English
法政大学 
人間環境学部 
人間環境学科 

教授 
藤倉 良 
フジクラ リョウ 
FUJIKURA Ryo 


1955年生まれ  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2021/04/12 

経歴
國學院大學栃木短期大学 兼任(非常勤)講師  1983/04/01-1984/03/31 
環境庁 (長官官房秘書課、水質保全局土壌農薬課、大気保全局特殊公害課)  1984/04/01-1987/06/30 
科学技術庁 科学技術振興局 科学技術情報課 企画係長  1987/07/01-1989/06/30 
環境庁 自然保護局 野生生物課 条約法令係長  1989/07/01-1990/10/30 
海外経済協力基金 開発部 開発企画課 課長代理  1990/11/01-1993/09/30 
埼玉大学大学院 政策科学研究科 (政策研究大学院大学) 非常勤講師  1992/10/01-2003/03/31 
環境庁 地球環境部 環境協力室 室長補佐  1993/10/01-1995/03/31 
九州大学 工学部 助教授  1995/04/01-1999/03/31 
立命館大学 経済学部 教授  1999/04/01-2003/03/31 
九州大学大学院 工学研究院 客員教授(非常勤)  2002/05/01-2004/03/31 
法政大学人間環境学部 教授(現在に至る)  2003/04/01-現在 

学歴
東京大学  理学系研究科  化学専門課程  博士前期  1980/03  修了 
インスブルック大学大学院  理学研究科  無機分析化学  博士後期  1982/06/19  修了  オーストリア 
東京大学  理学部  化学科  学士  1978  卒業 

学位
理学修士  東京大学  1980/03 
理学博士  インスブルック大学  1982/06 

研究分野
環境システム科学 
国際環境政策 

研究キーワード
国際環境協力 
公害対策 
住民移転 

研究テーマ
開発途上国の環境保全  環境国際協力,ODA,アジア 

受託・共同・寄附研究実績
開発途上国の気候変動に関する報告能力強化支援策の評価手法確立  藤倉良  2018-2020  受託研究  国内共同研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
気候変動による移住の動機に関する研究  科学研究費  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  2019/10/07-2023/03/31  気候変動に伴う海面上昇や異常気象によって国土の大半が居住不能になるリスクが大きいマーシャル諸島共和国の人々が、その影響をどのように認識し、どの時点で国外へ移住を決断するかを明らかにする。まず、同地の大学生と住民を対象とした予備調査と本調査を実施する。次に、気候変動が社会全体に及ぼした影響が地域に及び、さらに個々の家庭の移動に関する判断に影響するモデルを構築する。これをニューラルネットワークにより数値モデル化する。そして、アンケート調査から構造方程式モデルを構築し、住民がどう移転を決断するか、移転に消極的な住民を移転に向かわせるにはどうすれば良いのかを明らかにする。 
気候難民の定住策に関する研究  科学研究費  挑戦的研究(萌芽)  2017/06/30-2020/03/31 
住民移転補償形態のあり方に関する研究  科学研究費  基盤研究(B)  2016/04/01-2019/03/31 
水力発電等再生可能エネルギーの内部収益率に関する研究  科学研究費  挑戦的萌芽研究  2014/04/01-2018/03/31 
ダム建設による住民移転計画の長期的事後評価  科学研究費  基盤研究(B)展開  2012/04/01-2015/03/31 
詳細表示...

著書
文系のための環境科学入門 新版  藤倉良、藤倉まなみ  有斐閣  2016/06/20  978-4-641-17423-8 
Origins of Japanese Aid Policy – Post-war reconstruction, reparations and World Bank projects  Ryo Fujikura and Mikiyasu Nakayama  39-55  Palgrave Macmillan  2015/11/19  978-1-137-50537-8 
Resettlement Policy in Large Development Projects  Mikiyasu Nakayama  1-250  Routledge  2015/06/27  978-1-315-79577-5  インドネシア、日本、ラオス、スリランカ、トルコ、ベトナムで建設された17のダムによって移転させられた住民の長期的生活再建状況を評価した結果をまとめた書籍である。15のダムは移転が完了してから20年以上、日本の5ダムは半世紀が経過している。調査は2006年度から2014年度まで9年間にわたり、各国の大学研究者の協力によって実施された。   
Restoring Communities Resttled After Dam Construction in Asia  Mikiyasu Nakayama  1-120  Routledge  2014/01/01  978-0-415-71910-0 
The Rise of Asian Donors – Japan’s Impact on the Evolution of Emerging Donors  Mikiyasu Nakayama  66-84  Routledge, Oxon, U.K  2013/01/01  978-0-415-52439-1 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  国際協力機構と中国政府機関による日中企業の連携促進事例─日本のODA出口戦略に向けた示唆─  土岐典広,藤倉良  公共政策志林  9, 217-236  2021/03/31 
(MISC)総説・解説(商業誌)  単著  Mitigating the impact of resettlement caused by infrastructure developments  Fujikura Ryo  Impact  Science Impact Ltd  2021/ 3, 67-69  2021/03/31  10.21820/23987073.2021.3.67 
研究論文(学術雑誌)  共著  Analysis of the Factors Affecting the Choice of Whether to Internalize or Outsource the Task of Greenhouse Gas Inventory Calculations: The Cases of Indonesia, Vietnam, and Thailand  Masato Kawanishi, Makoto Kato, Ryo Fujikura  International Journal of Sustainable Development and Planning  International Information and Engineering Technology Association  16/ 1, 145-154  2021/02/28  10.18280/ijsdp.160115 
(MISC)総説・解説(その他)  単著  大型ダム開発に起因する住民移転とドナーの役割  藤倉良  政策オピニオン  平和政策研究所  161  2020/07/20 
研究論文(学術雑誌)  共著  Issue interpretations and implementation analysis for the national greenhouse gas inventory: the case of Indonesia  Masato Kawanishi, Junko Morizane, Nela Anjani Lubis, Ryo Fujikura  Journal of Environmental Studies and Sciences  10/ 4, 411-425  2020/07/18  10.1007/s13412-020-00628-3 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Involuntary displaced people’s attachment to their original home  The Hugo Conference, Environment, Migration, Politics  2016/11/04 
口頭発表(一般)  Japan’s experiences in pollution control: Private sector engagement in promoting environmental compliance  Next Generation Compliance and Enforcement, Tools, Theory, and Practice  2016/10/20 
口頭発表(一般)  Climate Change Adaptation and Wetland Wise Use  International Workshop on Conservation and Wise Use of Wetland along the Coast of the Bay of Bengal  2016/07/06 
口頭発表(一般)  Safeguard Implementation of by Regional Development Banks – On Involuntary Resettlement –  36th Annual Conference of the International Association for Impact Assessment  2016/05/12 
口頭発表(一般)  Resettlement and hydropower, Special IDEAS Pre-Conference Session on Resettlement  Special IDEAS Pre-Conference Session on Resettlement, Global Assembly 2015  2015/10/27 
詳細表示...

芸術活動、建築作品等
その他  単独  (書評)江戸前の環境学  2012/08/06-現在 
その他  共同  (翻訳)地球温暖化バッシング  2012/07/31-現在 
その他  単独  行きあたりばったり  2010/10-現在 
その他  単独  論文を書くということ  2005/08-現在 
単独  途上国ダム開発 日本がカギ  2003/03-現在 
詳細表示...

担当授業科目
環境科学Ⅰ 
人間環境特論(天然資源の科学) 
環境工学の基礎 
地球環境科学 
環境科学Ⅱ 
詳細表示...

社会貢献活動
途上国向け低炭素イノベーション創出事業審査委員会  2014/06/09-2015/03/31 
科学研究費委員会専門委員  2014/01/01-2014/12/31 
平成25年度越境大気汚染対策に係る地域協力の推進方策に関する検討会  2013/09/06-2014/03/31 
国際事業委員会書面評価員  2013/07/22-2014/03/31 
IGES第5期研究グループ:ガバナンスと能力外部レビュー会合  2013/07/01-2013/08/31 
詳細表示...

所属学協会
環境経済政策学会 
環境科学会 
国際開発学会  1995/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
海外環境協力センター  日中環境協力方針基礎検討委員  2019/11/01-2020/03/31 
国際協力機構  タイ国SDGs下における環境/気候変動制度・政策の発展に向けての実証研究現地調査団員  2019/08/03-2019/08/08 
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員  2019/06/03-2019/11/30 
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員  2018/06/01-2018/11/30 
日本学術会議  土木工学・建築学委員会学際連携分科会環境工学連合小委員会委員  2018/02/24-2018/09/30 
詳細表示...