English
法政大学 
経営学部 
市場経営学科 

教授 
中田 和秀 
ナカタ カズヒデ 
NAKATA Kazuhide 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2017/10/06 

経歴
日本学術振興会 特別研究員  1995/04/01-1997/03/31 
法政大学第一教養部 助手  1997/04/01-2000/03/01 
法政大学第一教養部 専任講師  2000/04/01-2002/03/01 
法政大学第一教養部 助教授  2002/04/01-2003/03/01 
法政大学経営学部 助教授  2003/04/01-2005/03/31 
法政大学経営学部 教授  2006/04/01-現在 

学歴
九州大学  理学部  化学科  1990/03/27  卒業 
九州大学  理学研究科  化学専攻  博士前期  1992/03/27  修了 
九州大学  理学研究科  化学専攻  博士後期  1995/03/27  修了 

学位
修士(理学)  九州大学  1992/03/27 
博士(理学)  九州大学  1995/03/27 

研究分野
物理有機化学 

研究キーワード
物理有機化学 
理論有機化学 
計算機化学 
置換基効果 
直線自由エネルギー関係則 

研究テーマ
湯川-都野式の反応定数に関する理論的研究  湯川-都野式,非経験的分子軌道計算,置換基効果,反応定数,直線自由エネルギー関係則  1997-2000 
湯川-都野式の置換基定数に関する理論的研究  湯川-都野式,非経験的分子軌道計算,置換基効果,置換基定数,直線自由エネルギー関係則  2001-2003 
ラジカル種の酸性度に関する理論的研究  フリーラジカル、酸性度、理論計算  2004-2004 
陰イオン種の気相安定性に及ぼす置換基効果に関する理論的研究  陰イオン、気相安定性、置換基効果、直線自由エネルギー関係則、置換基定数  2005-現在 

受託・共同研究希望テーマ
直線自由エネルギー関係則の応用  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  受託研究,共同研究,その他 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  共著  フェニルアミノメチルカチオンの気相安定性に及ぼす置換基効果  中田和秀, ハンス・ウルリッヒ・ジール, 藤尾瑞枝  法政大学情報メディア教育研究センター研究報告  31, 30-38  2017/06/30 
研究論文(学術雑誌)  共著  A natural bond orbital analysis of aryl-substituted polyfluorinated carbanions: negative hyperconjugation  Masahiko Suenaga, Kazuhide Nakata, José-Luis M. Abboud, Masaaki Mishima  J. Phys. Org. Chem.  2017/06/20 
研究論文(学術雑誌)  共著  Computational study of the substituent effects on the gas-phase stabilities of phenylboranylmethyl anions  Kazuhide Nakata, Mizue Fujio  Pure Appl. Chem.  2017/06/09 
研究論文(学術雑誌)  共著  Negative Hyperconjugation in Acidity of Polyfluorinated Alkanes. A Natural Bond Orbital Analysis  Masahiko Suenaga, Kazuhide Nakata, José-Luis M. Abboud, Masaaki Mishima  Bull. Chem. Soc. Jpn.  90, 289-297  2017/03/15 
研究論文(学術雑誌)  共著  Computational Study of Substituent Effects on Gas-Phase Stabilities of N'-Phenylguanidinium Ions  Kazuhide Nakata, Hans-Ullrich Siehl, Gerhard Maas, Mizue Fujio  J. Phys. Org. Chem.  29, 741-749  2016/04/26 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Computational Study of Substituent Effects on Gas-Phase Stabilities of Phenylaminomethyl Cations  16th European Symposium on Organic Reactivity (ESOR 2017)  2017/09/04 
ポスター発表  Computational Study of Substituent Effects on Gas-Phase Stabilities of 2-Phenylethyl Anions  16th European Symposium on Organic Reactivity (ESOR 2017)  2017/09/04 
口頭発表(一般)  1-(フェニルアミノ)エチルカチオンの直接共鳴効果に関する計算化学的研究  日本化学会第97春季年会(2017)  2017/03/16 
ポスター発表  塩化鉄(III)触媒によるトリチエニルスチバンと酸塩化物との反応の反応機構  第46回複素環化学討論会  2016/09/27 
口頭発表(一般)  フェニルボラニルメチルアニオンの気相安定性に及ぼす置換基効果  第27回基礎有機化学討論会  2016/09/03 
詳細表示...

担当授業科目
物質と環境 I 
自然総合講座 B 
物質と環境 II 
自然総合講座 B 
物質科学 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  1991/10/01-現在 
日本コンピュータ化学会  1998/03/01-現在 
基礎有機化学会  2010/10/29-現在 
詳細表示...