English
法政大学 
情報科学部 
コンピュータ科学科 

教授 
佐藤 裕二 
サトウ ユウジ 
SATO Yuji 


個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2021/04/07 

経歴
日立製作所所員  1981/04/01-2000/03/31 
新情報処理開発機構つくば研究所に出向  1992/10/01-1995/10/01 
法政大学情報科学部 助教授  2000/04/01-2001/03/31 
法政大学情報科学部 教授(「遺伝的アルゴリズム」、「プログラミング基礎」ほか担当)  2001/04/01-現在 
情報科学研究科開設に伴う文部科学省の教員資格審査において、Dマル合取得。情報科学研究科兼担教授(現在に至る)  2002/04/01-現在 
イリノイ大学アーバナシャンペーン校客員研究員  2007/09/01-2008/08/31 

学歴
東京大学  工学部  物理工学科  1981/03/28  卒業 

学位
博士(工学)  東京大学  1997/03/17 

研究分野
ソフトコンピューティング 

研究キーワード
機械学習 
進化的計算 
遺伝的アルゴリズム 
知的計算 
ソフトコンピューティング 
人工生命 

研究テーマ
進化的計算の工学的応用,多目的進化計算の並列分散処理、対話型進化アルゴリズム,群知能, マルチタスク学習  進化的計算, 遺伝的アルゴリズム, 多目的最適化, 並列分散処理,  1993-現在 

受託・共同研究希望テーマ
進化的計算やニューラルネットワークなどのソフトコンピューティング手法を用いた新しい工学的応用の開拓  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
詳細表示...

受託・共同・寄附研究実績
進化論的手法を用いたAIアーキテクチャに関する研究  佐藤 裕二  2018-2019  共同研究  国内共同研究 
人工知能における新領域開拓に向けた課題探索  佐藤裕二  2017-2017  共同研究  国内共同研究 
大規模計算機環境における分散型進化計算の新たな展開  佐藤裕二  2017-2017  共同研究  国内共同研究 
大規模問題解決のための進化計算並列化技術とクラウド時代の応用発掘  佐藤裕二  2014-2016  共同研究  国内共同研究 
自動消込処理高速化に関する研究  佐藤裕二  2013-2014  受託研究  企業からの受託研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
スマート社会における実時間多数目的最適化のための分散進化計算の研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2019/04/01-2021/03/31 
大規模計算機環境における分散型進化計算の新たな展開  その他  北海道大学情報基盤センター  2017/04/01-2018/03/31 
大規模問題解決のための進化計算並列化技術とクラウド時代の応用発掘  その他  北海道大学情報基盤センター  2014/04/01-2017/03/31 
メニーコアに対応した進化計算並列化技術による大規模問題解決  その他  北海道大学情報基盤センター  2010/10/01-2014/03/31 
詳細表示...

著書
"Acceleration of Genetic Algorithms for Sudoku Solution on Many-core Processors", Massively Parallel Evolutionary Computation on GPGPUs (Natural Computing Series), S. Tsutsui and P. Collet (Eds.)  Yuji Sato, Naohiro Hasegawa and Mikiko Sato  421-444  Springer  2014/04  978-3642379581 
"EC Application in Speech Processing - Voice Quality Conversion Using Interactive Evolution of Prosodic Control", Evolutionary Computation, Wellington Pinheiro dos Santos (Ed.)  Yuji Sato  509-522  I-Tech Education and Publishing  2009/11  978-953-307-008-7 
"Event-driven Hybrid Classifier Systems and Online Learning for Soccer Game Strategies", Soccer Robotics, Pedro Lima (Ed.)  Yuji Sato  375-394  I-Tech Education and Publishing  2007/12  978-3-902613-07-3 
"適応システムにおける先読みモデルの進化的獲得", 遺伝的アルゴリズム2, 北野宏明編著  佐藤裕二、古谷立美  147-173  産業図書㈱  1995/05/08  本論文では自律適応システムの行動制御の問題を対象として、2つのリカレント型ニュートラルネットワークが相互作用を持ちながら学習を行うモデル(先読みモデル)を提案し、このモデルの学習に進化的計算を適用する基礎的な実験について述べている。結果として、行動を決定するために十分な情報が予め得られない状況下での行動制御を対象として先読みモデルの有効性を示した。 全327頁中、第6章「適応システムにおける先読みモデルの進化的獲得」(147~173頁)を担当 共著者:相澤彰子(第1章)、筒井茂義(第2章)、玉置久(第3章)、山村雅幸、小林重信、山崎誠、安瀬始(第4章)、増井俊之(第5章)、佐藤裕二、古谷立美(第6章)、北野宏明(第7章、第11章)、逸見均、溝口潤一、下原勝憲(第8章)、安永守利(第9章)、大平徹(第11章) 
詳細表示...

論文
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Inconstant Update of Reference Point Value for Parallel and Distributed MOEA/D  Mikiko Sato, Yuji Sato, Mads Midtlyng and Minami Miyakawa  Proceedings of the 2021 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC 2021) (Accepted)  IEEE  2021/06/28 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Hybrid Multiobjective Evolutionary Algorithms for Unsupervised QPSO, BBPSO and Fuzzy clustering  Daphne Teck Ching Lai and Yuji Sato  Proceedings of the 2021 IEEE Congress on Evolutionary Computation (CEC 2021) (Accepted)  IEEE  2021/06/28 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  A Fault Localization Approach Derived From Testing-based Formal Verification  Rong Wang, Shaoying Liu, Yuji Sato  Proceedings of the 25th International Conference on Engineering of Complex Computer Systems (ICECCS 2020).  IEEE  165-170  2021/03/04  10.1109/ICECCS51672.2020.00026 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  共著  初期分布を考慮したPairwise BBPSO のロバスト性向上に関する検討  土屋朋, 佐藤裕二  第19回進化計算学会研究会講演論文集  進化計算学会  37-40  2021/03/03 
研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  共著  並列化MOEA/DのためのAdaptive PBIの検討  伊神亮, 佐藤裕二  第19回進化計算学会研究会講演論文集  進化計算学会  11-16  2021/03/03 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(招待・特別)  Parallel and Distributed MOEA/D with Exclusively Evaluated Mating and Migration for Improving Accuracy  2020 International Conference on Soft Computing & Machine Learning (SCML2020)  2020/10/17 
口頭発表(招待・特別)  Distributed NSGA-II for Improving Accuracy and Achieving Speed-up  2019 International Conference on Machine Learning and Intelligent Systems (MLIS 2019)  2019/11/21 
ポスター発表  対話型進化を用いた多目的最適化によるトータルファッションコーディネート支援システム  第10回進化計算学会研究会資料集, pp. 138-143  2016/03/18 
口頭発表(一般)  決定的アルゴリズムを併用した遺伝的アルゴリズムによるピクロス解決の効率化  情報処理学会研究報告(第107回MPS研究会, 2016-MPS-107(4),1-6 (2016-03-01) , 2188-8833)  2016/03/08 
ポスター発表  トータルファッションコーディネートシステムのためのハイブリッド型 iGA の提案  自動計測学会 システム・情報部門学術講演会2015講演論文 自動計測学会 システム・情報部門学術講演会2015講演論文集  2015/11/18  ファッションコーディネートの支援を目的として,明確な評価関数を定義できない問題に有効な対話型遺伝的アルゴリズム(iGA)を使用する研究が報告されている.一方,これらの研究はトップス単体,あるいは服の色に限定して適用するものがほとんどであり,トップスからボトムスまでトータルでのファッションコーディネートは実現できていない.トータルファッションコーディネートでは,個々の服の選択は色・柄・繊維などの好みがあるため多目的最適化問題であり,さらに服の組合せについても多目的最適化問題と言えるため,入子型の多目的最適化問題と考えることがでる. 本稿ではトータルファッションコーディネート支援システムを入子型の多目的最適化問題と考え,そのためのiGA の遺伝的操作の提案に関して報告する.提案手法では遺伝子をトップス部とボトムス部から構成し,トップスを肌着・中間着・上着の3 層,ボトムスを1 層で表した上で,各層はカテゴリ・色(HSV)・袖裾の長さで構成する.カテゴリ・袖裾の長さをバイナリ遺伝子,HSV を実数値遺伝子で表したハイブリッドGA を用いて精度向上を図る.また,服データベースから取得するHSV については,ユークリッド距離を考慮した選択を行う.システムを評価するために終了世代数,各世代のユーザの主観評価値,個体間の総ユークリッド距離を測定し,ユーザの嗜好を学習できていることを示す. 
詳細表示...

知的財産権
NONVOLATILE SEMICONDUCTOR MEMORY AND METHOD FOR MANAGING INFORMATION IN INFORMATION DISTRIBUTION SYSTEM,  PCT/ JP00/ 03601 
並列計算機  特願平3-86550 
特許  消込処理装置等  特願2014-119358  2014/06/10 
特許  不揮発性半導体記憶装置および情報配信システムにおける情報管理方法  PCT特願2002-502600  2000/06/02 
特許  手書き入力編集システム  特願平11-91266 特開2000-285251  1999/03/31 
詳細表示...

受賞
The 2015 Highly Commended Award for International Journal of Intelligent Computing and Cybernetics  2015/03/16 
Listed in Marquis Who's Who in the World, 2008 (25th) Edition  2007/02 
Listed in Marquis Who's Who in Asia, 2007 (First) Edition  2006/12 
Listed in Marquis Who's Who in Science and Engineering, 2006-2007 (9th) Edition  2006/09 
日立製作所事業所技術賞1等  1997/12/26 
詳細表示...

担当授業科目
進化システム論 
情報科学特別研究1A 
情報科学特別演習1A 
コンピュータ基礎特別研究3B 
コンピュータ基礎特別演習3B 
詳細表示...

所属学協会
進化計算学会 
IEEE Computational Intelligence Society 
ACM SIGEVO (Special Interest Group for Genetic and Evolutionary Computation)  2005-現在 
ISGEC (International Society for Genetic and Evolutionary Computation)  2000-2004 
IEEE Computer Society  1997-現在 
詳細表示...