著書
公開件数:9件
No. タイトル 著者 担当範囲 担当ページ 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 建築のしくみ:住吉の長屋/サヴォワ邸/ファンズワース邸/白の家
安藤直見・柴田晃宏・比護結子

全255頁
丸善
2008/04


図面,模型,CG(コンピュータ・グラフィックス)を駆使して,20世紀を代表する建築である4つの住宅(住吉の長屋,サヴォワ邸,ファンズワース邸,白の家)の構成を解析し,さまざまな構造形式によって生み出される美しい空間・形態の建築のしくみについて述べている。
2 ペデストリアンデッキ データブック 2006
安藤直見, 松波勝也, 高橋広樹, 船岡敦司


法政大学学術機関リポジトリ
2007/03



3 世界の建築まるごと事典



日本実業出版社
2000/10


世界の建築の歴史・特徴を写真、図面を交えて分かりやすく紹介した一般書。 全261頁を統括 共著者:茶谷正洋、安藤直見、山畑信博、森泉麻美子、桜澤いずみ
4 (翻訳) 巨匠たちのディテール Vol.1&2 原書:The Detail of Modern Architecture Vol.1-2 原著者:Edward R.Ford



丸善
1999/03


1800年代後半から現代までの著名な建築のディテールを解き明かしている。 全850頁中、Vol.2の第2章「エリエル・サーリネン-デトロイト時代:1926-1940」(23~49頁)の翻訳を担当 共訳者:八木幸二、安藤直見 他25名
5 美の図学



森北出版
1998/06


幾何学的図形と美との関わりを論じている。 全278頁中、第3章「立体の造形」の「平面から立体へ―折り紙建築」(145~152頁)を担当 共著者:安藤直見、茶谷正洋 他23名
6 ヨーロッパ広場紀行―中世・夢空間への旅
安藤直見


丸善
1997/08


西欧広場の形態分析に関する研究の成果をふまえ、西欧都市の広場と街路の形態構成と、その歴史との関わりを詳述している。 全112頁
7 住まいを探る世界旅



彰国社
1996/07


世界の都市と建築を対象とした調査研究の各論。 全231頁中、「西欧の広場-電子広場への旅」(45~51頁)を担当 共著者:茶谷正洋、安藤直見 他14名
8 住まいの「建築学」



彰国社
1996/07


建築および都市に関する分析研究の各論。 全245頁中、「街路と広場のコンピュータ・グラフィックス」(47~68頁)を担当 共著者:茶谷正洋、安藤直見 他9名
9 実例パソコン 折り紙建築と折り紙
茶谷正洋,中村倭文夫,安藤直見

全152頁
講談社サイエンティフィック
1987/12


建築形態の簡略化モデルである折り紙建築の形態構成を、パソコンによって解析しシミュレートしている。 全152頁中、第1章「折り紙建築」(1~65頁)の解析・シミュレーション関係部分を担当 共著者:茶谷正洋、中村倭文夫、安藤直見