English
法政大学 
社会学部 
社会学科 

教授 
鈴木 智之 
スズキ トモユキ 
SUZUKI Tomoyuki 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2021/02/24 

経歴
帝京大学文学部専任講師(「社会学概論」「社会学理論」担当)  1991/04/01-現在 
帝京大学文学部退職  1996/03/01-現在 
帝京大学文学部非常勤講師(「演習Ⅱ」「卒業論文」担当)  1996/04/01-1998/03/01 
法政大学社会学部助教授(「社会学理論」「社会学原論」担当) 大学院社会科学研究科(「社会学演習Ⅱ」担当)  1996/04/01-現在 
早稲田大学文学部 非常勤講師(「社会学研究Ⅱb」担当)  1998/04/01-現在 
大妻女子大学人間関係学部(「現代社会と人間」担当)  1999/04/01-現在 

学歴
慶応義塾大学文学部人間関係学科卒業  1985/03 
慶応義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻修士課程修了(社会学修士)  1987/03 

学位
社会学修士  慶應義塾大学  1987/03 
社会学博士  慶應義塾大学  2016/03/31 

研究分野
社会学 

研究キーワード
文化 
文学 
語り 
物語 
身体 
病い 
ケア 

著書
偶発事の存在論―破壊的可塑性についての試論  カトリーヌ・マラブー  全文  法政大学出版局  2020 
文学社会学とはなにか  ジゼル・サピロ  世界思想社  2017 
熱のない人間  クレール・マラン  全文  法政大学出版局  2016 
死者の土地における文学  鈴木智之  めるくまーる  2016/08/01 
顔の剝脱  鈴木智之  青弓社  2016/07/15 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  変貌への衝動、発話の磁場―清田政信の初期作品におけるイメージの律動と回帰―  鈴木智之  あんやんばまん  清田政信研究会  2  2020 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  記憶の場所としての団地ー柴崎友香『千の扉』とその時空間(2)―  鈴木智之  社会志林  法政大学社会学部学会  67/ 3, 125-153  2020/12 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  破局的経験と生命の可塑性―クレール・マラン『病い―内なる破局』を中心に―  鈴木智之  社会志林  法政大学社会学部学会  67/ 2, 35-53  2020/09 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  出来事の後で日常を生きるということー柳美里『ある晴れた日に』における時間の形象ー  鈴木智之  社会志林  法政大学社会学部学会  67/ 1  2020/07 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  記憶の場所としての団地―柴崎友香『千の扉』とその時空間(1)  鈴木智之  社会志林  法政大学社会学部学会  66/ 1, 157-181  2020/03 
詳細表示...

担当授業科目
社会学理論A 
社会学理論A 
詳細表示...

所属学協会
日本社会学会会員 
関東社会学会  1990/04-現在 
詳細表示...