論文
公開件数:66件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
単著
Three-body potentials in \alpha-particle model of light nuclei
Souichi Ishikawa
Few-Body Systems

58/ 2, 37:1-4
2017/01/19

10.1007/s00601-016-1205-y


2 研究論文(学術雑誌)
単著
Monopole transition strength function of 12C in three-\alpha model

Physical Review C

94/ 6, 061603(R):1-5
2016/12/30

10.1103/PhysRevC.94.061603


3 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Low-lying 12C continuum states in three-α model
Souichi Ishikawa
EPJ Web of Conferences

113, 06004:1-4
2016/03/25

10.1051/epjconf/201611306004


4 研究論文(学術雑誌)
単著
Decay and structure of the Hoyle state

Physical Review C

90/ 6, 061604(R):1--4
2014/12/22

10.1103/PhysRevC.90.061604


5 (MISC)会議報告等
単著
Three-\alpha model calculations of low-lying 12C states and the triple-\alpha reaction

Journal of Physics: Conference Series

569, 012016
2014/12/08

10.1088/1742-6596/569/1/012016


6 研究論文(学術雑誌)
単著
Low-energy 12C states in three-\alpha model

Few-Body Systems

55/ 8-10, 923-926
2014/08

10.1007/s00601-013-0788-9


7 研究論文(学術雑誌)
共著
Analyzing Power in Elastic Scattering of Polarized Protons from Neutron-rich Helium Isotopes
S. Sakaguchi, Y. Iseri, T. Uesaka, M. Tanifuji, N. Aoi, E. Hiyama, Y. Ichikawa, S. Ishikawa,
K. Itoh, M. Itoh, H. Iwasaki, T. Kawabata, T. Kawahara, H. Kuboki, Y. Maeda, T. Nakao,
H. Okamura, H. Sakai, Y. Sasamoto, M. Sasano, Y. Satou, K. Sekiguchi, K. Suda, D. Suzuki,
A. Tamii, T. Wakui, K. Yako, M. Yamaguchi, Y. Yamamoto
Few-Body Systems

54/ 7-10, 1393-1398
2013/08

10.1007/s00601-013-0617-1


8 研究論文(学術雑誌)
単著
Three-body calculations of triple-alpha reaction

Physical Review C

87/ 5, 055804:1-9
2013/05/13

10.1103/PhysRevC.87.055804


9 研究論文(学術雑誌)
単著
Faddeev three-body calculation of triple-alpha reaction

Few-Body Systems

54/ 1-4, 479-482
2013/03

10.1007/s00601-012-0416-0


10 (MISC)会議報告等
単著
Triple-alpha reaction rate studied with the Faddeev three-body formalism

AIP Conference Proceedings

1484, 257-262
2012/11

10.1063/1.4763404


11 (MISC)会議報告等
単著
Three-body calculation of triple-alpha reaction at low energies

Journal of Physics: Conference Series

312, 042010
2011

10.1088/1742-6596/312/4/042010


12 研究論文(学術雑誌)
共著
Analyzing Power in Elastic Scattering of 6He from Polarized Proton Target at 71 MeV/nucleon
S. Sakaguchi, Y. Iseri, T. Uesaka, M. Tanifuji, K. Amos, N. Aoi, Y. Hashimoto, E. Hiyama,
M. Ichikawa, Y. Ichikawa, S. Ishikawa, K. Itoh, M. Itoh, H. Iwasaki, S. Karataglidis, T. Kawabata,
T. Kawahara, H. Kuboki, Y. Maeda, R. Matsuo, T. Nakao, H. Okamura, H. Sakai, Y. Sasamoto,
M. Sasano, Y. Satou, K. Sekiguchi, M. Shinohara, K. Suda, D. Suzuki, Y. Takahashi, A. Tamii,
T. Wakui, K. Yako, M. Yamaguchi, and Y. Yamamoto
Physical Review C

84/ 2, 024604:1--17
2011/08/05

10.1103/PhysRevC.84.024604


13 研究論文(学術雑誌)
共著
Analyzing Power for Proton Elastic Scattering from the Neutron-rich 6He Nucleus
T. Uesaka, S. Sakaguchi, Y. Iseri, K. Amos, N. Aoi,
Y. Hashimoto, E. Hiyama, M. Ichikawa, Y. Ichikawa,
S. Ishikawa, K. Itoh, M. Itoh, H. Iwasaki, S. Karataglidis,
T. Kawabata, T. Kawahara, H. Kuboki, Y. Maeda, R. Matsuo,
T. Nakao, H. Okamura, H. Sakai, Y. Sasamoto, M. Sasano,
Y. Satou, K. Sekiguchi, M. Shinohara, K. Suda, D. Suzuki,
Y. Takahashi, M. Tanifuji, A. Tamii, T. Wakui, K. Yako,
Y. Yamamoto, and M. Yamaguchi
Physical Review C

82/ 2, 021602(R):1-4
2010/08/26




14 研究論文(学術雑誌)
単著
Coordinate space proton-deuteron scattering calculations including Coulomb force effects
S. Ishikawa
Physical Review C

80/ 5, 054002:1-14
2009/11




15 研究論文(学術雑誌)
単著
Calculation of Proton-Deuteron Scattering with Coulomb Force Effects
S. Ishikawa
Modern Physics Letters A

24/ 11-13, 855-858
2009/04




16 研究論文(学術雑誌)
共著
Spin Correlation Parameter Cyy of p+3He Elastic Backward Scattering
Y. Shimizu, K. Hatanaka, Y. Tameshige, T. Adachi, K. Fujita, H. Matsubara, H. Okamura, A. Tamii,
A. P. Kobushkin, T. Kawabata, Y. Sasamoto, K. Suda, T. Uesaka, K. Itoh, Y. Sakemi, T. Wakui
M. Uchida, T. Kudoh, K. Sagara, T. Wakasa, H. P. Yoshida, Y. Shimbara, E. A. Strokovsky,
S. Ishikawa, M. Tanifuji
Physical Review C

76/ 4, 044003:1-7
2007/10




17 研究論文(学術雑誌)
共著
Two-pion exchange three-nucleon potential:
O(q4) chiral expansion
S. Ishikawa, M. R. Robilotta
Physical Review C

76/ 1, 014006:1-13
2007/07




18 研究論文(学術雑誌)
単著
Spin-dependent three-nucleon force effects on nucleon-deuteron scattering
S. Ishikawa
Physical Review C

75/ 6, 061002(R):1-5
2007/06




19 研究論文(学術雑誌)
単著
Operation of the Faddeev Kernel in Configuration Space
S. Ishikawa
Few-Body Systems

40/ 3-4, 145-163
2007/06




20 研究論文(学術雑誌)
共著
Relationships among depolarizations in scattering of polarized proton from 3He at intermediate energies
S. Ishikawa, M. Tanifuji, Y. Iseri, and Y. Yamamoto
Physical Review C

72/ 2, 027601:1-4
2005/08



陽子-ヘリウム3弾性散乱において、減偏極度の間の関係式を、スピン依存相互作用の役割が明確になる形で導出した。これらの関係式の中で、陽子-ヘリウム3間のスピン軌道力とテンソル力が弱いという仮定をすると、800MeV陽子実験で見つかっていた減偏極度の間の関係が導き出せる。さらに、仮定した相互作用の特性が、ヘリウム3中の陽子・中性子のスピン分布の様相から得られることを示した。
全4頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能
共著者:谷藤悃、石川壮一、井芹康統、山本安夫
21 (MISC)その他記事
単著
3体力のスピン依存性について
石川壮一
原子核研究

49/ 6, 209-213
2005/03




22 (MISC)その他記事
共著
散乱振幅のテンソル分解能と其の応用
谷藤悃、石川壮一、井芹康統、山本安夫、亀山浩文
原子核研究

49/ 4, 17-22
2005/01




23 (MISC)その他記事
共著
偏極陽子と6He弾性散乱のfolding modelによる検討
井芹康統、谷藤悃、石川壮一、肥山詠美子、山本安夫
原子核研究

49/ 4, 53-58
2005/01




24 研究論文(学術雑誌)
共著
Polarization Phenomena in Hyperon-Nucleon Scattering
S. Ishikawa, M. Tanifuji, Y. Iseri, and Y. Yamamoto
Physical Review C

69/ 3, 034001:1-13
2004/03




25 研究論文(学術雑誌)
単著
Low Energy Proton-Deuteron Scattering with a Coulomb-Modified Faddeev Equation
S. Ishikawa
Few-Body Systems

32/ 4, 229-248
2003/06



クーロン力が働く3体問題に対する変形Faddeev方程式を、時間に依存しない散乱理論に基づいて導出し、低エネルギーでの陽子-重陽子弾性散乱に適用した。現実的核力模型を用い、散乱位相差についてベンチマーク計算との比較を行い、また、微分断面積とベクトル分解能への3体力の寄与を吟味した。更に、陽子-重陽子散乱と中性子-重陽子散乱のベクトル分解能の比較を行い、磁気モーメント相互作用によるスピン-軌道力の効果を調べた。 全20頁
26 研究論文(学術雑誌)
共著
Central and Tensor Components of Three-Nucleon Forces in Low-Energy Proton-Deuteron Scattering
S. Ishikawa, M. Tanifuji, and Y. Iseri
Physical Review C

67/ 6, 061001(R):1-5
2003/06

10.1103/PhysRevC.67.061001

低エネルギーでの陽子-重陽子弾性散乱のテンソル分解能に対する3核子間力の寄与を、数値計算により、さらに散乱振幅の詳細な検討により調べた。その結果、少数核子系計算で広く用いられているパイ中間子交換に基づく3核子間力のテンソル成分には、実験値との差を、逆に大きくする問題があることが明らかになった。 全5頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:谷藤悃、石川壮一、井芹康統
27 研究論文(学術雑誌)
共著
Spin Observables in Nucleon-Deuteron Scattering and Three-Nucleon Forces
S. Ishikawa, M. Tanifuji, and Y. Iseri
Physical Review C

66/ 4, 044005:1-15
2002/10

10.1103/PhysRevC.66.044005

3核子間力のスピン依存性と核子-重陽子散乱偏極観測量との間の関係を明らかにするために、散乱振幅のスピン空間での構造を調べ、スピン依存力の直接的な情報が得られる偏極量の組み合わせについて考察を行った。更に、現実的な相互作用を用いた3体計算により、このアイデアの検証を行った。 全15頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:谷藤悃、石川壮一、井芹康統
28 (MISC)その他記事
共著
陽子重陽子弾性散乱における陽子ベクトル分解能と重陽子ベクトル分解能
谷藤悃、石川壮一、小池康郎、井芹康統
原子核研究

46/ 5, 81-90
2002/03




29 (MISC)その他記事
単著
クーロン力を正しく取り入れた少数系の取り扱いについて
石川壮一
原子核研究

46/ 5, 97-106
2002/03




30 研究論文(学術雑誌)
共著
Complete Set of Total Cross Sections for Imaginary Parts of nd Forward Scattering Amplitudes and Three-Nucleon Force Effects
S. Ishikawa, M. Tanifuji, and Y. Iseri
Physical Review C

64/ 2, 024001:1-5
2001/08

10.1103/PhysRevC.64.024001

光学定理を用いて、核子―重陽子散乱の前方散乱振幅の4成分を完全に決定する、スピンに依存する全断面積の組み合わせを提案した。これらの散乱振幅は、スピン空間でのスカラー成分とテンソル成分を分解できる。更に、これらの散乱振幅に対する3体力の寄与を調べ、テンソル成分に大きな効果が見られることを明らかにした。 全5頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:石川壮一、谷藤悃、井芹康統
31 研究論文(学術雑誌)
共著
Reaction Mechanism and Characteristics of T20 in d+3He Backward Elastic Scattering at Intermediate Energies
M. Tanifuji, S. Ishikawa, Y. Iseri, T. Uesaka, N. Sakamoto, Y. Satou, K. Itoh, H. Sakai, A. Tamii, T. Ohnishi, K. Sekiguchi, K. Yako, S. Sakoda, H. Okamura, K. Suda, and T. Wakasa
Physical Review C

61/ 2, 024602:1-8
2000/02

10.1103/PhysRevC.61.024602

Ed=140-270 MeV 重陽子の3Heによる後方弾性散乱の断面積、テンソル分解能 T20 の測定と、陽子移行による平面波インパルス近似を用いた理論解析を行い、T20 における仮想励起効果の重要性を示した。更により高いエネルギー領域での偏極量(T20、Kyy、Cyy )の予言を行った。 全8頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:谷藤悃、石川壮一、井芹康統、上坂友洋、他
32 研究論文(学術雑誌)
単著
Analyzing power in nucleon-deuteron scattering and three-nucleon forces
S. Ishikawa
Physical Review C

59/ 3, R1247-R1251
1999/03

10.1103/PhysRevC.59.R1247

核子-重陽子散乱の微分断面積とベクトル分解能に見られる実験値と理論計算との間の系統的な食い違い(Ayパズル)に対する、3体力の寄与の詳細について調べた。 全5頁
33 研究論文(学術雑誌)
共著
New Approach to Polarization Phenomena in dp Backward Elastic Scattering at Intermediate and High Energies
M. Tanifuji, S. Ishikawa, and Y. Iseri
Physical Review C

57/ 5, 2493-2501
1998/05

10.1103/PhysRevC.57.2493

重陽子-陽子後方弾性散乱の偏極量について、不変振幅の方法と一核子交換機構の仮定に基づいて理論的研究を行った。これまでの理論計算と実験データとの差を、吸収効果を取り入れることによって解決できることを示した。 全9頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:谷藤悃、石川壮一、井芹康統
34 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Possible Origin of Sagara Discrepancy in the Cross Section Minimum of p-d Elastic Scattering
Y. Koike and S. Ishikawa
Nuclear Physics A

A631, 683c-686c
1998/03

10.1016/S0375-9474(98)00091-8

核子-重陽子弾性散乱断面積の実験データと理論計算の系統的な不一致に関して、運動量空間、座標空間それぞれ異なる方法での数値計算をもとに理論的な解析を行った。 全4頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:小池康郎、石川壮一
35 研究論文(学術雑誌)
共著
Forward Polarization Observables in3He(d,p)4He reaction
M. Tanifuji, S. Ishikawa, and Y. Iseri
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A

402/ 2,3, 433-435
1998/01

10.1016/S0168-9002(97)00886-3

一核子移行機構を仮定して、3He(d,p)4He 反応の偏極量の理論的予言を行い、この反応を用いての核力モデル評価の可能性について理論的考察を行った。 全3頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:谷藤悃、石川壮一、井芹康統
36 研究論文(学術雑誌)
共著
Inclusive Scattering of Polarized Electrons on Polarized3He: Effects of Final State Interaction and the Magnetic Form Factor of the Neutron
S. Ishikawa, J. Golak, H. Witala, H. Kamada, W. Gloeckle, and D. Hueber
Physical Review C

57/ 1, 39-49
1998/01

10.1103/PhysRevC.57.39

偏極電子の偏極ヘリウム3原子核による包括的反応において、偏極量 AT' から中性子の磁気形状因子の情報を引き出す際に、終状態相互作用効果が大きな効果を与えることを明らかにした。また、3体分裂しきい値エネルギー近傍での偏極量 ATL' の増加が、終状態相互作用の効果で説明できることを明らかにした。 全11頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:石川壮一、J.ゴーラック、H.ウィタラ、鎌田裕之、W.グレックレ、D.フーバ
37 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Nuclear and Nuclear Astrophysical Interest in D(n,γ)3H reaction
Y. Nagai, T. Kobayashi, T. Kikuchi, F. Okazaki, K. Takaoka, S. Naito, A. Tomyo, T. Shima, M. Igarashi, and S. Ishikawa
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A

402/ 2,3, 408-411
1998/01

10.1016/S0168-9002(97)00881-4

原子核における中間子交換流の効果や、宇宙初期における元素生成のメカニズムを研究する上で重要な、数十keVのエネルギー領域での重陽子に対する中性子の放射捕獲反応の測定を行った。 全4頁、石川は理論的解析を行った 共著者:永井泰樹、小林、菊池、他
38 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
Polarized3He and Neutron Form Factors
S. Ishikawa
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A

402/ 2,3, 383-385
1998/01

10.1016/S0168-9002(97)00867-X

終状態相互作用の効果を取り入れて3Heの縦横-応答関数の計算を行い、核子形状因子の寄与の内訳、偏極3Heと偏極電子の散乱から中性子の荷電形状因子を求める際の相対論的効果について調べた。 全3頁
39 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Nuclear Three- and Four-Body Systems
W. Gloeckle, H. Kamada, H. Witala, D. Hueber, J. Golak, K. Miyagawa, and S. Ishikawa
Few-Body Systems, Supplementum

8, 9-20
1995




40 研究論文(学術雑誌)
共著
Inclusive Electron Scattering on 3H and 3He with Full Inclusion of Final State Interactions
J. Golak, H. Witala, H. Kamada, D. Hueber, S. Ishikawa, and W. Gloeckle
Physical Review C

52/ 3, 1216-1231
1995/09

10.1103/PhysRevC.52.1216

3He原子核に対する包括的な電子散乱における終状態相互作用の効果を、現実的な核子間相互作用について調べ、クーロン和則における相対論の効果等を議論した。また、我々が別に発表した、応答関数の新しい計算方法の独立なチェックも行った。 共著者:J.ゴーラック、H.ウィタラ、 鎌田裕之、D.フーバー、石川壮一、W.グレックレ
41 研究論文(学術雑誌)
共著
The Electron Induced p d and p p n Breakup of 3He with Full Inclusion of Final State Interactions
J. Golak, H. Kamada, H. Witala, W. Gloeckle, and S. Ishikawa
Physical Review C

51/ 4, 1638-1647
1995/04

10.1103/PhysRevC.51.1638

電子による3He原子核の分解反応における終状態相互作用の効果を、現実的な核子間相互作用について調べ、既存の実験データの解析と、いくつかのケースについて、断面積の理論的予言を行った。 共著者:J.ゴーラック、鎌田裕之、 H.ウィタラ、W.グレックレ、石川壮一
42 研究論文(学術雑誌)
共著
Response Functions of Three-Nucleon Systems
S. Ishikawa, H. Kamada, W. Gloeckle, J. Golak, and H. Witala
Physics Letters B

339/ 4, 293-296
1994/11

10.1016/0370-2693(94)90620-3

終状態相互作用の効果を正しく考慮して三核子系の応答関数を計算する新しい方法を定式化し、現実的な核力を用いて、縦方向の応答関数を計算し、実験データと非常によい一致が得られた。石川は、定式化、数値計算、論文作成を担当した。 共著者:石川壮一、鎌田裕之、 W.グレックレ、J.ゴーラック、H.ウィタラ
43 研究論文(学術雑誌)
共著
Photopion Production in 3H and 3He
M.K. Cheoun, M. Maruyama, S. Ishikawa, and T. Sasakawa
Physical Review C

49/ 4, 1927-1939
1994/04

10.1103/PhysRevC.49.1927

3He原子核に対するπ中間子の光発生反応、3He(γ、π+)3H、における終状態でのπ+と3Hの間の相互作用効果を、光学ポテンシャルの方法で取り入れ、この効果が、実験データを再現する上で、非常に重要であることを見出した。 共著者:千明起、丸山政弘、 石川壮一、笹川辰弥
44 研究論文(学術雑誌)
共著
Exclusive Electron Scattering on 3He with Full Inclusion of of Final State Interactions
S. Ishikawa, H. Kamada, W. Gloeckle, J. Golak, and H. Witala
Nuovo Ciment A

107/ 2, 305-330
1994/02



電子による3He原子核の2体分裂反応をFaddeev方程式の精密な解を用いて理論的に調べ、終状態相互作用を正しく取り入れることの重要性を指摘した。更に、NIKHEFで得られた実験データを解析し、終状態相互作用の導入により、良い一致が得られることがわかった。 共著者:石川壮一、鎌田裕之、 W.グレックレ、J.ゴーラック、H.ウィタラ
45 研究論文(学術雑誌)
共著
Three-Nucleon Bound States: Detailed Calculations of 3H and 3He
Y. Wu, S. Ishikawa, and T. Sasakawa
Few-Body Systems

15/ 4, 145-188
1993

10.1007/BF01076246

仙台グループによって行われた、現実的核力と、3体力、荷電依存・荷電非対称な核力を用いた、精密計算に基づく、3核子束縛状態(3H、3He)の諸性質の理論的研究の詳細を報告した。 共著者:呉勇、石川壮一、笹川辰弥
46 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
p-d Radiative Capture with Realistic Three-Nucleon Wave Functions
S. Ishikawa
Few-Body Systems, Supplementum

6, 285-290
1992




47 研究論文(学術雑誌)
共著
Rho-Meson Exchange Three-Body Force Effects
T. Sasakawa, S. Ishikawa, Y. Wu, and T.-Y. Saito
Physical Review Letters

68/ 24, 3503-3506
1992/06

10.1103/PhysRevLett.68.3503

従来の計算で用いられてきたπ中間子のみならず、ρ中間子の交換に起因する3体力を導入し3Hの計算を遂行した。そして、ベータ崩壊の行列要素を中間子交換流の寄与を含めて計算し、結合エネルギーと共に行列要素が実験値を再現するように、πNN形状因子の切断質量とρNN形状因子の切断質量を決定した。 共著者:笹川辰弥、石川壮一、呉勇、斎藤敏之
48 研究論文(学術雑誌)
共著
p+d→ 3He+γ Reaction with Realistic Three-Nucleon Wave Functions
S. Ishikawa and T. Sasakawa
Physical Review C

45/ 4, R1428-R1431
1992/04

10.1103/PhysRevC.45.R1428

低エネルギーでの陽子-重陽子輻射捕獲反応を、いろいろな現実的核力と3体力との組み合わせに対する3核子束縛状態及び散乱状態のファデーエフ方程式を解いて計算した。この反応のテンソル分解能が核力の違い、3体力の有無に対して敏感な量であることを示し精密な実験が待たれる事を明示した。 共著者:石川壮一、笹川辰弥
49 研究論文(学術雑誌)
共著
Three-Body Force Effect in Triton Dipole Sum Rules
T.-Y. Saito, K. Ikeda, S. Ishikawa, and T. Sasakawa
Physical Review C

44/ 4, R1262-R1264
1991/10

10.1103/PhysRevC.44.R1262

トリトンの光分解の和則に対する2体及び3体カレントからの寄与(k2及びk3)を、現実的なトリトンの波動関数を用いて計算した。結果は、k2は0.80~0.86、k3は0.03~0.04となり、これらの値はトリトンの光分解に対する2体及び3体カレントの寄与の大きさを表している。また、他の和則も計算し、これらの値とトリトンの結合エネルギーの計算値との相関について議論した。 共著者:斎藤敏之、池田和司、 石川壮一、笹川辰弥
50 研究論文(学術雑誌)
共著
Triton Beta Decay
T.-Y. Saito, Y. Wu, S. Ishikawa, and T. Sasakawa
Physics Letters B

242/ 1, 12-16
1990/05

10.1016/0370-2693(90)91586-Z

ファデーエフ方程式を解いて得られたトリトンとヘリウム3の波動関数を用いて、トリトンのベータ崩壊の行列要素を計算した。ヘリウム3についてはクローン相互作用を正確に取り入れてファデーエフ方程式を解いている。3体力、中間子交換流の効果を取り込む事により、実験値と一致する行列要素の値が得られることを示した。 共著者:斎藤敏之、呉勇、石川壮一、笹川辰弥
51 研究論文(学術雑誌)
共著
Nuclear Charge Asymmetry and Charge Dependence and the 3H-3He Binding Energy Difference
Y. Wu, S. Ishikawa, and T. Sasakawa
Physical Review Letters

64/ 16, 1875-1878
1990/04

10.1103/PhysRevLett.64.1875

いくつかの現実的核力に対して、3体力、クローン力、荷電依存性、荷電非対称性の効果を取り入れて3核子束縛系のファデーエフ方程式を解いた。トリトンとヘリウム3との結合エネルギーの差に対するクローン・エネルギー、荷電依存性、荷電非対称性の効果の大きさを模型によらない形で求め、実験値をよく再現することを示した。 共著者:呉 勇、石川壮一、笹川辰弥
52 研究論文(学術雑誌)
共著
Tests of Charge Symmetry in Few Body Systems
A. Gersten, L.G. Greeniaus, J.A. Niskanen, S. Ishikawa, T. Sasakawa, and A.W. Thomas
Few-Body Systems

3/ 4, 171-194
1988

10.1007/BF01077594

本論文では、少数核子系における核力の荷電対称性の破れの効果に関する実験的・理論的研究の最近の状況を概観した。石川は、3核子系の結合エネルギーと荷電対称性の破れの部分を担当した。 共著者:A.ガーステン、L.G.グリーンニアウム、J.A.ニスカネン、石川壮一、笹川辰弥、A.W.トーマス
53 研究論文(学術雑誌)
共著
Quark Model and the Triton
T. Inaba, S. Ishikawa, and T. Sasakawa
Physical Review C

38/ 3, 1414-1417
1988/09

10.1103/PhysRevC.38.1414

クォーク模型に基づく核力モデルの一つであるヴァージニア・ポテンシャルを用いて、トリトンの結合エネルギーを計算した。このポテンシャルの短距離部分は、6個のクォーク・バッグに基づくエネルギー依存性を持っている。我々は、トリトンの結合エネルギーがクォーク・バッグの半径に敏感であること、及び、エネルギー依存性が他の現実的核力と比べて0.4~0.5MeVの引力を与えることを見い出した。 共著者:稲葉寿雄、石川壮一、笹川辰弥
54 研究論文(学術雑誌)
共著
Nucleon-Nucleon Tensor Interaction and the Triton Binding Energy
S. Ishikawa and T. Sasakawa
Physical Review C

36/ 5, 2037-2039
1987/11

10.1103/PhysRevC.36.2037

核子-核子散乱の3S1-3D1混合パラメータとトリトンの結合エネルギーの核力のテンソル成分の短距離部分の振舞への依存性を調べた。その結果、テンソル成分の短距離部分の振舞を引力から斥力に変えることにより、トリトン結合エネルギーに対して1MeV近い引力が得られ、同時に混合パラメータが実験値と相容れない程小さくなることがわかった。これは、混合パラメータを十分良く再現する核力を用いることが重要であることを示す。石川は、計算と解析の全般を担当した。 共著者:石川壮一、笹川辰弥
55 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
Method of Continued Fractions with Application to Three-Nucleon Problems

Nuclear Physics A

A463/ 1,2, 145c-150c
1987/02

10.1016/0375-9474(87)90656-7


56 研究論文(学術雑誌)
共著
Effect of Three-Body Force on Form Factors
T. Sasakawa, A. Fukanaga, and S. Ishikawa
Czechoslovak Journal of Physics

B36, 312-313
1986




57 研究論文(学術雑誌)
共著
Faddeev Partial-Wave Calculations with a three-nucleon Potential for the Triton Ground State
S. Ishikawa and T. Sasakawa
Few-Body Systems

1/ 3, 143-158
1986

10.1007/BF01077005

3Hの結合エネルギー、S波・S'波・D波各状態の確率、漸近規格化定数等を、いくつかの現実的核力と3体力との組み合わせについて計算した。更に、これらの量の部分波の取り込みに対する収束性を議論した。その結果、1S0、3S1、3D1状態のみを含む計算は収束性が不十分であること、いくつかの漸近的な物理量の計算値は、体質的に結合エネルギーにのみ依存することがわかった。石川は、計算と解析の全般を担当した。 共著者:石川壮一、笹川辰弥
58 研究論文(学術雑誌)
共著
Triton Binding Energy and Three-Nucleon Potential
T. Sasakawa and S. Ishikawa
Few-Body Systems

1/ 1, 3-12
1986

10.1007/BF01075288

ホラチェックと笹川とによって提案された連分数の方法を、3Hのファデーエフ方程式を解くことへ適用した。その結果、現実的核力に対して、直接3体力を取り込んでファデーエフ方程式を解くことが可能となった。いくつかの現実的各力と3体力との組み合わせに対して3Hの結合エネルギーを計算すると、3体力中の形状因子の切断質量として700MeVを用いると実験値に近い値が得られることがわかった。石川は、計算と解析の全般を担当した。 共著者:笹川辰弥、石川壮一
59 (MISC)その他記事
共著
三核子束縛状態における三体力の効果

東北大学博士論文


1986/03



三核子束縛状態に対する量子力学的問題を、現実的核子間相互作用や三体力の基で、数値的に厳密に計算する方法を開発し、計算コードを完成させた。そして、そのコードによって計算した三核子束縛状態の波動関数を用いて、結合エネルギー・荷電半径・漸近規格化定数等の諸物理量を系統的に調べ、3核子系の理解のためには、三体力の効果が重要な役割を果たすことを明らかにした。
60 研究論文(学術雑誌)
共著
Asymptotic Normalization Constants of 3H → n+d and Triton Binding Energy
S. Ishikawa and T. Sasakawa
Physical Review Letters

56/ 4, 317-319
1986/01

10.1103/PhysRevLett.56.317

トリトンの漸近規格化定数C0、C2を、いろいろな現実的核力と3体力との組み合わせについて計算した。その結果、C0とC2との比の計算値は、トリトンの結合エネルギーの計算値と強い相関を持つことがわかった。この性質を利用して、C0とC2との比の値をモデルによらない形で予言した。この値は、実験値とよく一致する。石川は、計算と解析の全般を担当した。 共著者:石川壮一、笹川辰弥
61 研究論文(学術雑誌)
共著
Contribution of Three-Nucleon Potential to Triton Binding Energy
S. Ishikawa, T. Sasakawa, T. Sawada, and T. Ueda
Physical Review Letters

53/ 20, 1877-1880
1984/11

10.1103/PhysRevLett.53.1877

いくつかの現実的核力モデルに対して、18個の角運動量状態を取り込んで、トリトンに対するファデーエフ計算を遂行した。この結果得られた波動関数を用いて、2個のπ中間子交換3体力のトリトンの結合エネルギーへの寄与を、1次摂動論により求めた。3体力中の形状因子の切断質量として800MeVという値を用いると、実験値とよく一致する値が得られることがわかった。石川は、計算と解析の全般を担当した。 共著者:石川壮一、笹川辰弥、澤田達郎、上田 保
62 研究論文(学術雑誌)
共著
Three-Nucleon Potential and Triton Binding Energy
T. Ueda, T. Sawada, T. Sasakawa, and S. Ishikawa
Progress of Theoretical Physics

72/ 4, 860-864
1984/10

10.1143/PTP.72.860

PCACの拘束の元で、S波とP波のπ中間子-核子散乱を含む2個のπ中間子交換3体力を導出した。この3体力のトリトンの結合エネルギーに対する寄与の大きさを、現実的核力に対するファデーエフ計算によるトリトンの波動関数を用いて、一次摂動論により求めた。その結果、従来とは違い、実験値とよく一致する結果が得られた。石川は、3体力の寄与を求める部分を担当した。 共著者:上田 保、沢田達郎、笹川辰弥、石川壮一
63 (MISC)会議報告等
共著
Reduction of Three-Nucleon Potentials into Irreducible Tensors and Computation of Their Matrix Elements with Respect to the Triton Wave Function
S. Ishikawa, T. Sasakawa, T. Sawada, and T. Ueda
Science Report of Tohoku University Ser.8

4/ 1, 98-125
1983/06



共著者:石川壮一、笹川辰弥、澤田達郎、上田 保
64 (MISC)会議報告等
共著
PERFECT V-A:FORTRAN Programs to Compute Various Properties of the Triton Wave Function Using the RSC5 Potential
T. Sasakawa, S. Ishikawa, and T.Sawada
Science Report of Tohoku University Ser.8

3/ 3, 268-336
1982/12



3Hの波動関数から、荷電形状因子、漸近規格化定数、2体相関関数等の物理量を計算する定式化と、それらの計算コードの詳細を掲載した。石川は、プログラミングを担当した。 共著者:笹川辰弥、石川壮一、澤田達郎
65 (MISC)会議報告等
共著
PERFECT V:A FORTRAN Program for the Calculation of the 3H Bound State with RSC5 Potential
T. Sasakawa, S. Ishikawa, and T. Sawada
Science Report of Tohoku University, Ser.8

3/ 3, 165-267
1982/12



RSCポテンシャルに対して3Hの束縛状態を精密に計算する定式化と、その計算コードPERFECT V の詳細を掲載した。石川は、プログラミングを担当した。 共著者:笹川辰弥、石川壮一、澤田達郎
66 研究論文(学術雑誌)
共著
Partially Separable t Matrix
T. Sasakawa, H. Okuno, S. Ishikawa, and T. Sawada
Physical Review C

26/ 1, 42-54
1982/07

10.1103/PhysRevC.26.42

量子力学的3体問題の基礎方程式であるファデーエフ方程式を解く時に必要になる、エネルギー殻上にない散乱のT行列を、1項分離型と1項非分離型との和とに書き表した。我々の表式では、分離項、非分離項とも原点で正則であり、また、非分離項は遠方でゼロになる。この性質により、従来、ヨスト行列やK行列が持っていた欠点を克服することができる。石川は、いくつかの重要な公式の証明を担当した。 共著者:笹川辰弥、奥野浩、石川壮一、澤田達郎