English
法政大学 
理工学部 
創生科学科 

教授 
鈴木 郁 
スズキ カオル 
SUZUKI Kaoru 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2020/06/22 

経歴
アプリケーションソフトウェアテクノロジー(株) 非常勤システムエンジニア兼プログラマ  1985/03/01-1990/05/01 
国家公務員共済組合立川病院付属立川高等看護学院 非常勤講師(「統計学」担当)  1988/05/01-1990/02/01 
東京職業訓練短期大学校 非常勤講師(「統計学」担当)  1991/09/01-1992/03/01 
東京職業訓練短期大学校(現、東京職業能力開発短期学校)情報処理科 専任講師  1992/02/01-1997/03/01 
獨協大学経済学部経営学科 非常勤講師(「コンピュータ概論」担当)  1992/04/01-1995/03/01 
武蔵工業大学工学部経営工学科 非常勤講師(「人間工学実験」担当)  1995/04/01-1997/03/01 
法政大学工学部 経営工学科 助教授  1997/04/01-2002/03/31 
法政大学工学部 経営工学科 教授  2002/04/01-2010/04/30 
法政大学理工学部 教授  2010/05/01-2011/03/31 
法政大学理工学部 創生科学科 教授  2011/04/01-現在 

学歴
慶應義塾大学  工学部  管理工学科  1984  卒業 
慶應義塾大学  理工学研究科  管理工学  博士後期  1991  修了 

学位
工学博士  慶應義塾大学 

研究分野
人間工学 
システム工学 

研究テーマ
明瞭度改善のための周囲騒音適応型の音声加工処理について  音声処理,明瞭度 
生理指標に基づく精神的負担の評価  精神負担,生理指標 
下向きの視線がVDT作業に及ぼす効果について  VDT作業,視線 
ステアリングホイール握り位置の検出  ステアリングホイール,握り位置 
呼吸曲線と心拍変動性の間のコヒーレンスについて  呼吸曲線,心拍変動性 

受託・共同研究希望テーマ
自動車運転者の動きならびにハンドル握り変化の検出とその応用  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究 
詳細表示...

受託・共同・寄附研究実績
運転負担と情報表示位置が視線移動時間に及ぼす影響の研究  2005-2006  受託研究  企業からの受託研究 
車載情報機器に関する調査・研究  2001-2001  受託研究  企業からの受託研究 
アメとガムの乗り物酔い低減効果  1998-1999  受託研究  企業からの受託研究 
詳細表示...

著書
PSoCマイコン活用術  鈴木郁,小林一行  オーム社  2009/07 
図説エルゴノミクス  日本規格協会  1990/02  担当部分では、聴覚心理全般の概容、ならびに音声の生成および知覚と伝達について解説している。 全666頁中、4.4.2「聴覚」(293~299頁)、4.7.4「音声の知覚と伝達」(350~352頁)を担当 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  Powder and Bulk Level Switch Using an Acoustic Tube Method  Tomoya Yoshida ; Kazuyuki Kobayashi ; Kaoru Suzuki ; Kajiro Watanabe  IEEE Sensors Journal  IEEE  18/ 14, 5965-5973  2018/05/24  10.1109/JSEN.2018.2840219  This paper describes an acoustic-tube level switch that detects hot powder and finely gained bulk. The tube length L is selected as L = n × (half wavelength) and the input port of the tube is acoustically driven by a piezo sounder. When the output detection port is covered by powder and bulk, the electric impedance of the sounder increases with the increase of the acoustic impedance of the tube. The wavelength increases proportionally to the temperature, which causes a deviation from the optimal length L above. However, theoretical studies showed that covering the detection port mostly influences the acoustic viscosity and robust to the temperature. As a result, the method worked well in a wide temperature range. The method operated consistently in the range ±50 °C from the reference and detected powder and bulk with 13-kg/m 3 bulk density. In addition, the technique reliably detected the level of gravel heated to 450 °C. Furthermore, the sound at the detection port could blow out dust accumulated in the tube. A dust filter located at the quarter-wavelength position had little influence on the normal measurement function, even for a dust layer of 26.5-mm thickness. 
研究論文(学術雑誌)  共著  呼吸周波数における呼吸曲線と心拍変動のコヒーレンスの簡便な実時間推定法  檜山 隼人  電子情報通信学会論文誌 D  J97-D/ 2, 348-351  2014/02/01  1880-4535  本論文では,呼吸周波数における呼吸曲線と心拍変動のコヒーレンスを実時間で推定する簡便な方法,並びに組込用の小規模なマイクロプロセッサを用いた同方法の実装例について述べている. 
研究論文(学術雑誌)  共著  副次行動評価への応用を目標とした簡便な荷重センサ  檜山 隼人,岡田 武士  人とシステム  15/ 1, 1-5  2013/11  1340-637X  安価な受圧面積センサについて,作業中の副次行動の検出を目的とした荷重センサとしての利用方法や有効性について,検討した. 
研究論文(学術雑誌)  単著  ステアリングホイール上の握り位置を検出する簡便な装置について  電子情報通信学会論文誌 D  J89-D/ 7, 1599-1605  2006/07/01  1880-4535  本稿では,ステアリングホイール上の握り位置を検出する簡便な装置,同装置の有効性についての実験,並びに同装置の応用例について述べている.同装置の着脱は容易で,既存の自動車に適用可能である. 
研究論文(学術雑誌)  共著  職業としての計算機操作に伴う疲労の兆候について ―計算機利用者向け疲労調査票作成のための基礎研究―  水谷政司 鈴木 郁  人間工学誌  42/ 2, 77-86  2006/04 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  離床判別のための静電気を利用した人体検知センサー  2019年電子情報通信学会ソサイエティ大会  2019/09/11 
口頭発表(一般)  地上デジタル放送の電磁波を使用したヒトの移動検出  日本人間工学会第59回大会  2018/06/03 
口頭発表(一般)  安価で設置が容易な高感度加速度センサーを用いたベッド上のヒトの確認  日本人間工学会第59回大会  2018/06/02 
口頭発表(一般)  騒音下における拡声器のための実時間音声加工システム  日本人間工学会第59回大会  2018/06/02 
口頭発表(一般)  NIRSとEOGによるオミッションの検出  日本人間工学会第57回大会  2016/06/25 
詳細表示...

担当授業科目
人間工学特論 
人間工学(機械) 
福祉工学 
生体情報計測 
生体情報信号処理特論 
詳細表示...

所属学協会
日本人間工学会 
電子情報通信学会 
日本人間工学会 
日本ME学会 
詳細表示...