試みた。
118
Joint
環境効果と経済性を考慮した都市排水処理システムの最適化
馬奈木俊介、松本享、藤倉良、井村秀文
平成9年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(その2)

1032-1033
1998/03



ゼロエミッション型の都市構造構築を目指し、公共下水道、合併浄化槽、し尿・雑排水処理、ディスポーザル処理などの家庭由来の排水・ゴミの処理システムについて、LC-C02、コスト、BOD付加等の指標により評価を試みた。
119
Joint
上海市におけるエネルギー消費とCO2排出構造に関する研究
中山裕文、松本享、藤倉良、井村秀文
平成9年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集(その2)

974-975
1998/03



産業連関モデルを用いて上海市及び大連市の業種別誘発エネルギーを算出した。上海市では移輸出による誘発エネルギーが増大していることを示した。
120 Research paper (other science council materials etc.)
Single
アジア地域の環境保全に向けた我が国の経済協力の現状と課題
藤倉良
東アジアへの視点 1998年3月号

122-133
1998/03



日本の環境ODAを概観し、これが今後、アジア地域の環境保全に真に資するための課題について検討した。
121
Single
日泰の企業間協力によるエコビジネス

第8回国際開発学会全国大会講演論文集

129-132
1997/12



ゴムの木(ラバーウッド)の廃材を利用して高級学習机を製造し、成功をおさめた日本とタイの企業間協力を紹介し、環境ビジネスによる途上国の環境保全の方向性について考察した。
122 Research paper (scientific journal)
Single
環境国際協力における地方公共団体の役割と課題
藤倉良
国際開発研究

6, 75-89
1997/11



地方公共団体の我が国の環境協力における位置づけを示した上で、環境ODAで果たしている役割を明らかにした。また、地方公共団体が独自で実施している国際環境協力の現状を紹介した。さらに、地方公共団体が国際環境協力を推進する上での障害として、実利に基づく理念が存在しない、地方自治法上での規定がない等を指摘し、国や地方自治体が取り組むべき課題について考察した。
123
Joint
都市域及びその周辺における湿地とその社会・経済的要因に関する研究
三浦孝浩、藤倉良、井村秀文
環境システム研究

25, 485-490頁
1997/10



人間活動と湿地面積の変遷との関係を解析するため、大正15年、昭和35年、平成6年の時点における博多湾沿岸の5万分の1地形図をワークステーションに入力し、干潟、水田、ため池等の面積の変遷を記録した。また、水鳥観測数、沿岸漁業漁獲高等の過去の値との比較検討を行った。
124
Single
北九州市の公害対策史
藤倉良
環境経済・政策学会、1997年大会報告要旨集

108-113
1997/09



1963年の成立以降、北九州市が直面してきた降下煤塵問題、二酸化硫黄問題に着目し、それを解決にもたらしたのは燃料の転換であったことを指摘し、それぞれが実施された経済社会的背景を分析した。
125
Single
地方自治体における環境国際協力おける現状と課題
藤倉良
土木学会第5回地球環境シンポジウム講演集

71-76
1997/07



地方公共団体の我が国の環境協力における位置づけを示し、環境ODAで果たしている役割、地方公共団体が独自で実施している国際環境協力の現状を紹介した。さらに、地方公共団体が国際環境協力を推進する上での障害と課題について考察した。
126
Joint
都市の環境資源勘定に関する研究
白濱康弘、谷川寛樹、藤倉良、井村秀文
平成8年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集

1010-1011
1997/03



都市のエネルギー消費量、マテリアルストックを把握するために、地図情報上にこれら数値情報を表示するシステムを開発した。
127
Joint
家庭のエネルギー消費による環境負荷の評価に関する研究
森麻衣子、谷川寛樹、藤倉良、井村秀文
平成8年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集

1008-1009
1997/03



福岡県のベッドタウンである大野城市市民を対象にアンケート調査を行い、電気、ガス代等への支出額から各家庭における使用量を算定し、これらと環境意識、立地等の解析を行った。さらに、その結果と全国的なデータとの比較検討をした。
128
Joint
中国の食料問題に関する研究
豊田高士、金子慎治、藤倉良、井村秀文
平成8年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集

974-975
1997/03



中国の穀物生産量を予測するために、中国の県別の穀物生産量を、気温、灌漑率、土地利用率等の各種パラメータを説明変数として回帰分析を行った。
129 (MISC) Other article
Joint
A Long-term Perspective on Environment and Development in the Asia-Pacific Region
金子慎司、松本亨、藤倉良、井村秀文
環境庁地球環境部 エコアジア長期展望プロジェクト最終報告書

1-28
1997/03



日本の環境庁のイニシアチブのもとで、アジア太平洋諸国の環境担当官庁が共同作業で実施した同地域の将来予測と、同地域の持続可能な開発のために必要な政策オプションに関する報告書を、リソースパーソンとしてドラフティングした。
130 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
高まりつつある政府と民間の環境協力の重要性
藤倉良
研修

271, 4-8
1996




131 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
21世紀に向けた環境行政へ
藤倉良
地方自治職員研修

29/ 1, 38-40
1996




132
Joint
貿易に伴う環境負荷に関する研究
水野隆司、松本享、藤倉良、井村秀文
第7回国際開発学会全国大会公演論文集

140-143
1996/12



工業製品の貿易に伴って国際移動する内包エネルギー、農業産品の貿易に伴って移動することになる土地、窒素等について整理し、アジアの食料需給バランスについて論じた。
133 Research paper (scientific journal)
Joint
アジア諸国の開発と環境の将来予測に向けた経験則に関する研究―学習曲線の導出と適用―
金子慎司、松本享、藤倉良、井村秀文
国際開発研究

5, 17-29
1996/12



世界24カ国の過去30年間の各種マクロ指標と一人当たりGDPとの関係を解析した。その結果、産業構造、衛生状態、都市化、教育及びメディアの進展、エネルギー消費、食糧消費に関する22の指標について、普遍的な関係が成立する。また、これらの関係式から、2025年のアジア太平洋地域の自動車保有台数および食料需要について将来予測を行った。
134
Joint
アジア諸国の経済発展にともなう交通需要と環境負荷に関する研究
中山裕文、金子慎司、藤倉良、井村秀文
環境システム研究

24, 529-535
1996/10



アジア諸国の交通の状況を解析し、以下を明らかにした。①アジアでは、地下鉄などの大量輸送機関が整備されていない都市ほど自動車台数の増加が著しい。②中国の陸上貨物輸送ではトラックのシェアが増加しており、輸送機関による二酸化炭素排出量は、原単位は低下しているものの、平均輸送距離と輸送量の増加がこれより大きい。③中国の石炭輸送は、内陸部の産炭地から沿海部の消費地への輸送量が急増しており、同地域の鉄道輸送圧迫の原因となっている。
135
Joint
中国の地域間人口移動に関する研究
楊氷、金子慎司、藤倉良、松本享、井村秀文
環境システム研究

24, 523-528
1996/10



1985年から1990年までの中国の省間遷移人口統計をもとに、省間距離、国民収入格差等を説明変数として、遷移人口を説明するための重回帰モデルを作成した。沿海部の省においては遷入人口と遷出人口の差は、距離と収入格差を説明変数とするモデルにより定性的に説明できた。また、心理的な距離感を示す方言の差異についてダミー変数を導入したが、これについては有意な結果は得られなかった。
136
Joint
農産物生産にともなう環境負荷の定量化に関する研究
水野隆司、芥川崇、藤倉良、井村秀文
環境システム研究

24, 461-466
1996/10



農作物生産に伴うエネルギー、水、窒素肥料の消費量に着目し、日米間で比較を行ったところ、粗放的な農業を行っているアメリカ農業は、穀物生産において日本農業よりエネルギー面では4~6倍ほど効率が良い。また、日本は窒素を主に化学肥料の形で年間18万トン輸出する一方で、農作物として60万トン輸入しており、窒素については大幅な輸入超過である。
137
Single
不確実性を考慮した環境将来予測モデルに関する研究
金子慎冶、松本亨、藤倉良、井村秀文
環境システム研究

24, 359-366
1996/10



トップダウン型のモデルを用いて長期的な環境の将来予測を行う際に、予測と実際の結果の差が生じる原因として、異常気象、政府の政策の変更、技術革新、自然災害、突発事故等がある。本論文では、これらの不確実性の原因となる要因について、将来予測実施の観点から原因及び対処を分類・整理した。また、応用例として中国の食糧供給における政策の変化が、需給バランスにどのような影響を及ぼすかを示した。
138
Single
日本の環境対策費用とアジア諸国の資金需要見通し
井村秀文、藤倉良
環境経済・政策学会1996年大会報告要旨集

220-223
1996/09



日本の公害防止機器生産額、公害防止投資額等を整理し、これらをもとに中国で必要となる大気汚染対策、水質汚濁対策のコストを試算した。
139
Joint
企業及び自治体の環境管理システムに関する研究
花田正樹、井村秀文、松本享、矢ヶ部恭弘、藤倉良
土木学会第51回年次学術講演会講演概要集

478-479
1996/09



ISO14000シリーズ発足に関連し、福岡県内の中小企業、市町村にアンケート調査を行い、環境管理システム導入に対する意識を調査し、導入の阻害要因について解析した。
140
Joint
アジア地域の長期的環境予測のための知識データベースの開発研究
小金丸聡、金子慎治、松本享、藤倉良、井村秀文
土木学会第51回年次学術講演会講演概要集

476-477
1996/09



アジア地域の環境の長期予測を行うために、トップダウン型のモデルを改良し、各種の因子の相互関係、確率的変動等をも考慮できるデータベースの開発について取りまとめた。
141 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
高まりつつある政府と民間の環境協力の重要性
藤倉良
海外技術者研修協会 『研修』

271, 4-8
1996/08



環境分野における国際協力において、民間企業からの人材が果たす役割について述べ、官民の協力が必要な中小企業対策等の分野を紹介した。
142
Single
環境対策費用に関する日本の経験とアジア諸国の資金需要見通し
藤倉良
土木学会第4回地球環境シンポジウム講演集

241-246
1996/07



日本の過去の公害防止機器生産額、公害防止機器の運転コストを整理し、アジア諸国の火力発電所に必要な環境コスト等を試算した。
143
Joint
地球環境将来予測のための経験的関係式の検討
金子慎治、小金丸聡、松本享、藤倉良、井村秀文
土木学会第4回地球環境シンポジウム講演集

227-233
1996/07



トップダウン型のモデルを用いることにより、経済成長と産業構造、人口、食糧消費に関する学習曲線を求め、これにより、アジア諸国の都市人口、食糧需給バランスの将来予測を行った。
144
Joint
輸入農産物の国外環境負荷に関する研究
芥川崇、水野隆司、松本享、藤倉良、井村秀文
土木学会第4回地球環境シンポジウム講演集

217-222
1996/07



農産品の代表的輸入地域である日本、EU、アフリカが、農産品を輸入することにより間接的に国際移動していることになる農地、農業用水、窒素肥料の量を試算した。
145 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
急増する自動車、食料需要―エコロジア'95報告書―
藤倉良
海外経済協力基金 『OECF ニューズレター』 1996年7月号 No.40

16-18
1996/07



「環境」特集のひとつとして、東アジアの環境将来予測について概説した。
146 Research paper (scientific journal)
Joint
Study on the Trade Balance of Embodied Energy with special Regard to the Asia-Pacific Region
H.Imura, R.Fujikura, T.Mizuno, H.Shiratsuchi
Journal of .Global Environmental Engineering

2, 39-49
1996/06



財・サービスを生産するさいに発生するエネルギーは、その国際取引に付随して内包エネルギーとして国際移動する。本論文では、一国を一経済セクターとみなす単純なモデルによって、世界の内包エネルギー貿易バランスを示した。続いて、アジア地域に着目し、日中韓3カ国における経済セクター別の貿易バランスを示した。これらの結果から、内包エネルギーについては、開発途上国が先進工業国に対して、一般的に輸出超過になっていることが明らかになった。
147 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
環境に関する用語について
藤倉良
東京書籍 『ニューサポート』 1996年5月号 No.3

5-6
1996/05



中高等教育において環境教育の比重が高まりつつあるが、教科書などで使用される環境分野の用語に乱れが散見されるため、これらの正しい用法を示し、意義を解説した。
148
Joint
社会資本のライフサイクルアセスメント ―港湾整備事業のケーススタディ―
河野幸次、松本享、井村秀文、藤倉良
平成7年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集

490-491
1996/03



社会基盤のライフサイクルアセスメントのケーススタディとして、博多湾内に建設中の人工島を対象とし、この工事に要する総エネルギー、二酸化炭素の総発生量を試算した。
149
Joint
都市における環境の価値評価に関する研究
内野善文、松本享、井村秀文、藤倉良
平成7年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集

488-489
1996/03



都市部の環境価値評価のケーススタディとして、博多湾を取り上げ、福岡およびその周辺の住民に対し、博多湾の持つイメージ、利用の形態・頻度、利用に要する経費等をアンケートにより調査した。
150
Joint
市町村における環境行政の現状と課題
花田正樹、松本享、藤倉良、井村秀文
平成7年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集

492-493
1996/03



福岡県下の全市町村に対してアンケート調査を実施し、地球環境問題に対する行政の認識度、取り組み状況、過去から現在までの環境問題の変遷等について調査した。
151 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
21世紀に向けた環境行政へ

地方自治職員研修

29/ 1, 38-40
1996/01



公害対策から環境管理の時代に入り、地方自治体が今後、環境保全の分野で進むべき方向性について示した。意思決定における住民参加の促進、国際協力、環境管理システムの導入について概説した。
152
Joint
A Long-Term Perspective on Environment and Development in the Asia-Pacific Region
Ryo Fujikura, Hidefumi Imura
The 32nd Annual Meeting of the Japan Section of the Regional Science Association International

1-5
1995/10



西暦2025年のアジア・太平洋地域の経済、社会、環境に関する将来予測結果について概説した。
153
Joint
小学生を対象とした環境教育の実践
伊藤知美、藤倉良、井村秀文
環境システム研究

23, 542-547
1995/08



福岡市内の144公立小学校の高学年児童に、各児童の周辺環境を採点させた結果とその地域の実際の環境状況、環境教育の内容と比較を行った。その結果として、環境教育が積極的に行われている地域の児童ほど、環境を見る目が厳しかったことが示された。また、児童は、身近な地域の環境について、悪化しているもののほうにより関心を持っていた。
154
Joint
企業の環境管理システムの現状と課題
矢ヶ部恭弘、二渡了、藤倉良、井村秀文
環境システム研究

23, 307-313
1995/08



ISO14000の本格的施行を前に、福岡市と北九州市の企業100社を対象としてアンケート調査を実施し、企業の環境配慮意識について調査した。回答した企業の経営トップの環境意識は一般に高いものであったが、ISO14000の実施については、意義はみとめるものの、積極的に採用していこうという姿勢には乏しかった。阻害要因としては環境監査や従業員教育に対する消極的な姿勢があげられる。
155
Joint
都市の物資収支と環境資源勘定に関する研究:建設用資材の投入と建設副産物
谷川寛樹、藤倉良、井村秀文
環境システム研究

23, 274-278
1995/08



環境資源勘定構築の一環として、福岡県、福岡市、北九州市における物資収支を定量した。対象としたのは、砂利・石材、木材、セメント、鉄などの建設用資材である。福岡市を例にとれば、約450万トンの建設資材が市内に流入し、約210万トンが排出されていた。同市では、鉄をはじめ、ほとんどの資材が蓄積傾向にあるが、セメントはストックを放出していた。
156
Single
国際貿易を環境基準の国際的ハーモナイゼーションについて
藤倉良
土木学会第3回地球環境シンポジウム講演集

115-120
1995/07



貿易自由化に伴い、ボリューション・へブンやエコ・ダンピング等が発生し、新たな環境問題となりうると、環境保護団体等が指摘しているが、その可能性は小さい。環境に関する基準は、基準値そのものより、運用が問題となるので、無理なハーモナイゼイションはかえって新たな問題を引き起こす可能性が高い。
157
Joint
アジア太平洋地域の貿易構造と環境負荷に関する研究
白土廣信、水野隆司、藤倉良、井村秀文
土木学会第3回地球環境シンポジウム講演集

108-114
1995/07



アジア太平洋地域の貿易に伴って移動する内包エネルギー量を、国際産業連関表、貿易統計等を用いて試算した。
158
Joint
地球規模環境解析のための統合的情報システムの開発
中山裕文、藤倉良、井村秀文
土木学会第3回地球環境シンポジウム講演集

103-107
1995/07



環境問題の要因である社会・経済・自然その他の多岐にわたる分野に関連するデータを、数値、図表、文献などの形としてワークステーション上で容易に再現できるシステムを構築した。
159 (MISC) Meeting report etc.
Single
開発援助の視点からみた日本の産業公害行政の要因分析
藤倉良
海外経済協力研究 『開発援助基金』

2/ 1, 185-194
1995/06



高度経済成長期に発生した激甚な産業公害を日本は克服した経験を有する。この経験の開発途上国への移転の重要性が各方面から指摘されている。しかし、日本の経験の背景には、地方自治体の高度な行政の力、国民の高い教育水準、企業の社会的責任等のいくつかの要因がある。このような要因が社会的背景として整っていなければ、公害防止技術を単純に移転しようとしても成功は期待できない。公害移転が開発途上国で根づくための条件を示し、公害防止分野の国際協力における日本の課題を示した。
160 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
生物の多様性はなぜ大切か?
藤倉良
国際協力事業団 『国際協力』 1995年5月号

6-9
1995/05



「生物の保護はなぜ必要か」の内容を要約し、国際協力の分野における生物多様性保全の意義、配慮すべき事項について指摘した。
161 (MISC) Introduction and explanation (scientific journal)
Joint
Japan's Environmental Initiatives and A long-term Perspectives on Environment and Development in the Asia-Pacific Region
K.Takamoto, R.Fujikura
Int.J.Soc.Mat.Eng.Resources

3/ 1, 50-56
1995/05



西暦2025年のアジア太平洋地域の環境と開発の状況を予測するため、地域内諸国における経済指標、人口、エネルギー、都市環境等の指標を予測した。続いて、今後、同地域が持続可能な成長を達成するために必要な政策オプションを明らかにするための研究の方向性について示した。
162 Research paper (scientific journal)
Joint
Economic Development, Energy, and Environment in East Asia: A Comparative Study of Japan, South Korea, and China
H.Imura, T.Futawatari, R.Fujikura
Journal of .Global Environmental Engineering

1, 79-100
1995/03



日韓中の3カ国の経済発展と環境の状況に関する歴史についての比較研究を行った。経済およびエネルギー消費の面では、韓国は日本の1960年代後半から1970年代、中国は日本の1950年代中葉から1960年代の状況に相当している。また、中国の鉄鋼、セメントなどエネルギー集約型産業について、今後の技術オプションについて分析し、さらに、日本の環境対策の経験から、中国等のアジア諸国の目指すべき方向性について分析を行った。
163 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Joint
環境保全対策における経済的手法
井村秀文、藤倉良
環境情報科学

23/ 4, 7-19
1994




164 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Joint
環境分野の国際協力における中長期的視点からの政策論争に向けて
菱田一雄、今井千朗、加藤久和、川崎悦伯、桜井国俊、竹本和彦、藤倉良、森秀行
環境研究

96, 4-52
1994




165 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
なぜ地方公共団体の国際環境協力か?
藤倉良
地方自治職員研修

27/ 10, 18-21
1994




166 (MISC) Other article
Joint
環境分野の国際協力におけ中長期視点からの政策論議に向けて
菱田一雄、今井千朗、加藤久和、川崎悦伯、桜井国俊、竹本和彦、藤倉良、森秀行
環境調査センター 『環境研究』

96, 4-52
1994/12



日本が環境協力の国際的ニーズに的確に対応するための基礎資料とするため、世界銀行やアジアの開発銀行等の国際機関における取り組みと日本の環境協力における諸問題を整理し、これらをもとにして、今後の日本の効果的な環境国際協力実施のための政策提言を行った。
167 Research paper (other science council materials etc.)
Joint
環境保全対策における経済的手法
井村秀文、藤倉良
環境情報科学センター 『環境情報科学』 第巻第号

23/ 4, 7-19
1994/11



環境税・環境課徴金、排出許可証・排出権取引、補助金、デポジット制度、料金制など環境保全対策に用いることができると考えられている経済的手法の長所、短所、先進諸国における適用状況等について整理を行い、問題点、課題について議論した。
168 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
なぜ地方公共団体の国際環境協力か?
藤倉良
公職研 『地方自治職員研修』

27/ 10, 18-21
1994/10



開発途上国の公害問題解決のために地方公共団体の人材と技術が求められている現状を紹介し、地方公共団体が環境面での国際協力を行う必要性を指摘した。
169
Joint
地域に着目した環境資源勘定の構築に関する研究
谷川寛樹、井村秀文、中口毅博、藤倉良
環境システム研究

22, 400-407
1994/08



地域環境管理の基盤となる新しい環境情報・環境指標体系の確立のために、環境資源勘定構築のための基本的な考え方と手法について整理を行った。また、ケーススタディとして、福岡県における業種別燃料消費量を整理し、同時に同県の自然エネルギー賦存量の経済評価を行い、両者の比較を行った。
170
Joint
アジア地域の経済成長とエネルギー消費構造に関する研究
井村秀文、白土廣信、藤倉良
環境システム研究

22, 369-375
1994/08



過去20年間における日韓中3カ国のエネルギー消費構造について分析を行った。最終消費エネルギーの要因分析を行うと、日本はオイルショック時の省エネの効果が著しく、韓国では生産量の増加に伴う消費エネルギーの増加が大きい。中国では原単位の継続的な改善が進んでいるが、生産量が大きく増加することによるエネルギーの最終消費が増大している。
171 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
環境ODAの現状と課題
藤倉良
『土木学会誌』 1994年4月号別冊増刊

98-100
1994/04



日本のODAの重要課題である環境プロジェクトについて、有償資金協力、技術協力、無償資金協力のそれぞれのスキームで行われている実例について紹介し、今後の課題について指摘した。
172 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
環境問題の社会的側面
藤倉良
ECFA開発研究所 『発展途上国の社会開発ハンドブック』

47-56
1994/04



社会開発に関連する各分野の専門家が執筆したガイドブックで、環境問題解決のために必要な社会的要因について概説し、海外における植林プロジェクト実施上の具体的問題等について考察を行った。
173 (MISC) Meeting report etc.
Single
(調査報告) スリランカ・セクター経済調査:環境の現状と問題
藤倉良
海外経済協力基金 『基金調査季報』

77, 65-88
1993/08



海外経済協力基金セクター調査により収集した情報をもとに、スリランカの自然環境、公害問題、社会環境、同国に対する先進国、国際機関からの環境分野の援助等について分析を行った。同国が抱えるもっとも深刻な環境問題は、貧困に起因する森林の減少と海岸浸食であり、これらの相互関係を明らかにした。また、環境保全に関する行政組織の能力に関する問題を指摘した。さらに、今後の同国に対する支援の方向性を示した。
174 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Joint
中国・インドに対する案件形成促進調査
藤倉良、木村譲
国際開発ジャーナル社 『国際開発ジャーナル』 1993年5月号

73-75
1993/05



海外経済協力基金が自ら実施する案件形成促進調査の環境案件に対する初の適用事例について概略を紹介した。
175 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Joint
環境ツーステップローンの始動
藤倉良、鈴木一宏
国際開発ジャーナル社 『国際開発ジャーナル』 1993年5月号

76-77
1993/05



開発途上国の民間企業の公害防止対策をODAとして支援する新しい試みとしてのツーステップローンの考え方、実例について紹介した。
176 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
開発援助における環境問題の取組
藤倉良
資源環境対策

28/ 8, 685-690
1992/08



世界銀行における環境配慮の実際について紹介するとともに、日本の援助機関である海外経済協力基金、米州開発銀行、アメリカ開発援助庁の環境配慮について、制度、組織面等から比較した。
177 (MISC) Meeting report etc.
Single
(調査報告) パプアニューギニア・セクター経済調査:環境の現状と問題
藤倉良
海外経済協力基金 『基金調査季報』 第73号

100-124
1992/05



海外経済協力基金セクター調査により収集した情報をもとに、パプアニューギニアの自然環境、公害問題、社会環境について分析を行った。同国では、慣習的な土地所有・利用制度が複雑であり土地所有は容易でない。また、きわめて特異な生態系を有していることから、大規模プロジェクト実施の際には慎重な社会、自然環境に対する配慮が必要である。
178 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Joint
生物多様性条約について
名執芳博、藤倉良
環境調査センター 『環境研究』 第82号

176-180
1991/09



当時、交渉中であった生物多様性条約案について、その交渉の経緯、内容を紹介し、条約案に含まれている問題点等について指摘した。
179 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
野生生物の保護条約について
藤倉良
野生生物保護行政

1/ 1, 4-6
1990/09



二国間渡り鳥条約、ラムサール条約等の野生生物保護に関する国際条約の構成、運用の実態等について解説した。
180 Research paper (bulletin of university, research institution)
Joint
科学技術情報の利用者の実態と意識
藤倉良、丸毛一彰
日本科学技術情報センター 『情報管理』

32, 377-392
1989/08



データベースのユーザを対象にして、アンケート及びヒアリングによって情報利用の現状と意識を調査した。データベースのオンラインサービスには大きな期待が寄せられているが、料金の高さ、利用の手間に不満が集中しており、料金の低廉化、コマンド等の企画統一に対して要望が強かった。
181 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
排出水中に含まれる悪臭物質の規制基準について
藤倉良
公害と対策

23/ 10, 75-79
1987/09



これまで設定されていなかった排出水中に含まれる悪臭物質の規制基準設定のための調査結果について、挙動モデル、測定法、規制基準設定のための考え方等について解説した。
182 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
悪臭公害の現状と課題
藤倉良
産業公害

23/ 6, 5-8
1987/06



悪臭公害の現状と、講じられている防止対策について解説した。
183 (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (bulletin of university, research institution)
Single
悪臭の評価法
藤倉良
PPM

18/ 3, 49-58
1987/03



悪臭物質の測定法としての機器測定法と官能試験法について概説し、両者の比較、官能試験法による規制について解説した。
184 Research paper (scientific journal)
Joint
170, C and 1H Nuclear Magnetic Resonance Investigations on Ion-Solvent Interactions in N,N-dimethylformamide
R.Fujikura, B.Rode
Inorganica Chimica Acta

60, 99-104
1982/11



H,C,OのNMRを用いてジメチルホルムアミド溶液中の金属イオンと溶媒との相互作用を解析した。
185 (MISC) Other article
Single
Nuclear Magnetic Resonance Studies on Ion-Amide Interactions
R. Fujikura
オーストリアインスブルック大学学位論文


1982/06



博士学位論文 アミド溶液中における金属イオンとアミドとの相互作用をNMRで解析し、同時に ab initio 計算によってこの相互作用が説明できることを明らかにした。
186 Research paper (scientific journal)
Joint
High Resolution Proton Nuclear Magnetic Resonance Studies of Solute Molecules in the Poly (vinyl-alcohol) Gel Medium
S.Fujiwara, R.Fujikura, T.Ogino, M.tanaka, Y.Arata
Bull.Chem.Soc Jpn

54, 1606-1608
1981/06



高分解能NMRを用いて、ポリビニルアルコールグル中の有機化合物とゲルマトリックスとの相互作用を検出した。
187 Research paper (scientific journal)
Joint
A Quantum Chemical Study on the Ion Influence on Linear Water Polymer
B.Rode, S.Fujiwara, R.Fujikura
Bull.Chem.Soc Jpn

53, 1965-1967
1980/07



水溶液中のイオンが水分子の配列に及ぼす影響を ab initio 計算で算出した。