研究発表
公開件数:16件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 口頭発表(一般)
How is a Noh professional trained?
the 15th International Conference of the European Association for Japanese Studies
2017/08/31


2 口頭発表(招待・特別)
能―動く文学の研究
EAJS大会古典文学セクション
2014/08/28


3 口頭発表(一般)
能〈西行桜〉〈山姥〉における人と自然の交歓
Rethinking Nature in Contemporary Japan: from tradition to modernity
2014/03/18


4 口頭発表(一般)
所作と所作をつなぐ意識―能楽と「間」
『間(ま)』と『間(あいだ)』―日本文化・思想の可能性
2014/03/13


5 口頭発表(一般)
Zeami’s Acting Techniques
世阿弥生誕 650 年記念・世阿弥国際研究会
2013/11/28


6 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
Expressive Style in Noh: Monologue, Memory and Movement
Noh Workshop
2013/11/21


7 口頭発表(一般)
能の所作の特徴とその演出効果

2013/10/15


8 口頭発表(一般)
Development of Easy-To-Use Authoring System for Noh(Japanese Traditional) Dance Animation
International Conference on Cyberworlds 2012
2012/09/25


9 口頭発表(一般)
能演出は仏教をどう利用したか―菩薩の舞・懺法を例として―
仏教と芸能
2011/10/14


10 口頭発表(一般)
能の所作の特徴を考える
アルザス・シンポジウム「人体と身体性」
2009/11


11 口頭発表(一般)
翻訳不可能なものと、翻訳しなくてもよいもの 能―引用のタペストリーの翻訳―
2007年アルザス・シンポジウム
2007/11


12 口頭発表(一般)
What kinds of features distinguish Noh from other performing arts?
Nō Theatre Transversals
2006/03


13 口頭発表(一般)
The Female-spirit noh and The Tale of Genji
The Tale of Genji in Japan and The World: Social Imaginary, Media and Cultural Production (Columbia Univ. USA)
2005/03


14 口頭発表(一般)
外国人による「富士山研究」―英米の美術史研究者による「富士山研究」―
法政大学COE研究成果発表会
2004/11


15 口頭発表(一般)
能〈安宅〉の小書「延年之舞」―成立経緯と他流への影響―
EAJS ワルシャワ大会
2003/08


16 口頭発表(一般)
観世元章の小書演出
EAJS ラハティ大会
2000/08