English
法政大学 
理工学部 
電気電子工学科 

教授 
柴山 純 
シバヤマ ジュン 
SHIBAYAMA Jun 


個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/01/31 

経歴
古河電気工業株式会社 研究開発本部 光技術研究所 研究部  1995/04/01-1999/03/15 
法政大学 工学部 助手  1999/04/01-2009/03/31 
法政大学 理工学部 専任講師  2009/04/01-2011/03/31 
法政大学 理工学部 准教授  2011/04/01-2015/03/31 
法政大学 大学院 工学研究科 情報電子工学専攻 兼担准教授  2012/04/01-2014/03/31 
法政大学 大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻 兼担准教授  2013/04/01-2015/03/31 
法政大学 理工学部 教授  2015/04/01-現在 
法政大学 大学院 理工学研究科 電気電子工学専攻 兼担教授  2015/04/01-現在 

学歴
法政大学  工学部  電気工学科電気電子専攻  1993  卒業 
法政大学大学院  工学研究科  電気工学専攻  博士前期  1995  修了 

学位
修士 (工学)  法政大学  1995/03 
博士 (工学)  法政大学  2001/09 

研究分野
機能素子工学 

研究キーワード
センサデバイス 
テラヘルツ波デバイス 
マイクロ波デバイス 
差分時間領域法(FDTD法) 

研究テーマ
有限差分時間領域(FDTD)法を用いたシミュレーション技術の開発  有限差分時間領域(FDTD)法、局所的1次元(LOD)FDTD法  2003-現在 
センサデバイス、テラヘルツ波デバイス、マイクロ波デバイスなどの電磁界解析  センサデバイス、テラヘルツ波デバイス、マイクロ波デバイス  2007-現在 

競争的資金等の研究課題
(分担) 低屈曲損誘電体光導波路の開発・設計  科学研究費  基盤研究(C)一般  科学研究費  2017/04/01-2020/03/31 
(代表)陰的及び半陰的円筒座標FDTD法の確立と金属円盤型THz表面波分割器の開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2015/04/01-2018/03/31 
(分担)偏波変換導波路の効率的設計手法の確立と超薄型偏波変換板の開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2014/04/01-2017/03/31 
(代表)周波数依存型3次元LOD-FDTD法の開発とプラズモンデバイス解析への応用  科学研究費  基盤研究(C)一般  2011/04/28-2014/03/31 
(分担)周期構造型および導波路型偏波変換・制御デバイスの開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2010/04/01-2013/03/31 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  (論文) Improved cylindrical HIE-FDTD method and its application to a metal disc-type surface wave splitter  Jun Shibayama, Tatsuyuki Hara, Masato Ito, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano  IEEE Microwave and Wireless Components Letters  29  2019  Jun Shibayama, Tatsuyuki Hara, Masato Ito, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano, ``Improved cylindrical HIE-FDTD method and its application to a metal disc-type surface wave splitter," IEEE Microwave and Wireless Components Letters, vol. 29, no. , pp. , 2019. 
研究論文(学術雑誌)  共著  (論文) ビーム伝搬法とFDTD法の二次元複合シミュレーションを用いた計算コスト削減の検討  岩田岳大, チャカロタイ ジェドヴィスノプ, キック アルフレード, 鈴木敬久, 柴山 純  電子情報通信学会論文誌C  J102-C/ 5  2019/05/01  岩田岳大, チャカロタイ ジェドヴィスノプ, キック アルフレード, 鈴木敬久, 柴山 純, ``ビーム伝搬法とFDTD法の二次元複合シミュレーションを用いた計算コスト削減の検討," 電子情報通信学会論文誌C, vol. J102-C, no.5,pp.-, May 2019. 
研究論文(学術雑誌)  共著  (論文) GPUを用いた超並列計算による高速逆ラプラス変換及びProny法を適用した周波数分散性FDTDスキームの高速化に関する検討  小内利仁, チャカロタイ ジェドヴィスノプ, キック アルフレード, 鈴木敬久, 柴山 純  電子情報通信学会論文誌C  J102-C/ 5  2019/05/01  小内利仁, チャカロタイ ジェドヴィスノプ, キック アルフレード, 鈴木敬久, 柴山 純, ``GPUを用いた超並列計算による高速逆ラプラス変換及びProny法を適用した周波数分散性FDTDスキームの高速化に関する検討," 電子情報通信学会論文誌C, vol. J102-C, no.5,pp.-, May 2019. 
研究論文(学術雑誌)  共著  (論文) Trapezoidal recursive convolution-based FDTD method for arbitrary-shaped dispersive materials  Jun Shibayama, Kazuto Suzuki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano  IET Electronics Letters  54/ 25, 1429-1430  2018/10/23  Jun Shibayama, Kazuto Suzuki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano, ``Trapezoidal recursive convolution-based FDTD method for arbitrary-shaped dispersive materials," IET Electronics Letters, vol. 54, no. 25, pp. 1429-1430, October 2018. 全2頁()中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:柴山 純、鈴木和人、山内潤治、中野久松 
研究論文(学術雑誌)  共著  (論文) Imaginary-distance beam-propagation method based on Yee's mesh in cylindrical coordinates  Masato Ito, Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano  Microwave and Optical Technology Letters  60/ 12, 2918-2922  2018/10/09  全4頁)中、理論検討を担当 著者:伊藤政人、柴山 純、山内潤治、中野久松 Masato Ito, Jun Shibayama, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano, Imaginary-distance beam-propagation method based on Yee's mesh in cylindrical coordinates, Microwave and Optical Technology Letters, vol. 60, no. 12, pp. 2918-2922, October, 2018. 
詳細表示...

研究発表
その他  (基礎講座) FDTD法入門  MWE 2018 (Microwave Workshops & Exhibition) 電磁界シミュレーション基礎講座 ~大学のコースから~  2018/11/30  FR6A-2 
口頭発表(一般)  (国際会議) Dispersive contour-path algorithm for the TRC-FDTD method  The 18th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices (NUSOD) (Hong Kong, China)  2018/11/06  全2頁(-)中、理論検討、論文執筆を担当 共著者:柴山 純、鈴木和人、山内潤治、中野久松 Jun Shibayama, Kazuto Suzuki, Junji Yamauchi, and Hisamatsu Nakano, ``Dispersive contour-path algorithm for the TRC-FDTD method," The 18th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices (NUSOD), TuA6, pp. -, November 6, 2018,Hong Kong, China 
口頭発表(一般)  (口頭発表) CFS-CPMLの円筒座標系半陰的FDTD法への適用  信学ソサイエティ大会  2018/09/14  原 竜之, 柴山 純, 山内潤治, 中野久松, "CFS-CPMLの円筒座標系半陰的FDTD法への適用," 信学ソ大, C-1-13, 2018. 
口頭発表(一般)  (口頭発表) Leapfrog型LOD-FDTD法による導波路グレーティング解析  信学ソサイエティ大会  2018/09/14  柴山 純, 大城輝明, 山内潤治, 中野久松, "Leapfrog型LOD-FDTD法による導波路グレーティング解析," 信学ソ大, C-1-11, 2018. 
口頭発表(一般)  (口頭発表) ビーム伝搬法を用いた波源方向の電界分布推定の検討  信学ソサイエティ大会  2018/09/13  岩田岳大, Jerdvisanop Chakarothai, Alfred Kik, 鈴木敬久, 柴山 純, "ビーム伝搬法を用いた波源方向の電界分布推定の検討," 信学ソ大, C-15-15, 2018. 
詳細表示...

知的財産権
特許  インターフェースケーブルおよびインターフェースケーブル装置  特願平11-201011  1999/07/14  特開2001-028209  2001/01/30 
特許  分岐ユニットおよび該分岐ユニットを用いた配線方式  特願平11-049407  1999/02/26  特開2000-253104  2000/09/14 
特許  ツイストペア線およびそれを撚り合わせたペアケーブル  特願平10-330013  1998/11/19  特開2000-156124  2000/06/06 
特許  通信ケーブル  特願平10-007117  1998/01/19  特開平11-203956  1999/07/30 
特許  インターフェースケーブル  特願平09-282873  1997/09/30  特開平11-111078  1999/04/23 
詳細表示...

受賞
電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ賞  高効率電磁界解析技術 LOD-FDTD法の先駆的研究  2018/06/08 
Best Paper Award, International Symposium on Microwave and Optical Technology (ISMOT 2017)  Transmission characteristics of a sample holder using terahertz frequency selective surfaces  2017/06/27 
IEEE Ulrich L. Rohde Innovative Conference Paper Award on Computational Techniques in Electromagnetics, IEEE International Conference on Computational Electromagnetics (ICCEM 2017)  Reformulations of implicit FDTD and beam-propagation methods using the fundamental scheme  2017/03/09 
電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰  エレクトロニクスシミュレーション研究専門委員会幹事としての貢献  2016/03/16 
電子情報通信学会 エレクトロニクスシミュレーション研究会 優秀論文発表賞 (一般部門)  Fundamental法を導入したADI-BPMによる導波路型光吸収SPRセンサの三次元解析  2013/02/22 
詳細表示...

担当授業科目
自然科学の方法 
電磁波情報工学 
電気電子工学実験I 
電気電子工学実験III 
アドバンストPBL 
詳細表示...

所属学協会
電子情報通信学会  1993-現在 
米国光学会 (OSA)  1997-現在 
米国電気電子学会 (IEEE)  2003/01-現在 
The Applied Computational Electromagnetics Society (ACES)  2011/06-現在 
詳細表示...

委員歴
Special Issue on Optical Waveguides and Resonant Cavities  Guest Editor  2009/11-2010/11 
電子情報通信学会  光エレクトロニクス(OPE)研究専門委員会 専門委員  2010/05-現在 
国際電波科学連合B分科会 電磁界理論国際会議(EMTS2013)  現地論文委員会委員  2010/11/05-2013/12/31 
ISRN Optics  Editorial Board  2011/06-現在 
電子情報通信学会  エレクトロニクスシミュレーション(EST)研究専門委員会 専門委員  2011/05-現在 
詳細表示...