English
法政大学 
経営学部 
経営戦略学科 

顔写真 教授 
洞口 治夫 
ホラグチ ハルオ 
HORAGUCHI Haruo 


1959年生まれ  
 
個人ウェブサイトはこちら  

出力する項目だけ表示しています。
更新日:2021/04/08 

経歴
法政大学経営学部 専任講師  1991/04/01-1993/03/01 
法政大学経営学部助教授(「国際経営論」「演習」担当)  1993/04/01-1999/03/31 
ハーバート大学経済学部客員研究員(フルブライト若手研究員プログラム)  1994/08/01-1996/07/31 
法政大学経営学部 副主任  1997/04/01-1998/03/01 
フランス・ジャンムーラン=リヨン第2大学経済学部大学院招聘客員教授  1999/03/01-1999/04/01 
法政大学経営学部 教授  1999/04/01-2004/03/31 
法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻 教授 (現在に至る)  1999/04/01-現在 
筑波大学大学院経営・政策科学研究科博士課程 非常勤講師 (「国際経営論」担当)  2000/01/01-2000/03/01 
筑波大学第三学群社会工学類 非常勤講師(「国際経営論」担当)  2001/04/01-2004/03/31 
中央大学大学院総合政策研究科 非常勤講師(「国際経営」担当)  2001/04/01-2012/03/31 
筑波大学大学院システム情報工学研究科博士課程非常勤講師(「計量ファイナンス・マネジメント特別講義Ⅰ」「国際経営論」担当)  2001/08/01-2004/03/31 
東京大学経済学部 非常勤講師(「国際経営」担当)  2002/04/01-2002/09/30 
法政大学学生部長補佐  2002/04/01-2003/03/01 
法政大学産業情報センター所長 (法政大学イノベーション・マネジメント研究センターに改称)  2003/04/01-2003/12/31 
静岡大学大学院理工学研究科博士課程非常勤講師(新産業創生技術特論)  2003/12/01-2004/03/31 
静岡大学大学院電子科学研究科博士課程非常勤講師(ベンチャービジネス特論)  2003/12/01-2004/03/31 
法政大学イノベーション・マネジメント研究センター所長  2004/01/01-2006/03/31 
法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント研究科教授  2004/04/01-2008/03/31 
京都大学東南アジア研究所学外研究協力者  2004/04/01-現在 
静岡大学大学院理工学研究科、大学院博士後期課程(新産業創製技術特論Ⅱ)  2006/01/17-2006/02/10 
静岡大学大学院電子科学研究科、大学院博士後期課程(ベンチャービジネス特論Ⅱ)  2006/01/17-2006/02/10 
法政大学経営学部経営戦略学科教授  2008/04/01-現在 
ワシントン大学、ヘンリー・M・ジャクソン・インターナショナル・スタディーズ学部客員研究員  2012/07/20-2013/03/31 
放送大学教養学部客員教授  教養学部、ラジオ講座「国際経営」担当  客員教授  2013/04/01-現在 
中央大学大学院総合政策研究科 非常勤講師(「国際経営」担当)  2014/04/01-2019/03/31 
㈱マースグループホールディングス  取締役会  社外取締役  2020/06/26-現在 

学歴
法政大学  経済学部  経済  1982/03/31  卒業 
法政大学大学院  社会科学研究科  経済学専攻  修士  1986/03  修了  日本 
東京大学  経済学研究科  応用経済学  博士後期  1991/03  修了 

学位
経済学博士  東京大学 

教育・研究活動状況
法政大学のめざましい発展を、楽しんでいます。 

研究分野
海外直接投資 
産業組織 
国際経営 
イノベーション・マネジメント論 
経営戦略論 

研究キーワード
国際経営 
海外直接投資 
産業組織 
イノベーション・マネジメント論 
経営戦略論 

研究テーマ
イノベーションの経営学  Economics of Innovation  世界各国の産業クラスターにおけるイノベーションの動向を調査・研究する。  2004-現在 
電機電子産業の国際化  電機・電子産業,AFTA 
日本の対内・対外直接投資  日本,直接投資 
ヨーロツパ企業の直接投資  フランス,ヨーロッパ,直接投資 

受託・共同研究希望テーマ
海外直接投資  大学等の研究機関との共同研究を希望 
企業家活動  大学等の研究機関との共同研究を希望 
イノベーション・マネジメント  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望  共同研究  研究開発部門、とりわけ研究所におけるマネジメント・システムの改革に関するコンサルテーションに関心があります。 
詳細表示...

受託・共同・寄附研究実績
夜間社会人大学院MBAプログラムの国際比較-ナレッジ・マネジメントと経営戦略-(公益財団法人北野生涯教育振興会)  洞口治夫  2018-2020  その他  その他 
産学官連携による研究開発の組織間クラスター構造に関する研究(公益財団法人住友電工グループ社会貢献基金)  2013-2015  その他 
知識創造プロセスのマネジメントとイノベーション・システムの国際比較(財団法人二十一世紀文化学術財団)  2006-2008  寄附研究 
イノベーションと産学連携の相関に関する実証的研究(日本経済研究奨励財団)  2005-2007  寄附研究 
携帯電話産業における国際戦略提携(財団法人国際コミュニケーション基金)  2003-2006  寄附研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
ディグローバリゼーションにおける国際経営戦略の再設計-群集生態学的アプローチ-  科学研究費  基盤研究(B)  日本学術振興会  2020/04/01-2025/03/31  本研究では、国際的な感染症対策を含む国家間の政治経済的軋轢と政策のもと、グローバリゼーションが反転した経済環境における多国籍企業の国際経営戦略を研究の対象とする。優れた経営戦略を採用する多国籍企業は、ディグローバーリゼーションのなかでも一定の耐性を備えており、急激な経済環境の悪化に対してもレジリエンス(反発力)を備えているはずである。2020年のパンデミックを研究の起点として、研究期間である5年間における多国籍企業の生存と再構築の態様を観察対象として、理論的仮説の導出に際しては群集生態学的アプローチと接合したい。 
ビッグデータ・AI技術革新を組み込んだ組織間知識移転メカニズムの実証的研究  科学研究費  基盤研究(C)  日本学術振興会  2018/04/01-2021/03/31  気象データを記録し、集合的にビッグデータとして活用を推進する気象関連ビジネス企業への調査を実施した。アグリテック関連の企業においてより粒度の細かいデータの集合化の取り組みを確認した。ビッグデータやAIの活用が進んでいるアグリテック関連領域へも範囲を広げて聞き取り調査を進め、新潟市のアグリプロジェクトの事例を確認できた。これらの研究結果は、国内学会の全国大会において発表を実施した(2018年11月、2019年5月、2020年7月)。ビッグデータのデータ収集地点として多国籍企業の立地拠点を想定することが可能であり、立地拠点の理論的な傾向を分析するためにシミュレーション・モデルを開発して、Academy of International Business (AIB) とStrategic Management Society (SMS)において学会報告を行った。 
グローバルな集合知形成のマネジメント-日本企業の国際成長戦略に関する研究-  科学研究費  基盤研究(A)一般  2014/04/01-2018/03/31 
知的クラスターの多次元化とイノベーション-集合知の経営学-  科学研究費  基盤研究(A)一般  2010/04/01-2013/03/31 
イノベーション・クラスターの創生政策とグローバル・リンケージ  科学研究費  基盤研究(A)展開  2007/04/01-2010/03/31 
詳細表示...

著書
改訂新版 国際経営  原田順子、洞口治夫  第2、3、4、6、8、9、13章  放送大学教育振興会  2019/03/20  978-4-595-31950-1  放送大学「国際経営」ラジオ講座教科書。 
集中講義・高校生の経営学-経営学部の受験を迷っている人に-  洞口治夫、小池祐二  共著  文眞堂  2018/11/30  978-4-8309-4993-7  大学進学にあたって経営学部を選択する可能性のある高校生に、経営学とは何かを解説する。 
MBAのナレッジ・マネジメント-集合知創造の現場としての社会人大学院-  洞口治夫  全章  1-182  文眞堂  2018/02/01  978-4-8309-4969-2  社会人MBAの教育現場での経験から、MBAでの学習方法についてまとめる。仮説と命題、実証的研究における定性的研究と定量的研究など、学問研究の場で必要な思考をまとめる。学会の必要性など、制度の重要性についても言及する。 
Collective Knowledge Management: Foundations of International Business in the Age of Intellectual Capitalism  全章  1-230  Edward Elgar  2014/03/28  978-1-78347-322-9  This book is devoted to the idea that collective knowledge management can be strategically promoted through intellectual interactions in order to enhance a firm's competitiveness. 
集合性知識的経営-日本企業的知識管理戦略-  胡欣欣・劉軒等訳  全章  1-242  北京:世界知識出版社  2013/03/31  洞口治夫著『集合知の経営-日本企業の知識管理戦略-』(文眞堂、2009年)の中国語訳. 
詳細表示...

論文
研究論文(学術雑誌)  共著  [査読付き論文] The mediating role of trust in the relationship between transformational and transactional leadership  Gahye, Hong., Haruo H. Horaguchi., and Mannsoo Shin  International Business Review  Korean Academy of International Business [韓国国際経営管理協会]  22/ 3, 61-90  2018/09  1598-4869  The study examines mediating role of trust in the relationship between transformational and transactional leadership. 
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  ハーシュマンの組織論と企業マネジメントの権力構造  洞口治夫  経済志林  法政大学経済学部学会  85/ 4, 381-402  2018/03/01  ハーシュマンによる退出、発言、忠誠のモデルに新たな要素として管理者層を加えたときに、排除、黙殺、惰性という組織行動パターンが生まれることについての理論的な考察を行った。 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  International internship: Business education for leadership and trust  Horaguchi, H. H., Kodama, Y., and Yukimoto, S.  Academy of Management (AOM) Proceedings, 2017:1, 11541  Academy of Management (AOM)  2017/ 1, 11541-11541  2017/11/30  10.5465/AMBPP.2017.11541abstract  URL  International internship: Business education for leadership and trust 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Transformational and transactional leadership on affective commitment: The mediating role of trust  Hong, Gahye, Shin, Mannsoo, and Horaguchi, H. H.  Academy of Management (AOM) Proceedings, 2017:1, p.15107  Academy of Management (AOM)  2017/ 1, 15107-15107  2017/11/30  10.5465/AMBPP.2017.15107abstract  URL  Transformational and transactional leadership were scrutinized by the data on Korean and Philippine employees. 
研究論文(国際会議プロシーディングス)  共著  Agent-Based Simulation Modeling for MNE Location Choices: Emergence of a Nicher under the Market Share Maximization Strategy  Horaguchi, H.H. and Susumago, T.  Proceedings of the 59th Annual Meeting of the Academy of International Business (AIB), "The Contribution of MNEs to Building Sustainable Societies"  the Academy of International Business (AIB)  59/ 1, 21-21  2017/07/01  URL  Agent-based simulation modeling for MNE location choices was scrutinized. It revealed that emergence of a Nicher under the market share maximization strategy was observed. 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  Data Point Strategy by Agritech-Sensing Business Firms: Stage Theory of Big Data Information Technology  Academy of International Business, 2020 Annual Meeting, Remote  2020/07/08  URL  The presentation explicates a case study on Japanese paddy fields management. Statistical analysis was conducted to see the effect of AI (artificial intelligence) application in the agriculture industry in Japan. 
口頭発表(一般)  Big data innovation for agri-tech businesses: Knowledge transfer adaptation model for AI collective knowledge  Production and Operations Management Society (POMS) 2019, Annual Conference  2019/05/03  日本の農業生産におけるAI利用の実態調査結果について新潟県の事例研究を報告した。 
口頭発表(一般)  Uneven development of the periphery: Agent based simulation modeling for MNE location choices  Academy of International Business (AIB) 2018 Annual Meeting, Minneapolis, U.S.A.  2018/06/28 
口頭発表(一般)  Creative Destruction of Market Institutions for Global Market Entry: A Case Study of Honda Jet Product Development  The Association of Japanese Business Studies (AJBS) Conference  2018/06/24  A case study of Honda business jet product development. 
口頭発表(一般)  MNE location choices for global niche market: The myth of Blue Ocean strategy  Strategic Management Society (SMS), SMS Special Conference  2018/03/16  Simulation analysis on location strategy of MNEs was proposed. 
詳細表示...

芸術活動、建築作品等
その他  共同  経営戦略の学説とドメインの役割-パフォーマンス評価への視角-  2010/11/05-現在  経営戦略学説を整理し、片利共生の実例を対談形式でワーキングペーパーに収めた。 
その他  単独  [学会コメント]安室憲一「21 世紀型グローバル成長戦略のロードマップ」へのコメント  2009/10/24-2009/10/25 
その他  単独  [書評]小島清『雁行型経済発展論(第1巻)―日本経済・アジア経済・世界経済―』『雁行型経済発展論(第2巻)―アジアと世界の新秩序―』への書評.  2006/04-現在 
その他  単独  [学会コメント]国際ビジネス研究学会関東支部研究報告会・大石芳裕「主観的多国籍企業理論-絶対劣位化回避理論-」へのコメント.  2006/04/14-2006/04/14 
その他  単独  [学会コメント]国際ビジネス研究学会第12回全国大会、 竹之内秀行(上智大学)・高橋意智郎(実践女子大学)「日本企業の海外直接投資と環境の不確実性」へのコメントおよび司会.  2005/10/16-2005/10/16 
詳細表示...

受賞
第18回 森嘉兵衛賞(『集合知の経営-日本企業の知識管理戦略-』文眞堂、2009年10月)  2010/06/12  日本企業の知識管理戦略に関する理論的・実証的研究 
日本経済研究奨励財団奨励金(「イノベーションと産学連携の相関に関する実証研究」)  2005/02/01 
第9回国際ビジネス研究学会賞受賞(『グローバリズムと日本企業 ―組織としての多国籍企業―』(東京大学出版会、2002年1月))  2002/10 
フルブライト若手研究員プログラム  1994/04/01  フルブライト若手研究員プログラム 
第一回森嘉兵衛賞受賞(『日本企業の海外直接投資―アジアへの進出と撤退―』(東京大学出版会、1992年6月))  1993/06 
詳細表示...

担当授業科目
国際経営論 
演習 
International Business I 
社会貢献活動と企業 
大学院・国際経営論 
詳細表示...

教育実績
東京都立永山高等学校二年生に向けた模擬授業  2020/12/16-2020/12/16  講演タイトル「『入門・経営学』第1章」 
法政大学付属第二高等学校、経営学プレゼンテーション大会のための講演およびコメント  2020/12/11-2021/02/21  法政大学付属第二高等学校三年生、経営学部進学予定者のためのチーム研究の方法についての講演、研究成果へのコメント文章作成(約2万字) 
神奈川県立上溝南高等学校での高校二年生向け模擬授業  2020/10/06-現在  商学、経済学、経営学、社会学の違いを説明した。 
商工総合研究所の「第34回 2020年度中小企業懸賞論文」(金融部門)にて準賞を受賞。洞口ゼミとして通算9回目の入賞。  2020/04/01-2021/03/31 
法政大学付属第二高等学校、経営学プレゼンテーション大会コメント  2020/02/19-現在  法政大学付属第二高等学校、経営学プレゼンテーション大会での独自研究に対するコメント。 
詳細表示...

教科書・教材
改訂新版 国際経営  2019/03/20  放送大学ラジオ講座用テキスト。 
MBAのナレッジ・マネジメント-集合知創造の現場としての社会人大学院-  2018/12/01  修士課程でいかに研究を進めるか、についてのガイドブック。 
集中講義・高校生の経営学-経営学部の受験を迷っている人に-  2018/11/30  高校生向けの経営学ガイド。 
新訂 国際経営  2013/03/20  放送大学用テキスト 
放送大学ラジオ講座「国際経営」制作  2012/04/01  放送大学ラジオ講座として2013年度から2018年度まで放送予定の「国際経営」ラジオ番組の制作を行った。洞口担当分、全5回。 
詳細表示...

社会貢献活動
㈱マースグループホールディングス、社外取締役  2020/06/26-現在  ㈱マースグループホールディングス、社外取締役 
東京都立小松川高等学校での模擬授業  2019/10/02-2019/10/02  東京都立小松川高等学校での模擬授業、高校二年生向け。 
マース奨学財団、評議員会、評議員  2018/04/01-現在  マース奨学財団による法政大学学生向け奨学基金供与の橋渡しを行い、評議員ともなった。 
千葉県立成田国際高等学校での模擬授業  2016/05/31-2016/05/31  千葉県立成田国際高等学校での出張模擬授業 
札幌開成高等学校での模擬授業  2015/11/11-2015/11/11  高校生向け講演「経営学部で何を学ぶか-グローバル化する戦略・組織・管理-」 
詳細表示...

所属学協会
Academy of International Business  1990/01/01-現在 
European Association for Japanese Studies  2005-現在 
Strategic Management Society  2009/01/01-現在 
Academy of Management  2012/01/01-現在 
日本経営学会  1994/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
公益財団法人マース奨学財団  評議員  2019/04/01-現在 
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員(審査委員)  2015/12/11-2016/01/19 
独立行政法人日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員  2012/12/01-2013/11/30 
日米教育委員会  フルブライト面接委員  2011/04-2015/03 
文部科学省、(株)三菱総合研究所  「知的クラスター創成事業(第II期)中間評価及び知的クラスター創成事業(第I期)事業評価に関する調査」検討委員会  2009/09-2010/03 
詳細表示...