English
法政大学 
文学部 
英文学科 

教授 
川﨑 貴子 
カワサキ タカコ 
KAWASAKI Takako 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/10/22 

経歴
McGill University Department of Linguistics にて研究助手 音韻論及び第二言語習得プロジェクト  1993/09/01-1995/04/30 
McGill University Department of Linguistics にて教務助手  1995/01/01-1997/04/30 
立教大学英語嘱託講師 ランゲージ・センター所属  1999/04/01-2000/03/01 
法政大学文学部 専任講師  2000/04/01-2003/03/31 
法政大学文学部助教授  2004/04/01-2006/03/31 
法政大学文学部 准教授  2007/04/01-2012/03/31 
法政大学文学部教授  2013/04/01-現在 

学歴
関西学院大学文学部英文学科  1991/03 
米国 バージニア州、George Mason University  Department of English Linguistics Program (Master of Arts in English)  博士前期  1993/01  修了  U.S.A. 
カナダ ケベック州、McGill University  Department of Linguistics (Ph.D.in Linguistics)  博士後期  1999/06  修了  Canada 

学位
Ph.D.in Linguistics  McGill University 

教育・研究活動状況
担当科目:
言語学概論B, 英語音声学A/B, 言語学演習(2), 応用言語学 等 

研究分野
言語学 
外国語教育 

研究キーワード
理論言語学 
第2言語習得 
音韻論 
心理言語学 

研究テーマ
第二言語習得理論, 第二言語音韻習得  第二言語習得、音韻論 

著書
第二言語習得モノグラフシリーズ 1 名詞句と音声・音韻の習得  白畑知彦、須田孝司 編 ニール・スネイプ、小川睦美、須田孝司、鈴木孝明、杉浦香織、川崎貴子、ジョン・マシューズ、田中邦佳 著  「L2 音韻カテゴリーの構築過程における音響的手がかりの利用と抑制」  くろしお出版  2017/12/28  9784874247495 
第二言語習得キーターム事典  開拓社  2017/05/30  978-4758922456 
詳細表示...

論文
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  L2 習得による無声摩擦音知覚マップの再構築  川﨑 貴子,田中 邦佳,竹内 雅樹, マシューズ・ジョン  2019年度日本認知科学会第36回大会  日本認知科学会  167-702  2019/09/07 
選択的注意の誘導によるL2音の知覚への影響 : 日本語母語話者による英語のliquidとfricativeの知覚 (復刊60周年記念号)  川﨑 貴子, 田中 邦佳  英文学誌  法政大学英文学会  60, 23-38  2018  0422-7816  URL 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  選択肢呈示タイミングによる選択的注意の誘導が L2 音知覚に与える効果  川﨑 貴子,田中 邦佳,竹内 雅樹  2018年度日本認知科学会第35回大会  日本認知科学会  1030-1037  2018/08/30 
音声学授業での明示的な学び (特集 教育実践を論じる)  川﨑 貴子  法政大学教職課程年報  法政大学キャリアデザイン学部 ; 2012-  15/ 0, 45-50  2017  URL 
研究論文(学術雑誌)  共著  中国語話者と日本語話者による英語摩擦音の音声知覚  川﨑 貴子, 田中 邦佳  法政大学文学部紀要  法政大学文学部  74, 59-66  2017/03/30  0441-2486  URL  It is widely known that L1 phonological and phonetic structure impact on L2 perception and production. This study investigated how LI influences the lower level of speech perception by comparing similarity judgment of English fricatives by Japanese and Chinese native speakers. In addition, we investigated whether the results of Chinese and Japanese native speakers' speech perception supported CATM's proposal — the use of acoustic cues that are not needed for phoneme distinction is inhibited by the completion of phonemic category. Our results suggest that LI phonemic inventories affect similarity judgments. The results also support the inhibition effect proposed by CATM. 
詳細表示...

担当授業科目
言語学演習(2)A 
二年次演習 
英語音声学A 
言語学演習(2)B 
応用言語学 
詳細表示...

所属学協会
日本第二言語習得学会  2004/01/01-現在 
日本音韻論学会 
日本認知科学会 
International Speech Communication Association  2011/12-現在 
詳細表示...