English
法政大学 
社会学部 
社会学科 

教授 
堀川 三郎 
ホリカワ サブロウ 
HORIKAWA Saburo 


個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2018/10/05 

経歴
慶應義塾大学大学院 社会学研究科聴講生  1987/04/01-1988/03/31 
慶應義塾大学大学院 社会学研究科研究生  1990/04/01-1991/03/31 
流通経済大学社会学部国際観光学科 兼任講師(「環境社会学」「社会科学演習Ⅱ」担当)  1992/04/01-1997/03/31 
国立伊東温泉病院附属看護学校 非常勤講師  1992/09/01-1993/12/01 
日本学術振興会 特別研究員  1994/04/01-1995/07/01 
東洋大学社会学部 非常勤講師  1995/04/01-1996/03/01 
法政大学社会学部 非常勤講師  1995/04/01-1996/03/01 
千葉大学文学部行動科学科社会学講座 助手  1995/08/01-1997/03/01 
法政大学社会学部社会学科 専任講師  1997/04/01-2001/03/31 
慶應義塾大学法学部 非常勤講師(「社会学」「演習(Ⅰ)」担当)  1999/04/01-2000/03/31 
千葉大学工学部都市環境システム学科 非常勤講師(後期集中科目「環境社会学」担当)  1999/04/01-2000/03/31 
東京大学大学院人文社会系研究科 客員助教授  2001/04/01-2003/03/31 
法政大学社会学部助教授  2001/04/01-2007/03/31 
ハーヴァード大学ライシャワー研究所 客員研究員(Visiting Scholar)  2004/04/01-2006/03/31 
東京女子大学文理学部 非常勤講師(「環境社会学」)  2006/09/01-2007/03/31 
法政大学社会学部 教授  2007/04/01-現在 
慶應義塾大学文学部 非常勤講師  2008/04/01-2010/03/31 
慶應義塾大学法学部 非常勤講師  2010/04/01-2012/03/31 
東京大学文学部 非常勤講師  2012/04/01-2013/03/31 
ハーヴァード大学ライシャワー研究所 連携研究員(Associate in Research)  2013/01/10-2018/06/30 
慶應義塾大学大学院社会学研究科 訪問教授 (Visiting Professor)  2013/04/01-2014/03/31 
工学院大学建築学部まちづくり学科非常勤講師  2015/04/01-2016/08/31 
慶應義塾大学大学院社会学研究科非常勤講師  2017/04/01-2019/03/31 
慶應義塾大学大学院社会学研究科 訪問教授 (Visiting Professor)  2018/04/01-2019/03/31 

学歴
中央大学  文学部  哲学科 社会学専攻  1987/03/31  卒業 
慶應義塾大学大学院  法学研究科  政治学専攻  博士前期  1990/03/31  修了 
慶應義塾大学大学院  社会学研究科  社会学専攻  博士後期  1994/03/31  修了 

学位
博士(社会学)  慶應義塾大学  2014/09/19 
法学修士  慶應義塾大学  1990/03/25 

教育・研究活動状況
環境社会学,都市社会学,歴史的環境保存の社会学,町並み保存運動研究,公害被害地の追跡調査,町並み保存の日米比較,都市再開発 

研究分野
環境社会学 
都市社会学 
社会学 

研究キーワード
環境社会学 
都市社会学 
社会調査 
歴史的環境 
町並み保存 
空間 
場所 
都市計画 
住民運動 
記憶 
公害 
災害復興 
水俣病 
小樽運河保存運動 
日米比較 
セントルイス 
ナショナル・トラスト 
都市政治 
都市史 
都市再開発 
スマートグロース 

研究テーマ
歴史的環境保存の社会学的研究  歴史的環境,町並み,保存運動,都市計画,空間,場所  1984-現在 
都市ガヴァナンスの日米比較研究  歴史的環境,保存,都市再開発,都市政治,場所,空間,住民運動,市民運動,公共性,景観,記憶,日本,アメリカ,小樽,セントルイス  2007-2012 
伊豆大島元町大火の復興過程の環境社会学的研究  伊豆大島,大火,元町,災害復興,コミュニティ,共同性,区画整理,住民運動,環境社会学,災害社会学  2010-現在 
景観の公共性に関する日米比較社会研究  保存,景観,ランドマーク,社会運動,社会学,都市,都市ガヴァナンス,場所,空間,都市政治,比較研究,アメリカ,日本,小樽,セントルイス  2011-2015 
「没落都市」の再生と景観保存——政策の移転可能性の日米比較  都市社会学,環境社会学,都市計画,町並み保存,歴史的環境,保存運動,景観政策,再開発,没落都市,日米比較,セントルイス,小樽  2017/04/01-2021/03/31 

著書
原発災害・避難年表:図表と年表で知る福島原発震災からの道  堀川三郎・竹原裕子・平林祐子・八巻俊憲・森久聡・松久保肇・深谷直弘(編著)  すいれん舎  2018/03/11  978-4-86369-532-0 
町並み保存運動の論理と帰結—小樽運河問題の社会学的分析  堀川三郎  東京大学出版会  2018/02/20  978-4-13-056114-3 
都市ガヴァナンスの社会学的実証研究(5):2015年度法政大学社会学部社会調査実習報告書  堀川三郎・松山雄大  法政大学社会学部社会調査実習室  2016/03/30 
アメリカにおける景観保護運動の社会学的研究とその日本の都市政策への示唆(第一生命財団研究助成報告書)  第一生命財団  2015/03/31 
A General World Environmental Chronology  Harutoshi Funabashi, et al.  Suirensha  2014/07/11  978-4-86369-363-0 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  方法としての年表が明らかにするもの:『原発災害・避難年表』の編集を終えて  堀川三郎  環境と公害  岩波書店  48/ 1, 52-55  2018/07/25  0918-7537 
共著  座談会 記録の力 : 年表とアーカイブズ  堀川 三郎, 小林 直毅, 清水 善仁, 長谷部 俊治  サステイナビリティ研究  法政大学サステイナビリティ研究教育機構  8, 59-83  2018/03  2185-260X  URL 
研究論文(学術雑誌)  単著  日本における環境社会学の勃興と「制度化」 : ひとつの試論 (有末賢教授退職記念号)  堀川 三郎  法学研究 = Journal of law, politics and sociology  慶應義塾大学法学研究会  90/ 1, 379-406  2017/01  0389-0538  URL  有末賢教授退職記念号一. はじめに二. 対象と方法 : 環境社会学と制度化アプローチ三. 「公害」から「環境」へ : 日本における環境社会学の誕生と展開四. 環境社会学会の「制度化」五. 何を得て, 何を失ったのか : 制度化の帰結と再生への展望 
(MISC)総説・解説(学術雑誌)  単著  RC24 Environment and Society:東アジアからの新たな方法論の提起  社会と調査  14, 54-55  2015/03/30  2188-8450 
(MISC)会議報告等  単著  方法としての年表:ポスト福島時代における環境社会学の新たな課題  プレコンファレンス「サステイナビリティと環境社会学」報告論文集  297-308  2014/07/13 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  What Have We Gained and Lost Along the Way?: The Rise and Institutionalization of Environmental Sociology in Japan  The 3rd ISA Forum of Sociology  2016/07/13  Japanese environmental sociology is like a “black hole.” It constantly absorbs the world’s latest theoretical innovations so diligently but without emitting any research findings of its own, making itself unavailable to the world outside. It is because almost all its entire literature has been written in a minority language, Japanese. But is that the only reason for being a “black hole”? The Japanese Association for Environmental Sociology (JAES) is the world’s largest academic association in the field of environmental sociology. It has been publishing the world’s very first journal dedicated to the discipline since 1995. Why, then, has the established field of study as such become a “black hole”? The language barrier does not seem to explain it all. This paper, therefore, tries to make the ”black hole” visible, by portraying the present state of Japanese environmental sociology and the recent challenges it faces. By adapting the “institutional approach” by Philip Selznick, the author analyses the rise of the discipline in Japan in the 1970s-80s, focusing on what it has gained and lost through the process of growing into such an established field. 
口頭発表(招待・特別)  To Preserve “Katachi” is to Protect Post-war Democracy: The Rise and Irony of Historic Preservation Movements in Japan  Reischauer-Keio Research Project “Constitution” of Postwar Japan: The First Workshop & Conference “History, Historians, and Public Issues”  2015/12/16  URL 
口頭発表(一般)  “Chronology as a Method: A New Challenge for Environmental Sociology in the Post-Fukushsima Era.”  Pre-Congress Conference “Sustainability and Environmental Sociology”  2014/07/13 
口頭発表(一般)  A Turning Point or Another Forgotten Piece of History?: Lessons learned in the Bucheon Symposium and the Agenda for Nanjing  the 4th International Symposium on Environmental Sociology in East Asia  2013/11/03 
口頭発表(招待・特別)  なぜ資(史)料を残すのか:「アーカイヴァル・エポケー」を超えて  日本社会学会第86回大会  2013/10/13 
詳細表示...

受賞
中央大学文学部哲学科社会学専攻首席卒業  1987/03/24 
詳細表示...

所属学協会
環境社会学会  1990/03/01-現在 
国際社会学会 (ISA)  1992/07/01-現在 
日本都市社会学会 
日本社会学会 
関東社会学会 
詳細表示...