研究発表
公開件数:6件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 ポスター発表
CENSUSING TAXONOMISTS AT THE STAZIONE ZOOLOGICA ANTON DOHRN: RE-EXAMINATION OF ZOOLOGICAL COLLECTIONS
XXVIII CONGRESSO ANMS - I MUSEI SCIENTIFICI NELL’ANNO EUROPEO DEL
PATRIMONIO
2018/10/24
URL
In the present contribution, we reexamined the Zoological Collection Database (http://szn.i.hosei.ac.jp) that provides taxonomical and ecological information of 8396 preparations (=2775 species) belonging to 18 Phyla. Finally, we have recognized 64 major collections as “Taxonomist collection archive”, which includes 8198 preparations belonging to 14 Phyla identified by 56 taxonomists during the period 1877-1978. The tremendous number of single taxonomist collections recorded in the present study confirms the importance of natural history museums in documenting not only the biological diversity, also the vicissitudes related to scientists who made marine zoology an ever growing science during the last two centuries.
2 ポスター発表
八王子市長池公園をモデルとした特定地域における生物多様性情報収集システム
日本動物学会 第88回大会
2017/09/23

一般市民の自然観察活動から得られる生物多様性情報は、信頼性おいて問題が残るものの、専門家による調査研究結果を補完する意味で重要な情報源と成りうるものと考えられる。東京都八王子市長池公園では、2000年に専門業者による環境調査が行われた後、専門家の調査は行われていない。本研究では、長池公園をモデル地域として、対象を一般市民にまで拡張したインターネット多様性情報収集システムを構築し、その有効性を検討した。
3 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等
The role of the Zoological Collection Database at Stazione Zoologica Anton Dohrn Napoli, as a biodiversity database.
Seminario di Stazione Zoologica Anton Dohrn Napoli
2016/11/03

Abstract
Since 2001, about 5700 specimens stored at the Stazione Zoologica Anton Dohrn Napoli Museum have been archived as a Zoological Collection Database (http://szn.i.hosei.ac.jp). Each specimen in the database contains label information, an image of the container and a 3D object movie thus allowing the virtual reproduction of its morphological outline.
4 口頭発表(一般)
バーチャル博物館の新たな役割
日本動物学会第86回大会
2015/09/17

ナポリ臨海実験所に設置されてきた「博物館」室が2016 年4 月に一時的に閉鎖となった。2 年後の新棟建設時に、新たなスペースで再開される予定である。既に、本学会で報告したように、我々はこの博物館のほぼ全ての標本についてVR イメージを含む画像データベースを構築してきた。本報では、現在データベースに登録されているコンテンツの概要を示した上で、今後博物館が閉鎖中の期間に、それらのコンテンツを使って、博物館利用者にどのように新たなサービスを展開できるか考察する。
5 ポスター発表
Schewiakoff顕微鏡標本VR画像データベース
社団法人日本動物学会第82回大会
2011/09/21

2006年、木原はイタリア・ナポリ臨海実験所(SZN)に滞在中、その一室でScheviako
ff (1859-1930)が作成した約1,200枚の顕微鏡プレパラートを発見した。この標本に
保存された約79種・約2000個体をバーチャル顕微鏡画像としてデータベース化しイン
ターネット上で閲覧可能なバイオリソースとして整える作業をほぼ完了したので報告
する。
6 口頭発表(一般)
Schewiakoff preparation database at Stazione Zoologica "Anton Dohrn"
di Napoli.
Radiolarian Biology based on Paleoceanography Workshop -RABOPAWOR-
2009/11/07