English
法政大学 
法学部 
政治学科 

教授 
衛藤 幹子 
エトウ ミキコ 
ETO Mikiko 


Tel.03-3264-9709  
 

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2017/08/07 

プロフィール
2000年4月~2002年3月ケンブリッジ大学社会・政治学部並びにルーシー・カーヴェンディッシュ・カレッジ客員研究員
2004年9月8日~2004年10月7日北欧アジア研究所(コペンハーゲン)訪問教授
2005年9月8日~2005年9月28日ストックホルム大学社会科学部政治学科訪問教授
2010年9月1日~2011年8月31日ストックホルム大学社会科学部政治学科訪問研究員 

経歴
財団法人東京都神経科学総合研究所社会学研究室(研究職)勤務  1994/04/01-1995/03/01 
法政大学法学部 助教授  1995/04/01-1997/03/31 
法政大学法学部 教授 (現在に至る)  1997/04/01-現在 
ケンブリッジ大学社会・政治学部訪問研究員Visiting Scholar, Faculty of Social and Political Sciences, University of Cambridge, 1 April 2000  2000/04/01-2001/03/31 
ケンブリッジ大学ルーシー・カーヴェンディシュ・コレッジ訪問研究員Visiting Scholar, Lucy Cavendish College, University of Cambridge, 1 October 2000  2000/10/01-2001/03/31 
ケンブリッジ大学ルーシー・カーヴェンディシュ・コレッジ訪問教員Visiting Fellow, Lucy Cavendish College, University of Cambridge, 1 April 2001  2001/04/01-現在 

学歴
ストックホルム大学 政治学部  博士後期  2014/01/29  修了  スウェーデン 
立教大学法学部 卒業(法学士)  1990/03 
中央大学大学院法学研究科(政治学専攻) 修了(法学修士)  1993/03 

学位
博士  ストックホルム大学  2014/01/29 

研究分野
政治学 

研究キーワード
女性の政治代表 
女性運動 
市民社会 
フェミニスト批判分析 
ジェンダー・クオータ 
デモクラシーとジェンダー 

研究テーマ
ジェンダー政治、フェミニスト批判理論  女性の議会代表、民主主義、女性運動、市民社会  2011/04/01-2015/03/31 

受託・共同・寄附研究実績
スウェーデンにおける女性と政治に関する研究  2009-2010  その他 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
ジェンダーと民主主義に関する国際比較研究  科学研究費  基盤研究(B)海外  2011/04/01-2015/03/31 
ジェンダーと民主主義をめぐるスウェーデン・モデルの研究-参加と代表の補完性の実証分析  科学研究費  その他  2010/09/01-2011/05/31 
女性の政治的代表に関する総合研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2007/04/01-2009/03/31 
「シティズンシップ」の再構築に関する国際比較研究  科学研究費  基盤研究(B)海外  2003/04/01-2007/03/31 
詳細表示...

著書
政治学の批判的構想ージェンダーからの接近  衛藤幹子  法政大学出版局  2017/07/03  978-4-588-62535-0  本書は支配体制、リベラリズム、市民社会、リベラルデモクラシーからなる政治学上の4つの鍵概念を取り上げ、主流政治学が無視、あるいは見落としてきた事柄をジェンダーの観点から批判的に検証し、政治的言説における「神話」を暴き、また対案を提示するものである。 
ジェンダー・クオーター世界の女性議員はなぜ増えたのか  三浦まり(共編者)、スティール若希、石田久仁子、菊池啓一、申キヨン、福田円、渕元初姫、木村真紀  7-40, 67-92  明石書店  2014/03/01  978-4-7503-3794-0  本書は、女性の政治的代表性向上のもっとも有効な方法として世界的に導入されているジェンダー・クオータに焦点をあて、その導入の経緯、制度設計、成果について比較政治学の観点から議論したもので、ジェンダー・クオータをめぐる全般的かつ普遍的な議論を展開する総論と代表的な事例を取り上げた各論から構成されている。各論で取り上げた国と地域は、スウェーデン、フランス、アルゼンチン、韓国、イギリス、台湾、スコットランドである。また終章では、これら各国の事例を踏まえ、日本におけるクオータ導入の障害と可能性について論じた。 
Women and Politics in Japan: A Combined Analysis of Representation and Participation  Stockholm University  2013/12/16  978-91-7447-833-4  Focusing both on their presence in legislatures and on their participatory activities within civil society, this thesis attempts to elucidate what impedes Japanese women from entering politics and the obstacles to their political activities. Specifically, it attaches importance to the interplay between women’s representation and feminist movements. Throughout this thesis, the thesis suggests that the vicious cycle of under-representation and lukewarm feminist activism is not only detrimental to Japanese women, but it also impedes Japanese democracy from progressing further. 
壁を超える―政治と行政のジェンダー主流化(ジェンダー社会科学の可能性3第巻)  辻村みよ子  119-144  岩波書店  2011/06/08  「日本の政治主体のジェンダー分析―多元性からみた女性の政治参画」というテーマで、日本における女性の政治的影響力の現状と課題を代表制(議会)と政策決定過程、また地方分権の観点から明らかにした。 
世界政治叢書9:韓国・日本  新川敏光・大西裕  121-143  ミネルヴァ書房(京都)  2008/09  日本における高齢社会の政治的及び政策的衝撃について論じた。 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  単著  日本政治における「ジェンダー」論争  Mikiko Eto  Japanese Journal of Political Science  Cambridge University Press  17/ 3, 365-385  2016/08/12  10.1017/S1468109916000141  ‘Gender (jenda)’, a troublesome loanword in Japan, has evoked confusion in the government and stimulated a backlash from the ultra-conservatives against gender equality. Focusing on a dispute over the term ‘gender’ between feminists and the old guard, this paper examines the changes of the term’s usage and meanings in the Japanese political context. I first shed light on Japan’s reaction to the newly arrived term ‘gender’, which contrasts feminist and scholarly circles with the government. Secondly, I discuss the old guard’s condemnation of the concept of gender, in which they distort its significance to diminish its positive impact on society. . My findings reveal that the old guard, whose political cause is to protect traditional Japanese culture, asserts that gender equality damages this culture. Moreover, I refute their emphasis on Japan’s uniqueness, demonstrating that Japanese women’s traditional virtues under the patriarchal family system are not peculiar to Japan. To gauge how the concept of gender has been interpreted politically, I highlight legislative debates about the term ‘gender’. 
研究論文(学術雑誌)  Diverse Voices and Democratic Policymaking: What Causes Japan’s Nuclear Phase-Out Plan to Fail?  Mikiko Eto  Journalism and Mass Communication  6/ 6, 330-349  2016/07/29  10.17265/2160-6579/2016.06.004 
研究論文(学術雑誌)  単著  新自由主義時代におけるフェミニズム、市民社会  大原社会問題研究所雑誌  683・6684  2015/09 
研究論文(学術雑誌)  単著  Making a Difference in Japanese Politics: Women Legislators Acting for Gender Equality  Harvard Asian Quarterly  XIV/ 1&2, 25-34  2012/08/01  Japanese women’s numerical disadvantage in legislative bodies notwithstanding, women legislators have made efforts to redress misrepresentation of gender equality and to infuse significance of gender equality into society. This paper demonstrates how women legislators have discussed gender equality and its relevant concepts, focusing on discourses concerning gender equality in the Diet sessions from 1997 to 2006. The paper concludes by attempting to identify the motivations behind women’s legislators’ advocacy of gender equality. 
研究論文(学術雑誌)  単著  Reframing Civil Society from Gender Perspectives: A Model of a Multi-layered Seamless World  Journal of Civil Society  8/ 2, 101-121  2012/06/01  This paper aims to reconceptualize civil society with a particular focus on gender perspectives. To feminists, civil society does not necessarily have such positive connotations. Although women have been actively involved in social movements and other kinds of voluntary activities, feminist scholars have paid little attention to these activities in the context of civil society. Some feminist theorists are explicitly critical of civil society. First of all, this paper examines feminist criticisms of civil society. Feminists oppose clear-cut boundaries dividing the lifeworld into the private sphere, civil society and the state. By highlighting the problems associated with these boundaries, I attempt to reframe the concept of civil society. My proposed model offers a wider approach to civil society, shedding light on the interplay between civil society and everyday life as well as state political institutions. Throughout the paper, I argue that gender perspectives contribute to how civil society should be conceptualized. 
詳細表示...

研究発表
シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  Mothers and Social Movements in Postwar Japan: A theoretical overview  Mothers and Social Movements in Postwar Japan  2016/07/29 
口頭発表(一般)  Discussant on the three papers presenting the themes of Women and Ambiguous Politics in Post 3.11 Japan  The 19th Asian Studies Conference Japan  2015/07/20 
その他  Gender and Politics  Gender and Politics Workshop with Lisa Baldez  2015/03/21 
口頭発表(一般)  Diverse Voices and Democratic Policymaking:Lessons from the National Debates on Post-Fukushima Nuclear Policy in Japan  Australian Political Studies Association Conference 2014  2014/09/29 
口頭発表(一般)  ‘Gender’ Trouble in Japanese Politics: Discourse, Activities, and Representation  The 23rd World Congress of Political Science  2014/07/22 
詳細表示...

受賞
The 2006 Northeastern Political Science Association (NPSA) Women's Caucus Prize for Best Paper About Women/Gender  2007/11/15 
詳細表示...

担当授業科目
ジェンダー論 
詳細表示...

社会貢献活動
Women's Movements in Japan:What mobilizes Japanese women and how they act for society  2017/06/08-現在 
Women's Movements in Japan:What mobilizes Japanese women and how they act for themselves and other women  2016/06/09-現在 
NHKラジオ第一「私も一言!夕方ニュース」(午後5時10分〜6時まで)出演  2013/10/30-2013/10/30  日本における女性の政界進出の遅れの原因を国際的動向との比較から解説、併せて増やすにはどうすれば良いかについて意見を述べた。 
第25回あいち男女共同参画セミナー 「女性の参画後進国、日本。~日本再生のヒントはここにある~」  2013/07/07-現在  女性の政治代表の現状とその推進の要因になるジェンダー・クオータについて講演した。 
NHK・BS1「ワールドWaveモーニング」出演  2013/04/18-2013/04/18  世界における女性の政治リーダー(首相・大統領)の登場と女性国会議員数の増加の背景や要因について、クオータ制度の導入などを交えて解説した。 
詳細表示...

所属学協会
"Discussant (English), A Gender Agenda Conference: Asian-Europe Dialogue (Phase 2), Tampere, Finland, Working Group Sessions of ""Economic Life"" and ""Political Decision-Making""" 
International Political Science Association  2005/11/01-現在 
American Political Science Association  2001/08/31-現在 
日本政治学会 会員  1995/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
日本学術振興会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員・書面評価委員  2014/08/01-2016/07/31 
Discussant (English), A Gender Agenda Conference: Asian-Europe Dialogue (Phase 2), Tampere, Finland, Working Group Sessions of "Economic Life" and "Political Decision-Making"  会員  2002/09/15-2002/09/18 
American Political Science Association  Member  2000/09/01-現在 
日本政治学会  会員  1995/10/01-現在 
詳細表示...