English
法政大学 
文学部 
哲学科 

教授 
奥田 和夫 
オクダ カズオ 
OKUDA Kazuo 



出力する項目だけ表示しています。
更新日:2019/10/28 

経歴
東海大学付属相模高等学校社会科 非常勤講師  1984/04/01-1992/03/01 
法政大学文学部 非常勤講師  1987/04/01-1995/03/01 
トキワ松学園中学・高等学校社会科 非常勤講師  1992/04/01-1995/03/01 
法政大学文学部 専任講師 (「基礎演習」「哲学特講」担当)  1995/04/01-1998/03/01 
法政大学文学部 助教授  1998/04/01-2003/03/01 
法政大学文学部 教授 (現在に至る)  2003/04/01-現在 

学歴
法政大学  文学部  哲学  1979  卒業 
法政大学  人文科学研究科  哲学  博士後期  1987  単位取得満期退学 

学位
文学修士  法政大学 

免許・資格
第1種教員免許  1982/04/01 

研究分野
哲学・倫理学 
思想史 
ヨーロッパ語系文学 

研究キーワード
古代ギリシア哲学 
ソクラテス 
プラトン 
アリストテレス 

研究テーマ
プラトンの哲学  プラトン  1995-現在 
ソクラテスの思想  ソクラテス  1995-現在 

受託・共同・寄附研究実績
プラトニズムの歴史における人間観の変遷  2003-2006  共同研究  国内共同研究 
プラトン主義の伝統における継承と変容  1999-2003  共同研究  国内共同研究 
詳細表示...

著書
自然と人間  梓出版社  2006/03  「自然と人間とのかかわり」を哲学思想とその流れから概観する。 
カント事典  37~38頁他  弘文堂  1997/12  古代哲学関連項目(「プラトン」「エピクロス」「エピクロス主義」「幸福主義」)を執筆。 全707頁中、37~38、171~172、458頁を担当 
(翻訳) 政治的判断力 Political Judgment Ronald Beiner  103~141頁  法政大学出版局  1988/12  全309頁中、第四章「アリストテレスの思慮の概念[全] 判断作用と、共同判断作用すなわち判断力の本質的契機としての共感、判断力と友情」、第五章「判断力と弁論術[前半] アリストテレス―熟慮・弁論術・判断力」(103~141頁)を担当 共著者:濱田義文(監訳者)、滝口清栄、梶川克之、奥田和夫、牧野英二、星野勉 
詳細表示...

論文
研究論文(大学,研究機関紀要)  単著  プラトンはどういう哲学者かーイデア論のとらえ方ー  奥田和夫  『法政大学文学部紀要』  第78, 1-10  2019/03/18  0441-2486   プラトンのイデア論を『饗宴』『パイドン』『国家』の関連テクストにもとづいて解説し、イデア論を「二世界説」の一種ととらえることはプラトンの意図に反することを主張する。 
研究論文(学術雑誌)  単著  「哲人王の行方」補説 ――加来彰俊先生への応答――  『西洋古典研究会論集』  第21, 23-34  2012/07/27  日本西洋古典学会編『西洋古典学研究』第52号(岩波書店刊)に所収の拙論「哲人王の行方」の主張(プラトンは晩年の『法律』執筆時においても「哲人王思想」を保持していたが、それだけでなく(つまり、たんなる「理想」にとどめていたのではなく)、そのなんらかの形における実現をも期待していたと考えられる、という主張)を補足したもの。 
研究論文(学術雑誌)  単著  哲人王の行方  日本西洋古典学会編『西洋古典学研究』第59号(岩波書店刊)  59  2011/03 
(MISC)会議報告等  単著  アリストテレスの快楽論をめぐって―『ニコマコス倫理学』のある局面に関する研究ノート  『法政哲学会会報』  22, 24-31  2004/06 
(MISC)その他記事  単著  Bobonich,Christopher,Plato's Utopia Recast:His later Ethics and Politics,Oxford Clarendon Press,2002, 書評  日本西洋古典学会編『西洋古典学研究』第52号(岩波書店刊)  52, 138-141  2004/03 
詳細表示...

研究発表
口頭発表(一般)  企画報告「教育と哲学」コメント  第5回 政治経済学会  2014/03/03 
口頭発表(一般)  プラトンの政治哲学-哲人王、「法の支配」、国制論をめぐって-  法政哲学会第31回大会  2011/06/18 
口頭発表(一般)  哲人王の行方〔第2バージョン〕  日本西洋古典学会第61回大会研究発表  2010/06 
口頭発表(一般)  哲人王の行方〔第1バージョン〕  西洋古典研究会第56回研究会  2009/07 
口頭発表(一般)  アリストテレスの快楽論をめぐって――一つの素読――  法政哲学会第23回大会  2003/06 
詳細表示...

担当授業科目
哲学特講(1)-1 
西洋哲学史Ⅰ、哲学演習(2) 
詳細表示...

所属学協会
古典文献学研究会 準会員  2009/04-現在 
新プラトン主義協会  1998-現在 
日本倫理学会 会員  1993-現在 
日本哲学会 会員  1991-現在 
古代哲学会 会員  1983-現在 
詳細表示...