English
法政大学 
社会学部 
メディア社会学科 

教授 
謝 茘 
シャ レイ 
XIE Li 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/10/20 

その他の所属・職名
大学院  人文科学研究科  兼担教授 

学歴
お茶の水女子大学大学院  人間文化研究科  比較文化(文化人類学)  博士後期  1999  単位取得満期退学 
北京師範大学  外国語学部  日本語科  卒業  中国 

学位
博士(学術)  愛知大学 

研究分野
文化人類学、中国・日本社会の生活文化の比較研究 

著書
『中国社会における文化変容の諸相――グローカル化の視点から】(国立民族学博物館論集3)  韓敏編  123-151  風響社  2015/03 
革命の実践と表象――中国の社会変化と再構築  韓敏編  251-277  風響社  2009/03 
変貌する東アジアの家族  佐藤康行・清水浩昭・木佐木哲郎編  49-77  早稲田大学出版部  2004/02 
講座道教第六巻 アジア諸地域と道教  遊佐昇・野崎充彦・増尾伸一郎編  84-107  雄山閣出版  2001/10 
中日学者論外語教学和異文化理解  張伊興・朱威烈編  172-186  上海外語教育出版社  2000/12 
詳細表示...

論文
(MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)  単著  近代中国における暦政策と旧暦  『宗教研究』(第78回学術大会紀要特集)  日本宗教学会  第93/ 別冊, 55-56  2020/03/30 
地域表象としてのコーヒー文化――中国海南島とエチオピアにおけるグローカル化の様相  謝茘  『法政大学多摩論集』  法政大学多摩論集編集委員会  32, 1-52  2016/03 
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  グローカル化における祝祭日の再構築――中国端午節の文化変容を事例に  韓敏編『中国社会における文化変容の諸相――グローカル化の視点から』(国立民族学博物館論集3)  123-151  2015/03/31 
研究論文(学術雑誌)  単著  端午節儀式活動伝承主体的社会変化――以中国嘉興市端午民俗文化節與日本相模原市児童節為例  『文化遺産』  2012年03期, 131-140  2012/07 
研究論文(その他学術会議資料等)  単著  端午節儀式活動伝承主体的社会変化――以中国嘉興市端午民俗文化節与日本相模原市児童節為例  『“当代中国非物質文化遺産保護的行動研究:政策、実践和理論反思”研討会学術論文集』  141-158  2011/11 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(招待・特別)  近代中国における暦政策と旧暦  日本宗教学会・2019年度学術大会 パネル「近代における曆・国家・宗教」  2019/09/14 
詳細表示...

芸術活動、建築作品等
その他  共同  『自社会研究としての人類学の確立にむけた基礎的研究』(平成14~16年度科学研究費補助金 基盤研究(B)(1))研究成果報告書 課題番号14310151 研究代表者:福岡大学中西裕二教授  2002/04-2005/03 
その他  共同  『中国福建省福州及び泉州と沖縄の文化・社会の比較研究』(平成12~14年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)(海外)研究成果報告書 課題番号12571022 研究代表者:沖縄国際大学綜合文化学部小熊誠教授  2000/04-2003/03 
詳細表示...

所属学協会
中国民俗学会  1996/06-現在 
日本文化人類学学会、日本民俗学会  1995/06-現在 
詳細表示...