論文
公開件数:73件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Fan-shaped antennas: Realization of wideband characteristics and generation of stop bands
H. Nakano, K. Morishita, Y. Iitsuka, H. Mimaki, T. Yoshida, and J. Yamauchi
Radio Science

43/ RS4S14, 1-12
2008




2 研究論文(学術雑誌)
共著
An inverted FL antenna for dual-frequency operation
H. Nakano, Y. Sato, H. Mimaki, and J. Yamauchi
IEEE Trans. Antennas and Propagation

53/ 8, 2417-1421
2005/08




3 研究論文(学術雑誌)
共著
A card type inverted LFL antenna for dual-frequency operation
H. Nakano, K. Morishita, Y. Sato, H. Mimaki, and J. Yamauchi
2005 IEEE/ACES International Conference on Wireless Communications and Applied Computational Electromagnetics

S27p o3i
2005/04




4 研究論文(学術雑誌)
共著
Effects on the radiation characteristics of using a corrugated reflector with a helical antenna and an electromagnetic band-gap reflector with a spiral antenna
H. Nakano, K. Hitosugi, N. Tatsuzawa, D. Togashi, H. Mimaki, and J. Yamauchi
IEEE Trans. Antennas and Propagation

53/ 1, 191-199
2005/01




5 研究論文(学術雑誌)
共著
A microstrip grid array antenna printed on a dielectric substrate with airgaps
H. Nakano, R. Aoki, H. Mimaki, and J. Yamauchi
Progress in Electromagnetics Research Symposium

11,
2004/08




6 研究論文(学術雑誌)
共著
A patch antenna with a top dielectric layer
H. Nakano, P. H. Huang, H. Mimaki, and J. Yamauchi
2004 International Symposium on Antennas and Propagation

1
2004/08




7 研究論文(学術雑誌)
共著
A long helical antenna wound on a dielectric rod
H. Nakano, K. Sato, H. Mimaki, and J. Yamauchi
2004 International Symposium on Antennas and Propagation

2, 965-968
2004/08




8 研究論文(学術雑誌)
共著
A tapered short helical antenna radiating a circularly polarized tilted beam
H. Mimaki and H. Nakano
10th International Symposium on Antenna Technology and Applied Electromagnetics and URSI Conference

559-602
2004/07




9 研究論文(学術雑誌)
共著
A patch antenna with a top dielectric layer,
H. Nakano, P. H. Huang, H. Mimaki, and J. Yamauchi
IEEE Antennas and Propagation Society Symposium

4, 4016-4019
2004/06




10 研究論文(学術雑誌)
共著
A strip loop antenna with a sleeve
H. Nakano, T. Nakajima, H. Mimaki, and J. Yamauchi
The 6th International Symposium on Antennas, Propagation and EM Theory

108-111
2003/10




11 研究論文(学術雑誌)
共著
A loop antenna on a chip dielectric material backed by a finite-size conducting plane
H. Nakano, T. Nakajima, H. Mimaki, and J. Yamauchi
2003 IEEE Topical Conference on Wireless Communication Technology

22/1-22/4
2003/10




12 研究論文(学術雑誌)
共著
Monofilar and quadrifilar helical antennas wound on dielectric rod
H. Nakano, N. Masui, M. Ikeda, H. Mimaki, and J. Yamauchi
IEEE Antennas and Propagation Society International Symposium

4, 849-852
2003/06




13 研究論文(学術雑誌)
共著
A composite antenna radiating circularly polarized conical and axial beams
H. Nakano, Y. Ohara S. Shimada, M. Sakurai, H. Mimaki, and J. Yamauchi
Twelfth International Conference on Antennas and Propagation

1, 115-118
2003/03




14 研究論文(学術雑誌)
共著
A single aperture antenna fed by parallel strip line
H. Nakano, N. Motoyama, H. Mimaki, and J. Yamauchi
Twelfth International Conference on Antennas and Propagation

2, 618-621
2003/03




15 研究論文(学術雑誌)
共著
A monofilar spiral antenna excited through a helical wire
H. Nakano, Y. Okabe, H. Mimaki, and J. Yamauchi
IEEE Trans. Antennas and Propagation

51/ 3, 661-664
2003/03




16 研究論文(学術雑誌)
共著
An array composed of two half-moon antennas with choke
H. Nakano, M. Seto, H. Mimaki, and J. Yamauchi
Progress in Electromagnetics Research Symposium

177
2003/01




17 研究論文(学術雑誌)
共著
An extremely high radiation efficiency triplate aperture antenna with a conducting wall
H. Nakano, T. Goto, H. Mimaki, and J. Yamauchi
Progress in Electromagnetics Research Symposium

180
2003/01




18 研究論文(学術雑誌)
共著
An outer-fed square spiral antenna on a chip dielectric substrate
H. Nakano, M. Imamura, H. Mimaki, and J. Yamauchi
Progress in Electromagnetics Research Symposium

193
2003/01




19 研究論文(学術雑誌)
共著
A two-arm spiral antenna fed by helices
H. Nakano, Y. Nakamura, H. Mimaki, and J. Yamauchi
2002 Asia-Pacific Microwave Conference

2, 737-740
2002/11




20 研究論文(学術雑誌)
共著
A strip grid array antenna
H. Nakano, H. Irie, H. Mimaki, and J. Yamauchi
2002 Asia-Pacific Microwave Conference

3, 1599-1602
2002/11




21 研究論文(学術雑誌)
共著
Fan-shaped antennas
H. Nakano, N. Nishizaka, H. Mimaki, and J. Yamauchi
2002 Interim International Symposium on Antennas and Propagation

129-132
2002/11




22 研究論文(学術雑誌)
共著
Half-moon antenna array
H. Nakano, M. Seto, H. Mimaki, and J. Yamauchi
XXVIIth General Assembly of the International Union of Radio Science

8.1-8.4
2002/08




23 研究論文(学術雑誌)
共著
Compact helical array antennas for VLBI co-axial S-X band feeds
T. Kasuga, H. Mimaki, and H. Nakano
XXVIIth General Assembly of the International Union of Radio Science

2.1-2.4
2002/08




24 (MISC)その他記事
共著
A small-pitch helical antenna operating in conical mode

Proc. of Symposium on Antenna Technology and Applied Electromagnetics アンテナ技術・応用国際シンポジウム論文(モントリオール、カナダ)


2002/08



円周が2波長でピッチ角の小さいヘリカルアンテナの放射特性を検討。円偏波コニカルビームの得られることを明らかにしている。最大放射方向は37度。利得8.5dBの得られる範囲内の軸比の周波数帯域は10%と算出。全4頁、529-532頁、理論検討担当。共著者:中野久松、三牧宏彬、増井、山内潤治
25 (MISC)その他記事
共著
Endfire- and backfire-mode helical antennas

Proc. of Symposium on Antenna Technology and Applied Electromagnetics アンテナ技術・応用電波国際シンポジウム(モントリオール、カナダ)


2002/08



均一構造のヘリカルアンテナをフレアー構造に変形し、反射板を無限の場合(軸モード)と有限の場合(バックファイヤモード)の放射特性を検討。フレアー構造にしたことにより、サイドローブレベルが減少し、利得の増加が得られた。全4頁521-524頁、理論検討担当。 共著者:中野久松、三牧宏彬
26 (MISC)その他記事
共著
Very compact S and X bands coaxial helical array feeds for VLBI antenna

2001 Asia-Pacific Radio Science Conference


2001/08



新干渉計網VERAのアンテナでの使用を目的とした全く新しい設計思想による電波望遠鏡のフィードの設計と作成について明らかにしている。全1頁、240頁。理論検討、実験担当。 共著者:三牧宏彬、中野久松、春日 隆
27 (MISC)その他記事
共著
FDTD analysis of a spiral antenna printed on a dielectric substrate of finite size

JSAEM Studies in Applied Electromagnetics and Mechnics, Applied Electromagnetics (III), 10


2001/05



誘電体の大きさがスパイラルの放射特性に及ぼす効果について明らかにしている。解析にはFDTD法を用いている。誘電体の一辺大きさが0.8波長より大きくなると、入力インピーダンスは誘電体を無限とした場合のものに近くなる。全4頁、理論検討担当。共著者:中野久松、岡部洋介、三牧宏彬、安井 創、山内潤治
28 (MISC)その他記事
共著
Realization of dual-frequency and wide-band VSWR performances using normal-mode helical and inverted-F antennas

IEEE Trans.on Antennas& Propagation Vol.46, No.6, アメリカ電気電子学会論文誌


1998/06



携帯電話用アンテナとして、ノーマルモードヘリカル素子とモノポール素子で構成したアンテナを提案している。電圧定在波比について解析し、2周波共振を実現している。さらに、逆Fアンテナに無給電素子を装着した場合について解析し、電圧定在波比の広帯域かを図っている。 全6頁788~793頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、池田典夫、Yu-Yuan Wu、鈴木亮太、三牧宏彬、山内潤治
29 (MISC)その他記事
共著
Axial ratio of a curl antenna

IEE Proc.-Microwaves Antennas and Propagation Vol.144, No.6


1997/12



カールアンテナの構造値を変化させた場合の軸比特性を等高線表示している。アンテナ高を高くしたとき、良好な円偏波放射を得るには巻き数と中央線路長の調整が必要であることを明らかにしている。 全3頁488~490頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、三牧宏彬
30 (MISC)その他記事
共著
The FD-TD analysis of aperture antennas using a triplate transmission line structure

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会国際会議論文(モントリオール、カナダ)


1997/07



キャビティ装荷、非装荷の二種類の開口アンテナの放射特性を比較検討している。ポインチングベクトルの相違に着目し、キャビティ装荷によって放射特性が改善されるメカニズムを究明している。 全4頁1538~1541頁、理論検討担当 共著者:中野久松、海野智洋、仲山一夫、三牧宏彬、山内潤治
31 (MISC)その他記事
共著
Dual polarization crank line antennas

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会国際会議論文(モントリオール、カナダ)


1997/07



クランクラインアンテナの円偏波共用特性を明らかにしている。右・左旋の円偏波放射ビーム方向が同一になるように、クランクセル長を適切に設定している。利得・軸比・入力端のアイムソレーションの周波数特性に言及している。 全4頁1600~1603頁、理論検討担当 共著者:中野久松、鈴木亮太、山崎真、三牧宏彬、山内潤治
32 (MISC)その他記事
共著
The radiation characteristics of honecomb antennas

IEE Proc.of International Conference 英国電気学会アンテナ伝搬国際会議論文(エジンバラ、英国)


1997/04



6角形の放射細胞を多数配列したハニカムアンテナを考察している。電磁結合を利用した給電方式を提案し、インピーダンス整合について述べている。ハニカム内角の変化が放射特性に及ぼす影響を解析している。第1モードとゼロモードとにおける放射特性を明らかにしている。 全4頁1350~1353頁、理論検討担当 共著者:中野久松、田嶋悟、鈴木紀美、三牧宏彬、山内潤治
33 (MISC)その他記事
共著
Honeycomb antennas

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会シンガポール通信システム国際会議論文(シンガポール)


1996/11



長方形状と正方形状に広がる二種類のハニカムアンテナを扱い、それぞれの放射特性をモーメント法を用いて明らかにしている。最大利得を与えるハニカム内角の範囲を示し、ブロードサイドビームを交差偏波識別度‐30dB以下で形成できることを示している。 全5頁12.3.1~12.3.4頁、理論検討担当 共著者:中野久松、田嶋悟、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
34 (MISC)その他記事
共著
Grid array antennas

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会シンガポール通信システム国際会議論文(シンガポール)


1996/11



給電方式の異なる三種のグリッドアレーアンテナを解析している。平衡給電型、電磁結合給電型、および同軸線路給電型のグリッドアレーアンテナは、それぞれ同じ半値幅のブロードサイドビームを放射する、ことを明らかにしている。さらに、平衡給電型に比べて給電構造が簡易な同軸線路給電型アンテナは、電磁結合給電型アンテナは、電磁結合給電型より広い周波数範囲にわたって利得特性が一定である、ことを示している。 全5頁12.7.1~12.7.4頁、理論検討担当 共著者:中野久松、河野 徹、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
35 (MISC)その他記事
共著
Effects of horizonatl liner section of a curl antenna on radiation characteristics

Proc.of Symposium on Antenna Technology and Applied Electromagnetics アンテナ技術・応用電波国際シンポジウム論文(ウィニング、カナダ)


1996/08



第一、第二、第三モードで動作するカールアンテナを解析している。第一モードカールアンテナについては、中央線路を持たないカールアンテナの放射特性を明らかにしている。第二、第三モードカールアンテナについては、双峰性ビームの得られることを示している。 全4頁、163~166頁、理論検討担当 共著者:三牧宏彬、中野久松
36 (MISC)その他記事
共著
An array of Franklin and Bruce antennas

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際会議論文(バルティモア、米国)


1996/07



偏波共用アンテナとしてフランクリンアンテナとブルースアンテナから成るアレイアンテナを提案。フランクリンアンテナとブルースアンテナ間の相互影響を議論。アンテナ配列間隔が0.4波長より大きくなると、相互影響は少なくなる、と結論。 全4頁1130~1133頁、理論検討担当 共著者:中野久松、大館紀章、三牧宏彬、山内潤治
37 (MISC)その他記事
共著
Fan beam formation using spiral array antennas

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際会議論文(バルティモア、米国)


1996/07



円偏波ファンビームを形成する2種類のスパイラルアレーアンテナを解析。素子は、2線式楕円形スパイラル素子と単線式円形スパイラルアレーアンテナは通常の円形スパイラルアレーアンテナより広いファンビームを形成する。単線式円形スパイラルアレーアンテナはチルトファンビームを容易に形成できる。 全4頁1628~1631頁、理論検討担当 共著者:中野久松、新間康博、三牧宏彬、山内潤治
38 (MISC)その他記事
共著
An electromagnetically fed loop antenna

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会マレーシア通信国際会議論文(クアラルンプール、マレーシア)


1995/11



振動素子付ループアンテナを電磁結合給電した場合と、直接給電した場合との放射特性を比較している。両者の放射特性は酷似している。3dB以内の軸比の得られる帯域幅は3.3%。この帯域幅における利得は9dBとなる、と結論。 全4頁12.1.1~12.1.4頁、理論検討担当 共著者:中野久松、吉田浩、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
39 (MISC)その他記事
共著
An electromagnetically fed curl antenna

IECE Proc.of Asia-Pacific Microwave Conference アジア太平洋マイクロ波国際会議論文(ソウル、韓国)


1995/10



電磁結合給電形カールアンテナを解析するための積分方程式を導出。3dB以内の軸比の得られる帯域は6.7%、この帯域幅における利得は7.5dBである。電磁結合給電形と直接給電形のカールアンテナの放射特性はほぼ同じである、と結論。 全4頁588~591頁、理論検討担当 共著者:中野久松、山崎真、三牧宏彬、山内潤治
40 (MISC)その他記事
共著
Center-fed grid array antenna

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際会議論文(カリフォルニア、米国)


1995/06



偏波共用アンテナとして2層構造中央給電グリッドアンテナを提案。アンテナ面と垂直の方向にビームを放射するよう、グリッドアンテナの最適構造を検討。上層グリッドを給電した場合と下層グリッドを給電した場合の利得差は僅少(0.5dB)である、と結論。 全4頁2010~2013頁、理論検討担当 共著者:中野久松、大島一朗、三牧宏彬、広瀬数秀、山内潤治
41 (MISC)その他記事
共著
Radiation from a short helical antenna backed by a cavity

IEE Electronics Letters Vol.31,No.8(英国電気学会)


1995/04



キャビティ形状の反射板をもつ1.5ターンヘリカルアンテナを解析。キャビティ側面が放射会に及ぼす影響について検討。キャビティ側面と底面との角度が75°の時、広角度に円偏波放射が得られる。 全3頁602~604頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、三牧宏彬
42 (MISC)その他記事
共著
Printed loop array antenna radiating a circularly polarised wave

IEE Proc.of International Conference 英国電気学会アンテナ伝搬国際会議論文(エインホーベン、オランダ)


1995/04



プリントループ素子配列により、高利得・円偏波・平面薄型アンテナを実現。円偏波放射ビームについて考察し、実験結果について言及している。 全4頁504~507頁、理論検討担当 共著者:中野久松、吉田浩、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
43 (MISC)その他記事
共著
Numerical analysis of a grid array antenna

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会シンガポール通信システム国際会議論文(シンガポール)


1994/11



誘電体上に配置されたグリッドアンテナをモーメント法を用いて解析。計算時間を短くするために、インターポレイション法を用いている。放射パターンの最大放射方向は、周波数の減少にともないアンテナ面の方向に移動する。誘電体上に配置されたグリッドアンテナの利得は、自由空間に配置された場合の利得より低いことを明示。 全5頁700~704頁、理論検討担当 共著者:中野久松、大島一朗、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
44 (MISC)その他記事
共著
Loop antenna with a parasitic element

Proc.of Symposium on Antenna Technology and Applied Electromagnetics アンテナ技術・応用電波国際シンポジウム論文(オタワ、カナダ)


1994/09



円偏波放射素子として無給電素子付きループアンテナを提案。ループ形状無給電素子に小さな間隙を設け、給電されたループアンテナ上で回転させると、右、左旋円偏波が得られる。 全4頁419~422頁、理論検討担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、呉裕源、山内潤治、広瀬数秀
45 (MISC)その他記事
共著
Two-arm slot spiral antenna

Electromagnetics, Vol.14, No.3-4


1994/07



曲がったワイヤとスロットからなる放射素子に対して、一対の積分方程式を導出。積分方程式の核は、数値解析が容易になるように閉じた形に変形されている。積分方程式の適用例として、外励振2給電2線式スロットスパイラルアンテナを解析。磁流分布、放射パターン、軸比を提示。 全17頁397~413頁、理論検討担当 共著者:中野久松、奥沢繁、三牧宏彬
46 (MISC)その他記事
共著
A curl antenna

IEEE Trans.on Antennas& Propagation Vol.41, No.11 米国電気電子学会論文誌


1993/11



カールアンテナと名付けた円偏波放射素子を提案し、放射特性を数値解析及び実験により検討している。素子の利得は約8.4dB、また3dB以内の軸比帯域幅は6.7%である。2つのカール素子の結合について議論した後に、168素子からなる円配列アンテナを構成している。95%の開口効率を実現。 全6頁1570~1575頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、奥沢繁、大石克己、三牧宏彬、山内潤治
47 (MISC)その他記事
共著
Backfire mode zigzag antenna

IEE Electronics Letters Vol.29, No.22 英国電気学会


1993/10



小さな接地板をもつ後方放射ジグザグアンテナのビーム幅を検討している。ジグザグ素辺長を増加させると‐10dBビーム幅は広くなる。本アンテナの応用例として、パラボラアンテナ一次放射器を検討。通信衛生受信用アンテナとして実用に供する利得36.4dBを得ている。 全2頁1905~1906頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、横田聡志、三牧宏彬、山内潤治
48 (MISC)その他記事
共著
Numerical analysis of a low profile spiral antenna

URSI Proc.of International Symposium 国際電波科学連合国際シンポジウム論文(京都、日本)


1993/08



低姿勢スパイラルアンテナについて、周波数3GHzから12GHにわたる特性を検討。 全1頁36頁、理論検討担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
49 (MISC)その他記事
共著
A low profile Archimedean spiral antenna

IEEE Proc.of International Symposium 米国電気電子学会アンテナ伝搬国際会議論文(シカゴ、米国)


1993/06



低姿勢2線式アルキメデススパイラルアンテナの特性改善を目的として、アーム終端抵抗装荷法を提案。抵抗装荷は、反射波の減少に貢献し、その結果、低い周波数において軸比が改善される。 全4頁450~453頁、理論検討担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
50 (MISC)その他記事
共著
Numerical analysis of a crank-line antenna

IEE Proc.of International Conference 英国電気学会アンテナ伝搬国際会議論文(エジンバラ、英国)


1993/03



放射特性の改善を目的として、クランクアンテナの構造を変形する。終端付近のフレア化は、円偏波特性、入力インピーダンス特性を変えることなく、利得の増強に貢献する、と結論している。 全4頁647~650頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、山内潤治
51 (MISC)その他記事
共著
Single-arm spiral slot antenna fed by a triplate transmission line

IEE Electronics Letters Vol.28, No.22 英国電気学会


1992/10



単状スパイラルスロットをトリプレート線路で電磁結合する方式を提案。単状スパイラルのアーム円周長が1波長の時、円偏波単方向性ビームが得られる。さらに、アレーアンテナでは、ペアー素子配列を用いることにより、均一素子配列の場合に比べ、-14dBリターンロスの帯域幅を3.6%から6.4%へと広げることができる。また、軸比の帯域幅は3.8 %から8.9%へと改善される。 全3頁2088~2090頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、仲山一夫、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
52 (MISC)その他記事
共著
Radiation characteristics of a low-profile helical array antenna with a radome

IEICE Proc.of International Symposium 電子情報通信学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(札幌、日本)


1992/09



低姿勢ヘリカルアレーアンテナ上に設置したレドームの影響を検討。アレーアンテナ上に適切な高さでレドームを取り付けることにより、利得は0.2dB増加し、80%以上の開口効率の得られることを明らかにしている。 全4頁45~48頁、理論検討担当 共著者:三沢宣貴、山下博司、石野健、山内潤治、三牧宏彬、中野久松
53 (MISC)その他記事
共著
Herical, curl, and dual-spiral array antennas for DBS reception

MWE'92 Microwave Workshop Digest 電子情報通信学会


1992/09



3種の平面形状衛生放送受信用アンテナの放射特性を検討している。配列素子にはヘリカル、カール、双スパイラルが使用されている。ヘリカル素子、カール素子の場合には、90%以上の高い開口効率が実現できる。双スパイラルアレーアンテナの場合には、給電方式にトリプレート伝送路を用いることにより高い利得がえられる、と結論している。 全6頁451~456頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、山内潤治、広瀬数秀
54 (MISC)その他記事
共著
Curl array antenna for DBSreception

IEICE Proc.of International Symposium 電子情報通信学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(札幌、日本)


1992/09



新しい円偏波放射素子としてカールアンテナを提案。このアンテナが広帯域特性(軸比、利得、入力インピーダンス等)を有していることを明示。さらに、キャビティ上に168素子を円配列し、開口効率95%を得ていることを報告。 全4頁41~44頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、奥沢繁、大石克己、三牧宏彬、山内潤治
55 (MISC)その他記事
共著
A single-arm spiral antenna

Proc.of Symposium on Antenna Technology and Applied Electromagnetics アンテナ技術・応用電波国際シンポジウム論文(ウィニペッグ、カナダ)


1992/08



4×4素子配列から成るスパイラルスロットを、ペアー素子配列を用いて構築。ペアー素子配列を用いることにより、均一素子配列の場合に比べ-14dB以下のリターンロスの帯域幅は3.6%から6.4%へと広くなり、軸比の帯域幅は3.8%から8.9%へと改善される。さらに、各素子を90度回転させることにより、21度のビームチルトを実現している。 全6頁534~539頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、仲山一夫、三牧宏明、山内潤治、広瀬数秀
56 (MISC)その他記事
共著
Low-profile helical array antenna fed from a radial waveguide

IEEE Trans.on Antennas& Propagation 米国電気電子学会論文誌 Vol.40, No.3


1992/03



巻数2、ピッチ角4度の低姿勢ヘリカル素子を用いたアレーアンテナを構築。給電をラジアル導波管により行い、衛生放送帯域内において高開口能率を実現している。さらに、ビームチルトについても言及し、設計法を確立している。30度のビームチルトの場合でも高い開口能率(69%)を達成できることを示している。 全6頁279~284頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、武田陽夫、北村頼広、三牧宏彬、山内潤治
57 (MISC)その他記事
共著
Circularly polarized conical beam formation by backfire helical antennas

電子情報通信学会論文誌 Vol. E74, No.10


1991/10



単線式バックファイアヘリカルアンテナによる双峰性ビーム形成の可能性を議論した後に、第2モード励振による2線式および4線式の放射特性を数値解析により明らかにしている。2線式では、1:1.4の帯域にわたり円偏波が放射されることを見出している。また、第1モード励振で得られる準双峰性ビームについても言及している。 全7頁3246~3252頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、佐浦康夫、三牧宏彬、山内潤治
58 (MISC)その他記事
共著
A loaded bifilar helical antenna with small radius and large pitch angle

IEE Electronics Letters 英国電気学会 Vol.27, No.17


1991/08



終端部に抵抗を装荷した2線式バックファイアヘリカルアンテナによる準双峰性ビームの形成を議論している。ヘリカル半径を小さくし、ピッチ角を大きくすることにより、水平面方向無指向性のビームにまで可変できることを明らかにしている。 全2頁1568~1569頁、理論検討担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、山内潤治
59 (MISC)その他記事
共著
Extremely low-profile helix radiating a circularly polarized wave

IEEE Trans.on Antennas& Propagation 米国電気電子学会論文誌 Vol.39, No.6


1991/06



低ピッチ角で巻数を少なくしたヘリカルアンテナが良好な円偏波放射素子として動作することを数値解析により見出している。ピッチ角4度、巻数2ターンのヘリカルでは、3dB以内の軸比が12%の帯域にわたって得られることを明らかにしている。 全4頁754~757頁、理論検討担当 共著者:中野久松、武田陽夫、本間輝彰、三牧宏彬、山内潤治
60 (MISC)その他記事
共著
Generation of a circulary polarised conical beam from backfire helical antennas

IEE Proc.of International Conference 英国電気学会アンテナ伝搬国際会議論文(ヨーク、英国)


1991/04



単線、2線、4線式の各バックファイアヘリカルアンテナによる双峰性ビーム形成を議論している。モーメント法により第2モード励振時の電流分布を算出し、進行波が分布するように構造値を定めている。4線式のものが最も広帯域に動作することを見出している。 全4頁42~45頁、理論検討担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、山内潤治
61 (MISC)その他記事
共著
A curled slot antenna adopting a triplate configuration

Proc.of Symposium on Antenna Technology and Applied Electromagnetics アンテナ技術・応用電波国際シンポジウム論文(ウィニペッグ、カナダ)


1990/08



円弧で構成されるカールスロットアンテナの放射特性を数値解析により明らかにしている。軸比が3dB以下となる帯域は12%に及ぶことを見出している。さらに、カールスロットをトリプレート線路で給電した場合についても実験的検討を加え、軸比の大域特性を議論している。 全5頁9~13頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、仲山一夫、広瀬数秀、三牧宏彬
62 (MISC)その他記事
共著
An extremely low-profile helical array antenna

IEEE Proc.of International Conference アメリカ電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(ダラス、アメリカ)


1990/05



超低姿勢ヘリカル素子を用いたアレーアンテナを構築し、ビームチルトを実現している。素子間隔の変化にともなうアレーアンテナの利得を理論的に検討し、最適な素子間隔を見出している。ビームを30度チルトした場合でも、開口効率は71%の高い値を示すことを実証している。 全4頁702~705頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、武田陽夫、本間輝彰、三牧宏彬、山内潤治
63 (MISC)その他記事
共著
A low-profile helix radiating a circulary polarized wave

IEICE Proc.of International Symposium 電子情報通信学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(東京、日本)


1989/08



円偏波を放射する低姿勢化したヘリカルアンテナを開発。円偏波率の広帯域特性を提示。応用として、多数個の低姿勢ヘリカルからなるアレーアンテナを考案。高能率な平面アレーアンテナが形成できることを実証。従来にない小形・薄形で高能率な衛生放送受信アンテナとしても応用できる。 全4頁501~504頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、武田陽夫、山内潤治
64 (MISC)その他記事
共著
Backfire radiation from a monofilar helix with a small ground plane

IEEE Trans.on Antennas& Propagation アメリカ電気電子学会論文誌 Vol.36, No.10


1988/10



ヘリカルアンテナ接地板の、放射におよぼす影響を明示している。電流進行方向と同じ方向に電磁波が放射される場合と、逆方向に放射される場合とにおける接地板の大きさに言及。さらに、逆方向放射形ヘリカル素子を利用し、衛生放送受信用パラボラアンテナを構築し、回転対称形パラボラの従来の開口効率を10%以上改善している。 全6頁1359~1364頁、理論検討担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬
65 (MISC)その他記事
共著
A single-wire spiral antenna with a small ground plane

Proc.of Symposium on Antenna Technology and Applied Electromagneticsカナダマニトバ大主催アンテナ技術・応用電波国際シンポジウム論文(ウィニペグ、カナダ)


1988/08



同軸線路によって容易に給電可能なスパイラルアンテナの構造を提案し、基本放射特性を解析している。スパイラルは単線アームからなり後方に小円接地板を設置した構造。小円接地板の半径の大きさと放射界円偏波との関係を考察。さらに、このアンテナをパラボラアンテナを一次放射器として用いた場合の特性を検討し、実用化の一例を示している。 全5頁1~5頁、理論検討担当 共著者:三牧宏彬、中野久松
66 (MISC)その他記事
共著
A spiral antenna backed by a conducting plane reflector

IEEE Trans.on Antennas&Propagation, Vol.34, No.6 アメリカ電気電子学会論文誌


1986/06



スパイラルアンテナ後方に金属平面反射板を置いた場合の放射特性について言及。周波数特性の考察から、円偏波が放射される場合のスパイラル円周を決定し、さらに電流分布の考察から、円偏波放射時における最適構造値を明示。使用可能帯域幅が1:1.2になることを提示している。 全6頁791~796頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、野上和男、荒井智、三牧宏彬、山内潤治
67 (MISC)その他記事
共著
Numerical analysis of a helical antenna with a finite ground plane

IEEE Proc.of International Symposium アメリカ電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(フィラデルフィア、アメリカ)


1986/06



ヘリカルアンテナの有限接地板の大きさが放射界におよぼす効果を解析。後方放射になる場合の最適構造値を電流の位相速度から求めている。前方放射から後方放射への過渡的放射にも言及し、放射の統一的かつ系統的説明を行っている。 全4頁129~132頁、理論検討担当 共著者:中野久松、三牧宏彬、山内潤治
68 (MISC)その他記事
共著
Backfire bifilar helical antenna with tapered feed end(2)

Taylor&Francis Ltd. International Journal of Electronics Vol.54, No.2


1983/02



パラボラ反射鏡アンテナの円偏波一次放射器として使用するために、標記アンテナの周波数特性(2.0~3.5GH)を、数値計算と実験より考察。標記アンテナは他のアンテナに比べ、少ない占有空間で所望の放射界を実験している、と結論。 全8頁279~286頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬、飯尾慎一
69 (MISC)その他記事
共著
Backfire bifilar helical antenna with tapered feed end

IEEE Proc.of International Symposium アメリカ電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(ロスアンゼルス、アメリカ)


1981/06



Patton氏によって提唱された従来の「後方放射形ヘリカルアンテナ」の欠点は、アンテナ前方、後方への放射界の強さの比、つまり前後比(F/B比)が大きくとれない点にある。Kraus形アンテナではアンテナ末端にテーパを施すことが放射特性の改善につながるのに対して、Patton形アンテナでは給電端にテーパを施すことにより動作周波数「高域」での前後比を大きくすることができる、と結論。 全4頁683~686頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬
70 (MISC)その他記事
共著
開放端部をテーパ化した平衡給電ヘリカルアンテナ

電子通信学会論文誌、Vol.64-B, No.4


1981/04



均一に巻かれたヘリカルアンテナの放射特性を改善するために、標記ヘリカルアンテナの放射電磁界特性を考察。従来、説明不十分であったアンテナテーパアームの放射特性に及ぼす効果を、数値解析上から詳細に考察し末端からの反射電流の抑圧効果を初めて定量的に解明。これに基づき、広帯域にわたり、放射電界の軸比改善、入力インピーダンスの安定化に成功している。 全8頁279~286頁、理論検討、実験担当 共著者:山内潤治、中野久松、三牧宏彬
71 (MISC)その他記事
共著
The short balanced helix radiating in the axial mode

URSI Proc.of International Symposium 国際電波科学連合国際シンポジウム論文(ミュンヘン、ドイツ)


1980/08



短軸長ヘリカルアンテナの放射電磁界を求めるために、理論上から厳密に電流を求める必要があるので、電流導出法を吟味している。2つの導出方法を提示し、比較検討している。標記アンテナの放射界の計算値と実験値を例示。 全4頁343A/1~343A/4頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬
72 (MISC)その他記事
共著
平衡給電両旋作動ヘリカルアンテナ

電子通信学会論文誌、Vol.63-B, No.8


1980/08



人工衛生等へ搭載され出した標記アンテナの理論的取り扱いを詳しく記述。理論上から求めた電流分布(2.6~4.0GHマイクロ波帯)を使い放射の諸特性を算出し、その結果実験値と共に提示。ピッチ角10.5°~13.5°、巻数22ターンに及ぶ標記アンテナの統一的な設計資料を提供。更に、2ターンヘリカルは少数巻にもかかわらず広帯域にわたり円偏波放射器として動作することを明示。 全8頁743~750頁、理論検討、実験担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬、菅野雅之
73 (MISC)その他記事
共著
Tapered balanced helices radiating in the axial mode

IEEE Proc.of International Symposium アメリカ電気電子学会アンテナ伝搬国際シンポジウム論文(ケベック、カナダ)


1980/05



放射特性を改善する観点から、螺線アンテナアームにテーパを施す場合、給電端付近にテーパをかけるべきか、あるいはアンテナアーム末端の開放端付近にテーパをかけるべきか、どちらが有効であるのかを放射利得、放射界軸比から検討している。 全4頁700~703頁、理論検討担当 共著者:中野久松、山内潤治、三牧宏彬