著書
公開件数:22件
No. タイトル 著者 担当範囲 担当ページ 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 新時代への源氏学10メディア・文化の階級闘争
立石和広・前田雅之・山中玲子ほか8名。
源氏物語と能―年譜と解題― 
29-54
竹林舎
2017/04/05
978-4-902084-40-5


2 間とあいだ
Augstin Berque, Fujita Masakatsu, Fancois Lachaud, Suzuki Akira, Yamanaka Reiko and others

229-241
Editions Philippe Picquier
2016/11



3 Expressions of the Invisivle: a comparative study of noh and other theatrical traditions
Michael Watson, Ashley Thorpe, Cecilia Macfarlane, Sarah Whatley


The Nogami Memorial Noh Theatre Research Institutte of Hosei University
2015/03



4 『観世元章の世界』 
松岡心平・宮本圭造・横山太郎・高橋悠介・高桑いづみ他

343-376
檜書店
2014/06



5 鴻山文庫蔵能楽資料解題 下




2014/03



6 世阿弥のことば 一〇〇選



檜書店
2013/12/21



7 人生をひもとく日本の古典 第六巻 死ぬ
久保田淳・佐伯真一・鈴木健一・高田祐彦・鉄野昌弘


岩波書店
2013/11/19



8 人生をひもとく日本の古典 第五巻 いのる
久保田淳・佐伯真一・鈴木健一・高田祐彦・鉄野昌弘


岩波書店
2013/10/18



9 人生をひもとく日本の古典 第四巻 たたかう
久保田淳・佐伯真一・鈴木健一・高田祐彦・鉄野昌弘


岩波書店
2013/09/18



10 人生をひもとく日本の古典 第三巻 つながる
久保田淳・佐伯真一・鈴木健一・高田祐彦・鉄野昌弘


岩波書店
2013/08/20



11 人生をひもとく日本の古典 第二巻 はたらく
久保田淳・佐伯真一・鈴木健一・高田祐彦・鉄野昌弘


岩波書店
2013/07/18



12 人生をひもとく日本の古典 第一巻 からだ
久保田淳・佐伯真一・鈴木健一・高田祐彦・鉄野昌弘


岩波書店
2013/06/18



13 Enacting Culture: Japanese Theatre in Historical and Modern Contexts


27-36
iudicium
2012/08



14 中世文学と隣接諸学7『中世の芸能と文芸』、、2012
小林健二、高橋悠介、石井倫子ほか

p172-194
竹林舎
2012/05



15 能の所作の特徴を考える
安孫子信、小秋元段、小林ふみ子、相良匡俊、イブ・カドー、クリスティアン・シュタインネック

153-173
国際日本学研究叢書2009年アルザス・シンポジウム報告『人体と身体性』
2010/08/31



16 能を面白く見せる工夫 小書演出の歴史と諸相
横道萬里雄・山中玲子・松本雍

67-185
檜書店
2009/01



17 Noh Theatre Tranversal

What features distinguish Noh from other performing arts?
78-85

2008



18 Envisioning The Tale of Genji: Media, Gender, and Cultural Production
Edited by Haruo Shirane
The Tale of Genji and the Development of Female-Spirit Noh Plays
81-100
Columbia University Press
2008/06



19 能楽囃子方五十年 亀井忠雄聞き書き



岩波書店
2003/03



20 軍記物語研究叢書1『軍記物語とその周縁』

軍記物語と芸能・演劇―平家の能をめぐって―

汲古書院
2000/04


能という演劇が素材として『平家物語』をどのように利用してきたのかを考える。様々な形式の「平家の能」の中で、世阿弥の修羅能が飛び抜けて豊かな内容を持ちながらも数の上では圧倒的な少数派であることを確認したうえで、なぜ女体幽霊能より修羅能の方が先に成立したのか、世阿弥の能作全体の中で、修羅能を産み出したことの意味はどのような点にあるのか、についても考察する。 98~115頁
21 能の演出 その形成と変容



若草書房
1998/08


能の演出について平成9年までに書いた論文の集成。能を能たらしめている表現や演出の形式がどのように形成され、またうつりかわってきたか、という視点からの考察。 全400頁
22 岩波講座『能・狂言』別巻「能楽図説」



岩波書店 横道萬里雄編
1992/03


能楽関係年表、演目一覧、音楽や所作に関する単元の整理と一覧、衣装・舞台・道具等の図示などを目的とする。岩波講座『能・狂言』全7巻に付属する別巻。 全574頁中、五「能の打楽器」(ニ)小鼓手組一覧(三)太鼓手組一覧(253~330頁)を担当 共著者:横道萬里雄、表きよし、横道闌、高桑いづみ、山中玲子