論文
公開件数:105件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
A Case Study on the Education of
Architectural Digital Studio
- Automatic Generation of Forms, Integrated Design, and Digital Presentation
Naomi Ando
TERRITORIES AND FRONTIERS OF REPRESENTATION
39th International Meeting of Teachers of Representation DisciplinesCongress of the Italian Union for Drawing
1385-1390
2017/09



For an education, which utilizes digital methods to architectural design, the use of CAD (Computer Aided Design) has already become commonplace sufficiently. After the age of CAD education, (1) automatic generation of forms (algorithmic design), (2) utilization of advanced CG (Computer Graphics) and CG animation, and (3) integrated design by using BIM (Building Information Modeling), are considered to become focuses of educations. This paper describes attempts to develop the above 3 points, with the goal of verifying their efficiency and the problems involved.
2 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Harry Potter and Gothic Architecture
Yoko KOIKE and Naomi ANDO
Proceedings for the 11th Asian Forum on Graphic Science (AFGS 2017)
The 11th Asian Forum on Graphic Science
F58, 1-6
2017/08




3 研究論文(学術雑誌)
単著
A Small Plaza and a Streetscape in Kuromon-cho
Naomi Ando
Journal of Industrial Design and Engineering Graphics
Sorging, Romania
12, 159-164
2017/05/26



To place architecture within a site is to place an open space around it, as well as to form a streetscape. This study examines the characteristics of the contemporary Japanese open spaces and the streetscapes through a case study of an architectural design. The author has involved in designs of a construction and renovations of three adjacent houses. The construction of the oldest house dates back to 1881. Since then, structure of the city and the lifestyle of families have significantly changed. This study discusses on the transformation of them as well.
4 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
映画に描かれたルネサンス建築 ―芸術としての複製―
安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
19-24
2016/11
2189-0072


映画には,作品としての表現の一部として,あるいは背景として,建築や都市などの空間が描かれる.本論は,ルネサンスおよびそれ以降の時代を描いた映画において,芸術としての建築がそれまでの歴史をどのように参照し再生しているかを考察する.そのことを通じて,ルネサンス時代の建築の形態とその空間の特質について述べる.
5 研究論文(学術雑誌)
単著
映画に描かれた古代エジプトの建築 ―建築の量塊的イメージ―
安藤直見
図学研究
日本図学会
50/ 3, 11-19
2016/09
0387-5512


映画には,作品としての表現の一部として,あるいは背景として,建築が描かれる.本論は,映画から建築のイメージを読み取るための方法について論じ,映画を通して歴史的な建築の特徴を学ぶための教育資料を提示することを目的としている.その端緒として,本稿は,古代エジプト建築を描いた映画を取り上げ,そこに表れた古代エジプト建築のイメージの特質を検証する.古代エジプトの建築は,大ピラミッドの他,アブシンベル神殿の巨像,ルクソール神殿の大列柱など,石造の量塊的な巨大さを特徴とする.
6 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Pedestrian Decks as Gardens
Naomi ANDO, Yayun PENG
Proceedings of 17th ICGG

P.6 (USB)
2016/08



In recent years, a number of pedestrian decks, the elevated pedestrian walkways in front of railway stations, have been built in Japan, especially in large urban areas such as Tokyo. In the Tokyo metropolitan district, the railway network is highly developed. In this study, we compared the pedestrian decks and their surroundings with some aesthetic gardens. Inside the gardens, there are various elements such as water ponds, pavilions, and gates. Spaces are segmented in a various manners. Along the walkways, spatial sequences are elaborately choreographed. We conducted surveys on several Japanese gardens. By utilizing methods generally associated with the spatial configuration of gardens, it may be possible to improve the spatial attractiveness of the pedestrian decks and their surroundings.
7 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Automatic Configuration of Japanese Cityscapes
Naomi Ando
Proceedings for moNGeometrija 2016

P.4 (USB)
2016/06



In this study, Japanese cityscapes in the Tokyo metropolitan district are depicted by using algorithmic computer graphic configurations.
A numerical analysis of the three-dimensional configuration is performed to grasp the characteristics of its form. The distributions of the heights of the buildings in the city blocks are observed to be similar to a normal distribution. As random numbers based on a normal distribution can be generated using the mean and variance as parameters, it is possible to generate the forms of cityscapes using computer graphics configurations.
The planar shapes of buildings are able to be extracted from map data. Map data indicating the planar forms of buildings throughout Japan are provided by the Geospatial Information Authority of Japan. However, the heights of buildings are not included in the map data. Although there are several ways to survey and determine the heights of buildings, we do not perform a survey, but rather attempt to generate cityscapes automatically. We will be able to reproduce the appearance of a cityscapes using this approach.
8 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
映画に描かれた中世ゴシック ―天空への飛翔―
安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
45-50
2016/05
2189-0072


映画には,作品としての表現の一部として,あるいは背景として,建築や都市が描かれる.本論は,中世ゴシック時代の建築空間を描いた映画において,フライングバットレス,ポインテッドアーチ,リブヴォールトなどによるゴシック建築の構成が,「天空への飛翔」ともいえるある種の浮遊感を表していることを検証する.そのことを通じて,中世ゴシック時代の建築の形態と空間の特質について考察し,その形態と空間を学ぶための教材の提示を試みる.
9 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
地下空間の演出に関する研究
卯都木豪,安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
103-106
2015/11
2189-0072



10 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
映画「シャイニング」に見る空間の構図
村田潤,安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
99-102
2015/11
2189-0072



11 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ル・コルビュジエの窓
高瀬純哉,安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
37-42
2015/11
2189-0072



12 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
映画に描かれた中世ロマネスク ―躍動する閉鎖空間―
安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
55-60
2015/11
2189-0072


映画には,作品としての表現の一部として,あるいは背景として,建築や都市が描かれる.本論は,中世ロマネスク期の建築空間および都市空間を描いた映画,およびそれに類する映画において,一定の閉鎖感をもつ空間の内部に個性ある躍動感にあふれた空間が描かれていることを検証する.そのことを通じて,中世ロマネスク期の建築および都市の形態とその空間の特質について考察する.
13 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Design by Spheres - A Computer Graphic Material for Architectural Design Education –
Naomi Ando, Shota Ishii
Proceedings of AFGS

P.8 (USB)
2015/08




14 研究論文(学術雑誌)
単著
A Form Analysis of Japanese Pedestrian Decks and European Plazas
Naomi Ando
Journal of Industrial Design and Engineering Graphics
Romanian Society of Engineering Graphics (SORGING)
Volume 10/ Special Issue, fascicle 4, P.6 (Online)
2015/06
2344-4681


This study compares Japanese pedestrian decks and European plazas as public pedestrian spaces. The characteristics of both types of spaces will be clarified through a schematic analysis. The connections of these spaces with their surroundings will also be analyzed. Further, the spatial image of these spaces are discussed. Pedestrian spaces in Romania will be discussed as well.
15 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
広場としての駅空間
彭亜雲,安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
13-18
2015/05/09
2189-0072


日本の大都市では,鉄道網が高度に発達している.駅に直結するペデストリアンデッキ,商業施設,集合住宅などもつくられるようになっている.また,駅に接続するは歩行者専用道路も発達し,駅を中心に,人々が集まる空間,行き交う空間が形成されている.本研究では,広場としての駅空間の特質と可能性を探る.
16 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
映画に描かれた古代ローマとビザンチン ー形象から空間へー
安藤直見
日本図学会学術講演論文集

19-24
2015/05/09
2189-0072


映画には,作品としての表現の一部として,あるいは背景として,建築や都市などの空間が描かれる.本論は,古代ローマからビザンチンにかけての時代の建築を描いた映画において,その建築の表現が,外的な形象から内部空間にかかわるものへと変化していくことを考察し,映画を通して,建築と都市の場所性と歴史性について学ぶための教育資料を提示する.
17 研究論文(学術雑誌)
共著
法政大学建築学科における進路傾向から見る教育の特徴
田代ゆき子,安藤直見
建築教育研究論文報告集
日本建築学会
14, 25-30
2014/11




18 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A Study on the Parametric Architecture – Development of Computer
Graphic Materials for Architectural Design Education
Naomi ANDO, Shota ISHII1, Nobuhiro YAMAHATA, Akihiro SHIBATA
Proceedings of 16th ICGG

1206-1217
2014/08



This study develops computer graphic materials to learn about abstract features of
architectural forms. First, we created 3D models that simplify distinctive architectural forms. In this
step, the details are omitted and much attention is paid to simple modeling of the volume (form of
architecture) and the elements (such as openings, roofs, columns) of the structure. Second, we defined
the characteristics of the volume and elements using parameters and 3D models, in which the
characteristics of architectural forms are variable by the parameters. Through these steps, the 3D
models are able to describe existing architectures using parameters, while they describe non-existent
imaginary architectural forms by different parameters. In this study, we developed a teaching
tool that enables beginner architecture students learn the characteristics of architectural forms by
operating 3D models on a computer by changing parameters.
19 研究論文(学術雑誌)
単著
Dual Core House - A Case Study on the Application
of Diagrammatic Plans and 3d Expressions for a
House Design -
Naomi Ando
Proceedings for moNGeometrija 2014

Volume 1, 247-254
2014/06



This study examines the architectural design of a steel structured
house for a nuclear family that is slowly splitting. The design is based
on the diagrammatic analysis of “distributed-type” contemporary
Japanese house that includes a common room and private rooms
distributed individually, combined with “directly-connected-tooutside
type”, which allows for direct entrance and exit from the
outside to the individual rooms. Moreover, a three-dimensional
computer graphic (3DCG) program is utilized to design complicated
steel frames to realize both types of plans in small premises.
20 研究論文(学術雑誌)
共著
家具のアルゴリズミックデザイン
袁芳,島田康平,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

77-80
2014/05
2189-0072


一般的な家具は,棚板を用いて一定の幅と高さに領域を分割して収納部をつくるものが多い.しかし,居間などに設置される多目的用途の家具では,大中小の多様な幅と高さをもつ様々な物品を収納することがある.本論では,平面を多様な領域に分割するアルゴリズムを使って,使われ方を誘発しながら異なったサイズの物品を収納する家具のデザインを試行する.また,NC(Numeric Control)機器の一つであるレーザーカッターを使って,実際に家具を製作し,そのデザインの有効性を検証する.
21 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
映画に描かれた古代エジプトの建築 ―建築の量塊的イメージ―
安藤直見
日本図学会学術講演論文集

13-18
2014/05/10
2189-0072


古代エジプトの建築は,大ピラミッドに限らず,アブシンベル神殿の巨像,ルクソール神殿の大列柱など,石造の量塊的な巨大さを特徴とする.本論は,古代エジプト建築を描いた映画を取り上げ,そこから読み取ることのできる古代エジプト建築のイメージの特質を検証する.また,映画から建築のイメージを読み取るための方法について論じる.
22 研究論文(学術雑誌)
単著
デュアルコアハウス/二子新地 —ゆるやかに分裂する家族のための住居—
安藤直見
図学研究
日本図学会
48/ 1, 13-16
2014/03
0387-5512



23 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
アルゴリズミック・デザインを使った家具製作
島田康平,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

107-110
2013/11/16
2189-0072



24 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
建築家による住宅の平面構成 ―現代住宅の形に関する研究 その4―
大塚康平,種田元晴,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

83-86
2013/11/16
2189-0072



25 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
チャンディガールのル・コルビュジエ
安藤直見,石井翔大,田代ゆき子
日本図学会学術講演論文集

87-92
2013/11/16
2189-0072


ル・コルビュジエは,1951年以降に,インド・パンジャブ州ならびにハリヤナ州の2州の州都であるチャンディガールの都市計画とそこに建つ主要な建築の設計を担っている.ル・コルビュジエの建築は,あらかじめ与えられた敷地にではなく都市と同時に設計された場合に,どのような特徴を表したであろうか? 本論では,チャンディガールにおけるル・コルビュジエの建築と,同時代に新しく計画的に建設されたブラジルの首都であるブラジリアにおけるオスカー・ニーマイヤーの建築を比較し,その特質を探ることを試みている.
26 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Diagrammatic plans of japanese houses Designed by major architects - a study on the forms of contemporary houses, part 2
Kohei Otsuka, Naomi Ando
Proceedings of AFGS

170-173
2013/08



Modern times, Japanese houses had some connection between interior and exterior. The connection was realized by such as “engawa” (opened internal space facing garden). But, it is difficult for contemporary houses to make rich external space because of narrowing of the site due to urbanization. There is a tendency that only amenity of the internal space is regarded as important.
And not that large families are disappeared, families without children, or single person (especially
elderly) families are increased. On the other hand, quite a few contemporary houses designed by major architects and house builder had realized some new housing types.
27 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A Study on Trapezoid Used in Plan Form of Modern Architecture
Shota Ishii, Naomi Ando
Proceedings of AFGS

163-167
2013/08



We search for the characteristic role of the isosceles trapezoid, symbolic of Japanese monumentality, in modern architecture. This paper presents the results.
28 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Fabrication of Furniture by Using an Algorithmic Method to Divide an Area into Various Sizes
Kohei Shimada, Naomi Ando
Proceedings of AFGS

21-25
2013/08



Using an algorithmic design, a numerical form generation method for designing complex forms and a number of sketches can be obtained easily. However, it is rather difficult to apply such virtual sketches to practical constructions. In this case study, we manufactured an algorithmically designed furniture and validated the advantages and difficulties encountered in its design. Moreover, we explored a practical method for the planning of an algorithmic design.
29 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Diagrammatic Plans of Japanese Collective Houses
- A Study on the Forms of Contemporary Houses, PART 3 -
Naomi ANDO, Yuan FANG, Akihiro SHIBATA, Motoharu TANEDA
Proceedings of AFGS

15-20
2013/08



This study is a sequel discussion to the “Diagrammatic Plans of Japanese Houses - A Study on the Forms of Contemporary Houses”, which is published in the proceedings of the 14th International Conference on Geometry and Graphics (ICGG 2010) held at Kyoto in 2010[1], and the “Diagrammatic Plans of Houses Designed by Major Architects - A Study on the Forms of Contemporary Houses, Part 2”. Focusing on major Japanese collective houses that has been published in architectural journals and real estate information, composition of Common Space (Living, Dining, etc) and Private Rooms (Children/Parents’s Room, Study, etc) are plotted in diagrammatic plans in order to find out types of the case-based plans and seek for the feasible plans.
30 研究論文(学術雑誌)
共著
Fabrication of Furniture by Using Algorithmic Design
Akihiro Shibata, Naomi Ando
Scientific Bulletin of the "Politehnica" University of Timisoara, Romania

79-82
2013/06
1224-6042


By using algorithmic design, a numerical form generation method to design complex forms, a number of sketches will be easy obtained. However, it is often rather difficult to apply the virtual sketches to real practical constructions. This is a case study of an actual manufacturing of an algorithmic design furniture. Through this study, advantages and difficulties of the algorithmic design will be discussed.
Key words: Computer Graphics, Architectural Design, Algorithmic Design, Furniture.
31 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
欧州各国における都市空間としてのサッカースタジアム
石澤悠,安藤直見,田代ゆき子
日本図学会学術講演論文集

173-176
2012/12/15
2189-0072


世界各国のプロサッカーリーグにおいては,ホームチームの勝率または不敗率(引き分けを含む負けない率)がアウェイチームよりも高い。すなわち,プロサッカーにはある種のプライドオブプレイス(地元意識)が文化として存在していると考えられる。本論では,そのような各国に固有のサッカー文化とスタジアムの形態と間に何らかの連関があるのではないかということを仮説とし,各国のプロサッカーリーグで使用されるスタジアムの形態構成を検証している。
32 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
東京都における駅の歩行空間多様性関す研究
赤松卓明,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

173-176
2012/12/15
2189-0072


日本の鉄道駅は,交通という枠を超え,商業,文化,医療施設などが加わり,都市の拠点の役割を担っている.また,歩行空間(ペデストリアンデッキ等)によって近隣街区と接続する駅空間は様々な都市性をもつと考えられる.本研究では,駅の歩行空間に着目し,GISによる視覚表現を用いた分析を行い,歩行空間の持つ特徴や分布性を明らかにした.
33 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
遷り変わる町並みに関する研究
市野達也,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

169-172
2012/12/15
2189-0072


歴史的街並み保全の考えが広まり数十年が経過した今「まちづくり行政」と「文化財行政」の連携による歴史的まちづくり法を基に保全活動が行われているその一方で必ずしも連続して多くの建築物が歴史的な価値を持っているとは限らず,広告看板等伝統的な街並みの景観に相反する要素も見られる.また昭和/平成から新たに建設された建築物も見られるなど,日常生活に必要な要素も存在し,それらが混在し合って街並みを形成している.そこで本研究では富山県高岡市にある歴史的街並み保全地区である山町筋を事例としてゆるやかな景観指針(デザインコード)による新旧混ざり合う街並みの特性を検証した.
34 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
アメリカの造園家による環境デザインに関する研究
関龍一,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

145-148
2012/12/15
2189-0072


アメリカの造園家であるローレンス・ハルプは,モーテションという空間の記述方法によって外部空間に「動き」を与えたと考えられる。本研究ではモーテションを用いて,中国式庭園,フランス式庭園,イタリア式庭園の「動き」を検証した。
35 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
チャンディガール合同庁舎の立面構成に関する考察
石井翔大,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

133-136
2012/12/15
2189-0072


建築家ル・コルビュジエによってインドに計画された都市チャンディガールには,コルビュジェの代表作である建築が複数存在する。その中の一つである合同庁舎は,約250mにわたって水平に延びた平面をしており,その立面は様々な要素を盛り込みながら複雑に構成されている。本論ではこの合同庁舎を主に取り上げ,その立面構成を考察している。
36 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Survey on Spatial Expression of Architecture and Cities on Movies by Using the Timetable Method
Naomi ANDO, Motoharu TANEDA, Nobuhiro YAMAHATA
Proceedings of the 15th ICGG

P.10 (CD-ROM)
2012/08/01



Architecture and cities are depicted on movies as an expression of a part of scenes or backgrounds. In this paper, Timetable Method, an approach of decomposing scenes in chronological order, is shown as a technique to extract the spatial expressions of movies. And, the characteristics of spatial scenes are analyzed through the educational survey, to create database of architectural and cities (urban spaces) that characterized by their historical and spatial aspects, such as World Heritage depicted in movies.
37 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
デザイン・バイ・ペーパーチューブ ー アルゴリズミックデザインによる家具の製作 -
安藤直見
日本図学会学術講演論文集

123-128
2012/05/12
2189-0072


アルゴリズミックデザイン(スクリプト)を用いると,コンピュータ上で複雑な形態を容易に生成できる.建築や家具のような形態を生成することも可能であるが,しかし,コンピュータ上の形態を実際の建築や家具として建設・製作することが容易であるとは限らない(むしろ困難な場合が多い).本研究は,アルゴリズミックデザインにより構想した家具のアイディアを実際に製作する場合にどのような問題が生じるかを,ケーススタディを通じて検証する.
38 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
近代建築の平面形態に用いられる台形に関する研究
石井翔大,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

21-24
2012/05/12
2189-0072


平面図において矩形ではなく台形を示す特徴的な近代建築を取りあげ,それらの平面形態において台形が果たしている役割を検証した.具体的にはル・コルビュジェの国際連盟会館設計協議案,丹下健三の旧東京都庁舎,大東亜記念造営計画設計競技1 等案,広島平和記念公園と日南市文化センター,また大江宏の法政大学55/58 年館である.これらの建築を検証していく中で,台形は建築を貫く軸線,或いは建築の外部
まで拡張する軸線を作り出す事に大きな役割を担っている事が分かった.
39 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
駅空間の多様性・複合性に関する研究:その2
田代ゆき子,島田朋,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

1-8
2012/05/12
2189-0072


現在,日本の鉄道駅は,商空間をもつ駅構内が「エキナカ」,複合施設のある駅が「エキマチ」と呼ばれ,交通という枠を超え,商業,文化,医療施設などが加わり,都市の拠点の役割を担っている.また,歩行空間(ペデストリアンデッキ)によって近隣街区と接続する駅空間は様々な都市性をもつと考えられる.本研究では,駅空間の接続機能の中でも居住機能(住居およびホテル)に着目し,分類した特徴的な駅空間の平面構成を図式化し,類型化することにより,多様性と複合性を明らかにする.
40 研究論文(学術雑誌)
共著
日本の住宅平面図における介在外部空間 ―建築図面情報の抽出による空間解析
手法
種田元晴,安藤直見
図学研究
日本図学会
45巻/ 4号(通巻134号), 21-30
2011/12
0387-5512



41 研究論文(学術雑誌)
共著
建築家・立原道造の描く外観透視図に表現された田園的建築観
種田元晴,安藤直見
日本建築学会計画系論文集

670, 2281-2289
2011/12
1340-4210



42 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ローレンス・ハルプリンの環境デザインに関する研究
関龍一,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

201-208
2011/11/26
2189-0072


アメリカの造園家であるローレンス・ハルプリンは,モーテーションという空間の記述方法によって外部空間に「動き」を与えた.本論文では外部空間がモーテーションによってどのように記述できるかを検証し,モーテーションを適応することによってデザイン可能な外部空間の特質を探る.ハルプリンが設計した2つのプラザの現地調査を行い,そのモーテーションを再現する.すると,2つのプラザでは,空間にダイナミックな変化に基づく「動き」が表れていることがわかった.また,比較のために.日本の代表的なプラザと庭園に対してモーテーションを適用した.日本のプラザには顕著な「動き」が見られなかったが,日本庭園にはハルプリンのプラザに類似する空間の「動き」が見られた.
43 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
街並みのVR表現に関する研究 −ケーススタディ:渋谷駅前ペデストリアンデッキ計画−
赤松卓明,友澤雄,市野達也,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

197-200
2011/11/26
2189-0072


渋谷駅には,地下(地下街),地上(スクランブル交差点など),空中(建物間をつなげるブリッジ)に人の流れが存在する.近年地下鉄副都心線が開通し地下街が拡張した渋谷駅東口は,現在,地上の開発工事が進んでいる.もしこの東口にペデストリアンデッキ(高架歩道橋)による空中歩行空間が建設されれば,東口には,スクランブル交差点のある西口を上回る地下・地上・空中における人の流れが活性化すると考えられる.本研究では,計画によって変化するであろう人の流れを, VR(Virtual Reality)を用いて視覚化し,その効果を検証する.
44 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
街並みのアルゴリズミックデザイン
友澤雄,赤松卓明,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

191-196
2011/11/26
2189-0072


本研究は, CGを使って都市的・建築的な造形を創造するアルゴリズミックデザインに関するケーススタディである.都市における建築は,ある種の多様性・乱雑性をもって分布する.特に建築の高さは,地区の特性や法規制などの影響を受けながらも,やはり一定の多榛ト生・乱雑性をもっている.実在の都市における建築の高さの分布を踏まえ,実在する都市の特性をCGによって再現する方法について述べる.
45 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
住宅の平面構成と生活スタイルに関する研究
大石涼介,安藤直見,種田元晴
日本図学会学術講演論文集

185-190
2011/11/26
2189-0072


近年,家族の在り方や食生活などの様々な生活環境やスタイルの変化が生じた一方で,それらを見直す考えも増加しつつある.その結果,住宅の平面形式のみならず,その使われ方や概念にも様々な傾向が生じていることが予想される.本研究では主に大学生を対象としたアンケートに結果に基づき,住宅・生活環境に関する調査や分析を行い,現代の住宅平面構成と,その生活スタイルの傾向を検証する.
46 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
駅空間の複合性・多様に関する研究
島田朋,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

179-184
2011/11/26
2189-0072


世界でも特異な発達を見せている日本(特に東京首都圏内)の鉄道駅がどういった特徴的な空間を持っているのか,さらに何故特徴的な空間を持った駅が集結しているのかについて明らかにしていく.特徴的な空間を持つ駅を類型化し,図式化する事で,複合性・多様性を持つ駅空間の特徴や,それぞれの周辺地域との関わり方を示す.
47 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
フランク・ロイド・ライトの親自然的建築観に関する研究 -落水荘における建築のイメージ
大塚康平,種田元晴,安藤直見,柴田晃宏
日本図学会学術講演論文集

63-68
2011/11/26
2189-0072


フランク・ロイド・ライトの建築的特徴の一つに,アメリカの大地に根ざしたプレーリーハウスと呼ばれる水平性を強調したスタイルをあげることができる. そして,落水荘(1936 年) はそのスタイルが到達点として名高い. 本研究では, 落水荘を中心に, ライトの住宅の周辺環境との関係性(親自然的建築観)を検証する.また,その特徴について, 同時代の日本における住宅作品との比較を行う.
48 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
近代建築の立面構成に関する研究(その2) ―旧東京都庁舎の立面におけるケーススタディ
石井翔大,安藤直見,種田元晴
日本図学会学術講演論文集

59-62
2011/11/26
2189-0072


近代建築の立面構成を,丹下健三設計の旧東京
都庁舎をケーススタディとして検証した.その結果,以
下の点を明らかにした.1)丹下健三は,理論的なアプローチだけではなく感性的な判断から旧東京都庁舎の立面の意匠を決定している.2)旧東京都庁舎以後の3 作
品において,立面上の縦材の間隔を操作することで立面構成のリズムを生み出しており,そのリズムに共通性がある.3)同じリズムを使用しながらも,作品ごとに立面
の縦材と骨組みの柱との関係性において異なった立面構成を作り上げている.4)同時期の大江宏にも,丹下と同じ変化が建築の立面構成に見受けられる.
49 研究論文(学術雑誌)
共著
Study on an Educational Method for Digital Design Studio
N. Ando, A.Shibata, N.Yamahata
Buletinul Institutului Politehnic din Iași

Tumul LVII(LXI)/ Fasc.6, 243-250
2011/06
1011-2855


Digital Design Studio is an educational course for the application of numerical form generation to design of architectural forms. Based on our experience for several past years, this paper will introduce an educational method for Digital Design Studio at Hosei University, Japan.
50 研究論文(学術雑誌)
共著
Study about the Expression of Void Space Composed by Sequence of Planes Cut Out Concave Shape
A.Shibata, N.Yamahata, N. Ando
Buletinul Institutului Politehnic din Iași

Tumul LVII(LXI)/ Fasc.5, 9-16
2011/06
1011-2855



51 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
プライド・オブ・プレイス/都市空間としてのサッカースタジアム
田代ゆき子,石澤悠,安藤直見,種田元晴
日本図学会学術講演論文集

143-148
2011/05/15
2189-0072


プロサッカーの試合の勝率はホーム(地元)とアウェイ(相手の地元)で異なるといわれている.そのことはサッカーが各都市(各国,各地方)の文化と何らかの関係をもって成立していることを示していると考えられる.本研究では,各国のサッカーリーグで使用されるスタジアムの平面構成と立地を図式化し,その特性とホーム/アウェイでの勝率との関係を検証する.そのことにより,都市空間としてのサッカースタジアムの特質を考察する.
52 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
近代建築の立面構成に関する研究 ―法政大学55/58年館におけるケーススタディ
石井翔大,安藤直見,種田元晴
日本図学会学術講演論文集

137-142
2011/05/15
2189-0072


戦後,欧米を追随するように,モダニズムを纏った近代建築が続々と日本にも建ち上がった.モダニズム建築の特徴のひとつである自由な立面を可能にするカーテンウォールは,大江宏設計の法政大学53年館を皮切りに近代建築の外観を覆い,現在も多種多様な顔を見せている.本研究では,カーテンウォールを採用した初期の近代建築から,大江宏設計の法政大学55年館,58年館を取り上げ,その立面構成を検証する.
53 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
集合住宅の平面形式/住宅の平面構成に関する研究
大石涼介,安藤直見,柴田晃宏,種田元晴
日本図学会学術講演論文集

131-136
2011/05/15
2189-0072


戦後日本では,大家族に代わって核家族が主流となり,住宅の平面形式が変化した.その後も家族のあり方は多様化し,住宅の平面形式にも多様化の傾向が見られるようになった.今日の住宅の平面には,主室(居間)の共有を重視する形式と個室を重視する形式の2つがあると考えられる.本研究では,集合住宅(マンション)の調査を通じて,主室と個室の関係を検証し,2つの形式およびその他の形式の存在,各形式の比率を明らかにする.
54 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
駅の接続空間の図式化に関する研究
赤松卓明,島田朋,安藤直見,種田元晴
日本図学会学術講演論文集

127-130
2011/05/15



今日の日本の鉄道駅は,鉄道の利用者のみならず,多くの人々を集める空間となっている.駅周辺の商業,住居,宿泊等の機能の発展に加えて,駅にはペデストリアンデッキ(駅前の高架歩行路),駅ナカ(駅舎内部の商業施設)などが付加され,今日の駅空間(駅とその周辺)は大きく変化している.本研究は,鉄道間の乗換が行われる駅の接続空間に注目し,その接続空間の構成の特徴を図式化することを試みる.
55 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
住宅平面における介在外部空間 ―建築と周辺環境を媒介する外部空間の図面情報解析
種田元晴,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

93-98
2011/05/14
2189-0072


建築内部とそれを取り巻く周辺環境との間には,バルコニー,テラス,屋上,中庭といった専有的な外部空間が存在する.これらの外部空間を,外部と接続する内部の拡張的な「介在外部空間」と位置づけ,その領域の持つ空間的な意味について考察する.具体的には,日本の体表的な46の住宅作品の平面図から介在外部空間を抽出し,領域面積や平面形状,接続関係といった図面情報を抽出することにより定量的にその特徴を考察する.
56 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
映画館のファサードに関する研究/映画看板の可能性
友澤雄,安藤直見,種田元晴
日本図学会学術講演論文集

87-92
2011/05/14
2189-0072


かつて映画が主要な娯楽であった頃,映画の看板は,映画館の立面あるいは街並みの重要な構成要素であった.しかし,娯楽が多様化し,映画館もシネマコンプレックスが主流となりつつある今日,映画館あるいは映画街の立面は様変わりした.本研究は,映画の看板に注目し,映画館の立面構成を検証する.東京の代表的繁華街である渋谷・新宿の映画館の立面の図式を通して,映画と建築,映画と都市の関係を探っていく.
57 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
昭和初期の「新建築」誌に掲載された建築家による透視図表現について
種田元晴,徳永祥樹,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

45-50
2010/11/27
2189-0072


建築の透視図は、写真やCGが未発達であった時代には建築的な構想を可視化する重要な表現手段であったと考えられる。特に外観透視図には、建築物自体の構成のみならず、建築とその周辺環境との関わりについても表現されていることが少なくない。本研究では、日本の代表的な建築雑誌である『新建築』誌に掲載された昭和初期の住宅作品の外観透視図を題材に、構図、添景、視点等を定量的に分析することによって、建築と外部環境との関わりについて考察する。
58 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
Learning from Dubai - 建築の形象に関する一考察 -
安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
63-70
2010/11/27
2189-0072


図に表される建築の形象には,立体的な形態によって表れるものと平面的な立面や建築に付随する装飾・サインによって表れるもの両者があると考えられる.近代建築は内部が外部に表出する立体的な造形を目指したと考えられるが,その一方,かつてのラスベガスでは装飾やサインが重要な意味をもつとされた論考がある(ロバート・ベンチューリ[1968]).しかし,現在のラスベガスでは3次元形態とサインが複雑に混在していると思える.装飾やサインが氾濫するディズニーランドであっても建築の3次元形態は何らかの意味を露呈させている.本研究では,未来的な建築の建設が進むドバイにおける建築の形象のあり方を,ラスベガスおよびディズニーランドと比較することを試みる.
59 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
The Plane Forms of Japanese Department Stores -A Study on the Variety of Forms of Buildings
Motoharu TANEDA, Mitsusato UCHIDA, Naomi ANDO
Proceedings of the 14th ICGG

P.7 (CD-ROM)
2010/08/09



This study is a discussion on the variety of plane forms of contemporary Japanese department stores. Japanese department stores can be classified into three types by the year of foundation, the location, etc. The three types are Traditional type, Terminal type, and Contemporary type. We define the plane forms of stores as figures. The properties of figures can be quantified. We statistically analyzed the quantitative data of the figures of the stores. We clarified that the plane forms of the department stores have three features "Smoothness", "Smallness", and "Linearness". Furthermore, we clarified the relations between the three features of the figures and the above three types. Smoothness is often seen in Traditional type, smallness is often seen in Contemporary type and linearness is often seen in Terminal type.
60 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Study on the Spatial Fusion oif Japanese Railway Stations and their Surroundings
Tomo SHIMADA, Naomi ANDO, Motoharu TANEDA
Proceedings of the 14th ICGG

P.10 (CD-ROM)
2010/08/09




61 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Space Succession of Tidung's Dagat Village in Borneo
Ryosuke OISHI, Naomi ANDO, Motoharu TANEDA
Proceedings of the 14th ICGG

P.5 (CD-ROM)
2010/08/09



Along the Segama River located in the northeast of Borneo in Malaysia, there is the Dagat village where the Tidung, one of the tribe of Borneo, lives. Now the housing materials, construction, shape and style of the Dagat village have changed dramatically. It seems that the Dagat village had been modernized. However, the location and layout of the village and housing arrangement and spatial as of today are almost same with the past. The Dagat village has succeeded and used their rules of the past. The actual measurement was carried on and more than 15 drawings are made. The present situation was obtained through the interviews to the local residents of the Dagat village. After that, from the comparison of the drawings and the document investigation of old drawings, the space succession of the old waterside and the Longhouse that the Tidung once lived was clarified.
62 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Diagrammatic Plans of Japanese Houses - A Study on the Forms of Contemporary Houses -
Naomi ANDO, Motoharu TANEDA, Akihiro SHIBATA
Proceedings of the 14th ICGG

P.10 (CD-ROM)
2010/08/07



This study is a discussion on forms of contemporary Japanese house. After 1950s,
63 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本の住宅作品における様態の変遷に関する考察 ―建築の図面情報に関する研究―
種田元晴,安藤直見
日本図学会学術講演論文集

27-32
2009/11



昭和期以降に竣工した日本の代表的な住宅を46作品取り上げ,その様態の変遷を概観する.ここでいう様態とは,住宅の空間的特徴を,その構成を中心に,住宅内部の主室・個室と住宅外部の三つの空間による構成形式を指す.本論においては,住宅建築の外部空間が内部にどのように取り込まれ,住宅内部の空間構成とどのように関係するかに着目し,外部環境が内部空間にとって重要な要素となっている住宅の存在を指摘する.
64 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
タイムテーブル法を用いた映像空間サーベイ
安藤直見,種田元晴
日本図学会学術講演論文集

81-86
2009/11
2189-0072


映画をはじめとする映像作品には,作品としての表現の一部として,あるいは背景として,建築や都市などの空間が描かれる.本論では,映画に描かれた空間を分析する手法として,タイムテーブル法(映像を時系列にしたがって分解する手法)を提示す
る.そして,タイムテーブル法を用いた映像空間サーベイの事例として,世界遺産などの歴史性や場所性が特徴的な空間の抽出を試みた.
65 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Design by Boxes - Study on an Educational Method for Architectural Form Generation, Part 2
Naomi ANDO, Akihiro SHIBATA, Yasuyuki NAGANO, Nobuhiro YAMAHATA,
Acta Technica Napocensis (Proceedings of the 3rd ICEGD)

52/ Vol.1a, 591-596
2009/06
1221-5872



66 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
空港ターミナルの平面形態の多様性とその特性に関する考察
種田元晴,安藤直見
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
173-178
2009/05
2189-0072



67 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
建築形態のアルゴリズミックデザインに関するケーススタディ
安藤直見,柴田晃宏
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
183-188
2009/05
2189-0072



68 研究論文(学術雑誌)
共著
A Study on the Roof Curve of Japanese Pagodas
Nobuhiro YAMAHATA, Yu Goto, Naomi ANDO
Journal for Geometry and Graphics

12/ No.2, 193-203
2008




69 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
多様な建築平面の形態特性に関する考察
安藤直見・種田元晴
日本図学会本部例会学術講演論文集

87-94
2008/12




70 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Application of 3D Computer Graphics Models for Education of Building Systems, PART 2
Naomi ANDO・Akihiro SHIBATA・Yuko HIGO・Nobuhiro YAMAHATA・Terumi FUKADA
Proceedings of 13th ICGG

P.8 (CD-ROM)
2008/07




71 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
Design by Lines 2 /図形の自動記述のための学習教材の開発
安藤直見
日本図学会学術講演論文集

77-80
2008/05
2189-0072


日本図学会優秀研究発表賞を受賞
72 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
世界遺産アーカイブとしての映画の可能性/建築・都市空間の記述メディアとしての映画に関する研究
種田元晴・辻朋子・安藤直見
法政大学工学部研究集報

7-10
2008/03




73 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
切断図,投象図,立体図としての建築図面
安藤直見
日本図学会本部例会学術講演論文集

131-134
2007/12




74 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Design By Lines - Study On An Educational Method For Architectural Form Generation
Naomi ANDO, Akihiro SHIBATA, Nobuhiro YAMAHATA
Proceedings of the 2nd ICEGD

429-432
2007/06



This study examines the effectiveness of our computer graphics education package named “Design by Lines”, which we have developed for our Descriptive and Geometry education in Architectural department. “Design by Lines” is a method to design 3D forms by describing 3D lines which are generated by mathematical algorithms.
75 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
ワイヤーフレーム・モデルを用いた透視図作成プログラムの図学教育への応用
安藤直見
日本図学会学術講演論文集

173-178
2007/05
2189-0072


本稿は,建築学科での図学教育において,ワイヤーフレーム・モデルを用いた透視図作成プログラムを教材として扱った事例についての報告である。ここでは,教程が図学という学問体系の習得から建築設計製図のための図法の習得へと移行せざるを得ない状況の下での図学教育,原理が理解できなくても結果が得られてしまうという事態が容易に起こりえるコンピュータを用いた教育への対応について述べている。ワイヤーフレーム・モデルを用いて透視図を作成することは,もとより,透視図を創作する方法の部分的な選択肢に他ならないが,それでも,ワイヤーフレーム・モデルを用いて透視図の原理を学ぶことには一定の効果が認められる。
76 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A Study on Pedestrian Decks in Tokyo Metropolitan District
Katsuya MATSUNAMI, Naomi ANDO
Proceedings of the 6th Internatioal Synposium on Architectural Interchanges in Asia

Volume 1, 603-613
2006/10



東京首都圏(新宿を中心とする半径40キロ圏内)におけるペデストリアンデッキの立地・形態・空間を網羅的に調査・検証している。地上から分離された独自の空間の形成と,デッキ上での生き生きとしたアクティビティ(停滞)の要因を探りながら,デッキの架設形態とデッキ上の要素に注目した類型化を行い,ペデストリアンデッキの形態・空間の特質を検証している。
77 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Application of 3-D computer Graphics Models for the Education of Building Systems
Naomi Ando, Nobuhiro Yamahata
Proceedings of 12th ICGG

P.12 (CD-ROM)
2006/08



建築のしくみの詳細を記述する3DCG(3-D Computer Graphics)のモデリング手法を検証・提示している。単一の3DCGモデルからは,さまざまな目的に応じて,3Dエフェクト(立体感,部分の強調・消去など)を与えたグラフィックスが生成できることを例証している。3Dエフェクトを伴うグラフィックスを活用し,建築をディテールや,建設過程をわかりやすく説明する,建築のしくみを学ぶための教材を開発し,教材の有効性を検証している。
78 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
数値シミュレーションによる乾暑地域における風土建築の温熱環境に関する研究-採風塔を有する住宅の風・温熱環境について-
菅原圭子, 出口清孝, 陣内秀信, 安藤直見
法政大学計算科学研究センター研究報告

18, 79-84
2005




79 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
共著
Descriptuve Geometry B
Naomi Ando, Akihiro Shibata, Fumio Matsumoto
Script, Spot on School, Italy
Script, Spot on School, Italy
36-39
2005




80 研究論文(学術雑誌)
共著
歴史的住環境の「再生・活用」のためのデザインコードの研究ーアジア諸国における類型的比較ー
八木幸二,八代克彦,安藤直見,那須聖,是永美樹,斉藤哲也
住宅総合研究財団研究論文集
住宅総合研究財団
No.31, 311-322
2005/03



アジア諸国の各都市の住環境をめぐるデザインサーベイとして,マカオ,ペナン,上海の調査を行っている。近代化を背景としながらも,歴史的住環境を独自の都市空間として存続させるための「再生・活用」手法として,建築単体から外部に渡る異なるスケールの空間を歴史的な空間遺構として捉えることが有効であることを検証している。
81 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Typological Analysis on the Image of Urban Scape in the Contemporary Japanese Cartoon
Ryosuke FUJII, Koji YAGI, Naomi ANDO
Proceedings of 11th ICGG

440-443
2004/08




82 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Study on the Perspective Drawings Generated by the Arrangement of Pixels
Naomi ANDO, Nobuhiro YAMAHATA
Proceedings of 11th ICGG

475-479
2004/08



3次元形態を微小な体素の集まりによって記述する体素モデルを透視図によって表現する場合の諸問題を検証している。体素モデルの各体素をダイレクトに透視変換する点描画的透視画法では,透視変換された体素の重合と体素間に発生する隙間によって,生成される透視図に不思議な文様が現れる。その文様の美的な表現に注目し,柔らかな表現をもつ透視図の制作手法を提示している。この手法により,色を混合しなくても透明感が表現でき,3次元形態の奥行き感を表すことができることを実証している。
83 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Spatial Composition of Streetscapes in Georgetown Morphology of ShopHouse
Naomi ANDO, Koji YAGI, Miki KORENAGA, Yasuhiro IIDA
Proceedings of5th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia

212-217
2004/06



低層のショップハウス群の中に高層ビルが点在するマレーシア・ペナン島・ジョージタウンの街区の立体構成の特徴を検証している。また,多様な建築,植栽などの自然要素,道路の整備計画,ショップハウスの表情が生成する街並みの空間構成の特質を検証している。さらに,ショップハウスの形態構成を数量化することにより,ショップハウスが連続する街並みの構成の原理を把握している。
84 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
ペナン島ジョージタウンの空間構成-3次元可視化装置を用いた街並みの空間評価
安藤直見・阿部弘久・石黒将史・國弘智基・飯田康寛
法政大学計算科学研究センター研究報告

17, 103-108
2004/03



街路空間の特質の検証においては,従来,写真による空間評価実験が用いられるのが一般的であった。しかし,写真による空間評価では,空間の囲まれ感が再現されない。本研究では,マレーシア・ペナン島・ジョージタウンの街路空間評価のケーススタディとして,写真評価に代えて,没入感を再現する3次元可視化装置を用いた街路空間の空間評価実験を行い,同装置を用いることの有効性を検証している。
85 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Characteristics of Plane Conformations of Pedestorian Decks in Japan
Naomi Ando, Nobuhiro Yamahata, Satoshi Inagaki, Masahiro Yagihara, Yasuyuki Sogabe, Masahiro Chatani
Proceedings of 10th ICGG
International Society for Geometry and Graphics
328-333
2002/07



近年,駅前の再開発に伴い,多数のペデストリアンデッキの建設が進んでいる。既存の都市に重なるように架設されるペデストリアンデッキの平面形態は,都市の様相を反映した複雑なものとなる。この研究では,その複雑な平面形態の特性を数量的・類型的に検証している。西欧の代表的な公共歩行空間である広場との類似性と差異性を検証し,公共歩行空間の特質を考察している。
86 研究論文(学術雑誌)
共著
Shape Grammar and Form Properties of Architectural Figures
Naomi Ando, Nobuhiro Yamahata, Syuta Masumi, Masahiro Chatani
Journal for Geometry and Graphics

Volume 5/ No.1, 23-33
2001



建築形態を単純化し,その特徴を記述する立面モデルの形態特性の解析を通じて,建築の形態言語(形態の文法)の特質を検証している。建築形態には,シルエット,シンボル,リズムと名付けることができる三つの形態特性があることを明らかにし,それぞれの特性を数量的に図る指標を提示している。これらの形態特性により,多様な建築形態の類型を把握することができる。第1著者として全11頁を統括。
87 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Wire-Frame Modeling of Architectural Forms In Descriptive Geometry
Naomi Ando, Akihiro Shibata, Masahiro Chatani
Proceedings of the 4th International Conference on Graphics Engineering for Arts and Design

P.10
2001/11



図学教育における建築形態の記述手法(プログラム)の開発。建築の3次元形態の特長を捉える単純化立体モデル(折り紙建築)を提示し、そのワイヤーフレームモデリングを通じて、パーソナル・コンピュータを使った3次元形態表現と3次元図形操作を学ばせる教育手法を確立した。 第1著者として,全10頁を統括。
88 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Shape Grammar and the Form Properties of Architectural Figures
Naomi Ando, Nobuhiro Yamahata, Syuta Masumi, Masahiro Chatani
Proceedings of the 9th ICGG
International Society for Geometry and Graphics
Vol.1, 1-7
2000/07



建築立面の単純化モデルを提示し、建築立面構成の分析手法を提案しながら、建築立面構成の特性の一端を明らかにしている。第1著者として、全7頁(1~7頁)を統括。
89 (MISC)総説・解説(商業誌)
共著
古都アーメダバオドに見る密集型住居の屋外空間/路地と中庭-中世インドの都市型住居に探る-
八木幸二,安藤直見,他9名
彰国社「ディテール」

No.142, 101-108
1999/10




90 (MISC)総説・解説(商業誌)
共著
砂漠の城塞都市に見る極小住宅の屋外空間/路地と中庭-中世インドの都市型住居に探る-
八木幸二,安藤直見,他9名
彰国社「ディテール」

No.141, 103-110
1999/07




91 (MISC)総説・解説(商業誌)
共著
砂漠の城塞都市に見る大邸宅の窓/路地と中庭-中世インドの都市型住居に探る-
八木幸二,安藤直見,他9名
彰国社「ディテール」

No.140, 105-112
1999/04




92 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Description of the Urban Spatial Image by Using the Component Element Graphics and the Block Component Model
Naomi Ando, Koji Yagi, Satoshi Nasu, Yoko Taguchi
Proceedings of 8th ICECGDC
International Society for Geometry and Graphics
70-75
1998/08



都市の形態構成を解析する手法としての構成要素グラフィックスと街区構成モデルの詳細を論述し、街路および都市中心部の形態分析への応用の有効性を検証している。共同研究論文の第1著者として全6頁を統括。
93 研究論文(学術雑誌)
共著
街区の立体構成による空間領域と量塊的イメージの形成 都市中心部の街区構成に関する研究
安藤直見、八木幸二、田口陽子
日本建築学会計画系論文報告集

No.502, 171-178
1997/12



多様なイメージが混在する都市空間の典型である都市中心部を取り上げ、街区の立体構成に注目した都市形態の解析を行った。 第1著者として、全8頁の全般を執筆。
94 研究論文(学術雑誌)
共著
都市中心部における街路空間のイメージ分布 街路空間のイメージ分布に関する研究:その2
安藤直見、八木幸二、茶谷正洋
日本建築学会計画系論文報告集

No.497, 155-162
1997/07
1340-4210


構成要素グラフィックスを用いて街路空間の多様性の要因を数量化し、多様なイメージが混在する都市中心部における街路空間のイメージ形成を検証した。第1著者として、全8頁の全般を執筆。
95 学位論文(博士)
単著
都市空間のイメージ記述に関する研究
安藤直見
東京工業大学 博士論文

1-188
1997/03



壁と窓の配列による西欧広場の空間イメージ,多様な要素が複合する街路空間の西洋的,あるいは日本的イメージ,建物の集合が生み出す都市中心部の量塊的イメージなどの都市空間のイメージを数量的に計量する指標を提示している。そして,都市の全体的な空間構成が空間イメージの分布によって説明できることを実証し,都市の空間形成の特質の一端を明らかにしている。 全188頁
96 研究論文(学術雑誌)
共著
構成要素グラフィックスを用いた街路空間のイメージ分析/ 街路空間のイメージ分布に関する研究:その1
安藤直見、茶谷正洋、八木幸二、橋本浩子
日本建築学会計画系論文報告集
日本建築学会
No.476, 135-144
1995/10
1340-4210


都市空間のイメージの典型としての住居に至る街路を取り上げ、街路空間の形態構成とそのイメージ形成との強い相関を実証し、街路空間の構成要素を単純な色彩によって塗り分ける構成要素グラフィックスの場面構成・立体構成・配列構成を数量化することによって、街路空間のイメージ形成の要因を明らかにした。 第1著者として、全10頁の全般を執筆。
97 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Form Analysis of European Plazas and Streets by Using the Plane Voxel Model Method
Naomi Ando, Masahiro Chatani, Koji Yagi
Proceedings of 6th ICECGDC
International Society for Geometry and Graphics
159-163
1994/08



建築および都市の形態構成を解析する手法としての平板上体素モデルの詳細を論述し、形態分析へのその応用の有効性を検証している。第1著者として全5頁を統括。
98 研究論文(学術雑誌)
共著
平板状体素モデルを用いた広場周辺街路の形態分析/パーソナル・コンピュータによる外部環境の形態記述に関する研究:その2
安藤直見,茶谷正洋,八木幸二,米野雅之
日本建築学会計画系論文報告集
日本建築学会
No.452, 143-154
1993/10
1340-4210


イタリアの中世都市における広場とその広場に接続する広場周辺街路の平板状体素モデルを提示し、広場と広場周辺街路が一体となって各都市に固有の空間を形成する西欧的都市空間の特質を明らかにしている。第1著者として全12頁を統括。
99 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
コンピュータ・グラフィックスの実例研究―建築教育への応用―
安藤直見
小山学園紀要
小山学園
第6号
1993/05



建築教育へのコンピュータ・グラフィックスの応用の可能性を考察している。全17頁。
100 研究論文(学術雑誌)
共著
平板状体素モデルの提案と西欧広場の形態分析/パーソナル・コンピュータによる外部環境の形態記述に関する研究:その1
安藤直見,茶谷正洋,八木幸二,斎藤亮太
日本建築学会計画系論文報告集
日本建築学会
No.430, 95-105
1991/12
1340-4210


西欧広場の形態構成を解析する手法としての平板上体素モデルを提示し、同モデルを西欧広場の形態分析に応用することにより、西欧広場の形態構成の特質の一端を明らかにしている。第1著者として全11頁を統括。
101 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ワイヤーフレーム・パースペクティブの実例研究/東京工業大学大学院におけるコンピュータ・グラフィックス作成の試み
安藤直見、茶谷正洋、八木幸二
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
XII/1-8
1990/07
2189-0072


ワイヤーフレーム表現によるコンピュータ・グラフィックスの建築教育への応用の可能性を考察している。第1著者として全8頁を統括。
102 (MISC)その他記事
単著
オートマチック・ロックンロール
安藤直見
建築文化

21-24
1990/01



建築を創造することと消費することの関係性についての論考。「下出賞」受賞論文。 全4頁。
103 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
構成要素からみた〈街路〉のパースペクティブ/ パーソナル・コンピュータによる外部環境の形態研究:その3
安藤直見、茶谷正洋、八木幸二、橋本浩子、松本豊
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
II/1-8
1989/05
2189-0072


街路空間を解析する図学的手法を提示している。 第1著者として全8頁を統括。
104 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
画素モデルによる西欧広場のパースペクティブ パーソナル・コンピュータによる外部環境の形態研究:その2
安藤直見、茶谷正洋、八木幸二、石川清、斉藤亮太
日本図学会学術講演論文集
日本図学会
Ⅳ/1-8
1988/05
2189-0072


西欧広場の形態構成を解析する図学的手法を提示している。第1著者として全8頁を統括。
105 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ワイヤーフレーム表現における〈広場〉と〈集落〉  パーソナル・コンピュータによる外部環境の形態研究:その1
安藤直見、茶谷正洋、八木幸二、斉藤亮太、南達郎
日本図学学会学術講演論文集
日本図学会
IV-1-8
1987/05
2189-0072


広場と集落を解析する図学的手法を提示している。第1著者として全8頁を統括。